« 2009年8月2日 | トップページ | 2009年8月4日 »

2009年8月3日

2009年8月 3日 (月)

俳優の押尾学容疑者逮捕へ MDMAを使用 警視庁(3日)

 幻覚作用のある合成麻薬MDMAを使用していたとして、警視庁麻布署は麻薬取締法違反の疑いで、俳優でミュージシャンの押尾学容疑者(31)の逮捕状を請求した。容疑が固まり次第、逮捕する方針。

 麻布署によると、2日夜、東京都港区六本木のマンションで110番通報があり、署員が駆けつけると裸の女性がベッドで死亡していた。この部屋に出入りする関係者から事情聴取を進め、押尾容疑者に薬物の尿検査を実施したところ、陽性反応が出たという。

関連記事

記事本文の続き 所属事務所のエイベックス・マネジメントは3日、公式ホームページ上で押尾容疑者との契約を同日付で解除したと発表。理由については「当社との契約に反する行為を行ったため」とし「詳細につきましては、追ってご報告申し上げます」としていた。

 所属事務所のホームページなどによると、押尾さんは東京都出身。平成10年に俳優デビューし、「ラブレボリューション」「クニミツの政」など人気ドラマに出演する。ロックバンド「LIV」のボーカル兼リーダーとしても活動。18年には女優の矢田亜希子さん(30)と結婚し、一男をもうけた。Banner_logo_051_6

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

11カ月女児にアイロン、やけど負わせた疑いで母親逮捕(3日)

生後11カ月の長女の体に加熱したアイロンを当て、やけどを負わせたとして、宮崎県警延岡署は3日、母親の無職磯田夏紀容疑者(26)=同県延岡市浜砂2丁目=を傷害の疑いで逮捕した。長女は事件の数日後に死亡し、同署は傷害致死の疑いもあるとみて調べている。磯田容疑者はアイロンを当てたことは認めている、と同署は説明している。

 同署の発表によると、磯田容疑者は7月18日ごろ、自宅アパートで長女静流(しずる)ちゃんの両肩から両腕にかけて少なくとも2回、アイロンを当て、重いやけどを負わせた疑いがある。21日になって静流ちゃんの容体が悪化したため、磯田容疑者は救急車を呼び、静流ちゃんを病院に運んだが、間もなく死亡が確認された。同署には病院側から通報があったという。

 長女の体には古い傷が複数あったといい、磯田容疑者が日常的に虐待を加えていた可能性もあるという。磯田容疑者は、無職の夫(29)と静流ちゃんとの3人暮らしだった。 Logo3_6 http://www.asahi.com/national/update/0803/SEB200908030037.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京の体感治安(3、4日)
  (単位・レベル)

2被害者に共通カードを作れ

【治安解説】 3日朝、東京都港区西新橋で、「男と女がけんかして、女がけがしている」と110番通報があった。警視庁愛宕署員が駆けつけると、住宅の中で、78歳と21歳の女性2人が刃物で刺されて倒れ、78歳の女性は間もなく死亡した。近くにいた自称、千葉市美浜区の会社員(41)が「オレがやった」と話したので殺人未遂容疑で現行犯逮捕された。

 同署によると若い女性は、耳かきエステ店に勤めており男は客だった。女性は7月19日午後11時ごろ、「客の男からつきまとわれている。今夜も家の近くに来ている」と110番。自宅近くで警察官に「今年4月ごろにしつこく言い寄られ、断った。店の出入りを禁止してもらったら、つきまとわれるようになった」と話した。

 警察官は「署で相談に乗ります」と伝えたが、女性は「今日は遅いので帰ります」と答えたという。同署で男について調べた結果、男が今回の容疑者であることが判明したが、その後、江尻さんから相談はなかったとしている。朝日新聞が詳しく報道している。

 「署で相談にのります」と言っており、それで相談に来なければ、被害者の責任に間違いはない。

 そこで提案する。ストーカー規制法でいうストーカーまでいかないものの、こうした男女間のトラブルがあった場合、「相談しない場合の危険性」「被害届けを出さない場合の危険性」「つきまといの各種対処法(相談所の紹介など)」などの注意書きを書いた共通カードを、あらかじめ作成して、その時の被害者(相談者)に配布し、将来予想される危険性を認識させる方法はどうだろうか。チラシではなく、定期入れに入れておくカードでないとだめです。肌身離さず「持たせる」のです。全国共通なら最善でしょうな。

