« 2009年7月9日 | トップページ | 2009年7月11日 »

2009年7月10日

2009年7月10日 (金)

ネットカフェなどに客の本人確認要請 犯罪多発で警視庁(10日)

インターネットカフェや漫画喫茶が犯罪に利用されているとして、警視庁は10日、利用客に身分証明書の提示を求めるよう、大手業者に初めて要請した。同庁によると、本人確認をしていない店は、している店に比べ刑法犯罪の発生が2.3倍多いという。

 同庁ハイテク犯罪対策総合センターによると、都内にはネットカフェと漫画喫茶が592店あるが、本人確認をしている店は36%にとどまる。今年5月末までに刑法犯罪が422件起き、店の備品の持ち出しや客の財布の置き引きなど窃盗が84%、店の料金を払わないなどの詐欺が11%だった。店のパソコンから迷惑メールの送信や犯行予告の書き込みを行うケースも目立つという。 同庁はこの日、5店舗以上を展開する22業者に集まってもらい、センター幹部が「店自ら犯罪の温床にしない取り組みをお願いしたい」と要請した。Logo3_3  http://www.asahi.com/national/update/0710/TKY200907100325.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京の体感治安(10、11日
  (単位・レベル)

2 体罰を考えるシンポ

【治安コラム】 今月の初めだったか、産経新聞社会面に「体罰を考えるシンポ」厳しさ失った指導に苦言~と題し「親こそが子供の教育の最高責任者」の囲み記事が掲載されていた。

 シンポは6月26日に開催され、石原慎太郎都知事とジャーナリストの櫻井よしこさんの対談。2部が初代タイガーマスクの佐山サトルさん、女優の村松英子さん、外交評論家の田久保忠衛さんら9人のパネリストらが持論を展開した。
 石原知事は「親こそが子供教育の最高責任者」とし「子供の我慢を強いることは親しかできない。いまだめなのは子供でなく親と若い教師」と家庭教育の自覚を訴えたという。

 櫻井さんは「先生も生徒も平等。お父さんは友達のようで物わかりがいい」とし「敗北に直面したときにいかに立ち向かうか、乗り越えるかを教えていない」と指摘した。
 そして佐山氏「体罰は礼儀作法を守り、困っている人がいたら助けるなど本当に強い人間をつくることに繋がる」。田久保氏は「学校教育法を『体罰をくわえることができる』と書き換えるべきだ、戦後、社会全体がゆるんでいる」と指摘していた。

 たしかに、教育に厳しさがなくなった。体罰どころか、運動会では「棒倒し」や「騎馬戦」が消えた。つまり、学校でケガをすると親が怒鳴り込むらしい。結果、学校から相撲の土俵が消え、国技である相撲は外国人の天下という、日本文化が危機状態になっていることだ。地域社会でも、悪ガキに注意しようものなら、親がねじ込んでくるから、「悪」を「止めなさい」と大声で言えない。つまり「なにが悪いのか」さえ知らない子供もいる。だから「万引は犯罪」なるポスターまで登場する世の中だ。

 それを、事件で見てみると、8日の電子メデイアだけでもこんなニュースがある。
 ★埼玉県で、家族ぐるみで万引きをしたとして、親子3人が逮捕された。なんと43歳の父親と20歳の長男、17歳の次男で120件の万引をしてい生活費に充てていたという。これでは、「万引は犯罪です」なんて教えるのではなく、万引を親が教育しているようなものである。★島根県出雲市では中学2年の次男(13歳)が、父親をナイフで刺し殺す事件があった。殺人は数こそ減少しているが、動機が短絡的だったり、最近の子供には「罪の意識」が欠落しているとしか思えない事件が続いている。★大阪府警は7日、自転車で帰宅中の女子高生(15)を車で約300メートルに渡ってつけ回し、車をぶつけて水田に転落させ、けがをさせたとして41歳の無職男を殺人未遂で逮捕した。男は「高校生の自転車のマナーの悪さに腹が立っていた。言ってわからんやつは体で教えなあかんと思った」と供述しているという。被疑者のオーバーな話だろうが、解らなくもない。

 そして10日、東京・立川市でバイク15台を盗んでいた14歳から17歳の少年6人が警視庁に逮捕された。主犯格の少年は、メンバーに対して「犯行現場に、つばや髪の毛などDNAを残すな」と指示していたという。かくして頭ばかりがデカイ子供が多くなった。
連続放火や首締め路上強盗も続報するメディアもなく、抑止に期待を込め体感治安を修正する。「レベル2(ブルー)」とする。

