« “鳥の餌の種で大麻を栽培”(2日) | トップページ | 恵比寿の居酒屋殺人で中国人店員を逮捕(2日) »

2009年7月 2日 (木)

融資金詐取で3人逮捕 保証制度悪用、被害は2億円超か(2日)

大阪市の信用保証制度を悪用した詐欺事件で、大阪府警捜査2課は2日、融資金名目で現金2千万円をだまし取ったとして、詐欺容疑で大阪市西区の携帯電話販売会社「エスケーワイ・ジャパン」社長、田中徹容疑者(31)=八尾市渋川町=ら3人を逮捕した。府警は田中容疑者らが同様の手口で金融機関から少なくとも2億数千万円を詐取したとみて捜査する。 ほかに逮捕されたのは、西区の携帯電話販売会社「サクセス」社長、藤本大喜(24)=八尾市植松町=と無職、岩井浩行(47)=住所不定=の両容疑者。府警によると、田中、藤本両容疑者は容疑を否認しているが、岩井容疑者は認めているという。

 逮捕容疑は昨年7~8月、岩井容疑者が携帯電話販売店を経営しているように装い、大阪市浪速区の地銀支店に市信用保証協会の保証付き融資を申し込み。偽造の確定申告書などを添えて地銀や協会を信用させ、融資金名目で現金2千万円を詐取したとしている。 府警によると、田中容疑者が地銀に岩井容疑者を紹介し、融資の交渉には田中、藤本両容疑者が同席することもあった。詐取した現金は田中容疑者の借金の返済などに充てていた。Banner_logo_051_7 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/273366/

 

« “鳥の餌の種で大麻を栽培”(2日) | トップページ | 恵比寿の居酒屋殺人で中国人店員を逮捕(2日) »

詐欺(特殊詐欺)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 融資金詐取で3人逮捕 保証制度悪用、被害は2億円超か(2日):

« “鳥の餌の種で大麻を栽培”(2日) | トップページ | 恵比寿の居酒屋殺人で中国人店員を逮捕(2日) »