 そうでないと、一度でも相談したり、110番すると、必ず「相談していたのに…」「110番したのに指導したのか」という問題が発生する。警察は被害者にも強制できないし、被害届も告訴もなく、相手の身柄を拘束はできない。何らかの法令に違反する行為があれば別だが、あったとしても長期拘留はできないことを国民にPRすべきである。

 都内の体感治安は「レベル2(ブルー)」の現状とする。「日本列島振り込め詐欺」は暴力団の資金稼ぎの主犯格逮捕など4件。http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-edfd.html#more

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性刺され1人死亡1人重体 容疑者を逮捕 東京(3日)

3日午前9時ごろ、東京都港区西新橋1丁目の住宅で、「刃物を持った男がいる。男と女がけんかして、けがしている」と110番通報があった。警視庁愛宕署員が駆けつけると、住宅の中で、住人の鈴木芳江さん(78)と孫の江尻美保さん(21)が刃物で刺されて倒れており、鈴木さんは死亡、江尻さんは重体。同庁は、住宅内にいた自称、千葉市美浜区幸町2丁目、会社員林貢二容疑者(41)が「オレがやった」と話したことなどから、殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。

 同署によると、江尻さんは耳掃除をする耳かきサービス店に勤めており、客の林容疑者につきまとわれていたという。この日、林容疑者は1階で対応した鈴木さんと口論になり、「(江尻さんに)会わせろ。あんたでは話にならない」と刺した。さらに2階に上がって江尻さんを刺したという。2人は首に複数の傷を負っていた。鈴木さんは、江尻さんと江尻さんの両親、江尻さんの兄の5人暮らし。現場には複数の血の付いたナイフがあり、林容疑者は「ナイフは持ってきた。(江尻さんを)殺すつもりだった」と供述しているという。

 同署によると、江尻さんは7月19日午後11時ごろ、「客の男からつきまとわれている。今夜も家の近くに来ている」と110番通報し、自宅近くで警察官に「今年4月ごろにしつこく言い寄られ、断った。店の出入りを禁止してもらったら、つきまとわれるようになった」と話した。同署員は「署で相談に乗ります」と伝えたが、江尻さんは「今日は遅いので帰ります」と答えた。同署で男について調べた結果、男が林容疑者であることが判明したが、その後、江尻さんから相談はなかったとしている。鈴木さん方の隣の料理店従業員らによると、午前9時ごろ、鈴木さん方から「助けて」という女性の悲鳴が聞こえ、家族とみられる被害者とは別の女性が裸足で店に飛び込んできたという。 http://www.asahi.com/national/update/0803/TKY200908030091.htmlLogo3_5

殺人未遂:女性刺されて1人死亡1人重体 男を逮捕…東京

2009年8月3日 11時17分 更新:8月3日 13時6分

Logo_mainichi1_2 3日午前9時ごろ、東京都港区西新橋1の鈴木芳江さん(78)方の近くを通り掛かった人から「包丁を持った男と女がけんかしている」と110番があった。警視庁愛宕署員が駆け付けると、住宅内で鈴木さんと、同居する孫で耳かきエステ店従業員、江尻美保さん(21)が血を流して倒れていた。2人は病院に搬送されたが鈴木さんは間もなく死亡、江尻さんは意識不明の重体。室内にいた男が「自分が刺した」と認めたため、愛宕署は殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

 愛宕署によると逮捕されたのは千葉市美浜区幸町2、会社員、林貢二(こうじ)容疑者(41)。逮捕容疑は同8時55分ごろ、室内で鈴木さんと江尻さんの首などを、持っていたナイフのようなもので刺したとしている。愛宕署の調べに「殺すために来た。最初に応対に出た女性では話にならなかったので、2階に上がって(江尻さんを)刺した」と供述し、容疑を認めているという。

 林容疑者は江尻さんが勤める耳かきエステ店の客で、偽名を使って通っていたという。江尻さんは7月19日午後11時ごろ、自宅近くから「勤務先の客の男につきまとわれている。今日も家の近くに来ている」と110番した。愛宕署員が駆け付けたが男の姿はなかったため、異常があれば至急連絡するように伝えて引き揚げたという。

