« 2009年7月12日 | トップページ | 2009年7月14日 »

2009年7月13日

2009年7月13日 (月)

警視庁で「ひったくり対策会議」開く(13日)

~撲滅の機運を継続し凶悪事案の防止を図る~

警視庁で「ひったくり対策会議」開く 警視庁は3日、樋口建史副総監、山本仁犯罪抑止対策副本部長らが出席し「ひったくり対策会議」を開いた(写真)。ひったくり発生件数は3月以降減少傾向だが、高水準で推移している。5、6月中の「ひったくり緊急対策強化期間」の発生件数は327件(昨年同期比109件増)、検挙人員は61人(同27人増)だった。また、起因する強盗致傷事故が発生していることから、引き続きひったくり撲滅の機運を高め、凶悪事案の徹底防止を図る。http://www.police-ch.jp/news/2009/07/day13.phpTopbanner01logo1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

被害総額4千万超…りそな元パートの女が詐欺(13日)

高齢者の預金をだまし取ったとして、茨城県警土浦署は13日、水戸市千波町、りそな銀行土浦支店元パート従業員樋口雅子容疑者(49)を詐欺容疑で逮捕した。発表によると、樋口容疑者は2月26日、土浦市、70歳代女性の払い戻し請求書を勝手に作り、女性の口座から480万円を引き出し、だまし取った疑い。樋口容疑者は営業を担当しており、印鑑は女性を訪ねた時に目を盗んで押していたという。樋口容疑者は、同様の手口で60歳代以上の顧客数人から計約4300万円をだまし取ったとみられ、「借金返済や遊興費に使った」と供述している。顧客から4月、「預金残高が少なくなっている」と被害の訴えがあり、同行は樋口容疑者を懲戒解雇し、告訴していた。(

2009年7月13日21時30分

  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_4 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090713-OYT1T00875.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

同級生同士で窃盗行脚 被害総額200万~300万円(13日)

 宮城県警などは13日、仙台市の歯科医院に侵入し現金を盗んだとして、窃盗などの疑いで札幌市北区の無職、山本敏之容疑者(43)=別件の窃盗罪で公判中=と同市東区の無職、沢田俊一容疑者(44)=同=を再逮捕した。宮城県警によると、2人は中学校時代の同級生。平成17年ごろから北海道、東北、北陸、東海、中国の各地方をフェリーや鉄道で渡り歩いて盗みを重ねた疑いがあり、被害総額は200万~300万円を超えるとみられる。 2人の逮捕容疑は20年10月下旬、仙台市太白区の歯科医院に窓ガラスを割って侵入し、受付にあった約10万円を盗んだ疑い。今年に入って2人は窃盗容疑で北海道警に相次いで逮捕された。Banner_logo_051_7 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/277510/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京の体感治安(13、14日
  (単位・レベル)

2 タクシー監視カメラ

【治安解説】 マスコミ各社によると島根県出雲市で43歳の父親をナイフで刺殺したとして補導された市立中学2年の13歳の次男は事件前、「父にぶたれている」と友人に相談していたことが学校関係者などの話しで分かったという。

 また次男は調べに対し、殺害に使った凶器のフィッシングナイフ(刃渡り約12センチ)は「店で万引きした」と話している。さらにさらに、「かっぱを着たら返り血を浴びない」「首を刺したら血が飛ぶ」などと書いたメモも発見されている。

 皆さん、これが13歳の犯行ですよ。これ、治安の問題だけではなく「人間教育」という根幹に関わる問題ではないでしょうか?

【治安コラム】 警視庁はこのほど、東京都内のほぼすべてのタクシー会社などが加盟する業界団体「東京乗用旅客自動車協会」とドライブレコーダーの画像提供に関する協定を締結する方針を固めたという。

 約4万2000台のタクシーなどを「走る防犯カメラ」として活用し、ひったくりなどの事件捜査に役立て、8月5日の「タクシーの日」に合わせ協定を結ぶ。

 同庁はタクシーなどの運転手が走行中、ひったくりやひき逃げ事件を目撃した場合、レコーダーをたたくなどして衝撃を与え、画像を記録してもらうように依頼。画像提供を受け、捜査に生かしたいという。

