« 2009年7月11日 | トップページ | 2009年7月13日 »

2009年7月12日

2009年7月12日 (日)

北海道の牧場、中国人研修生2人立てこもり(12日)

北海道警帯広署は12日、いずれも中国籍で、北海道音更町豊田の農業研修生李彭勝(20)、焦渭南(28)の両容疑者を暴力行為等処罰法違反(集団的脅迫)容疑で現行犯逮捕した。発表によると、2人は12日午前5時50分頃から約1時間にわたって、研修先の牧場内の自室前にコップ1杯のガソリンをまき、刃物を持って立てこもり、「中国の領事館(の人)を呼べ」などと中国語で要求し、牧場の経営者(42)を脅した疑い。2人は、駆けつけた同署員の説得に応じて投降した。李容疑者は今年5月、焦容疑者は昨年8月から研修を受けていた。牧場は日頃から態度が悪い2人の受け入れをやめる予定で、11日夜に、研修生派遣元の団体と牧場が2人と話し合った。その際、李容疑者は約200万円を要求する騒ぎを起こしていたという。(

2009年7月12日20時32分

  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_3 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090712-OYT1T00651.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

都議選 警告は532件 警視庁(12日)

警視庁の都議選違反取締本部は12日、公職選挙法に抵触する行為に対する警告が532件(午後6時現在)になったと発表した。平成17年の前回選挙(427件)と比べ、105件増加した。取締本部によると、定められた場所以外に候補者名の入ったのぼり旗を立てるなどした文書掲示違反が477件、政党のポスターに候補者名を入れるなどの政治活動違反が33件、違法にビラを配布するなどした文書頒布違反が16件など。Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/277153/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京の体感治安(12、13日
  (単位・レベル)

2 犯行現場を映像化

【治安解説】  北海道の札幌市消防局は、曜日や天気などから放火が起きる危険度を予測して注意を呼びかける「放火予報カレンダー」を全国で始めて作ったという=NHK
 札幌市消防局管内では今年1月から先月までの上半期で放火による火災は78件と昨年の同じ時期より16件増えている。このため、社会病理学に詳しい北海道医療大学の西基教授と共同で過去の放火の発生状況を分析▼休日や日曜日▼暖かく、風通しのよい▼雨が降っていない日に特に放火が起きやすいことがわかったとして、今回の予報カレンダーに取り入れられた。

 同消防局は、12月までの半年間について、放火が発生する危険度を「警戒日」、「注意日」、それに「通常日」の3段階に色分けした「放火予報カレンダー」を作り配布するという。

 古い話になるが、平成8年度の警察庁長官賞に「犯行現場を再現する映像システム」がある。青森県警捜査1課の巡査部長が独自に完成させたものだ。

 事件が発生すると1㌔四方の地図をパソコンに入力する。聞き込み捜査で得た道路上の通行人、自動車、不審者目撃情報、例えば銃声とか悲鳴を聞いた位置と時間などあらゆる情報を発生時間前後4時間にわたりインプットする。

 人間の絵や自動車の絵などその時の通行状況も入力する。悲鳴や銃声音は音声入りで、時間と聞こえた場所をインプットするため、動く映像となって事件状況を見せてくれる。

 銃声を聞いた人のその後の動きや、周囲の人の表情・行動なども入力するば、事件発生の前後の周辺の状況をパソコン上で動く映像として再現できるのだ。
   もし、この手法を「ひったくり」や「強盗」「連続放火」事件で取り入れたら大変な武器になることは間違いない。
 ひったくりなどでは、放火のように予報は出せなが、単なる数字の羅列よりは、逃走方向などの行動が読み取れるだけに面白い存在になると思う。都内で大きな犯罪はないようなので体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

「日本列島振り込め詐欺」は、5200万円の被害1件を掲載。http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

Bye1 10日の「メールで警視庁」によると、振り込め詐欺被害の発生は、本年に入り減少傾向にあります。しかし、7月に入り10日現在で既に40件発生し、今後、増加に転じかねない状況です。不審な電話がきた場合は110番通報してください。最近のオレオレ詐欺の新たな口実は次の通りです。★ひったくりをやって、相手にケガを負わせたので示談金が必要だ。★今、ケガをして病院にいる。診察料が必要だ。お金を持ってきてほしい。★癌になった治療費がほしい。 注意しましょう。

都議選開票結果 (全議席確定)

  • (定数127 過半数64)

自公非自公
61(自38、公23)
66(民54、共8、ネ2、無2)

