« 2009年8月9日 | トップページ | 2009年8月11日 »

2009年8月10日

2009年8月10日 (月)

今月に入り不審火10件、東京・葛飾区(10日)

東京・葛飾区で今月に入り、ゴミ集積場のゴミなどが燃える不審火が相次いでいることが分かりました。 警視庁や東京消防庁によりますと、今月2日に3か所のゴミ集積場でゴミが燃えるなど8日までに、あわせて10件の不審火が相次いでいるということです。いずれも半径およそ2キロメートル以内で週末に起きているということで、警視庁は、同一犯による放火の可能性があるとみて捜査しています。(10日11:35) Logo2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4205794.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

酒井法子容疑者覚せい剤事件 酒井容疑者尿検査の結果、覚せい剤の陽性反応なし(10日)

酒井法子(本名・高相法子)容疑者(38)が覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された事件で、酒井容疑者に対する尿検査の結果、覚せい剤の陽性反応は出なかったことがわかった。
午後3時半ごろ、東京地方検察庁から、湾岸署に戻ってきた酒井容疑者だが、10日は、捜査員による取り調べは行われないという。
今後の捜査だが、警視庁によると、酒井容疑者に対する尿検査の結果、覚せい剤の陽性反応は出なかったということで、覚せい剤使用容疑での立件は困難との見方もある。
しかし、供述や押収物などから、酒井容疑者が常習的に覚せい剤に手を染めていたとみられている。
このため、警視庁は酒井容疑者の普段の行動に不審な点がなかったか、関係者などから事情を聴くとともに、酒井容疑者の毛髪を鑑定することも検討している。Logo1
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00160738.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

科医師、中3少女に金渡しわいせつ行為(10日)

福岡県警は10日、岡山市北区東古松4、歯科医師小田隆容疑者(35)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)容疑で逮捕した。発表によると、小田容疑者は4月29日午後4時頃、福岡市中央区春吉のホテルで、18歳未満と知りながら、同市南区の中学3年の女子生徒(当時14歳)に、1万5000円を渡してわいせつな行為をした疑い。容疑を否認しているという。小田容疑者は、携帯電話の出会い系サイトで「3万円で助けてください」との書き込みを見て、生徒と連絡を取るようになったという。

(2009年8月10日21時07分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_6 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090810-OYT1T00895.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

マッサージ店に便宜 収賄容疑で元神田警察署員を逮捕(10日)

韓国エステ店を立ち入り対象から外すなどの便宜を図った見返りに、エステ店経営者から現金を受け取ったとして、警視庁は10日、収賄容疑で調布署地域課の巡査部長、林隆貴容疑者(46)=東京都渋谷区富ヶ谷=を、贈賄容疑で韓国籍の東京都千代田区のエステ店経営、徐花順(ソ・カジュン)容疑者(43)=東京都新宿区大久保=をそれぞれ逮捕した。警視庁人事1課によると、2人は「間違いありません」と容疑を認めている。

同課の調べによると、林容疑者は平成20年6月から21年6月の計11回にわたり、違法風俗店の立ち入り対象から外すなどの便宜を図った謝礼と知りながら、徐容疑者から現金計67万円を受け取った疑いが持たれている。同課によると、現金は同店の近くの路上で受け取ったり、他人名義の口座に振り込ませるなどしていた。飲食費や生活費として全額使われていたという。

 林容疑者は15年2月から20年9月まで神田署生活安全課に勤務し、違法風俗店の取り締まりなどを担当。同署は同年4月、同店が違法な性的サービスをしているとして立ち入り調査し、同6月に風営法違反の疑いで家宅捜索していた。林容疑者は家宅捜索直後から、「(捜査は)何とかならないか」と徐容疑者から相談を受けていたという。警視庁警務部の中村格参事官は「警察官として言語同断の行為であり遺憾の極み。都民の信頼を著しく裏切ったことに対し深くお詫び申し上げる」とコメントした。Banner_logo_051_5 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/288234/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉県警巡査が14歳女子中生にみだらな行為(10日)

