« 窃盗:盗難車確認後また盗まれる 愛知県警(28日) | トップページ | 暴力団追放に向け、警視庁赤坂署が人海戦術(28日) »

2009年7月28日 (火)

アリコ情報流出:テストデータの可能性 退職者も含め調査(28日)

生命保険大手「アリコジャパン」の顧客情報流出、クレジットカード不正利用問題で、同社がクレジット決済が可能か試すために08年に作成したテストデータが流出した可能性があることが分かった。27日の会見でア社の高橋和之代表が明らかにした。顧客データへのアクセス権限を持つ従業員は社内やグループ会社に現在40人いるが、退職者も含め社内調査を進めている。

 ア社の説明によると、保険料の支払いでカード決済が可能かどうかを確認するため08年5月ごろ、証券番号の下1ケタが2と3の顧客のデータを基にテストデータを作成した。

 今回の問題でカードが不正利用された顧客は、08年5月までに契約を申し込んだ証券番号の下1ケタが2と3の顧客に集中しており、高橋代表はテストデータが流出した可能性について「そういうことも考えられる」と述べた。テストデータにはカード番号や有効期限に関する情報も含まれていたとみられるが、保存期限は40日間のため、どのファイルに保存されていたか特定できていないという。

 顧客情報は米国で保管しているが、専用線で国内からアクセスすることも可能。アクセス権限を持つ従業員は社内やグループ会社に40人で、顧客情報を外部に取り出せるのはシステム部門の2人だけだったという。IDやパスワードは個人ごとに割り振られ、パスワードは一定期間が過ぎると使用できなくなるシステムだった。高橋代表は会見で陳謝。情報流出の経緯は「社員の関与は確認されていない」と述べたが、原因については「究明はできていない。いろいろな形で調べているが、具体的な話は調査の関係上問題があるので差し控えたい」と歯切れが悪かった。ア社への苦情・問い合わせは27日現在、1万件を超えているという。【町田徳丈】Logo_mainichi1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090728k0000m040118000c.html

 

« 窃盗:盗難車確認後また盗まれる 愛知県警(28日) | トップページ | 暴力団追放に向け、警視庁赤坂署が人海戦術(28日) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/45762780

この記事へのトラックバック一覧です: アリコ情報流出:テストデータの可能性 退職者も含め調査(28日):

« 窃盗:盗難車確認後また盗まれる 愛知県警(28日) | トップページ | 暴力団追放に向け、警視庁赤坂署が人海戦術(28日) »