« 2009年8月12日 | トップページ | 2009年8月14日 »

2009年8月13日

2009年8月13日 (木)

美術品約4900万円相当盗む 男逮捕(13日)

今年6月、東京・上野のデパートの美術コーナーから洋画家・藤田嗣治氏の「もの思う少女」(販売価格3400万円)と題した作品が盗まれた。埼玉県警は13日、美術品約4900万円相当を盗んだとして、無職・上甲義則容疑者(31)を窃盗の疑いで逮捕した。  上甲容疑者は開店前に従業員を装い、通用口から侵入する手口で盗みを重ねたということで、警察の調べに「金が欲しかった。学生のころから絵に興味があった」と容疑を認めているという。Noimage_120x901_2 http://www.news24.jp/articles/2009/08/13/07141684.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

盗難タクシーでひったくり?発見までに2件(13日)

13日午後0時55分頃、大阪市北区長柄東の路上でタクシーを盗まれた、と男性運転手(44)から110番があった。 タクシーは約1時間後、約1・2キロ西のマンション駐車場で発見されたが、同区内ではこの間、このタクシーを使ったとみられるひったくりなどが相次ぎ、大阪府警が捜査している。

 発表によると、タクシーを盗んだ男は25~30歳で身長約1メートル75、短髪。運転手がトイレに行くためタクシーを離れているすきに窓ガラスを割られ、盗まれたという。発見時には、車内に消火剤がまかれ、釣り銭など約3万円が無くなっていた。

 一方、タクシーが盗まれた約25分後、盗難現場の約1・8キロ南の路上を歩いていた中学3年の女子生徒(15)が、後ろから来たタクシーに乗った男にかばん(7000円在中)をひったくられた。その約10分後にも、付近を歩行中の家庭教師の女性(42)が後方から来たタクシーの男に手提げかばんの持ち手を引っ張られ、手首に軽傷を負った。(2009年8月13日21時03分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_5 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090813-OYT1T00881.htm?from=top

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京の体感治安(13、14日
  (単位・レベル)

2被害者人権無視の千葉地検

【治安コラム】 千葉市花見川区の団地で、61歳の女性が殺害され、次女の智美さんが連れ去られた事件で、千葉地検が仲田敬行容疑者(28)を、殺人と銃刀法違反の罪で起訴。逮捕監禁罪は連れ去り期間の行動などを詳細に調べる必要があるとして見送ることになったという。

 ある評論家が「逃げないで6日間もいたのだから、監禁ではない。裁判で問題になる」と言っていたことを思い出す。「ふざけるな」と書いた。

 1度はナイフで脅されて同棲させられ、ようやく逃げ帰った。ところが再度、発見され、今度は目の前で母親が殺害された。そして再び監禁状態に置かれた。「逃げると同じ目に遭うのではと思うと怖くて逃げられなかった」と被害者は供述している。そして容疑者も「無理やり連れだした」と認めている。

 なんで監禁罪が成立しないのか? 検察がこれでは、現場の士気に重大影響を及ぼしかねない。

 「うちの娘が○○に連れていかれました。娘から金を要求してきますが、男は元婚約者です。どうも脅されているようなので、助けて下さい」と警察にお願いする。警察は「娘さんは大人でしょう。逃げようと思えばいつでも逃げられる。親子間の金銭問題には警察は関与できない」と言われた。結果は殺害されてしまった。実際にあった例です。

 現場に事件化を躊躇する現象が現れると怖いですよ。
 今回の起訴見送りで朝日新聞電子版は次のように書いている。
 「捜査関係者によると、裁判員裁判の対象となる殺人罪に逮捕監禁罪を加えると併合して事件を審理することになり、裁判員の負担が増えることを考慮。対象外となる逮捕監禁容疑については、適用を検討した上で改めて追起訴するかどうかを判断するとみられる」

 ふざけるなangry。それでも検察か。そんな理由なら裁判員制度なんてやめてしまえ。捜査する側がこんな消極的で良いのか? 逃げられなかった理由は「ストックホルム症候群」と被害者も主張しているではないか。

 産経電子版報道では、「仲田被告は智美さんを無理やり車で連れ去った。さらに車内で逃げられないように拘束していたことも新たに判明」し、県警幹部は「要件を満たしていることは明らか」と本音を漏らす。ようするに検察の姿勢の問題なんだよ。

被害者人権無視も甚だしい。千葉地検はどこを向いて仕事しているんだ。事件は会議室で起きてるんじやない。

都内の体感治安は「レベル2(ブルー)」の現状とする。「日本列島振り込め詐欺」は13日はなし。http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

