« 売春場所を提供した疑い、「角海老グループ」創始者逮捕(3日) | トップページ | 首都高:亀裂2.5万カ所 陥没の恐れも30カ所(3日) »

2009年7月 3日 (金)

「チベットに臨時便」静岡空港のニセHP、作者は県職員(3日)

静岡空港のホームページ(HP)上で特定の操作をすると、虚偽の情報が表示される状態になっていた問題で、虚偽情報のページは、県職員3人がHPの運用方法を習う講習会で作ったものだったことが2日、わかった。このうちの1人(31)は「見られることは想定していなかった。(閲覧されて)驚いた」と話している。

 県空港部によると、HPはHP製作会社「アーティス」(浜松市中区)に県が委託して作り、今年5月中旬に公開された。納品前の4月22日に静岡市内で開いた講習会で、HP上の情報の更新などを担当する県空港部の職員ら4人が、アーティスの社員から更新方法などを教わった。この席で、県職員3人が試しに「空港のサポーターズクラブの会員はツアー代金8割引き」「チベットへの臨時便運航決定」など架空の内容のページを作った。

 これらのページは正式なHPには載せていなかったが、HP上で特定の操作をすると閲覧できる状態になっていた。サーバーを管理するアーティスが1日、県から指摘を受けて閲覧できないようにし、同社の社員が2日、県庁を訪れて陳謝した。「東の横綱は羽田ではなく、静岡」と書いた男性職員(31)は、読売新聞の取材に「羽田(空港)みたいに大きくなってくれればという思いで書いた」と話した。「静岡―ソウル―上海の周遊チケットが販売され、2周目からは半額」と書いた別の男性職員(36)は「特に考えずに書いた」と話した。

 県空港部は2日、県商工会議所連合会内にあるサポーターズクラブの事務局や、チベットへの臨時便の申込先「チベット人民旅行社」の電話番号として、実際の電話番号を記載してしまった宮崎県の自営業者に事情を説明し、謝罪した。アーティスの池谷義紀社長は「今後はこういうことが起きないよう、しっかりとやっていきたい」としている。2009年7月3日05時19分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090703-OYT1T00122.htm

 

« 売春場所を提供した疑い、「角海老グループ」創始者逮捕(3日) | トップページ | 首都高:亀裂2.5万カ所 陥没の恐れも30カ所(3日) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/45522587

この記事へのトラックバック一覧です: 「チベットに臨時便」静岡空港のニセHP、作者は県職員(3日):

« 売春場所を提供した疑い、「角海老グループ」創始者逮捕(3日) | トップページ | 首都高:亀裂2.5万カ所 陥没の恐れも30カ所(3日) »