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

プロパンガス訪販でトラブル 関東で急増、相談1151件 08年度(12日)

国民生活センターは、プロパンガスの訪問販売に関するトラブルが関東地方で多発しているとして注意を呼びかけている。関東の消費者からの「料金が安くなると言われ契約したがすぐ値上げされた」などの相談が、2004年度の427件から08年度には1151件に急増した。全国の相談件数の9割前後を占めており、同センターは世帯数の多い関東での競争の激しさが背景とみている。主なトラブルは(1)「安くなる」と持ちかけられ、契約後に一方的に値上げされた(2)「本契約ではない」として「委任状」に署名したら契約済みになっていた(3)「変更前の業者への解約料の負担はない」と言われたが、後に数十万円を請求された――など。 08年度でみると、全国の相談件数1251件のうち関東が92%の1151件。このうち東京、神奈川、千葉、埼玉の4都県の相談が956件にのぼった。Img_logo1 http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20090712AT1G0902211072009.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

青森の女性死体遺棄、内縁の男を逮捕(12日)

青森市瀬戸子

グラウンドで布団のかかった女性の遺体が見つかった事件で、青森県警は12日、岐阜県各務原市蘇原申子町2、土木作業員前田省三容疑者(65)を死体遺棄容疑で逮捕した。発表によると、前田容疑者は5日午後8時頃、同居していた内縁の妻、小田桐美子さん(66)の遺体をグラウンドに遺棄した疑い。前田容疑者は「乗用車で運んで遺棄した」と供述している。小田桐さんは司法解剖で病死とわかり、県警は死亡した経緯について調べている。前田容疑者の本籍は青森市で、小田桐さんも青森市出身。前田容疑者は遺棄後も青森市内に数日間滞在し、岐阜県の自宅に車で戻っていた。

(2009年7月12日18時49分  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090712-OYT1T00563.htmYomiuri_koudoku1_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーでTシャツ燃える 放火か、大阪府警が捜査(12日)

12日午後0時50分ごろ、大阪府吹田市古江台の大型スーパー「北千里サティ」から、服が燃えていると110番があった。吹田署員や消防が駆けつけたが、既に火は消えており、けが人や避難騒ぎはなかった。 周囲には火の気がなく、複数の売り場で燃えた跡が見つかったことから、吹田署は放火の疑いもあるとみて、防犯カメラを調べるとともに、目撃者を捜している。吹田署によると、2階の婦人服売り場のTシャツ1枚と手袋1組、5階の子供服売り場のTシャツ6枚に燃えた跡があったほか、階段踊り場にあった紙にも焦げた跡があった。北千里サティによると、店は7階建てで、出火当時、店内には400~500人の客がいたという。客からの連絡を受けた店員が足で踏むなどして消火した。Head_logo1 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009071201000266.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

脅迫:容疑の中国人2人逮捕、牧場宿舎にろう城 北海道(12日)

12日午前6時ごろ、北海道音更(おとふけ)町豊田の葛巻牧場=葛巻信也さん(42)経営=から、中国人研修生2人が刃物をもって宿舎に立てこもっている、と110番があった。2人は駆けつけた帯広署員らの説得に応じて間もなく投降、暴力行為法違反(脅迫)容疑で現行犯逮捕された。逮捕されたのは李彭勝(20)と焦渭南(28)の両容疑者。12日午前5時50分ごろから、葛巻さんに対し窓越しに包丁を見せつけたうえ、ガソリンのような液体を床にまいて「中国の領事館を呼べ」などと中国語で脅したという。けが人はなかった。2人は以前から労働条件を巡って葛巻さんとトラブルになっていたという。同署は詳しい動機などを調べている。【田中裕之】Logo_mainichi1_2 http://mainichi.jp/select/today/news/20090712k0000e040021000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「警察だ」強盗で組員ら3人を逮捕 栃木・小山(12日)

栃木県小山市で6月10日、警察の家宅捜索にみせかけて民家に押し入り現金などを奪った強盗事件で、県警小山署は、強盗の疑いで指定暴力団山口組系組員、和田真徳容疑者(21)ら3人を逮捕した。3人とも容疑を否認している。逮捕されたのは、和田容疑者のほか、職業不詳、竹花大地(27)と同、大川将人(21)の2容疑者。同署の調べによると、和田容疑者らは共謀して、6月10日午前11時50分ごろ、小山市花垣町の韓国籍で無職、鄭小鎔さん(84)方に「警察だ。捜索だ」と捜索令状のような紙をみせて押し入り、鄭さんや家事手伝いの女性(76)らの手足を粘着テープで縛って屋内を物色。現金約142万円などを奪った疑いが持たれている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/277109/Banner_logo_051_2

