« 消火器噴射し貴金属強奪 2人組、埼玉の質店(20日) | トップページ | 複数客、出発前にガイドに「中止を」 大雪山系遭難(20日) »

2009年7月20日 (月)

千葉団地殺人 ストーカー相談直後の悲劇…男と次女の間に何が(20に多)

千葉市花見川区の団地で洋服店店員、豊田愛子さん(61)が殺害された事件で、連れ去られた同居の次女(22)は、逮捕監禁容疑で逮捕状が出ている男(28)に以前も連れ回されていたことが19日、県警の調べで分かった。次女は「男からストーカー行為をされて困っている」と警察に相談していた。男の車が群馬県館林市の東北自動車道を走行していたことも同日判明。県警は、次女と行動しているとみられる男の行方を追っている。

 千葉北署によると、男は7月4日に豊田さん宅から次女を連れ出し、車で山梨や静岡、愛知各県などを1週間にわたって連れ回した。次女は10日、愛知県内のコンビニエンスストアで助けを求め、豊田署に保護された。保護された翌11日、次女は姉と一緒に、男とのトラブルについて千葉北署に相談した。

 次女は同署の捜査員に、「男とは出会い系サイトで知り合い、今年1月ごろから交際を開始した」「神奈川県などで同棲(どうせい)生活を送っていたが、男の暴力などで、6月中旬に母親の家に戻った」「その後、嫌がらせメールなどが来る」と説明。同署は次女に被害届を出すよう勧めたが、次女は出さなかったという。

 同署は次女に「男が住所を知っている団地から離れた方がいい」とアドバイスし、団地周辺の夜間見回りを強化。事件前日には、居場所が分かるGPS(衛星利用測位システム)機能付き緊急通報装置を渡していた。

 また、男が以前に「船橋市に実家がある」と話していたことから、豊田さんと次女を連れて確認に行ったが、結局、事件発生まで男の所在はつかめなかった。男のストーカー行為は相談後も止まらず、14日には姉の所に警察官を名乗った男から電話があり、次女の所在を確認したという。姉はすぐに同署に相談した。

 千葉県警幹部は「最善の努力はしてきたが、残念な結果だ」と唇をかむ。一方、千葉北署によると、男が次女を連れ去った現場近くの駐車場の林から、豊田さん殺害に使われたとみられる血の付いた刃物(刃渡り21センチ)が発見された。男は豊田さん殺害前の時間に、豊田さん宅の様子をうかがう姿を近隣住民らに目撃されている。

 捜査幹部は「(2つの事件の)背景には男と次女との交際トラブルがある可能性がある」と話す。

◇閑静な住宅街で起きた2つの事件に、周辺住民は驚きを隠せない。次女と小中学校で同級生だった女性は「(次女は)物静かなタイプ。こんな事件に巻き込まれるなんて想像できない」と安否を気遣う。同じ団地に住む、豊田さんと親しい女性は「デパートで働きながら、女手一つで子供3人を育てていた。いつもおしゃれで感じがいい人で、次女もかわいい子。こんなことになってとても悔しい」と声を震わせた。Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/279936/

 

« 消火器噴射し貴金属強奪 2人組、埼玉の質店(20日) | トップページ | 複数客、出発前にガイドに「中止を」 大雪山系遭難(20日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千葉団地殺人 ストーカー相談直後の悲劇…男と次女の間に何が(20に多):

« 消火器噴射し貴金属強奪 2人組、埼玉の質店(20日) | トップページ | 複数客、出発前にガイドに「中止を」 大雪山系遭難(20日) »