 愛宕署の調べでは、林容疑者は最初に応対に出た鈴木さんを1階で刺し、2階に上がって江尻さんを刺したとみられる。2人には首を中心に複数の刺し傷があり、室内から血の付いた複数の刃物が見つかった。鈴木さん方は5人暮らしで、当時、自宅に他に家族2人がいたが無事だった。 現場近くの会社に勤める男性(58)は「『助けて』という叫び声を聞いて外に出たら、足などから血を流したパジャマ姿の女性が、住宅の前で『110番して』などと大声を上げていた。間もなく警察官に取り押さえられた男が玄関から出てきたが、顔や手などが血まみれの状態だった」と話した。 現場は東京メトロ銀座線虎ノ門駅の南東約300メートルの繁華街。【古関俊樹、神澤龍二】http://mainichi.jp/select/today/news/20090803k0000e040033000c.html

 

続きを読む "女性刺され1人死亡1人重体 容疑者を逮捕 東京(3日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

審理3時間、初日は閉廷 東京地裁で初の裁判員裁判(3日)

市民が刑事裁判に参加する初めての裁判員裁判が3日、東京地裁(秋葉康弘裁判長)であった。審理に先立ち、地裁では午前中、裁判員を選ぶ「選任手続き」が行われ、6人の裁判員が選ばれた。5人が女性で男性は1人だった。初日は約3時間の審理があり、閉廷した。4日午前10時から再開する。

 全国「第1号」の裁判員裁判の対象となったのは、殺人罪に問われている無職藤井勝吉被告(72)。5月に東京都足立区で隣人をナイフで刺殺したとして起訴された。公判の冒頭、被告は起訴内容を認めた。裁判員は量刑を中心に、判断を求められることになるとみられる。

 審理のため、地裁は73人の裁判員候補者に呼び出し状を発送した。地裁によると、6人に呼び出し状が届かず、仕事や家庭の事情で事前に辞退を認められたのは18人だったため、この日の選任手続きには49人が出席を求められた。2人は出席せず、実際に足を運んだのは47人。その中から、2人が当日辞退を希望して認められた。

 その後、午前10時38分にくじ引きが行われ、6人の裁判員と、裁判員が病気などの事情で欠けたときのための補充裁判員3人が選ばれた。9人の氏名や性別などの個人情報は一切公表されない。

 裁判所による「公判前整理手続き」で事前に固まっている審理予定に沿って、審理は進行している。被告の罪状認否の後、検察側、弁護側の双方が冒頭陳述を述べた。いったん30分間の休廷を挟み、証拠の取り調べをした。再び休廷した後、事件の目撃者の証人尋問を実施し、初日の審理を終えた。この日は裁判員の発言はなかった。閉廷直後にひとりの傍聴人が「裁判員制度反対」などと廷内で叫んだほかは特に混乱はなかった。

 公判は4日間連続で開廷。4日の被告人質問では「被害者参加制度」に基づき、被害者遺族が直接、被告に質問。5日に検察側の論告求刑と弁護側の最終弁論が終わると結審し、裁判員と裁判官は判決を話し合う非公開の「評議」に入る。判決は6日午後にも言い渡される見通しだ。

 日本で市民が刑事裁判に参加するのは戦前・戦中に15年間実施された陪審員裁判以来。陪審員裁判では、市民が裁判官に有罪・無罪の判断を答申し、裁判官が判決を出す仕組みだった。市民が裁判官とともに有罪・無罪を判断し、刑の重さ(量刑)までを考えて判決を決めるのは初めて。市民感覚の反映を目的とした裁判のスタートで、日本の刑事司法は新たな一歩を踏み出すことになる。http://www.asahi.com/national/update/0803/TKY200908030064.html Logo3_3

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

植草元教授を収監 痴漢で懲役4月確定(3日)

東京高検は3日、電車内で痴漢行為をしたとして東京都迷惑防止条例違反の罪に問われ、懲役4月の実刑が確定した名古屋商科大大学院の植草一秀元客員教授(48)を収監した。 植草受刑者は無罪を主張。最高裁は6月、同受刑者の上告を棄却する決定をし、懲役4月とした1、2審判決が確定していた。1、2審判決によると、植草受刑者は平成18年9月13日夜、京浜急行品川-京急蒲田間を走行中の車内で女子高生のスカート内に手を入れ下半身を触った。植草受刑者は16年4月に、JR品川駅で女子高生のスカート内を手鏡でのぞこうとしたとして同条例違反の罪で罰金刑を受けている。Banner_logo_051_4 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/285550/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

裁判員裁判:裁判員選任手続き始まる 49人中47人出席(3日)