茨城で女性社長不明 事件に巻き込まれた可能性も(13日)

茨城県那珂市に住む不動産会社の女性社長(59)が10日夕から行方が分からなくなり、乗っていた車が福島県いわき市内で見つかったことが13日、分かった。茨城県警の捜査関係者が明らかにした。県警は女性社長が事件に巻き込まれた可能性もあるとみて、捜査に乗り出した。捜査関係者によると、女性社長は10日夕、「福島に用事がある」と言い残して自宅を出た後、連絡がとれなくなった。家族は11日に那珂署に家出人捜索願を提出。県警が行方を捜していたところ、12日、福島県いわき市の路上で女性社長の車を発見した。車には女性社長の所持品などは残されていなかったが、荒らされた形跡はなかった。Banner_logo_051_8 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/289507/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

帰省中の同級生に美人局 少年ら4人逮捕(13日)

 帰省中の同級生に美人局行為をし、現金を脅し取ったとして、栃木県警足利署は13日、恐喝の疑いで、同県足利市内の無職少年(19)ら4人を逮捕したと発表した。4人とも容疑を認めているという。同署の調べによると、少年らは10日午後6時半ごろ、同市内のカラオケ店で、高校の同級生だった男性(18)に「おれの女に手を出したんか。この落とし前、どうつけるんだ」などと因縁をつけ、現金約5万円を脅し取った疑いが持たれている。 同署によると、少年らは帰省中の男性公務員を誘い出し、カラオケボックスで仲間の少女(17)と2人きりにさせた後、少女が「無理やりキスされた」と訴えるという手口だった。Banner_logo_051_7 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/289519/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

懲役15年判決を不服 裁判員裁判で初の控訴 (13日)

先週、全国で初めて行われた裁判員裁判で懲役15年の実刑判決を受けた被告の男が、判決を不服として控訴しました。 藤井勝吉被告(72)は東京・足立区で今年5月、近所に住む整体師の女性(66)を刃物で刺して殺害した罪に問われ、全国で初めての裁判員裁判で懲役15年の判決を言い渡されました。裁判で、弁護側は「強い殺意はなく、被害者にも落ち度があった」などと主張しましたが、東京地裁は、判決で「被告の殺意は強く、被害者が犯行を誘発したとは言えない」と述べていました。弁護側によると、藤井被告は「判決内容に納得できない」と話していて、12日に東京高裁に控訴しました。2審では裁判員は参加せず、裁判官3人が審理を行うことになります。Annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

酒井法子容疑者覚せい剤事件 警視庁、新たに高相祐一容疑者の別荘から覚せい剤押収(13日)

覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された酒井法子(本名・高相法子)容疑者(38)は、夫婦での覚せい剤の使用を認めている。警視庁は新たに、夫・高相祐一容疑者(41)の別荘からも覚せい剤を押収した。
また新たに、覚せい剤が見つかっていたことが明らかになった。
高相容疑者の別荘で、少量の覚せい剤が押収された。
さらに、酒井容疑者の自宅から見つかったアルミ箔(はく)についても、新たな情報がわかった。
吸引に使われたとみられるアルミ箔は、丸められた状態だったという。
赤城高原ホスピタルの竹村道夫院長は「(アルミ箔を)ライターの火であぶって、通称『あぶり』という代表的な使用法で、特に最近では、あぶりで気軽に使う傾向があります」と話した。
この方法では、アルミ箔を多く使うため、使用者の家族が異変を察知するきっかけになることもあるという。
竹村院長は「アルミホイルが散らかっているとか、早くなくなるとか。いつもそれを持ち歩いているとか、ストローを持ち歩いているとかいう場合には、かなり危険がありますね」と話した。
酒井容疑者は、「夫に勧められて去年(2008年)の夏以降、数回覚せい剤を吸った」、「夫からもらっていたのを吸っていた」と供述している。
しかし、高相容疑者は「数年前から、妻と一緒に吸っていた」と、供述が食い違っている。
さらに、高相容疑者が「妻の自宅でも、覚せい剤を吸っていた」と供述していることも明らかになった。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00160948.html

(08/13 17Logo1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

1万円札偽造:容疑の男逮捕、余罪を追及 岐阜・飛騨(13日)

岐阜県警飛騨署は12日、1万円札を偽造したとして、同県飛騨市古川町杉崎、無職、松井秀夫容疑者(48)を通貨偽造容疑で逮捕した。逮捕容疑は、今年5月ごろ、自宅で1万円札3枚を使用目的で偽造したとしている。