 協会加盟会社は400社以上に上り、車両台数は約6万台。うち7割が既にレコーダーを搭載している。このシステムは、協会の愛称にちなんで「タッくん防犯情報システム」と名付けるという。既に三鷹署や府中署など12署が、個々に管内のタクシー会社などから画像提供を受けている。同庁生活安全総務課は大幅に対象を拡大することで、「『タクシーの近くでは悪いことはできない』と思わせる防犯効果も期待したい」としている=11日東京新聞電子版

都内で大きな犯罪はないようなので体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

「日本列島振り込め詐欺」は、神奈川県警のアンケート調査など計6件を掲載。http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・新宿区の右翼団体会長ら2人、同じ団体の構成員に殴るなどの暴行加えたとして逮捕(13日)

東京・新宿区の右翼団体会長の男ら2人が、同じ団体の構成員に殴るなどの暴行を加え、けがをさせたとして、警視庁公安部に逮捕された。
13日午前9時前、警視庁公安部の捜査員が右翼団体会長の自宅へと入った。
傷害の疑いで逮捕されたのは、右翼団体「七生社」会長・上田正樹容疑者(38)ら2人。
上田容疑者らは2007年11月、新宿区の事務所で、45歳の構成員の男に暴行を加え、頭蓋(ずがい)骨骨折などの重傷を負わせた疑いが持たれている。
調べに対して上田容疑者は、大筋で容疑を認めているという。
公安部は、上田容疑者らが構成員の男に暴行を加えた経緯について捜査している。
Logo1_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

胎児認知を偽装 逮捕・起訴 警視庁(13日)

妊娠中の子どもを父親が認知できる「胎児認知」という制度を悪用し、中国人の男との間にできた子どもを日本人が認知したなどとするうその届けをしたとして、中国人の母親がブローカーらとともに逮捕・起訴されました。警視庁は、日本人の子どもの養育者として永住資格を得ようとしたとみて調べています。

逮捕・起訴されたのは、いずれも中国人で茨城県筑西市のブローカー、金春花被告(36)と、千葉県松戸市の張春春被告(28)らです。2人は去年10月、張被告と中国人の男の間にできた妊娠中の子どもについて、日本人の45歳の男が父親として認知したとするうその届けなどを東京の荒川区役所に提出したとして、電磁的公正証書原本不実記録などの罪に問われています。警視庁によりますと、ブローカーの金被告は張被告から100万円を受け取って日本人の男を紹介したということで、いずれも起訴された内容を認めているということです。妊娠中の子どもを父親が認知する制度は「胎児認知」と呼ばれ、うその届け出の1か月後に生まれた長女は日本国籍を取得していました。警視庁は、張被告が日本国籍の子どもの養育者として日本での永住資格を得ようとしたとみて調べるとともに、中国人の父親の行方を捜査しています。News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/t10014227371000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

飲酒運転止められ激怒、女性転倒させ死なす…59歳男逮捕(13日)

飲酒運転を止めようとした知人女性の手を振り払って転倒させ、頭にけがさせたとして、愛媛県警伊予署は13日、同県伊予市稲荷、工員田村聖次郎容疑者(59)を傷害容疑で逮捕した。 転倒した同市尾崎の無職久保津弥子さん(61)は約6時間30分後に死亡し、同署は傷害致死容疑に切り替えて調べている。発表では、田村容疑者は12日午後7時35分頃、同市米湊の駐車場で、酒に酔った状態で、軽トラックに乗ろうとした際、久保さんが右手をつかんで制止しようとしたことに立腹。手を振り払って転倒させた疑い。調べに対し、田村容疑者は容疑を認め、「酒を飲んだが、翌日の仕事に車が必要だった」と供述している。久保さんは病院に運ばれたが、外傷性硬膜下血腫

で死亡した。

(2009年7月13日13時35分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_3 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090713-OYT1T00569.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「脳死は人の死」臓器移植法成立 A案、参院でも可決(13日)

「脳死は人の死」を前提に、本人の意思が不明な場合でも家族の承諾で0歳からの臓器提供を可能にする改正臓器移植法(A案)が13日、参院本会議で可決、成立した。施行は公布から1年後。現行法は臓器移植の場合に限って脳死を人の死と認めており、死の定義を大きく変えるとの懸念もある。97年の同法制定後、改正は初めて。

 参院議員は現在241人。採決は押しボタン投票で行われ、欠席・棄権を除いたA案の投票総数は220(過半数111)、賛成138、反対82だった。野党有志が提出した子ども脳死臨調設置法案に賛成の共産党はA案に反対。他の主要政党は個人の死生観にかかわるとして党議拘束をかけずに採決に臨んだ。