「日本列島振り込め詐欺」は、被害を含めて4件。http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

Bye1 10日の「メールで警視庁」によると、振り込め詐欺被害の発生は、本年に入り減少傾向にあります。しかし、7月に入り10日現在で既に40件発生し、今後、増加に転じかねない状況です。不審な電話がきた場合は110番通報してください。最近のオレオレ詐欺の新たな口実は次の通りです。★ひったくりをやって、相手にケガを負わせたので示談金が必要だ。★今、ケガをして病院にいる。診察料が必要だ。お金を持ってきてほしい。★癌になった治療費がほしい。 注意しましょう。

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

連載小説警視庁薬物特命捜査官(62)

        長一郎の夢

080713_164028_m  葡萄の花が咲く時期を迎えた。それまで母ちゃんは毎朝早く、葡萄畑に、たすくさんと二人で仕事に出ていた。
 高原の朝は早い。聞こえるのは鳥の鳴き声と、家の裏にある杉の大木の風に揺られる葉音だけだった。車などはない時代だ。どこに行くにも歩いてだった。

 葡萄畑には幾重にも棚がつくられており、間もなく房に白い小さな花を付けた。広々としたこんな平らな畑なんか見たこともないし、ましてや、綺麗に作られた棚。その棚に、白い小さな花の房が何本も垂れ下がる光景は、長一郎にとって生まれて初めて見る光景だった。「世の中にこんな綺麗な景色があったのか」と思った。

 小さな花が散ると、花の後には小さな緑色の実をいっぱい付けた。やがて大きくなり、夏が過ぎたころ、多くの農家の娘さんやお母さん達が手伝いに来て、新聞紙で作った袋を一つひとつ丁寧に縛り付けていった。

 長一郎は、お姉ちゃんたちに遊んでもらえることから、いつまでも続くといいなと思った。
 葡萄の収穫が始まるちょっと前だったと記憶している。母ちゃんは朝早く、俺と敬二郎を置いて、どこかに出かけ、夜になって帰ってきた。どこから来たのか、知らないおじさんと一緒だった。たすくさんが教えてくれた。

 「長ちゃん、あのな、母ちゃんはこれがらとぎとぎ、遠ぐにいぐことになるがら…おばちゃんといられるんだが…。敬ちゃんも連れていげないところだがら…」
 こうして、母ちゃんが出かけたのは二、三回はあったと思う。その時、長一郎は「べづのひとと結婚すんだろうが…」と思っていた。

 葡萄の取り入れも終わり棚の葉っぱが黄色に変わり、遠くに見える山々は赤や黄色に染まった紅葉が綺麗な高原の秋を迎えたある日だった。
 父ちゃんの実家のおばさんや知らない叔父ちゃんなどがいっぱいやって来た。長一郎も敬二郎もみんな、呼ばれた。父ちゃんの実家の叔父ちゃんが言った。
 「それでは、離婚調停も済んだことだす、調停通り、長一郎は母方に、敬二郎は父方ということでようがすな。ほんじづは、下の子を引き取りにきたんです」

 母ちゃんが泣きながら言った。
 「そんなごど…今だなんて…誰がいいっていえますが…敬二郎はまだ、おっぱい飲んでいるんですよ…あんまりむごいごどではないの?…」
 そして、たすくさんも、泣きながら言った。
 「そんな…むごいこと…できすか?…裁判は…期限を切らなかったように聞いているがら…あんまりにも…きみさんがかわいそうではないのかい?…」
 回りにいた人も、叔父さんに詰め寄った。

 「だれが…敬ちゃんにおっぱいやるんだ…殺す気が。おまえら…。殺す気で…なまみのおやごを切り離す気が…」
 叔父さんは、みんなを、なだめながら言った。
 「だがらさ…きみさんの旦那の剛志さんの妹で、さとさんという人の旦那さんが、戦死して、けえらねぇんださ。さとさんが妊娠していだんだが…この前さ、流産してさ…それで、乳飲み子だったら…引き受けでもいいからって、言ってくれでいるんだべさ…。きみさんだってさ、会いにくればいいんだよ…自由に…」
 母ちゃん方のお爺ちゃんが叫んだ。
 「セイバン(裁判)セイバンと言って…こんな人のなさげも…ないなんて…おめーら…それでも、にんげんがぁー」
 長一郎にも何を話し合われているのかが分かった。
 「おらぁー敬とわがれるのいゃだぁー」
 泣き出した長一郎を母ちゃんがなだめた。
 「いいがす…わだすが我慢すれば…いいこったべがら…」
 
 

 

続きを読む "連載小説警視庁薬物特命捜査官(62)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

交通事故:乗用車が欄干に激突4人死亡 名古屋(10日)