全国初の裁判員裁判に向け、裁判員選任手続きが3日午前、東京地裁(秋葉康弘裁判長)で始まった。選ばれた裁判員6人は裁判官3人とともに午後から開かれる初公判に臨む。

 地裁は裁判員候補者を100人と決定して名簿から抽選した上で、学生や70歳以上などの理由で辞退を認めた27人を除く73人に呼び出し状を送付。さらに呼び出し状とともに送った質問票の回答を踏まえ、重要な仕事がある(7人)、自己または第三者に身体、精神または経済上の重大な不利益が生じる(7人)などの理由で計18人の辞退を認めた。6人には呼び出し状が届かなかった。 この日に地裁に出向かなければならない49人のうち、選任手続きに出席したのは47人だった。Logo_mainichi1 http://mainichi.jp/select/today/news/20090803k0000e040008000c.html

裁判員裁判:一般傍聴席58席の抽選に長い列 東京地裁

2009年8月3日 10時42分 更新:8月3日 11時9分

 初の裁判員裁判で東京・霞が関の東京地裁前には早朝から約100人の報道陣が集まり、呼び出しに応じて地裁に出向いた裁判員候補者を取材した。NHKと民放各局は裁判員選任手続きなどを速報した。午前10時からは正門前で一般傍聴席の抽選受け付けが始まり、58席の傍聴席を求め多くの市民らが長い行列を作った。【岩佐淳士】

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋中心部でひったくり3件 バイクの男、同一犯か(3日)

3日早朝、名古屋市中区と中村区でバイクの男によるひったくりが3件相次いだ。3件とも黒色のバイクで男が茶色の服を着ていたことから、同一犯の可能性もあるとみて中署と中村署が調べている。 発表によると、午前6時25分ごろ、中区錦3丁目で歩いていた女性(77)が現金約2千円が入ったかばんを奪われた。その約2分前にも、近くで自転車に乗っていた飲食店従業員の女性(21)が、かばんをひったくられそうになった。同6時40分ごろには、中村区椿町でパート従業員の女性(59)が現金約6万円入りのかばんを奪われたという。Logo3_2  http://www.asahi.com/national/update/0803/NGY200908030002.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川・江の島のコンビニ駐車場で男性刺され重傷(3日)

2日午後10時50分ごろ、神奈川県藤沢市片瀬海岸のコンビニエンスストア「サンクス江の島西浜店」の駐車場で、横浜市中区本牧元町、職業不詳、世古泰一さん(29)が何者かに刃物で刺された。世古さんは重傷。刺した相手は逃走し、藤沢署が殺人未遂容疑で捜査している。同署によると、「けんかをしていてナイフで刺された」との目撃情報がある。世古さんは友人と遊びに来ていた。現場は小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅の西約200メートルの国道沿いにある店舗。Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/285429/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・新橋で女性2人刺されて意識不明、殺人未遂で男を現行犯逮捕(3日)

 3日午前9時ごろ、東京都港区西新橋の民家で「刃物を持ってけんかしている」と110番があった。警視庁愛宕署員らが駆け付けると、室内で女性2人が血を流して倒れていた。2人は住人の70代と20代の女性で意識不明の重体。愛宕署は殺人未遂の現行犯で、現場にいた20代女性の知人の男を逮捕した。現場はJR新橋駅から西に約500メートル離れた飲食店や会社事務所などがある一角。Banner_logo_051_2 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/285493/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

融資金を詐欺の疑い 5人逮捕 埼玉県警(3日)

経営の実体がない会社の登記を使い、銀行から6千万円の融資をだましとったとして男女5人のグループが詐欺の疑いで埼玉県警察本部に逮捕されました。
警察はこのグループが同じ手口で5億円近くをだましとっていたとみて調べています。

逮捕されたのは、東京・中野区の自称経営コンサルタント、増田司郎容疑者(60)ら男女合わせて5人のグループです。埼玉県警察本部の調べによりますと増田容疑者はおととしの12月ごろから去年1月ごろにかけて経営実体がない会社の登記を使ってさいたま市にある2つの銀行からあわせて6千万円の融資をだましとったとして詐欺の疑いが持たれています。
増田容疑者は、会社の経理担当と偽り、偽造した預金通帳を見せるなどして経営資金が十分あるように見せかけて融資を引き出していたということです。
警察の調べに対して増田容疑者は「事件には関与していない」と容疑を否認していますが、ほかの4人は容疑を認めているということです。
警察はこのグループが同じような手口であわせて5億円近くの融資を埼玉県内の銀行からだまし取ったとみて調べています。News_pic1_3 http://www.nhk.or.jp/saitama/lnews/01.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(3日)4件