千葉県警少年課と松戸署は10日、県青少年健全育成条例違反の疑いで、埼玉県鴻巣市宮地、埼玉県警巡査、柳沢学容疑者(28)を逮捕した。同署の調べによると、柳沢容疑者は5月31日、千葉県松戸市内のホテルで、出会い系サイトで知り合った、同市の市立中学3年の女子生徒(14)が18歳未満であることを知りながら、みだらな行為をした疑いが持たれている。女子生徒の母親が、同署に相談して柳沢容疑者の犯行が発覚した。 柳沢容疑者は、現在、埼玉県警鴻巣署の地域課に勤務。松戸署の調べに対し、容疑を認めているという。Banner_logo_051_4 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/288173/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京の体感治安(10、11日)
  (単位・レベル)

2兆しをつかめ

【治安解説】兵庫県高砂市で、小学生の女児2人が相次いで男に殴られ、小学2年の女児が腹に軽いけがをしていたことが分かった。小学1年の女児は前から歩いて来た男に左腕をつかまれ、腹部を2回殴られた。その2分後には自転車に乗り帰宅途中だった小学2年の女児が男に腹を3回殴られた=産経新聞電子版「イザ」

 これ、いずれも路上での犯罪。無抵抗の弱者を対象にしているだけに極めて危険である。まさに、犯罪発生の予兆と言えるようだ。

 こうした兆候の後には、殺人事件に発展した例が極めて多く、安藤隆春警察庁長官が大事にしている言葉である「兆し」を如何に把握し、早めの対策をとるかで警察の力量が問われる。

 警察庁の巽生活安全局長も会議で「重大事件に発展する前に犯罪の前兆をしっかり把握し、国民の期待に応えるように」と指示している。

 そう言えば、全国の警察が4月に発足させた、子どもや女性を守る専従対策班。
 性犯罪が中心の様だが、それだけに限定せず、今回の事件の様な事案でも活動してもらいたいものである。

 警視庁の「さくらポリス」の活躍は、最近公表されていないようだが、日本警察のフロントラインの中枢としての威厳を見せてほしい。それが、日本警察に活力を提供することになるだろう。

都内の体感治安は「レベル2(ブルー)」の現状とする。「日本列島振り込め詐欺」は、 岩手県警が振り込め詐欺の川柳募集など2件。http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

酒井容疑者「ずっとTV見ていた」 足取り徐々に判明(10日)

タレントの酒井法子(本名・高相=たかそう=法子)容疑者(38)が覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された事件で、所在不明から出頭までの足取りが明らかになってきた。警視庁によると、酒井容疑者は夫の逮捕直後に日用品を買い込み、長男(10)を預けた知人に生活費を郵送。都内で別の知人と一緒にいたといい、「ずっとテレビで自分のニュースを見ていた」と話しているという。同庁は10日午前、身柄を東京地検に送検した。

 酒井容疑者が所在不明になったのは夫の高相祐一容疑者(41)が同容疑で逮捕された3日未明。捜査関係者によると、酒井容疑者は2日深夜、知人の建設会社長の男性とともに現場に現れ、警察官に事情を聴かれていた夫を必死にかばっていた。酒井容疑者は「子どもがいる」と言い残し、現場を立ち去ったという。

 東京都港区内の自宅に戻り、東京駅近くのコンビニエンスストアで2回、計40万円を引き出した。カップラーメンなどを買い、新宿区内の量販店で日用品を購入。渋谷区内の郵便局を訪れ、長男を預けていた知人女性あてに生活費として現金数十万円と手紙を送ったという。

 3日深夜に高相容疑者の逮捕がテレビなどで伝えられ、翌4日には所属事務所の社長が記者会見し、親族が捜索願を出したことを明らかにした。そのころ、酒井容疑者の携帯電話の微弱電波が自宅から約150キロ離れた山梨県身延町内で検知された。同庁によると、酒井容疑者は同町に行っていた可能性が高く、「テレビを見てびっくりした」と話したという。