10日午後1時半ごろ、名古屋市熱田区沢下町の県道で、乗用車がJR東海道線の高架橋の欄干に激突し大破した。乗用車には20~30代とみられる男性5人が乗っており、4人が死亡、1人が重体。乗用車はレンタカーで、愛知県警熱田署は5人の身元確認を急ぐとともに事故の状況を調べている。熱田署によると、乗用車は西方向へ走行し、JR東海道線に架かる高架橋手前左側のコンクリート製欄干に激突した。現場は片側2車線の直線で見通しはいいという。現場はJR金山駅の南東約600メートルで店舗やマンションなどが建ち並ぶ地域。【福島祥】Logo_mainichi1_2 http://mainichi.jp/select/today/news/20090710k0000e040090000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

オウム被害賠償金、支援機構と上祐派団体が支払い合意(10日)

オウム真理教の破産手続きが3月に終了したことを受け、弁護士らで作る「オウム真理教犯罪被害者支援機構」(理事長・宇都宮健児弁護士)は10日、教団の上祐史浩元代表(46)が設立した団体「ひかりの輪」が、事件被害者らに対する損害賠償義務を引き継ぎ、今後、同機構に賠償金を支払い続けることで合意したと発表した。6日交わされた合意書では、オウム真理教被害者救済法に基づいて支払われた給付金分などを除き、ひかりの輪には賠償金の支払い義務があると確認。09年は800万円を目標に300万円以上を支払うとした。また、財務状況などを年2回以上同機構に報告する。Yomiuri_koudoku1_3 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090710-OYT1T00657.htm?from=main4

(2009年7月10日14時31分  読売新聞)

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

新聞配達中のバイクなど15台を盗んだとして東京・立川市の少年グループ6人を逮捕・補導(10日)

新聞配達中のバイクなど15台を盗んだとして、東京・立川市の少年グループ6人が警視庁に逮捕・補導された。窃盗の疑いで逮捕されたのは、立川市の14歳から17歳の少年5人で、13歳の男子中学生1人が補導された。調べによると、6人は2009年2月以降、立川市などで、あわせてバイク5台を盗んだ疑いが持たれていて、これまでに15台を盗んだとみられている。
このグループは「大蛇(おろち)」と名乗り、盗みを繰り返していて、主犯格の少年(16)は、メンバーに対して「犯行現場につばや髪の毛などDNAを残すな」と指示していたという。
Logo1_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00158832.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ITネズミ講、600人から2億円…会社社長ら逮捕(10日)

福岡県警は10日、大学生らを対象に「ネズミ講」を開設したとして、インターネット関連会社「サイバークラブ」(大阪市)の社長久米猛容疑者(37)ら5人を無限連鎖講防止法違反の疑いで逮捕した。久米容疑者らは2005年以降、西日本を中心に約600人から約2億円を集めたとみられるという。

 捜査関係者によると、同社は今年1月まで「クリエイチャー」の名称で営業。久米容疑者らは、07年8月~08年6月までの間、「インターネットの広告代理店になり、新会員を紹介すれば、1人当たり2万円の報酬を支払う」などと大学生ら約200人を勧誘し、約6000万円を入金させた疑い。被害は、福岡や兵庫など西日本地区の大学生に集中。代理店になるには加盟金約30万円が必要だが、支払えない学生には、身分や年収を偽って消費者金融から借金して金を工面するよう指示したケースもあるという。

 県警は08年6月、同社が代理店契約を巡り、内容を記した書面を交付しなかったとして、同社事務所など10か所を特定商取引法違反(書面不交付)容疑で捜索。その後の捜査でネズミ講を開設していた疑いが浮上した。(2009年7月10日12時03分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_2 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090710-OYT1T00518.htm?from=main5

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2歳長男をゴミ箱に閉じこめ死なせた疑い 両親を逮捕(10日)

2歳の長男をごみ箱に閉じこめて死亡させたとして、警視庁は10日、父親の自営業、菅野美広容疑者(34)と母親の無職、理香容疑者(34)=いずれも東京都練馬区高松3丁目=を監禁致死の疑いで逮捕し、発表した。 捜査1課によると、美広容疑者らは昨年12月23日未明から午後4時ごろにかけ、自宅マンションで、長男の優衣ちゃん(当時2)を高さ約80センチのごみ箱の中に閉じこめて出られなくし、窒息死させた疑いがある。Logo3_2 http://www.asahi.com/national/update/0710/TKY200907100141.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

市川の事件と似ている…待ち伏せ作戦でコンビニ強盗容疑の男逮捕(10日)