 飛騨署によると、松井容疑者はカラープリンター複合機を用いて偽造したとみられる。同市内では、6月に商店や金融機関、今月12日にスーパーで、すかしなどのない偽1万円札が計5枚使われていた。同署は松井容疑者が更に多くの紙幣を偽造していた可能性があるとみて調べている。松井容疑者は「お金に困ってやった」と供述し、容疑を認めているという。【石山絵歩】Logo_mainichi1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090813k0000e040079000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「完全犯罪目指し」遺体の箱、浄化槽に偽装(13日)

長野県上田市中央の会社役員小嶋直樹さん(61)が殺害された事件で、同県千曲市上山田、鉄工所経営朝倉利明被告(50)(死体遺棄罪などで起訴済み)が「完全犯罪を目指していた」と供述していることが12日、捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、朝倉被告は、4月2日に小嶋さんの遺体をプラスチックケースに詰めた際、ケースのふたが開かないようにするため、ねじで20か所以上を固定。においが漏れないように、ふたと本体の間に、シリコンを流し込んだという。その後、自分で作った鉄製の箱に遺体を移した際は、箱の上下にバルブを付けて、浄化槽に見せかけるよう偽装していた。(2009年8月13日14時41分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_4 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090812-OYT1T01220.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「歩くの面倒」検問の警察車両を乗り逃げ(13日)

13日午前4時35分頃、札幌市白石区菊水5の道道で札幌白石署が行っていた飲酒運転取り締まりの検問で、歩いていた男が停車中の同署のワゴン車にいきなり乗り込み、そのまま走り去った。

 気づいた同署員がパトカーで追尾したが、ワゴン車は赤色灯をつけ、屋根の電光掲示板に「検問中」の表示を出したまま幹線道路を走行した。ワゴン車は約1キロ先で停車したため、同署は運転していた同市北区北38西8、無職森泰樹容疑者(30)を窃盗容疑で現行犯逮捕した。

 発表では、同容疑者は近くの飲食店で酒を飲んで帰宅する途中で、取り調べに対し「歩いて帰るのが面倒になった」と話しているという。同容疑者の呼気からは1リットル当たり0・15ミリ・グラム超のアルコールが検出されており、同署では道交法違反(酒気帯び運転)容疑でも立件する方針。道警では13日未明に札幌市内を中心に飲酒運転の一斉取り締まりを行っていた。盗まれたワゴン車は、エンジンがかかったままの状態で、同署は「再発防止に努めたい」としている。(2009年8月13日17時47分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_3 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090813-OYT1T00501.htm?from=main1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

愛猫家ご注意、人にうつる感染症 ジフテリアそっくり(13日)

猫から人にうつり呼吸困難を引き起こす新しい病気にかかる人がここ数年、相次いでいる。世界初の患者を報告した英国では死者も出ている。日本では届け出義務はなく、医師や獣医師でさえほとんど知らない。厚生労働省は潜在患者は多いとみて、先月22日に都道府県などに注意を呼びかける文書を出した。

 今年1月、東京に住む50代の女性が、食事ができないほどのどが痛く、血の混じった鼻水が止まらなくなり、東京医科歯科大病院耳鼻科を受診した。診察すると、のどと鼻の奥に黄白色の塊がべっとりとこびりついていた。

 この塊から、コリネバクテリウム・ウルセランスという細菌が見つかった。感染症法で2類感染症に指定されているジフテリアと同じ毒素を作る菌で、風邪症状に始まり、重症になると呼吸困難に陥り、死ぬこともある。

 大学から連絡を受けた国立感染症研究所が調査し、この女性の家にしばしば立ち寄る5匹の野良猫のうち、2匹の鼻水から遺伝子タイプが同じ菌を見つけた。

 英保健当局の統計によると、英国での感染者は86~07年の間に死者2人を含む56人。仏、伊、米などでも報告例がある。日本では01年に千葉県で初報告があり、これまで計6人いる。1人は重症で集中治療室に入院したが、他は比較的軽症で、死者はいない。全員50代で、3人は猫を多数飼っていたり野良猫と接したりしていた。

 ウルセランス菌は、抗菌薬が効く。1月に発病した東京の女性も4月にはすっかり治った。発病猫の鼻水やくしゃみのしぶきから感染する。人から人へ感染した報告はない。猫だけではない。大阪府公衆衛生研究所の調査では、犬から検出された例もある。猫や犬は屋外で感染すると考えられているが、詳しいことは分かっていない。

