« 飲酒運転止められ激怒、女性転倒させ死なす…59歳男逮捕(13日) | トップページ | 東京・新宿区の右翼団体会長ら2人、同じ団体の構成員に殴るなどの暴行加えたとして逮捕(13日) »

2009年7月13日 (月)

胎児認知を偽装 逮捕・起訴 警視庁(13日)

妊娠中の子どもを父親が認知できる「胎児認知」という制度を悪用し、中国人の男との間にできた子どもを日本人が認知したなどとするうその届けをしたとして、中国人の母親がブローカーらとともに逮捕・起訴されました。警視庁は、日本人の子どもの養育者として永住資格を得ようとしたとみて調べています。

逮捕・起訴されたのは、いずれも中国人で茨城県筑西市のブローカー、金春花被告(36)と、千葉県松戸市の張春春被告(28)らです。2人は去年10月、張被告と中国人の男の間にできた妊娠中の子どもについて、日本人の45歳の男が父親として認知したとするうその届けなどを東京の荒川区役所に提出したとして、電磁的公正証書原本不実記録などの罪に問われています。警視庁によりますと、ブローカーの金被告は張被告から100万円を受け取って日本人の男を紹介したということで、いずれも起訴された内容を認めているということです。妊娠中の子どもを父親が認知する制度は「胎児認知」と呼ばれ、うその届け出の1か月後に生まれた長女は日本国籍を取得していました。警視庁は、張被告が日本国籍の子どもの養育者として日本での永住資格を得ようとしたとみて調べるとともに、中国人の父親の行方を捜査しています。News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/t10014227371000.html

 

« 飲酒運転止められ激怒、女性転倒させ死なす…59歳男逮捕(13日) | トップページ | 東京・新宿区の右翼団体会長ら2人、同じ団体の構成員に殴るなどの暴行加えたとして逮捕(13日) »

来日外国人犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/45623772

この記事へのトラックバック一覧です: 胎児認知を偽装 逮捕・起訴 警視庁(13日):

« 飲酒運転止められ激怒、女性転倒させ死なす…59歳男逮捕(13日) | トップページ | 東京・新宿区の右翼団体会長ら2人、同じ団体の構成員に殴るなどの暴行加えたとして逮捕(13日) »