 A案に先立ち、「脳死は人の死」を臓器移植の場合に限ることを明記した修正A案も採決されたが、投票総数207、賛成72、反対135で否決された。子ども脳死臨調設置法案はA案成立により採決されないまま廃案となった。

 A案をめぐっては、「脳死は人の死」と法律で位置づけることが、移植医療以外の分野にどんな影響を与えるのかが議論の焦点となった。宗教団体や、脳死後も心臓が長期間動き続ける「長期脳死」の子どもがいる家族らの反対が根強く、参院では野党を中心に移植要件の緩和に慎重な議員から修正を求める声が相次いだ。

 そんななか、A案が過半数の支持を集めたのは、衆院解散・総選挙も絡んで政局の流動化が予想されることから、今国会での改正実現を優先する議員心理が働いたものとみられる。

 A案は06年3月に中山太郎衆院議員(自民)らが提出した。親族へ臓器を優先的に提供することも認める。脳死からの臓器提供の機会が増えることを望む移植学会や患者団体が支持を働きかけ、衆院では263人(うち自民党が202人)の議員が賛成した。

 臓器移植法は97年10月に施行された。脳死からの臓器提供には、本人があらかじめ臓器提供の意思を書面で示し、家族も拒まないことが必要で、15歳未満からの提供は禁止されている。書面による意思表示は進まず、脳死からの臓器提供は12年間で81例にとどまっている。国内で移植を待つ待機患者が解消されない一方、世界保健機関(WHO)が渡航移植を規制する動きを見せたことから、今国会で改正論議が高まった。http://www.asahi.com/politics/update/0713/TKY200907130189.html Logo3_3

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

土下座させて頭を踏みつける 男子高校生4人を逮捕(13日)

 インターネットの自己紹介サイト「プロフ」への書き込みを巡るトラブルから、少年2人に集団で暴行を加え、前歯を折るなどのけがを負わせたとして、警視庁少年事件課などは傷害の疑いで、東京都清瀬市の都立高校1年の男子生徒(16)ら少年4人を逮捕した。同課によると、4人は中学の同級生で作る不良少年グループのメンバーで、容疑を認めている。逮捕容疑は2月3日午後5時ごろから6時10分ごろの間、同市梅園の市立中央公園に当時、別の中学の3年だった男子生徒2人を呼び出し、腹や太ももを蹴り、土下座させて頭を踏みつけるなどしたとしている。同課によると、昨年12月ごろ、メンバーの友人女性のプロフに、男子生徒が「同じ学校に行けるように頑張るね」と書き込んだことなどからトラブルに発展した。現場には、グループのメンバー約10人がいたが、同課は暴行に直接かかわったとみられる4人を逮捕した。Banner_logo_051_6 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/277367/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ミニスカポリス蜂須賀が痴漢逮捕(13日)

14代目ミニスカポリスのメンバーとして活躍するグラビアアイドルの蜂須賀ゆきこ(23)が、電車内で痴漢してきた男を“逮捕”していたことがわかった。蜂須賀は10日午後6時50分ごろ、グラビアの仕事を終えて帰宅するため小田急線下北沢駅から電車に乗車。立っていたところ、後ろからサラリーマン風の男(43)に尻を触られた。痴漢行為は乗車してすぐに始まったという。「最初は手の甲でお尻を触られ、それが手のひらに変わって指が不自然に動いたので確信した」と蜂須賀。逃げられないように冷静に対応し、約10分後、向ケ丘遊園駅へ到着する直前に男性の右腕をつかんで自ら駅員に突き出した。その際、男は逃げだそうとしたが、蜂須賀はしっかりと手をにぎって離さず、駅近くの交番へ駅員とともに男を連行。男は神奈川県警に逮捕された。事件当時、蜂須賀はピンクのポロシャツに白いフリルのミニスカ姿だった。人生初という痴漢被害に、「明らかに手の動きが不自然だった。悪いことをしたら捕まるのは当然」と話している。Banner_logo_051_5 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/277490/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

届けは「キャバクラ」、実態は… 風営法違反で男逮捕(13日)