 警視庁が酒井容疑者の逮捕状を請求したとニュースで流れたのは7日午前。「大変なことになった。出頭したい」。同容疑者の意向は高相容疑者の弁護士を通じて同日午後4時ごろに警視庁側に伝えられ、8日夕に弁護士側から「これから出頭する」と連絡があったという。同庁幹部は「気が動転しただけで、逃走するつもりはなかっただろう」と話した。 Logo3_3 http://www.asahi.com/national/update/0810/TKY200908100145.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

アミューズ、情報流出11万件確認 中国から不正アクセス(10日)

サザンオールスターズや福山雅治さんら著名なアーティストが所属する東証1部上場の大手芸能事務所アミューズの情報流出問題で、同社は10日、中国からの不正アクセスにより約11万件の顧客情報が流出したと発表した。一部にクレジットカード番号も含まれるが、不正利用による金銭的被害は今のところ確認していないという。

 同社は同日付で問い合わせ窓口を開設するとともに、流出の可能性がある顧客に郵便や電子メールで連絡する。流出した情報の内容や経緯についても特定作業を急ぐ。

 流出したのは芸能人グッズを取り扱うアミューズの通販サイト「アスマート」の顧客情報。2005年4月から今年7月に商品を購入した14万8680人の住所、氏名、電話番号やクレジットカード番号が流出した可能性があるとしている。実際に確認できたのはメールアドレスで11万6911件、カード番号で3万4097件。(11:53) Img_logo1 http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20090810AT1G1001A10082009.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(10日)2件

振り込め詐欺で川柳募集 岩手県警

News_pic1 振り込め詐欺の被害拡大をくい止めようと岩手県警察本部と盛岡市消費生活センターは被害の防止などを呼びかける川柳を募集しています。岩手県内ではことし6月までの半年間に振り込め詐欺の被害が31件あり、被害額はおよそ5500万円にのぼっています。そこで、岩手県警察本部と盛岡市消費生活センターは7月から9月までの3か月間を「振り込め詐欺撲滅!サマーキャンペーン」として啓発活動を行っています。その一環として、振り込め詐欺の被害防止について関心を高めてもらおうと川柳を募集することになりました。テーマは被害にあわないよう注意を呼びかけるものか犯人に犯行を思いとどまらせるもので、8月20日まではがきかファックス、Eメールで応募を受け付けています。宛先は郵便番号020−0878、盛岡市肴町2−29、盛岡市消費生活センター「振り込ま川柳」の係まで。ファックスは消費生活センターの番号で019−624−4123。Eメールは岩手県警察本部、「ip−event@pref.iwate.jp」です。寄せられた作品の中から最優秀賞などを選び表彰するとともに、今後の啓発活動で活用していくということです。岩手県警察本部は「被害を防止するには、まずは関心を持ってもらうことが大切なので、川柳がそのきっかけになってほしい」と話しています。http://www.nhk.or.jp/morioka/lnews/06.html

振り込め詐欺防止“関心低い”愛媛県警

News_pic1愛媛県内で「振り込め詐欺」の被害にあった人の4人に3人が、振り込め詐欺について家族と話したことがないことが警察のアンケートでわかりました。愛媛県警察本部では、家族を装って電話をかけてくるケースが多いとして、不審に思ったらあらかじめ家族の間で決めた合言葉を尋ねたりして被害を防ぐよう呼びかけています。このアンケートは全国の警察が振り込め詐欺の被害防止に活用しようと、ことし2月以降に、被害にあった人を対象に実施したもので、愛媛県では67人から回答を得ました。このうち、「振り込め詐欺について家族と話したことがない」と答えた人は50人で、率にして74.6%と、全国平均の47.8%より25ポイント以上、多くなっています。さらに「被害にあわない自信があった」と答えた人も48人、71.6%と、全国の平均の60%を10ポイントあまり上回りました。これについて愛媛県警察本部は、県内では被害を防止することに関心が低いのではないかと分析した上で、家族を装って電話をかけてくるケースが多いとして、お盆の時期で家族と会う機会も増えるので、あらかじめ家族の間で合言葉を決めておき、不審に思ったらそれを尋ねたりして被害を防ぐよう呼びかけています。http://www.nhk.or.jp/matsuyama/lnews/03.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