 感染研細菌2部の高橋元秀室長は「飼っている猫や犬が風邪のような症状を起こしたら、すぐ獣医師に診てもらいましょう」と助言する。(編集委員・中村通子) Logo3_3 http://www.asahi.com/science/update/0813/OSK200908130081.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

他人のカードで美容治療 レースクイーン逮捕(13日)

他人になりすまして治療を受けたとして、千葉県警船橋東署は13日、有印私文書偽造・同行使や詐欺の疑いで、東京都港区六本木、モデル、米田愛容疑者(26)を逮捕した。

 米田容疑者は「幸田さゆり」の名前でレースクイーンや水着モデルなどの活動をしていた。同署の調べに対し、容疑を認めているという。同署の調べによると、米田容疑者は5月20日、東京都渋谷区にある美容外科クリニックで、不正に入手した知人のモデル名義のクレジットカードを使用。誓約書にカード名義人の氏名を記入して提出し、肌の美容のための治療(約2万3000円相当)を受けた疑いが持たれている。 同署はクレジットカードの入手方法や余罪についても追及する。Banner_logo_051_6 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/289442/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ミクシィで知り合った女性に因縁、25万円脅し取る(13日)

神奈川県警金沢署は12日、同県横須賀市汐入町、鉄筋工佐藤竜太容疑者(21)を恐喝の疑いで再逮捕した。 発表によると、佐藤容疑者は会員制のインターネット交流サイト「ミクシィ」を通じて知り合った横浜市金沢区のアルバイト女性(18)に対し、電話で「俺を暇つぶしの材料に使いやがって」などと因縁をつけ、6月4日~7月1日に計4回にわたり現金計約25万円を脅し取った疑い。

 佐藤容疑者は6月初旬頃に女性と知り合い、会おうともちかけたが、「彼氏がいる」と断られたという。調べに対し、佐藤容疑者は「ほかの女性からも脅し取った」と供述している。佐藤容疑者は7月、同県三浦市内の高校3年女子生徒(18)から現金を脅し取ったとして、県警に恐喝容疑で逮捕されていた。(2009年8月13日08時19分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_2 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090813-OYT1T00009.htm?from=main6

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

板橋区長宅の車庫半焼、車2台も一部焼ける 不審火か(13日)

12日午前3時50分ごろ、東京都板橋区成増4丁目の坂本健・板橋区長(49)方の自宅敷地内から出火、木造2階建ての車庫兼倉庫約60平方メートルが半焼し、車庫に止めてあった乗用車2台の一部が焼けた。周囲は火の気がないことから、警視庁高島平署が不審火とみて調べている。

 同署によると、焼けた建物は1階が車庫、2階が物置になっており、車庫入り口の反対側の壁の焼け方が激しいという。隣にある土蔵の壁も焦げた。坂本区長と家族計6人は敷地内の母屋にいたが、けがはなかった。 Logo3_2 http://www.asahi.com/national/update/0812/TKY200908120135.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ロンドンで63億円宝石強奪 ピンク・パンサー関与か(13日)

12日の英メディアによると、ロンドン中心部の高級宝石店で6日の白昼、客を装った2人組の男が4千万ポンド(約63億5千万円)相当の宝石類など43点を強奪、逃走した。宝石強盗としては英犯罪史上、最悪の被害額とみられる。ロンドン警視庁は12日、共犯者とみられる男の逮捕を発表したが、2人組の足取りは不明。

捜査関係者は日欧や中東で宝石店を襲う国際強盗団「ピンク・パンサー」が絡んでいる可能性もあると指摘。警視庁は11日に監視カメラ映像などを公開した。

 スーツ姿の2人は、店員を短銃で脅して陳列棚を開けさせ、多数の宝石を約2分で強奪。店を出た直後に2回発砲し、車を乗り継いで逃走した。けが人はなかった。同店は2003年にもピンク・パンサーとみられる強盗団に2300万ポンド相当の宝石類を奪われた。(共同)Banner_logo_051_5 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/europe/289263/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

タクシー強盗、売上金など奪い逃走 東京(13日)

東京・江戸川区で11日夜、タクシーに客を装って乗車した男が運転手に包丁を突き付けて脅し、売上金など2万5000円を奪って逃げた。 男は50~55歳くらい、身長約170センチで、黒っぽい服装だったという。Noimage_120x901 http://www.news24.jp/articles/2009/08/13/07141617.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2件目の裁判員裁判、弁護の違いが量刑に影響(13日)