東京・歌舞伎町の禁止地域でキャバクラを装い個室マッサージ店を営業したとして、警視庁北沢署などは風営法違反(禁止地域内営業)の現行犯で、東京都新宿区歌舞伎町の「アプリコットガーデン」経営、岡田勇人容疑者(39)=同区西早稲田=を逮捕した。同署によると、岡田容疑者は容疑を認め「もうけが見込めるため、風俗店に変えた」と話しているという。同署などの調べでは、岡田容疑者は10日午後10時45分ごろ、同店内で複数の男性客に性的サービスを提供した。同店は平成17年8月ごろ、都公安委員会から「社交飲食店」の許可を得て、キャバクラとしてオープン。しかし、昨年8月ごろに改装工事で個室を作り、無断でマッサージ店として営業していたという。改装後は月約1千万円の売り上げがあったとみられる。Banner_logo_051_4 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/277495/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

首相「解散を決断」 21日解散、8月30日投開票へ(13日)

麻生太郎首相は13日午後、首相官邸で開かれた自民党緊急役員会で、衆院を解散する意向を表明した。この後に開かれる政府与党連絡会議でも解散の意向を表明する。7月21日に解散、公示が8月18日、投開票は8月30日とする方針。 緊急役員会には自民党細田博之幹事長古賀誠選挙対策委員長、尾辻秀久参院議員会長らが同席した。Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/277405/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(13日)6件

振り込め被害者7割「だまされぬ自信あった」

 神奈川県警が振り込め詐欺の被害者を対象に実施したアンケート調査で、被害者のほぼ全員が振り込め詐欺の存在を知っており、7割以上が「自分は被害に遭わない」と考えていたことが分かった。同県警は「振り込め詐欺の手口は巧妙化しているので、常に『自分も被害に遭うかもしれない』という危機感を持ってほしい」と呼び掛けている。調査は、同県警が2~5月に振り込め詐欺の被害届を受理した14~86歳の計178人(男性54人、女性124人)を対象に実施した。 その結果、178人中176人が、「振り込め詐欺を知っていた」と答えた。被害に遭わない自信があったかという問いに対しては、36人が「とてもあった」と回答し、「あった」「少しあった」も含めると、全体の72%にあたる129人が「自分は被害に遭わない」と考えていたことになる。被害者の半数以上は60歳代以上の高齢者で、子供や孫を装うオレオレ詐欺でだまされるケースが多かった。同県警で被害の最高額は、神奈川県横須賀市の女性(63)の1254万円だった。(2009年7月13日10時18分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_2 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090713-OYT1T00344.htm

振り込め詐欺 被害アンケート神奈川県警

News_pic1_3 振り込め詐欺の被害者の多くが、犯人からの電話から3時間未満に現金を振り込み、ATMコーナーなどにある注意を呼び掛けるポスターなどを覚えていなかったことが神奈川県警察本部が行ったアンケート調査でわかりました。神奈川県警察本部は、ことし2月から5月までに振り込め詐欺の被害にあった179人を対象にアンケート調査を行い、178人から回答を得ました。この中で、犯人から電話を受けて現金を振り込むまでの時間は「3時間未満」とした人が68%で、「1時間から2時間未満」と回答した人だけでも29%を占めました。
また金融機関のATMコーナーなどに張り出されている振り込め詐欺への注意を呼び掛けるポスターなどを「覚えていない」と答えた人は61%にも上りました。
警察は「被害者の多くが混乱してしまい、言われるがまま短時間で被害にあっている」と分析しています。神奈川県内の振り込め詐欺の被害はことしに入って去年より大幅に減っていますが、それでも先月末までで300件あまり起きて、被害総額はおよそ4億2800万円にも上っています。警察は被害者の印象に残る効果的な注意の呼びかけを検討するなど、引き続き対策を進めることにしています。http://www.nhk.or.jp/yokohama/lnews/03.html

