« 同僚の遺体遺棄した容疑、3人逮捕 暴行も認める 佐賀(17日) | トップページ | 女性社長の遺体に刃物傷が十数カ所、強い殺意か(17日) »

2009年8月17日 (月)

東京 中学生の刑法犯罪が急増(17日)

東京ではことしになって万引きや傷害などの刑法犯罪で検挙や補導された中学生が急増し、上半期としては、この10年間で最も多くなったことがわかりました。特に万引きで検挙・補導された中学生は去年と比べて60%以上も増え、警視庁は対策を強化する方針です。

警視庁によりますと、ことしに入って6月までの半年間に、東京都内で万引きや傷害などの刑法犯罪で検挙や補導された少年は4908人で、去年の同じ時期より14%増えています。このうち中学生は1985人に上り、去年と比べて34%増え、上半期としてはこの10年間で最も多くなっています。犯罪別では、万引きで検挙・補導された中学生が1023人と、去年よりおよそ65%も増加しているのが目立っています。中には、「ゲーム感覚だった」「捕まったのは運が悪かった」などと供述する中学生もいて、「万引きが犯罪だ」という認識が薄いケースが多いということです。警視庁少年育成課の嶋村義昭管理官は「万引きは、その後、別の犯罪につながる入り口、いわゆる”ゲートウェイ犯罪”とも言われているが、ゲーム感覚で行う少年が多く、規範意識の低下がうかがえる。夏休みを迎えたこの時期は開放的な気分になりがちで、対策を強化していきたい」と話しています。警視庁は、万引きで検挙された中学生らの動機や背景について調査を進め、具体的な対策の検討を急ぐことにしています。News_pic1

 

« 同僚の遺体遺棄した容疑、3人逮捕 暴行も認める 佐賀(17日) | トップページ | 女性社長の遺体に刃物傷が十数カ所、強い殺意か(17日) »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/45950367

この記事へのトラックバック一覧です: 東京 中学生の刑法犯罪が急増(17日):

« 同僚の遺体遺棄した容疑、3人逮捕 暴行も認める 佐賀(17日) | トップページ | 女性社長の遺体に刃物傷が十数カ所、強い殺意か(17日) »