 さいたま地裁で開かれていた全国2件目の裁判員裁判で12日、判決があった。先週の東京地裁での第1号事件では、過去の量刑の傾向を表す「量刑相場」より重めの判決が出たが、第2号事件では弁護人の主張がある程度受け入れられた。

 3~6日に東京地裁で行われた裁判員裁判では、近隣トラブルから女性を刺殺し、殺人罪に問われた被告に懲役15年(求刑・懲役16年)が言い渡された。判決は被害者の落ち度を強調した弁護側の主張を認めず、ベテラン裁判官が「突発的な殺人事件では10年強を中心に考える」と話すように、従来の相場よりも厳しい結果だったといえる。

 一方、さいたま地裁では殺人未遂罪に問われた被告に、検察側が懲役6年を求刑、判決は懲役4年6月だった。判決は被害者が犯行のきっかけを作った面があることや、被告の自首など、弁護側が強調した「被告に有利な事情」に目配りしており、別の刑事裁判官は、「この事件をプロの裁判官だけでやれば、懲役5年を下回ることはなかったのでは」との見方を示した。

 裁判員が加わった場合の量刑については、「被害者の生の声に動かされて重くなる場合もあれば、被告の境遇に同情して軽くなる場合もある」(ベテラン裁判官)との予測があった。

 被害者の遺族も参加した東京の裁判で、弁護側は「被害者が犯行のきっかけを作った」と主張したが、法廷ではこれに沿う証言をあまり引き出せなかった。最終弁論では、検察側の懲役16年の求刑に対し、「不当に重い」と言うのみだった。裁判員を務めた1人は後日、記者会見で検察側の求刑や被害者の代理人の意見が参考になったとする一方、「弁護人が具体的に何年が妥当と思っているのか知りたかった」と指摘した。

 一方、第2号事件の弁護人は、この裁判員経験者の感想も参考にして主張を組み立てたという。罪状認否で被告が起訴事実を認めると、弁護人が「自首が成立しますので、執行猶予を求めます」と、すかさず付け加えた。公判の冒頭に弁護人が刑の重さまで口にするのは異例のことだった。

 さらに最終弁論では、最高裁の量刑検索システムを利用した上で、過去の同種事件の量刑分布を示す棒グラフをモニターに映し出し、「懲役6年にグラフの山はあるが、執行猶予の部分にも山がある」と述べた。一方、検察側も同じシステムを利用したが、「執行猶予がついているのは、被害者が被告の親族で、被告を許しているときだ」などとして、実刑を求めた。

 量刑検索システムを土台に、検察官と弁護士が具体的な量刑の主張を展開した今回の第2号事件について、ある刑事裁判官は「データベースの検索結果という同じ客観データを使えば、かみ合った議論を引き出すことができ、非常に有効だ」と指摘している。(2009年8月13日07時15分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090813-OYT1T00039.htm?from=main2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

診療報酬2万人分不正に請求 東京医大茨城医療センター(13日)

東京医科大学付属の総合病院、茨城医療センター(茨城県阿見町)が、センター長の松岡健・同大学理事の指示で診療報酬の不正請求を繰り返していた疑いがあることが、同大学の内部調査でわかった。総額1億1870万円の診療報酬を不正に請求していたといい、厚生労働省関東信越厚生局が立ち入り調査を始めた。

 松岡理事は7月24日付でセンター長を辞任した。医療費は患者が1割から3割を負担し、残りは国民健康保険や社会保険などから医療機関に診療報酬が支払われる。不正請求があったのは昨年4月~今年5月とされ、同大学側は、この間に入院した患者や高度医療を受けた通院患者ら延べ2万人以上が、不正請求に連動して高い医療費を負担させられたとみて、患者らへの返還手続きと、関係者の責任追及を進めるという。

 大学側によると、不正請求は、病院の患者数を減らして勤務医の負担を軽減するなどの目的で昨年4月の診療報酬改定で導入された、三つの制度を悪用して行われた。

 例えば、一定期間に退院した患者のうち、治癒した人と別の医療機関に紹介した人の合計が40%を超えると、病院は通常より高い診療報酬を請求できる。同センターは実際は5.6%と適用外だったのに、43.4%と基準を上回っているように装い、昨年4月1日から今年3月31日まで9111万3千円の報酬を不正に受領していた。