各地の大型病院で盗み500件…67歳女供述(10日)

今年7月、山形県新庄市内の病院で患者の財布を盗んだとして、県警に逮捕、起訴された女が「全国各地の大きな病院で、300~500件の盗みをした」と供述していることが9日、分かった。

 いずれも患者の見舞いを装って病室に入り込む手口で、見舞客の多い大型病院の盲点を突いた犯行とみて、県警で調べている。

 起訴されたのは住所不定、無職石田明美被告(67)。捜査関係者によると、石田被告は、06年頃から愛媛県や佐賀県、長野県などの大型病院の病室から、財布やバッグを盗んでいたという。「怪しまれないように、出入りが多い複数の患者がいる病室を狙った」などと供述しており、県警の捜査で、長野県内のコインロッカーから、盗まれたとみられる大量の診察券や財布が発見されている。大型病院に出入りする医療関係の女性は「受け付けで訪問者をチェックするなどの対策はしているが、職員は多忙で全員を把握することは難しい。貴重品を置く場所も限られており、盗みやすい面はあるかもしれない」と指摘した。(2009年8月10日08時58分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_5 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090810-OYT1T00002.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「遅刻しそう」踏切で列車を非常停止、JR西社員逮捕(10日)

京都府城陽市内のJR奈良線の踏切で非常ボタンを押し、列車の運行を妨害したとして、府警城陽署は10日、JR西日本社員・松本雅宏容疑者(23)(城陽市)を威力業務妨害容疑で現行犯逮捕した。

 発表やJR西によると、松本容疑者は同日午前7時30分頃、同市久世芝ケ原の久世宮踏切で非常ボタンを押し、城陽駅を出発直後の普通電車を踏切手前で約5分間、停車させるなどした疑い。警戒中の同署員が取り押さえた。

 松本容疑者は西大路駅(京都市)の駅員で、出勤のため、自転車で城陽駅へ向かう途中。調べに対し「遅刻しそうだったから」と容疑を認めている。同踏切では7月18日以降5、6回、非常ボタンが押される被害があったという。JR西の春名幸一・京都支社次長は「詳しい状況を確認のうえ、厳正に対処します」とコメントした。(2009年8月10日12時31分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_4 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090810-OYT1T00520.htm?from=main7

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

覚せい剤の入手経路が焦点 酒井法子容疑者を送検(10日)

警視庁は10日午前、タレントの酒井法子(本名・高相=たかそう=法子)容疑者(38)を覚せい剤取締法違反(所持)容疑で東京地検に送検した。同庁は、使用容疑での立件を視野に、覚せい剤の入手経路の解明を進める。

 組織犯罪対策5課と渋谷署によると、酒井容疑者は3日に東京都港区南青山2丁目の自宅マンションの部屋で、アルミはくに包まれた覚せい剤0.008グラムを隠し持っていた疑いがある。同課によると、酒井容疑者は「昨年夏ごろから夫に勧められて覚せい剤を使っていた」と供述しているという。 Logo3_2 http://www.asahi.com/national/update/0810/TKY200908100086.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「人員整理でムシャクシャ」 栃木ニセ爆弾で精密機器会社員逮捕(10日)

栃木県大田原市内のメガネ店前で7月20日、爆発物に似せた不審物が見つかった事件で、県警大田原署は10日、威力業務妨害の疑いで、同市本町、精密機械製造会社員、高林彰容疑者(58)を逮捕した。高林容疑者は同署の調べに対し、「景気悪化で会社が人員整理をすると聞き、ムシャクシャしていた。人通りの多い目立つところに(不審物を)置いた」と容疑を認めている。

同署の調べによると、高林容疑者は7月20日、同市住吉町のメガネ店前に時限爆弾の模造品を置き、メガネ店店員を避難させるなど業務を妨害した疑いが持たれている。メガネ店店員らには面識はないという。模造品は紙袋入りで、アルミ製の筒にストップウオッチと電子基板をリード線で取り付けていたという。Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/288085/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

