« 拳銃3丁・実弾63発所持の疑い ナイフ店経営者逮捕(16日) | トップページ | 「産地証明」信頼できる?…警視庁、農水と検討会(16日) »

2009年7月16日 (木)

中国人通訳…実は農民、不正入国容疑 ブローカーら逮捕(16日)

 中国人の農民を通訳などの専門職と偽ってビザ(査証)を不正に取得させて日本に入国させ、工場で働かせていたとして、警視庁と千葉、埼玉、栃木の各県警は、李敬新(40)=さいたま市南区南浦和2丁目=と趙晶恰(39)=栃木県下野市石橋=の各容疑者ら日本と中国のブローカー6人と、中国から不法入国した35~42歳の男5人を入管法違反などの疑いで逮捕した、と16日発表した。 同庁などは、李容疑者らが約1年半の間に、不法就労目的の100人以上を入国させ、約3億円を得ていたとみている。ビザ取得に必要な在留資格認定証明書の申請書などの偽造に日本人の行政書士がかかわっているとみて、調べを進める。同庁組織犯罪対策1課によると、逮捕容疑は、中国人の男2人を千葉県柏市のパン工場で働かせることになっているのに、技術開発の業務をさせるとうその申請をして、在留資格認定証明書とビザの発給を受けさせ、昨年6月29日に入国させたというもの。不法入国した男女の大半は黒竜江、吉林両省の農家出身。李容疑者らに200万~300万円の手数料を支払い、「人文・国際」「技能」など専門職のビザを取得していた。李容疑者らは食品工場などから1人当たり約5万円の紹介料を受け取っていた。 Logo3_3http://www.asahi.com/national/update/0716/TKY200907160197.html

 

« 拳銃3丁・実弾63発所持の疑い ナイフ店経営者逮捕(16日) | トップページ | 「産地証明」信頼できる?…警視庁、農水と検討会(16日) »

来日外国人犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/45649664

この記事へのトラックバック一覧です: 中国人通訳…実は農民、不正入国容疑 ブローカーら逮捕(16日):

« 拳銃3丁・実弾63発所持の疑い ナイフ店経営者逮捕(16日) | トップページ | 「産地証明」信頼できる?…警視庁、農水と検討会(16日) »