« ひったくり:100件供述、容疑の52歳男逮捕 警視庁 (18日) | トップページ | 顔に熱湯かけ死なせた疑い、無職男を逮捕(19日) »

2009年8月18日 (火)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京の体感治安(18、19日
  (単位・レベル)

2初発型非行問題

【治安解説】 和歌山県警和歌山北署は、17日までに、盗んだオートバイを乗り回し、和歌山市内で万引を繰り返したとして女子中学生を含む17人を窃盗容疑などで逮捕、補導していた。バイク盗を含む被害は計12件、総額約30万6千円に上り、グループは同じ市立中学校に通っていた先輩と後輩で構成していたという。親と校長の顔が見てみたい。

 警視庁によると、今年上半期(1月~6月)に東京都内で万引きや傷害などの刑法犯罪で検挙や補導された少年は4908人にのぼり、昨年同時期より14%増えていることが分かったという。

 うち中学生は1985人で、前年と比べて34%増え、上半期としてはこの10年間で最も多くなっている。罪種別では、万引きで検挙・補導された中学生が1023人と、前年より65%も増加しているのが特徴=NHK

 警察庁の数字では全国の少年の刑法犯検挙者数が40923人だから、都内で10分の1を占めることになる。
 少年非行と言えば、ポイントになるのが、常習者か初発型非行かだ。罪種別犯罪にもよるが、初発型が増えるのは危険信号を出している証拠。特に「万引」や「自転車盗」など動機が単純であるものの増加は、本格的な非行に進化していく危険度が高いと言われている。

 全国の数字になるが、この初発形非行で「万引」の検挙者数は上半期で13726人で前年に比べて8.2%増加している。都内の数字は初発型か否か分からないが、中学生で65%も増加しているというから驚異的な数字であり、危険信号といっても間違いないだろう。

 これでは、警視総監が子供たちを前に「万引は犯罪です」と訴えるのもおおいに理解できる。やはり、学校教育だけでなく家庭のしつけが問われることになるだろう。万引監視員は発見したら、せめて、学校名の公表をすべきだ。それぐらいの荒療治が必要な時代になっている。

 警視庁は、女性から現金が入った手提げ袋をひったくったとして、52歳の無職男を逮捕した。120件の余罪があると見られている。検挙人数1人で120件解決とは効率の良い逮捕ですね。刑事警察はこれでなくちゃ。よって、都内の体感治安は「レベル2(ブルー)の現状とする。「日本列島振り込め詐欺」は、千葉県警がフジタマコトを名乗る男を逮捕。http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

詐欺犯に電話をかけたら転送電話でした。

18日午後、メールで警視庁によると、東京・港区内で還付金詐欺のような電話が相次いでいるという。電話の内容は「港区の社会福祉課の石井ですが、還付金31250円があります。03-3980-7015に連絡ください」というものらしい。
 19日朝、その番号にかけてみた。
 「こちらはソフトバンクです。おかけになった電話は電波が届かないところにいるか、電源が入っていないためかかりません」のガイダンスが流れていた。例の固定電話からソフトバンクの携帯に飛ばしている手口でした。
 電話をかける人は、固定電話なので、ひっかかりやすいんですよ。転送電話なので警視庁はすぐ止めるべきでしょうね。皆さんはかけないでくださいよ。データがもれますよ。

 

  ★【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦ました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪 ポイント100~80
レベル4 治安の悪化    ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向 ポイント 59~40
レベル2 治安の悪化の兆し ポイント 39~20
レベル1 平穏                ポイント 19以下
   【ポイント概数】
テロ・無差別殺人事件等         80~50 
路上殺人や連続殺人・連続強盗・強姦70~60
広域重要事件               50~40
肉親殺人事件(家族の皆殺し事件)    40~50
放火殺人                  50~30
強盗殺人                  50~20
連続放火              40~30
各項目に少年が絡む場合   +20~10
犯人逮捕記事は上記のポイント総数から -50から-10とする

その他、外的検討要件として外国や他県発生事件を判断基準に加えた。これら事件の新聞・テレビの扱いの程度(新聞では1面か社会面か。扱い段数等)とネットではブログニュースのアクセス人気度なども加えて総合的に判断した。マスコミ報道がなく平穏に感じるが、110番も多いこともあり全くの「平穏」(レベル1)をはずしています。カラーの数字がレベルを表示しています。

« ひったくり:100件供述、容疑の52歳男逮捕 警視庁 (18日) | トップページ | 顔に熱湯かけ死なせた疑い、無職男を逮捕(19日) »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« ひったくり:100件供述、容疑の52歳男逮捕 警視庁 (18日) | トップページ | 顔に熱湯かけ死なせた疑い、無職男を逮捕(19日) »