振り込め詐欺半年で4分の1に 和歌山県警

News_pic1_3ことし6月末までの半年間に和歌山県内で起きた振り込め詐欺の被害は29件で被害件数は去年のほぼ4分の1に減少していることがわかりました。県警察本部によりますと、ことし1月から6月末までの半年間に県内で起きた振り込め詐欺の被害は29件で、被害金額は約1760万円でした。このうち被害件数は、去年の同じ時期より82件、率にして約74パーセント減り、被害はほぼ4分の1にまで減少しました。
被害の手口を見てみますと▼架空請求詐欺が16件、▼融資保証金詐欺が11件、▼オレオレ詐欺が2件、▼還付金詐欺が0件で、還付金詐欺の被害はありませんでした。
その一方で、架空請求詐欺については去年の同じ時期より3件増えています。
被害の特徴は被害者が30代以下の若い人たちで、携帯サイトの利用料や登録料を名目に携帯電話に請求のメールを送りつけてくるケースが多いということです。
県警察本部では、引き続き振り込め詐欺の被害を減らすため、ことし1年間の被害件数を4分の1にすることを目標に特に若者を対象に注意を呼びかけるほか容疑者の逮捕に全力をあげることにしています。http://www.nhk.or.jp/wakayama/lnews/05.html

 

続きを読む "日本列島振り込め詐欺(13日)6件"

| コメント (0) | トラックバック (0)

福岡で男性刺され死亡 殺人容疑で捜査(13日)

13日午前4時すぎ、福岡市東区西戸崎1丁目のマンションに住む女性から「弟が血まみれで帰宅してきた」と119番通報があった。マンション5階の部屋で、女性の弟で同区塩浜1丁目に住む篠崎勇太さん(20)が頭から血を流して倒れており、病院へ運ばれたが、約1時間後に死亡した。福岡県警は殺人事件の可能性があるとして捜査を始めた。 東署によると、篠崎さんが姉の部屋に入ってきて「やられた」と話したため、姉が通報したという。Logo3_2http://www.asahi.com/national/update/0713/TKY200907130008.html 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

高級メロン150個盗難 滋賀県東近江市(13日)

滋賀県東近江市で、栽培用の温室から、高級メロンおよそ150個が盗まれる事件があった。滋賀県東近江市の温室で、12日午前4時50分ごろ、農作業に出てきた人が、栽培しているメロンがなくなっている事に気付いた。警察の調べによると、収穫直前の「アールスメロン」150個が、茎から切り取られており、直売価格で1個あたり2000円前後するという。被害にあった温室は、鍵がかけられておらず、11日夕方に作業を終えてからは無人だった。警察では、何者かが侵入してメロンを盗んだとみて調べている。Noimage_120x901 http://www.news24.jp/nnn/news8892718.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

移植改正案 参本会議で採決へ(13日)

延長国会の焦点となっている臓器移植法の改正案の採決が、13日の参議院本会議で行われます。臓器移植法の施行から11年余り、今の法律では認められていない子どもの脳死段階での移植に道を開くのかどうか採決の行方が注目されます。

今の臓器移植法は、15歳未満の子どもからの臓器提供を認めておらず、年齢制限を撤廃したうえで、本人の意思がわからなくても家族が承諾すれば臓器提供を認めるとした「A案」が、先月衆議院で可決されました。これに対し、参議院では、有志の議員から、子どもの臓器提供について、脳死判定基準などを含め1年かけて検討するとした「対案」と、脳死の位置づけを今の法律と同じように「臓器を提供する場合に限って人の死」とする「A案の修正案」が提出されました。13日の参議院本会議では、「A案の修正案」、「A案」、「対案」の順に採決が行われることになっています。共産党が党として「対案」に賛成するとしているのに対し、ほかの各党は議員個人の死生観にかかわる問題だとして、特定の投票行動を求める「党議拘束」を外して臨む方針です。臓器移植法の施行から11年余り、「渡航移植」の規制を求める国際的な議論が起きるなか、今の法律では認められていない子どもの脳死段階での移植に道を開くのかどうか、採決の行方が注目されます。News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/t10014215361000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「ぶたれた。家出したい」父親刺殺事件、補導の13歳(13日)

島根県出雲市で父親(43)をナイフで刺殺したとして市立中学2年の次男(13)が補導された事件で、次男が事件前、「父にぶたれている」と友人に相談していたことが学校関係者への取材でわかった。また、次男が事前に殺害方法を検討したとみられるメモを県警が押収していたこともわかった。県警は事件に至る経緯や動機との関連について調べている。学校関係者によると、次男は事件が起きた7日の約1週間前、「父親にぶたれるのが嫌なので家出をしたい」と友人に話していたという。次男は1年生だった08年10月に家出し、翌11月には成績のことで父親にしかられ、頭をたたかれたとスクールカウンセラーに打ち明けていた。 捜査関係者によると、押収したメモには、首の動脈を切れば致命傷になることなどが記され、次男が事前に殺害方法を下調べしていたとみられるという。また、学校関係者の話から、事件後、登校した次男が複数の友人に「父親を刺した」と打ち明けていたこともわかった。 Logo3 http://www.asahi.com/national/update/0713/OSK200907120140.html