白昼の元総連幹部宅襲撃…「警察」名乗り“ガサ”強行した強盗団の正体は

強盗事件の被害にあった男性宅=6月10日、栃木県小山市 

 白昼堂々、「警察」を名乗る10人近い男の集団が資産家宅に押し入り、約90万円が入った財布を奪って逃走する事件が先月、栃木県小山市であった。住人を粘着テープで縛った上、全員で1時間も室内を物色したのに、金庫には目もくれず、奪ったのは財布だけ。被害者方の庭には、十数カ所も掘り起こされた跡があった。金目当ての強盗事件にしては不思議な点が多い。被害にあった男性は在日本朝鮮人総連合会朝鮮総連)中央本部の元幹部。犯行グループの目的は…

 ■「金塊」? 「骨董品」? 庭に掘られた穴の謎 県警小山署の調べによると、事件はこうして起きた。 6月10日午前11時50分。インターホンが鳴った。「えっ」ドアを開けた家政婦(76)は目を疑った。ワイシャツの上に、そろいの緑色のベストを着用した男らが玄関を取り囲んでいる。10人ぐらいいるだろうか。中には目出し帽をかぶった男もいる。その中の1人が捜索令状のような紙をつき出した。「警察だ」「捜索だ」男らは声を荒らげながら、次々と土足で室内になだれ込んでいった。家政婦と住人の男性(84)は両手を粘着テープで縛り上げられ、目や口もふさがれ、1階の居間に閉じこめられた。同じ敷地内の男性方のすぐ隣には、男性の長男家族が住む家がある。長男家族は外出中だったが、別の家政婦(74)が留守番をしていた。家政婦は騒ぎを聞きつけ男性方に駆けつけたが、同様に縛られ居間に閉じこめられてしまった。男らはその後、手分けをして男性宅と長男宅を物色し、立ち去った。長男宅の家政婦が男らの気配がなくなったのを見計らい、自力でテープをほどき、助けを求め隣家に駆け込んだ。隣人男性(77)が110番通報したのは午後1時10分ごろだった。通報者によると、助けを求めた家政婦はビニールのひもで両手の親指を後ろ手に巻かれた状態だったという。

 小山署によると、3人にけがはなく、奪われたのは高級ブランド「エルメス」のバック1点と財布2点(計14万円相当)、その中に入っていた現金92万円だった。男性宅の1階和室と長男宅の2階納戸には現金計数百万円が入った金庫があったが、手は付けられていなかった。ただ、現場には特異な点があった。男性宅の庭の地面が十数カ所も掘り返されていたのだ。どの穴も深さは約30センチぐらいで、いずれもスコップで掘り返したようなものだった。「庭に金塊とか骨董品が埋められているといった噂があったのだろうか」と県警幹部。捜査関係者も「何の意味があるのか。何かを探していたのか。まったく分からない」と話す。

■「受け皿」? 「引き抜き」? 被害男性が所属する団体は…  県警や付近住民によると、男性は県内外で複数のパチンコ店などを営んでいたことがあり、経営から退いた現在も地元では資産家として有名だったという。「立派な家と高級車などを所有していた。昔は客人の出入りも盛んで、有名政治家との2ショット写真も見たことがある」。近所の男性はそう話した。公安関係者らによると、男性は朝鮮総連中央本部財政局の元幹部だった。脱退して平成7年に在日同胞親睦会(本部・東京都台東区)を立ち上げ、現在、会長を務めているという。 親睦会の会員によると、同会は在日朝鮮人や在日韓国人、日本に帰化した朝鮮半島出身者の交流を図ることなどを目的とした組織で、囲碁の会合を開催したり、北朝鮮金剛山への観光旅行を実施するなどの活動を展開しているという。南北交流。そんなイメージが浮かび上がる。それもそのはず、親睦会が設立された当時は、北朝鮮に対し「太陽政策」を打ち出した金大中氏が韓国の大統領に就任していたのだ。ただ、親睦会をめぐっては、微妙な動きがあったことを公安当局は把握している。 公安関係者によれば、親睦会は、朝鮮総連を離脱した職員や活動家の“受け皿”的な存在でもあったという。中には、親睦会に顔を出し、総連への不満をぶちまける人もいた。 こういう事態になれば、南(在日韓国人)側からみれば、「受け皿」でも、北(在日朝鮮人)側には「引き抜き」と映る。親睦会事務所の出入りを確認する組織があったことも公安当局は知っていた。「親睦会の基金は数億円もあるといわれる。誰がこのハコを作ったかについては…、ノーコメントだ」 公安関係者はそう語った。 県警で公安事件を担当する警備部の幹部は「今のところ、被害者の活動などが、事件の引き金になったとする情報はない」としている。被害にあった男性も小山署の事情聴取に、「特に狙われる覚えはない」と話しているという。