合言葉で振り込め詐欺防止を  北海道警

News_pic1_2 あとを絶たない振り込め詐欺の被害を防ぐため、警察は夏休みやお盆など家族が集まる機会に不審な電話を見抜くための合言葉を作るよう、ホームページなどで呼びかけを始めました。警察によりますと今年6月までの上半期に届け出のあった振り込め詐欺の被害は道内であわせて124件、金額にして1億3000万円以上で、去年の同じ時期の半分以下になっているものの、依然として多発しています。
詐欺の手口のうち、もっとも多いのが息子や孫を装う「オレオレ詐欺」で、被害者の94%が50歳以上だということです。このため警察は夏休みやお盆などで家族が集まる機会がある今月、不審な電話を撃退するため家族だけの合言葉を作るようホームページなどで呼びかけを始めました。警察では、例えば好きな野球チームや食べ物など家族が覚えやすい言葉を合言葉にして、道警本部のホームページから印刷した紙に書き留めることを勧めています。警察は、「相手にペットの名前を聞いたら相手が電話を切ったケースが実際にあり、家族で合言葉を作って振り込め詐欺を撃退してほしい」と話しています。http://www.nhk.or.jp/sapporo/lnews/04.html

警察官装った不審電話 相次ぐ 三重県警

News_pic1_2三重県内では、このところ警察官を装った不審な電話が相次ぎ、警察では、振り込め詐欺を企てた疑いがあるとして注意を呼びかけています。三重県警察本部によりますと、県内では、7月29日から30日にかけて、警察官を名のった不審な電話がかかってくるケースが相次ぎました。電話の内容は「窃盗犯を捕まえたらあなたのキャッシュカードや通帳を持っていた」というものや、「振り込め詐欺の犯人を捕まえたところ、あなたの口座番号が書かれた名簿を持っていた」といったもので、警察には、7月29日は津市で8件、同30日は鈴鹿市で4件、桑名市で2件の相談が寄せられたということです。
いずれのケースも、電話を受けた人が内容を不審に思い、途中で切ったため、現金をだまし取られるなどの被害はなかったということです。
警察では、振り込め詐欺を企てた疑いがあるとして、こうした警察を装った不審な電話に注意するよう呼びかけています。http://www.nhk.or.jp/tsu/lnews/06.html

振り込め詐欺グループ逮捕 埼玉県警

News_pic1_2融資保証金と偽って長崎県の男性に現金を銀行口座に振り込ませてだまし取ったとして東京・中野区の男ら7人が詐欺の疑いで警察に逮捕されました。男らが使っていた口座は100以上にのぼり、全国各地から5000万円以上が振り込まれていたということで、警察が関連を捜査しています。逮捕されたのは、東京・中野区の無職、根本将容疑者(24歳)らあわせて7人です。警察の調べによりますと根本容疑者らはことし5月、金融業者を装って長崎県雲仙市の無職の55歳の男性に電話で融資話を持ちかけて、融資保証金と偽って現金1万3000円を銀行口座に振り込ませてだまし取ったとして、詐欺の疑いが持たれています。警察の調べに対して、7人とも容疑を認め「てっとり早く金になるからやった」などと供述しているということです。警察によりますと根本容疑者らは金融機関の口座を100以上使っていて、これらの口座には全国各地から5000万円以上が振り込まれていたということで、警察は振り込め詐欺との関連を捜査しています。http://www.nhk.or.jp/saitama/lnews/06.html

続きを読む "日本列島振り込め詐欺(3日)4件"

| コメント (0) | トラックバック (0)

“ドリフト族”84人を検挙 警視庁(3日)

猛スピードで車のタイヤを滑らせながら走るいわゆる「ドリフト族」が東京・大田区で集団で暴走したとして、警視庁は、ドリフト族のメンバー84人を道路交通法違反の疑いで検挙しました。