稲川会最高幹部を逮捕 強制執行妨害などの疑い 警視庁(10日)

財産の差し押さえを免れようと、取得した土地を他人名義で登記したとして、警視庁組織犯罪対策4課は10日、強制執行妨害などの疑いで、指定暴力団稲川会理事長補佐で、山川一家総長の内堀和雄容疑者(56)=通称・内堀和也、川崎市川崎区=を逮捕した。

捜査関係者によると、山川一家は川崎市に本部を置く稲川会最大級の二次団体。同課の調べによると、内堀容疑者は平成16年9月ごろ、川崎市内の約400平方メートルの土地を取得する際、差し押さえから逃れるため、所有権を長男とする虚偽の申請書を法務局に提出し、所有権を移した疑いが持たれている。

 内堀容疑者は妻が平成11年ごろ、金融機関から数億円の融資を受けた際の保証人となったが、融資金は返済されておらず、整理回収機構が資産を回収しようとしていた。稲川会は山口組、住吉会に次ぐ国内3番目の規模の指定暴力団で、構成員は約4800人。捜査関係者らによると、内堀容疑者は17年ごろから稲川会の「本部長補佐」など幹部職を歴任し、昨年に山川一家の総長に就任した。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/288096/Banner_logo_051_2

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

酒井容疑者、新宿・中央区で宿泊…山梨にも(10日)

女優の酒井法子(本名・高相

)

法子)容疑者(38)が、自宅に覚せい剤を隠し持っていたとして覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕された事件で、酒井容疑者の逮捕までの足取りが9日、警視庁の調べで明らかになった。

 酒井容疑者は、3日に夫の高相祐一容疑者(41)が同法違反容疑で現行犯逮捕されて以降、東京都新宿区や中央区で宿泊し、山梨県内にも実際に行っていたとみられる。同庁幹部が明らかにした。同庁のこれまでの調べで、酒井容疑者は、新宿区の量販店で食料品や化粧品など身の回りの品を購入したほか、東京駅近くのコンビニの現金自動預け払い機で40万円を引き出したことがわかっている。また、山梨県身延町周辺で、酒井容疑者の携帯電話の電波が4日夕に確認されているが、酒井容疑者の知人などの話から、酒井容疑者が実際に同県内に足を運んでいたことも判明。同庁では、さらに詳しい足取りについて酒井容疑者から事情を聞く。

 一方、同庁幹部によると、酒井容疑者は8日夜に出頭するまでの経緯について、「4日に捜索願が出されたことをテレビで知り、驚いた」などと供述。知人に依頼し、高相容疑者が拘置されている渋谷署と捜索願が出された赤坂署の様子を見に行ってもらったが、多くのマスコミが両署に詰めかけていると聞き、「どうすればいいんだろうと思った」と説明したという。

 7日に逮捕状が出たことについては、「テレビでテロップが流れたのを見て、すぐに出頭しなければ、と考えて弁護士に連絡を取った」と供述したという。(2009年8月9日18時48分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_3 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090809-OYT1T00626.htm?from=main1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

高齢者狙い「帽子狩り」、2中学生逮捕(10日)

千葉県警君津署は9日、君津市内の同市立中学3年の15歳と14歳の少年2人を窃盗の疑いで逮捕した。 発表によると、両少年は自転車に2人乗りして、同日午前5時10分頃、同市杢師の遊歩道を散歩していた同市内の無職女性(73)を追い抜きざまに女性がかぶっていた野球帽をひったくった疑い。両少年は「帽子狩り」と称して、同級生数人と今月4日頃から、お年寄りの女性を狙って帽子のひったくりを繰り返していたと供述しているという。

(2009年8月10日00時24分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_2 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090809-OYT1T01059.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

包丁女が消防署侵入、「自決する」と騒ぐ(10日)