 ■人目に付きやすい犯行現場…「下見」「逃走」目撃されていた 現場はJR小山駅から北へ約1・5キロの市街の中心地。国道から一本脇に入った道路沿いで、車や人の通りは多い。男性宅の道路を挟んだ向かい側には警察職員の官舎があり、数百メートル先には小山署もある。「犯行場所としては人目が多すぎて、あまりにもリスクが高い」と県警幹部。実際、複数の目撃情報があった。近所に住む40代の男性会社員は、犯行当日の午前10時ごろ、男数人が乗った黒い乗用車が男性宅の周囲を何周も回るのを見たという。会社員は「近所で見ない人たちで、下見しているようだった」と振り返る。この会社員と近所の自営業の女性(42)は午後1時ごろ、男性宅の前の道路を猛スピードで走り去る黒い乗用車とワゴン車を見たという。これらの情報は県警も把握しているが、依然として、犯行は逮捕されていない。 犯行グループの人数が多いことも気になる。

 「純粋な金目的の強盗では多くても4、5人くらいまでの人数で犯行を行うのが普通だ。大人数だとグループの誰かが逮捕されるリスクが高まるし、分け前も少なくなる」。県警幹部は首をかしげる。県警は、現場近くの防犯カメラを回収し映像を分析するなどして、犯行グループが使用した車の割り出しを進めている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/277094/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

乗用車が街路灯に衝突、20歳の男性3人死傷(12日)

12日午前3時頃、茨城県ひたちなか市市毛の国道6号で、乗用車が中央分離帯の街路灯に衝突、横転した。乗っていた男性3人が車外に放り出され、同市高場、会社員住谷貴志さん(20)と千葉県松戸市、大学3年渡辺博史さん(20)が頭を強く打つなどして死亡。もう一人の男性(20)も負傷したが、命に別条はないという。ひたちなか西署の発表によると、3人はひたちなか市内の中学校の同級生。同署は誰が運転していたかを含め原因を調べているが、スピードの出し過ぎの可能性が高いとみている。現場は片側2車線で、見通しの良い直線道路。(

2009年7月12日11時44分

  読売新聞)Yomiuri_koudoku1 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090712-OYT1T00355.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

乗用車を強奪、男逃走 堺市(12日)

12日午前0時5分ごろ、堺市堺区大町東の住宅街で、近くに住む男性会社員(30)が道路脇に乗用車を止め、自動販売機で缶飲料を買っていた際、男が乗用車を奪って逃走。男性はボンネットにしがみついて止めようとしたが約30メートル先で振り落とされ、腕などに軽いけがをした。堺署は強盗致傷の疑いで行方を追っている。堺署によると、男は40~50歳ぐらい、丸刈りで黒っぽい長袖シャツ姿。自動販売機はマンションの1階にあり、男性は足音とドアが閉まる音で気付いた。乗用車は水色。Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/277059/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

金銭トラブルか 知人男性刺した38歳男を現行犯逮捕 (12日)

沖縄県南部の豊見城市で、知人の男性の胸を包丁で刺したとして、38歳の男が殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されました。 逮捕されたのは、那覇市の無職・東力容疑者です。警察の調べによると、東容疑者は11日午後4時半ごろ、豊見城市内のアパートに住む知人の43歳の男性と口論の末、持っていた包丁で男性の胸を数回刺した疑いです。男性は重傷です。警察の調べに対し、「金銭トラブルが原因だ」と話したうえで、「殺すつもりだった」と容疑を認めているということです。Annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(12日)1件