 ほかの二つの制度でも虚偽の数字や架空の職員名を使うなどして、本来は適用されない加算制度を申請していたという。

 今年2月、千葉・茨城の私立医科大学付属病院長会議のアンケートで、新たな加算制度を採用している病院が少ないのに同センターの加算請求が際だっていることが表面化。松岡理事は3月、一部の利用だけ辞退し、ほかは不正請求を続けるよう指示していた。5月、内部告発が大学本部にあり発覚した。

 同センターは7月21日に診療報酬請求が不適切だったと公表したが、松岡理事は朝日新聞の取材に「計算間違いや担当職員の勘違い」と説明し、不正ではないと否定。その後は大学を通じた取材に回答していない。内部調査の進展を受け、同センターは「松岡氏が申請した数字の根拠がどこにも見あたらなかった。全容解明と再発防止に全力を尽くす」とコメントした。(沢伸也、吉野慶祐)

 〈学校法人東京医科大学〉 大学医学部、大学院などのほか大学病院(東京都新宿区)、八王子医療センター(八王子市)など三つの付属病院と二つの看護学校を持つ。茨城医療センターは病床数508床の付属総合病院。07年に地域がん診療連携拠点病院の指定を受けた。今年4月に「霞ケ浦病院」から名称変更した。 Logo3 http://www.asahi.com/national/update/0813/TKY200908120348_01.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

殺人容疑で元組員ら逮捕 福岡、山林の白骨化遺体で(13日)

福岡県嘉麻市の山林で6月、一部白骨化した男性の遺体が見つかった事件で、県警小倉北署などは12日、男性を殺害したとして殺人容疑で、北九州市小倉北区、指定暴力団工藤会系元組員下村健(36)=別の事件で服役中=と松江市鹿島町手結、とび職細川孝(48)=別の事件で起訴=の両容疑者を逮捕した。逮捕容疑は平成15年6月29日夜、知人の男3人と共謀し、小倉北区片野の団地の部屋で、一緒に飲酒していた無職細川賢三さん=当時(29)=が大声を出したことに腹を立て、殴ったりけったりして、殺害した疑い。2人は暴行したことは認めているという。Banner_logo_051_4 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/289230/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

強盗強姦容疑でトラック運転手逮捕(13日)

女性を脅して現金を奪い、乱暴したとして、門真署などは12日、強盗強姦の疑いで、大阪府門真市小路町のトラック運転手、北村勇真容疑者(22)を逮捕した。容疑を否認しているという。門真署の調べでは、北村容疑者は今年6月、門真市内の市道で、自転車に乗っていた府内の30歳代の女性に果物ナイフを突きつけ、「金を出せ」と脅迫。女性を路地裏に連れ込み、乱暴した上で、現金約2万4千円を奪った疑いが持たれている。門真署によると、北村容疑者は、調べに対し「全く身に覚えはない」と話しているという。Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/289231/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉団地殺人 仲田容疑者、逮捕監禁での起訴は見送り(13日)

千葉市花見川区の団地で、洋服店店員の豊田愛子さん(61)が殺害され、次女の智美さん(22)が連れ去られた事件で、千葉地検が仲田敬行容疑者(28)を、勾留満期の13日に、殺人と銃刀法違反の罪で起訴する方針を固めたことが捜査関係者への取材で分かった。逮捕監禁罪については、連れ去り期間の行動などを詳細に調べる必要があることから、捜査を続ける。

千葉県警千葉北署捜査本部の調べでは、仲田容疑者は7月18日午前9時すぎ、団地踊り場で豊田さんの首を刃物で切りつけて殺害。次女の智美さんを車に押し込んで連れ去った疑いが持たれている。智美さんは23日に沖縄県で保護された。

 仲田容疑者は、智美さんを連れ去ったことに関しては「無理やり連れて行き、車に押し込んだ」と容疑を認めていた。しかし地検は、仲田容疑者と智美さんが6日間にわたり一緒に行動していたことなどを考慮。逮捕監禁罪の適用については、2人の間でどのようなやりとりがあったかなど、連れ去り期間中の6日間の状況を智美さんから丁寧に聞き取るなど、捜査を継続する必要があると判断したもようだ。Banner_logo_051_2 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/289248/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

静岡地震 東名下り線全面開通(13日)

 中日本高速道路は、駿河湾沖を震源とする地震による路肩崩落で通行止めになっていた東名高速下り線静岡-菊川間について、13日午前0時で開通させた。同時に上り線の静岡-焼津間の通行止めも解除した。残る通行止め区間は上り線の焼津-袋井間となる。この区間は13日午後に通行可能となる見通し。Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/disaster/289281/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月12日 | トップページ | 2009年8月14日 »