道路交通法違反の疑いで検挙されたのは、ドリフト族「フラッグ」のメンバー84人で、このうち東京・足立区の会社員岡島哲也容疑者(40)ら19人が逮捕されました。警視庁の調べによりますと、岡島容疑者らは、ことし5月3日の未明に東京・大田区の大井ふ頭であわせて13台の車で猛スピードでタイヤを滑らせながら急旋回やUターンをする「ドリフト走行」をしながら集団で暴走したとして、道路交通法の共同危険行為の疑いが持たれています。警視庁によりますと、調べに対しいずれも容疑を認めているということです。これまでの調べによりますと、当時現場には130台余りの乗用車が集まり、およそ4時間にわたって「ドリフト走行」を繰り返したということです。ドリフト走行をめぐっては、先月23日兵庫県姫路市で無免許で軽乗用車を運転していた16歳の少年が近くにいた女子中学生をはねて死亡させる事故が起きているほか、東京都内のふ頭や山間部でも週末の深夜から早朝にかけて、ドリフト族が集団で暴走を繰り返しているということで、警視庁は取り締まりを強化する方針です。News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/k10014667731000.html

 

| コメント (3) | トラックバック (0)

自転車の男に殴られ眼球破裂、そのまま逃走 大阪(3日)

2日午前8時5分ごろ、大阪府豊中市庄内西町5丁目の路上で、同市服部本町1丁目の警備員受川泰之さん(62)が、自転車で通りかかった男に鉄の棒状のものでいきなり顔を殴られた。豊中南署によると、受川さんは近くの病院に運ばれたが、左目が破裂するなどの重傷。男は自転車で逃走し、同署は殺人未遂の疑いで行方を追っている。

 同署によると、受川さんは帰宅途中で、「自転車の男に追い抜かれる際、言い争いになった」と説明している。男と面識はないという。 男は20歳前後で、身長約170センチ。自転車の後部には女性が乗っていたが、言い争いになった後、男だけが自転車で戻ってきて殴ったらしい。 近くの男性によると、午前8時すぎ、怒鳴るような声が聞こえた後、受川さんが左目から流れる血を手で押さえながら、男性宅のポストにもたれかかって「警察に電話してください」と訴えてきたという。Logo3  http://www.asahi.com/national/update/0802/OSK200908020035.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「ビザでお困りですか」のネット広告 偽造斡旋業者が暗躍(3日)

インターネット上に「ビザでお困りの方」などと広告を載せ、ビザが切れた留学生などの不法残留に必要な偽造書類の手配を斡旋(あっせん)する業者が暗躍している疑いが強いことが捜査関係者の話で明らかになってきた。統計上、不法残留者は5年前から半減しているが、違法業者の動きは依然活発な上、不法残留者は最近、近所の目につきやすい集団居住を避ける傾向もあり、「手口が巧妙になり、不法残留が潜在化している。統計は、実態を反映していない」と、斡旋ビジネスの拡大を懸念する声も捜査現場では強まっているという。

 「ビザでお困りの方」というキーワードをインターネットで検索すると、約25万件ものページがヒットする。大半はビザの申請代行業務を行う行政書士事務所や留学関係のサイトだが、違法業者の可能性が疑われる書き込みもみられる。中国人らの間で、「不法状態(黒)を合法状態(白)にする」といった意味で使われる隠語「黒転白」が躍るページもある。

 警視庁関係者によれば、違法業者はネット上の掲示板などに広告を出し、10万円前後の前金で偽造文書の手配を請け負っているという。だが、捜査幹部は「サイトだけでは、どれが違法業者か区別するのは難しい」とも打ち明ける。

 法務省や警察庁の統計によると、不法残留者は平成16年1月1日現在で21万9418人だったのに対し、21年は11万3072人まで減少。入管難民法違反での摘発者数も20年までに半減しており、16年に政府が掲げた「半減目標」をほぼ達成した格好だ。

 ただ、捜査関係者は「この数字をうのみにして、楽観することはできない」と語る。業者も不法残留者もノウハウを学んでおり、捜査自体がどんどん難しくなっているためだ。

 実在する日本企業名の印鑑を使って通訳の雇用書類を偽造して、東京入国管理局に提出、就労目的での在留が認められる「人文・国際」のビザを取得する手口も、今年4~7月にかけて警視庁に摘発された。偽造書類を使った手口について、元東京入国管理局長の坂中英徳移民政策研究所所長は「膨大な案件を取り扱うため、形式的な審査に流れがちな入管の盲点をついた手法」と指摘する。

 集団居住が減る一方、出勤途中の職務質問を避けるため、勤務先に住み込むケースも増えているという。また、「正規のパスポートとビザを持っているので、不法残留者と見抜くのは困難」(捜査幹部)といい、水際対策の徹底が急務となっている。Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/285336/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月2日 | トップページ | 2009年8月4日 »