振り込め詐欺:被害金隠す 計5200万円関与? 容疑で2人送検 /兵庫

Logo_mainichi1 県警捜査2課などは10日までに、東京都江戸川区上篠崎2、無職、高橋亮(31)、同墨田区石原3、自営業、近藤雄次(36)の両被告=窃盗罪で公判中=を、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等隠匿)容疑で逮捕。同日、神戸地検に送検した。容疑は、両容疑者らは共謀。昨年10月、東京都内に住む男性(70)が振り込んだ振り込め詐欺被害金100万円のうち大部分を大阪府吹田市の銀行口座に移転入金。さらに、うち約50万円を東大阪市の別の銀行口座に移転入金。犯罪収益金を移転入金することで犯罪行為を隠そうとした、としている。両容疑者とも容疑を認めているという。同課によると、高橋容疑者らがかかわった振り込め詐欺は、少なくとも全国で22人約5200万円の被害があるとみられ、両容疑者が管理する23の銀行口座などに約2770万円が入金されている。【矢島弓枝】〔神戸版〕http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20090711ddlk28040330000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

立命大アメフット部員、AVに 「金になる、6本出た」(12日)

立命館大(京都市中京区)のアメリカンフットボール部員だった4年生の男子学生がアダルトビデオに出演し、退部処分になっていたことが同大学への取材でわかった。大学も「学生の本分にもとる」として処分を検討している。

 立命館大広報課によると、同部関係者がインターネット掲示板「2ちゃんねる」に男子学生の出演に関する書き込みがあるのを確認。学生に事情を聴いたところ、「金になるアルバイトとして計6本に出演した」と認めたため、同部は「部員としてあるまじき行為」として6月15日付で退部処分とした。 同部は1月の日本選手権ライスボウルで3度目の日本一になるなど強豪として知られる。男子学生は準レギュラー選手だったという。http://www.asahi.com/national/update/0711/OSK200907110124.html Logo3_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

自衛官が大麻所持容疑 「都内のクラブで声かけられ…」(12日)

乾燥大麻を隠し持っていたとして、警視庁が、陸上自衛隊練馬駐屯地の陸士長鈴木重徳容疑者(28)=東京都練馬区=を大麻取締法違反(所持)の疑いで8日に現行犯逮捕していたことが、同庁への取材で分かった。鈴木容疑者は調べに「7日に都内のクラブで声をかけられ、店の外で買った」と供述しているという。 下谷署によると、鈴木容疑者は8日午後3時40分ごろ、台東区根岸1丁目の同署鶯谷駅前交番内で、ショルダーバッグ内にポリ袋に入った乾燥大麻7グラムを持っていた疑いがある。この約30分前に同区根岸2丁目の路上で同署員が鈴木容疑者に職務質問し、同交番に任意同行を求めたという。Logo3  http://www.asahi.com/national/update/0711/TKY200907110095.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪府 “モンスター”患者対策で医療機関に府警OB斡旋へ(12日)

 救急病院で迷惑行為を繰り返す患者への対策として、大阪府が今秋にも、府警OBを府内の救急医療機関に斡(あつ)旋(せん)する制度を創設することが11日、分かった。これまで培ってきた能力を新天地で生かしたいOB側と、近年急増する“モンスターペイシェント”対策に悩む医療機関側の思惑が一致。府は今後、府内の救急医療機関に雇用の希望調査を実施する。

 府によると、医療機関は、モンスターペイシェントへの対処法だけでなく、医療機関内の窃盗対策や不審者侵入防止など、必要とする分野に応じて専門の府警OBを希望することができる。府はモンスターペイシェントの実態を把握するため、昨年10月、府内の322救急医療機関(回答247件)を対象に初のアンケートを実施。その結果、約75%の医療機関が過去1年間に数回以上、「医療機関の関係者に因縁をつける。暴言を吐く」「診断や処置について不満を訴えたり、不当な要求をする」といった迷惑行為を受けていたことが判明した。

 一方、「警察との協力」「警察OBの雇用」などを要望する意見が多かったため、府は府警側にOB雇用への協力を要請した。府警では団塊の世代の退職期がピークを迎えており、今年3月には677人が退職した。府警はOBが能力を発揮できる新たな就職先として快諾した。府は今秋にも救急医療機関に雇用の希望調査を実施したうえで、府警と医療機関と協議し、再就職希望者を紹介する。

 府によると、これまでも、府警OBが個別に医療機関の顧問などとして再就職する例はあったが、大手医療機関など一部に限られていた。今回のように府が両者の橋渡し役となることで、小規模な医療機関なども府警OBの斡旋が受けやすくなるという。

 府医療対策課は「府が間に入り、医療機関側の希望を一括して府警に紹介することで斡旋の機会も広がり、透明性も高まる」と話している。Msn_s1http://sankei.jp.msn.com/life/body/090712/bdy0907120118000-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月11日 | トップページ | 2009年7月13日 »