コンビニエンスストアで現金5万7千円を奪ったとして、警視庁小松川署は10日、強盗などの現行犯で千葉県市川市南行徳の無職、山本正輝容疑者(32)を逮捕した。同署によると、山本容疑者は「千葉県でコンビニ強盗を数件やった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、同日午前3時35分ごろ、東京都江戸川区南篠崎町の「セブンイレブン南篠崎店」で、男性アルバイト店員(27)に包丁を突きつけて「金を出せ」などと脅し、レジにあった現金5万7千円を奪ったとしている。

 山本容疑者は犯行時、黒いニット帽とマスクを着用。市川市内で起きたコンビニ強盗事件の容疑者の格好と似ていたことから、千葉方面へ帰る可能性があると考えた同署員が、現場から約2キロ離れた江戸川区江戸川の橋の上で“待ち伏せ”をしていた。さらに、自転車に乗った山本容疑者を目撃した別の署員が後ろから追跡。山本容疑者のバッグの中からマスクや包丁、現金が見つかったため、現行犯逮捕した。Banner_logo_051_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090710/crm0907101150011-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

車を急発進させ警察官にけが 公務執行妨害で捜査(10日)

10日午前4時40分ごろ、堺市中区八田北町のカラオケ店駐車場で、パトロール中の西堺署の男性巡査長(32)がナンバープレートのない乗用車を発見。車内にいた男女2人に職務質問しようとしたところ、男が突然車を発進させ、東方向に逃走した。巡査長は発進を阻止しようとした際に転倒して右腕に軽傷。同署は公務執行妨害事件として捜査している。同署によると、2人はともに20歳くらいで黒っぽい上着を身につけ、乗用車も黒っぽかったという。Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/276378/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

“少年事件 特性把握し対応”(10日)

森法務大臣は、全国の少年鑑別所の所長が出席した会議で訓示し、島根県出雲市で13歳の少年が父親を殺害したとして補導された事件などを踏まえ、罪を犯した少年の立ち直りに向けてひとりひとりの特性を的確に把握して取り組むよう指示しました。この中で森法務大臣は「依然として少年による殺人事件など凶悪犯罪があとを絶たない。少年本人の特性や環境の両面で、複雑な問題を抱え、処遇に特段の配慮を必要とする少年が少なくない」と述べたうえで、罪を犯した少年の立ち直りに向けて、ひとりひとりの特性を的確に把握して取り組むよう指示しました。また森法務大臣は、広島少年院の少年たちへの暴行や虐待で、教官4人が逮捕・起訴された事件について「あってはならない悪質な事案で、少年矯正全体の信頼が損なわれた。少年鑑別所の職員も、これを深刻に受け止め、これまで以上に綱紀を厳正に保持し国民の理解を得るよう努めてもらいたい」と指示しました。News_pic1_3 http://www3.nhk.or.jp/news/k10014151401000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女優・内山理名さんが警視庁代々木警察署の1日署長 少年の非行防止などを呼びかけ(10日)

Bs200907092201_531 女優・内山理名さん(27)が9日、警視庁代々木警察署の1日署長を務め、少年の非行防止などを呼びかけた。1日署長を務めた内山さんは9日午後、渋谷区の小学校で、夏休み中に犯罪に巻き込まれないよう児童らに注意を呼びかけた。また、ひったくり撲滅のためのイベントにも出席し、自転車にひったくり防止ネットを取りつけるなどして、被害の防止を訴えた。 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00158788.html Logo1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

出資法違反:700人から不正に8億円 札幌の社長姿消す(10日)

札幌市内のソフトウエア開発会社社長が「アービトラージ」と呼ばれる取引などで運用益を出すと触れ込み、全国の約700人の出資者から総額約8億円を不正に集めていた疑いが強まり、札幌厚別署は出資法違反(預かり金の禁止)容疑で捜査を始めた。出資者の多くは独自の電子マネー「円天」を売りにした「エル・アンド・ジー(L&G)」事件や、フィリピンでのエビ養殖事業への投資を持ち掛けた「ワールドオーシャンファーム」事件の被害者で、出資金の多くは返済されていないという。社長は任意の事情聴取を受けた後、行方不明となり、同署が所在確認を急いでいる。

 関係者によると、社長は07年2~10月、金融庁の登録を得ずに、アービトラージなどの取引で元本を保証した上で毎月1割を配当するとうたい、約700人から総額8億円以上を不正に集めた。しかし、実際には出資金の一部を運用に回しただけで、出資金の大半を飲食店の経営や貸し付けなどに回していたとみられる。配当金も最初の数カ月間は支払われたが、07年12月を最後に止まり、元本も返済されていない。