北海道警富良野署は9日、北海道南富良野町幾寅、無職大沼富士子容疑者(55)を銃刀法違反と建造物侵入の疑いで現行犯逮捕した。 発表によると、大沼容疑者は同日午後2時10分頃、同町の富良野消防署南富良野支署に、文化包丁(刃渡り約20センチ)を持って侵入した疑い。大沼容疑者は「自決する」と叫んでいたが、駆けつけた同署員に取り押さえられた。

 大沼容疑者は、同支署に迷惑電話をかけ続けたとして業務妨害容疑で4月に逮捕、起訴され、5月に旭川地裁で懲役1年(執行猶予3年)の有罪判決を受けたばかりだった。

 大沼容疑者は7月上旬~8月上旬にかけ、同支署に「逮捕されたのはお前らの責任だ。謝れ」などと200回以上の迷惑電話をかけていたとみられ、同署は業務妨害容疑でも調べる。(2009年8月10日05時33分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090810-OYT1T00091.htm?from=main6

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「覚せい剤、夫に勧められ昨夏から」 酒井容疑者供述(10日)

タレントの酒井法子(本名・高相〈たかそう〉法子)容疑者(38)が覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された事件で、酒井容疑者が9日の警視庁の調べに「昨年夏ごろから、主人に勧められて覚せい剤を使用していた」と供述したことがわかった。同庁が明らかにした。酒井容疑者は反省している様子だという。

 夫の自称プロサーファー高相祐一容疑者(41)=同容疑で逮捕=は9日に酒井容疑者の逮捕を伝えられ、「夫婦で覚せい剤を使用していた。私が勧めた」との供述を始めたという。同庁は酒井、高相両容疑者の覚せい剤の使用について裏付け捜査を進めるとともに、入手先を調べている。

 組織犯罪対策5課と渋谷署によると、逮捕容疑は3日に東京都港区南青山2丁目の自宅マンションの部屋で、アルミはくに包まれた覚せい剤0.008グラムを隠し持っていたという内容。酒井容疑者は逮捕直後の8日夜はあいまいな供述をしていたが、9日の調べで「夫と一緒に使用していた。(覚せい剤を)あぶって使用した」と認めた。両容疑者は使用の場所について港区内の自宅を挙げているという。

 3日の家宅捜索で見つかった覚せい剤は、あぶった際に焦げたとみられる跡があった。吸引用のストローも大量に見つかり、一部には覚せい剤をあぶった煙を口で吸った形跡が残っていた。吸引用パイプ1本も押収され、吸い口に付着した唾液(だえき)と酒井容疑者のDNA型が一致したという。

 同庁は逮捕直後に酒井容疑者から尿を採取し、鑑定した結果、覚せい剤の反応はなかったという。今後、毛髪を鑑定するなどして使用について裏付けを進める。

 行方不明だった6日間の所在について、酒井容疑者は「夫の逮捕で気が動転し、泊まり歩いた」との趣旨の説明をしているという。同課は関係者の話から、酒井容疑者は都内の知人宅を転々としていたとみている。携帯電話の電波が確認された山梨県身延町にも行った可能性があるという。

 酒井容疑者は「親族から捜索願が出ていることをテレビで知りびっくりした。自分の逮捕状が出たことを見て大変なことになったと思い、知人を通じて弁護士を頼み、出頭した」と話しているという。 Logo3 http://www.asahi.com/national/update/0809/TKY200908090120.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女児2人相次ぎ殴られる 兵庫・高砂市(10日)

 兵庫県高砂市で8日、小学生の女児2人が相次いで男に殴られ、小学2年の女児(7)が腹に軽いけがをしていたことが9日、分かった。高砂署は同一犯の疑いがあるとみて傷害と暴行の疑いで男の行方を追っている。

 同署の調べでは、8日午後3時20分ごろ、同市荒井町中町の路上で、小学1年の女児(6)が前から歩いて来た男に左腕をつかまれ、腹部を2回殴られた。その2分後、約40メートル離れた場所で自転車に乗り帰宅途中だった小学2年の女児が男に腹を3回殴られ、軽いけがをした。同署によると、男は身長165センチ前後。現場は住宅街の一角。Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/287883/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月9日 | トップページ | 2009年8月11日 »