« 警察庁・安藤隆春長官、芸能界関係者が薬物一掃に向けて取り組んでほしいとの意向示す(20日) | トップページ | 4400万円かけて薬物検査…使用ケースはなし 大阪市交通局(21日) »

2009年8月21日 (金)

音事協が薬物対策づくりへ 酒井法子の覚醒剤事件受け(21日)

相次ぐ芸能界の薬物事件を受けて、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された女優、酒井法子容疑者(38)の所属事務所など、約100社の芸能事務所が加盟する「日本音楽事業者協会」(東京都渋谷区、尾木徹会長)は20日、「二度とこのような行為が繰り返されないよう実効ある対策を講ずる」とするコメントを出した。協会は一連の薬物事件について、「驚きとともに誠に遺憾。今回のような反社会的行動により、人々の支持や期待を裏切ってしまったことは、無責任極まる行為」と指摘。今後、警察や行政機関と相談した上で、ほかの業界団体とも協力し、具体的な薬物対策をつくる考えを示した。Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/292133/

 

« 警察庁・安藤隆春長官、芸能界関係者が薬物一掃に向けて取り組んでほしいとの意向示す(20日) | トップページ | 4400万円かけて薬物検査…使用ケースはなし 大阪市交通局(21日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/45985154

この記事へのトラックバック一覧です: 音事協が薬物対策づくりへ 酒井法子の覚醒剤事件受け(21日):

« 警察庁・安藤隆春長官、芸能界関係者が薬物一掃に向けて取り組んでほしいとの意向示す(20日) | トップページ | 4400万円かけて薬物検査…使用ケースはなし 大阪市交通局(21日) »