« 千葉・船橋市でひったくり3件相次ぐ(11日) | トップページ | 警視庁管内体感治安ベル2 »

2009年7月11日 (土)

4万2000台『走る目』に タクシー業界と警視庁 協定へ(11日)

警視庁は十一日、東京都内のほぼすべてのタクシー会社などが加盟する業界団体「東京乗用旅客自動車協会」とドライブレコーダーの画像提供に関する協定を締結する方針を固めた。約四万二千台のタクシーなどを「走る防犯カメラ」として活用し、ひったくりなどの事件捜査に役立てる。八月五日の「タクシーの日」に合わせ、協定を結ぶという。

 ドライブレコーダーは車のフロントガラスやミラーに装着し、カメラで前方を撮影する装置。車に衝撃があると、自動的に前後約二十秒の画像を記録するため、交通事故などの際、状況を確認するための「目撃者」として活用されている。同庁はタクシーなどの運転手が走行中、ひったくりやひき逃げ事件を目撃した場合、レコーダーをたたくなどして衝撃を与え、画像を記録してもらうように依頼。画像提供を受け、捜査に生かしたいという。同協会によると、加盟会社は四百社以上に上り、車両台数は約六万台で、このうち七割が既にレコーダーを搭載。協会の愛称にちなんで「タッくん防犯情報システム」と名付けるという。

 同庁によると、既に三鷹署や府中署など十二署が、個々に管内のタクシー会社などから画像提供を受けている。同庁生活安全総務課は大幅に対象を拡大することで、「『タクシーの近くでは悪いことはできない』と思わせる防犯効果も期待したい」としている。Head_logo1 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2009071102000233.html

 

« 千葉・船橋市でひったくり3件相次ぐ(11日) | トップページ | 警視庁管内体感治安ベル2 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/45600171

この記事へのトラックバック一覧です: 4万2000台『走る目』に タクシー業界と警視庁 協定へ(11日):

« 千葉・船橋市でひったくり3件相次ぐ(11日) | トップページ | 警視庁管内体感治安ベル2 »