 08年5月に道内で発覚した外国為替証拠金取引(FX)関連の出資法違反事件を捜査する過程で、この社長が浮上。同署は当時、任意で事情を聴いたが、その後、行方が分からなくなった。社長が「アービトラージで多額の配当金を確約している」とのうわさは「L&G」「ワールドオーシャンファーム」主催のイベント会場などで話題に上っていたという。この結果、両事件の被害者の中から出資者が集まったとみられている。

 ◇ことば=アービトラージ(裁定取引)

 別々の市場で売買される同一もしくは類似する商品の価格差を利用し、利ざやを稼ぐ取引。低いリスクで利益が得られるが、利幅が小さいとされる。二つの市場で商品を購入するため、手数料は2倍かかる。Logo_mainichi1 http://mainichi.jp/select/today/news/20090710k0000m040159000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女高生の自転車に“わいせつ当たり屋”教諭(10日)

宮崎県警は9日、同県西都市三宅、県立日向工業高校教諭甲斐正直容疑者(39)を強制わいせつ容疑で逮捕した。発表によると、甲斐容疑者は6月27日午後10時頃、宮崎市新名爪の歩道で、市内の高校に通う女子生徒(16)の自転車の前に、わざと飛び出して衝突。「足が痛い。もんでくれ」と自分のズボンと下着を下げさせ、下腹部を数十分間マッサージさせた疑い。女子生徒は帰宅後、母親に相談し、県警に被害届を出した。甲斐容疑者は保健体育担当で、この日は夕方まで勤務していたという。(2009年7月10日00時55分  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090709-OYT1T00885.htmYomiuri_koudoku1

東京地検事務官、痴漢の疑いで逮捕 容疑否認

Logo3 東京地検は、男性事務官が電車内で女性に痴漢をしたとして東京都迷惑防止条例違反容疑などで8日に警視庁千住署に現行犯逮捕された、と9日発表した。地検は氏名を明らかにしなかったが、取材により、逮捕されたのは同地検刑事部事務官の工藤建一容疑者(40)=千葉県松戸市=とわかった。工藤容疑者は容疑を否認しているという。工藤容疑者は8日午前8時半ごろ、JR常磐線松戸―北千住駅を走行中の電車内で、女性の体を触った疑いがある。出勤途中で、北千住駅で降りた際に被害者に取り押さえられたという。地検の谷川恒太次席検事は「誠に遺憾。所要の捜査を遂げ、人事上の処分も適切に対処する」とコメントした。 http://www.asahi.com/national/update/0709/TKY200907090428.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(10日)4件

通帳詐取容疑でハローワーク職員逮捕 求職者の住民票使う

振り込め詐欺で得た金、別口座に隠す 容疑の2人逮捕

東京・葛飾区で警視庁が作成した振り込め詐欺の被害防止をテーマとした紙芝居披露

Logo1_3 東京・葛飾区で、警視庁が作成した振り込め詐欺の被害防止をテーマとした紙芝居が披露された。紙芝居は、「息子のふりをしてお金を要求する」という一般的な振り込め詐欺の手口を参考に、警視庁・葛飾署の「かつしかあやめ一座」が作成したもの。
10日は、高齢者およそ500人を対象に紙芝居が披露された。
観賞した人は「とてもわかりやすく、これから注意して詐欺に遭わないようにしようと思いました」、「(詐欺は)怖いですよ。しょっちゅうやってもらった方がいいんじゃないかなと思います」などと話した。葛飾署では今後も、高齢者や子どもの集まる集会で紙芝居を使い、被害防止を呼びかけていくという。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00158837.html

 

続きを読む "日本列島振り込め詐欺(10日)4件"

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽ブランド服販売容疑 男女2人逮捕(10日)

広島県警海田署は9日、商標法違反の疑いで千葉県我孫子市古戸、自営業、石森翼容疑者(26)と、同居の沢村和哉容疑者(35)を逮捕した。2人の逮捕容疑は、共謀の上、1~3月にインターネットオークションを利用して広島市西区の女性(26)ら2人に、若い女性に人気のブランド「トゥララ」の偽のワンピースなど計3着を計約1万2千円で販売したとしている。 海田署によると、両容疑者は「仕入れ業者から本物と聞いていた」と供述している。両容疑者は「TDNツバサドットネット」という業者名を使用。口座には平成18年4月ごろから約1万5千件、計約6200万円の入金があり、同署は裏付けを進める。Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/276256/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月9日 | トップページ | 2009年7月11日 »