出雲父親殺人:凶器のナイフ「店で万引き」補導の次男証言

2009年7月13日 2時30分

 島根県出雲市の市営住宅で会社員(43)が刺殺された事件で、殺人の非行内容で補導された市立中学2年の次男(13)が、県警の調べに対し、父親殺害に使った凶器のフィッシングナイフ(刃渡り約12センチ)について「店で万引きした」と話していることが分かった。県警は慎重に裏付けを進めている。また、次男は、殺害方法などを詳しく記したメモを部屋に残していたことが、県警への取材で分かった。フィッシングナイフは、釣りで魚をさばく時などに使うナイフで釣具店などで販売している。県警は凶器のほかにも、3本の同種のナイフを次男の部屋から押収している。一方、県警によると部屋に残してあったメモには、「かっぱを着たら返り血を浴びない」「首を刺したら血が飛ぶ」などと、どうしたら致命的に殺害でき、返り血を浴びないで済むかといった内容が、小さな文字で細かく書かれていた。次男の部屋からは、殺害の日程について書かれたメモが見つかっており関連を調べている。県警は次男が綿密な計画を立てていた可能性が高いとみて調べている。Logo_mainichi1 http://mainichi.jp/select/today/news/20090713k0000m040124000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

青森グラウンド布団女性遺体は岐阜の女性 同居男逮捕 県警(13日)

 青森市のグラウンドで今月6日、布団にくるまれた女性の遺体が見つかった事件で、青森県警は12日、女性を岐阜県各務原市蘇原申子町、小田桐美子さん(66)と断定、死体遺棄容疑で、同居していた、自称土木作業員、前田省三容疑者(65)を逮捕した。県警によると、小田桐さんは青森市出身で、前田容疑者の本籍も同市。県警は、前田容疑者が乗用車で岐阜県を出て、遺体を青森市のグラウンドに遺棄した後、再び乗用車で自宅に戻ったとみている。逮捕容疑は5日午後8時ごろ、青森市瀬戸子神田の「瀬戸子グラウンド」中央付近に、布団にくるんだ小田桐さんの遺体を捨てた疑いが持たれている。県警によると、前田容疑者は容疑を認めている。司法解剖の結果、小田桐さんは病死の可能性が高く、県警は死亡の状況や遺棄の経緯を調べている。Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090712/crm0907121803010-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

福岡の男性焼死体 遺棄容疑で男2人を再逮捕(13日)

福岡県前原市の山中で5月に無職、田中春雄さん(55)の焼死体が見つかった事件で、県警は12日、田中さんの遺体を燃やして遺棄したとして、死体損壊・遺棄の疑いで貸金業、木村勇大容疑者(26)=窃盗容疑で逮捕、処分保留=と、木村容疑者の知人の会社員、辛英武容疑者(32)=恐喝罪で起訴=を再逮捕した。県警によると、2人は容疑を認めている。田中さんは木村容疑者に数十万円の借金があったという。2人の逮捕容疑は5月3日から4日にかけ、田中さんの遺体を辛容疑者宅から前原市内の山中の空き地に車で運び、ガソリンをかけて燃やし遺棄した疑い。県警は、事件後に田中さんの障害者年金を福岡市内の現金自動預払機ATM)から引き出したとして窃盗容疑で木村容疑者を逮捕していた。Banner_logo_051_2 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/277149/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

浜松の非常勤講師逮捕、小学女児にわいせつ容疑(13日)

浜松中央署は12日、浜松市の小学生女児(8)の体を触ったとして、強制わいせつの疑いで同市天竜区佐久間町中部、公立学校の非常勤講師、杉本修一容疑者(36)を逮捕した。容疑を認めているという。逮捕容疑は12日午後3~4時ごろ、同市の公園で女児の体を触り、ほおにキスをするなどしたとしている。同署によると、杉本容疑者は浜松市立の小、中学校と同市の静岡県立高校の計4校で美術を教えている。公園にいた女児と顔見知りの男性が「女の子がいたずらされている」と110番。女児はこれまで杉本容疑者と4~5回会ったことがあると話しているという。Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/277201/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月12日 | トップページ | 2009年7月14日 »