« 2009年7月4日 | トップページ | 2009年7月6日 »

2009年7月5日

2009年7月 5日 (日)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京の体感治安(5、6日
  (単位・レベル)

2犯罪インフラが心配だ

【治安解説】 このほど「みずほ銀行」と携帯電話国内最大手の「NTTドコモ」は、ドコモの利用者同士なら、相手の口座番号を知らなくても、携帯電話の番号を入力するだけで送金できる新しいサービスを始めることになったという=NHK

 携帯電話を使った金融サービスでは、すでに、三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同でサービスを開始しており、今月21日から「みずほ・ドコモ」グループが参入することになる。システムは、相手の口座番号を知らなくても、専門のサイトで相手の携帯電話の番号を入力するだけで、1か月、最大2万円まで送金できるという。

 送金を受けた人は、現金の受け取り先の銀行口座を指定できるほか、携帯電話の通話料に振り替えることもでき、今後は、若者など携帯電話の利用者を銀行の顧客として獲得しようという競争が激化すると見られている。

 便利になるのは良いが、問題は、犯罪インフラとして利用されないか、防犯対策がしっかりなされているのか、国民はじっくり監視したい。

 無料で無制限でメールが送信できるとしただけで、メールを利用した架空請求にどれだけの人が被害に遭ったのか。現金書留などの様に「受領印が省ける」という利便性を逆利用してエクスパックなるものの登場と私書箱までが犯罪インフラになる世の中。

 電話代行業の登場と転送電話の手続きの簡略化が、どれだけ振り込め詐欺に利用されたのか? こんな数字をまとめているところがない。が、確実に犯罪インフラとして浸透していることだけは確かだ。最低でも、携帯を利用した振り込め詐欺と判明した段階で、利用された携帯の通話を瞬時に停止するだけの対策を望みたい。

 大阪市で発生したパチンコ店の放火事件は悲惨な事件となった。1日も早い解決を望む。都内の事件は、5日未明、東京・豊島区のアパートで、友人の男性の胸などをはさみで刺した23歳の男が、殺人未遂の現行犯で逮捕される事件があったものの、都内は概ね平穏として良いだろう。よって体感治安は「レベル2(ブルー)」の現状とする。

 毎日新聞によると、 北海道でパチンコ店で玉を出す「サクラ」の求人広告に応募すると、高額なパチンコ攻略法を売りつけられる被害が相次いでいるという。「飲食店情報モニター募集」など別業種の求人を装うケースもあり、道立消費生活センターは「高額なお金を要求されるだけでなく、個人情報が悪質業者に渡る」と注意を呼び掛けている。

 何回も書いているが、パチンコは、公安委員会が出玉をチェックしており、攻略法なんて存在しない。さらに、これらには特定商取引法によるクーリングオフはできないので、個人個人が注意するしか防ぐ方法はありません。「日本列島振り込め詐欺」は、同件を含めて4件。http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

パチンコ店から出火、4人死亡19人重軽傷 大阪・此花(5日)

5日午後4時15分ごろ、大阪市此花区四貫島の雑居ビル1階のパチンコ店「CROSS-ニコニコ」から出火。店内の約400平方メートルを焼き、約20分後に消し止められた。大阪市消防局によると、この火事で4人が死亡し、19人が重軽傷を負った。店内にいた男が直前に油のようなものをまいたといい、府警が放火の疑いで捜査、男の行方を捜査している。市消防局によると、死亡したのは60代ぐらいの男性1人のほか、20代~70代の女性3人。けが人は重症5人、中等症3人、軽症11人という。府警や客らによると、南東側の出入り口付近で、男がバケツで油のようなものをまき、火をつけて逃走した。火は一気に燃え広がり、パチンコ台などが激しく燃え、服に火が燃え移った客も複数いた。消防車など約50台、ヘリ1機が出動して消火活動にあたり、屋上から逃げ遅れた6人がはしご車などで救出された。市消防局などによると、店の出入り口は北側と南東、南西に各1カ所あった。店内には当時、店員と客約100人がいたという。現場は阪神電鉄阪神なんば線千鳥橋駅から南約50メートルの商店街。パチンコ店は鉄筋6階建て雑居ビル(延べ約2400平方メートル)の1階にある。Banner_logo_051_4 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/274309/

パチンコ店火災 過去にも相次ぐ大規模火災 施設側の責任問題のケースも

不特定多数の人が出入りする繁華街の娯楽施設や商業施設などでは、過去にも多数の人が逃げ遅れて犠牲となる火災が発生した。こうした火災では放火・失火を問わず、適切な避難誘導や防火設備の設置など、管理者の防火責任が問題となったケースも少なくない。

関連記事

記事本文の続き 1972年5月に大阪・ミナミの千日デパートで発生した火災では、戦後最多となる118人が死亡。翌73年11月にも熊本市の大洋デパートで104人が犠牲となり、スプリンクラーの設置対象が拡大されるなど消防法の改正につながった。しかし、その後も82年2月に東京都千代田区のホテル・ニュージャパンで33人が死亡、90年3月には兵庫県尼崎市のスーパー長崎屋で15人が死亡するなど、大規模火災が相次いだ。これらの火災ではいずれも、店長などが業務上過失致死容疑で刑事責任を問われている。近年はこうした大型施設以外に、狭いフロアに店舗などがひしめく雑居ビルでの火災も目立つ。2001年9月に起きた東京都新宿区歌舞伎町の雑居ビルの火災では44人が死亡。昨年10月には大阪市浪速区の個室ビデオ店が放火され、男性客16人が死亡した。 パチンコ店をめぐっては、2001年12月、約500人の客でにぎわっていた大分市内の店内から出火し、約1500平方メートルを全焼するとともに店長の男性が死亡。負けた腹いせにパチンコ台に放火したとして現住建造物等放火罪に問われた男には、大分地裁が懲役3年10月の実刑を言い渡した。パチンコ店の関係者の男性(39)によると、パチンコ台は大半が合成樹脂やベニヤ板などの燃えやすい材質で作られているという。男性は「店内は通路が狭いうえに、たばこを吸う客も多い。だが、火事の危険性は認識しながらも、火災訓練などは行っていない店が多いのではないか」と話した。Banner_logo_051_5

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

交番の壁に穴あけて逮捕 松山(5日)

愛媛県警新居浜署は5日、交番の壁にいすをぶつけて穴をあけたとして、建造物損壊の疑いで、住所不定、飲食店経営秦英二容疑者(31)を逮捕した。「いすは持ったが穴はあけていない」と容疑を否認している。逮捕容疑は5日午前4時ごろ、新居浜市徳常町の同署中央交番の内側の壁にいすをぶつけ、こぶし大の穴をあけた疑い。新居浜署によると、秦容疑者は遺失物届をしようと訪れたが、署員が不在だった。「誰もいなかったので腹が立った」と供述している。当時、酒に酔っていたという。Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/274374/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・豊島区で友人男性の胸などをはさみで刺した23歳男、殺人未遂の現行犯で逮捕(5日)

東京・豊島区のアパートで、友人の男性の胸などをはさみで刺した23歳の男が、殺人未遂の現行犯で逮捕された。殺人未遂で逮捕されたアルバイト・佐渡和明容疑者(23)は、5日午前0時半すぎ、豊島区南長崎の自宅アパートで友人の男性(24)と口論になり、はさみで男性の胸などを数回刺し、駆けつけた警察官に取り押さえられた。
刺された男性は、重傷を負った。佐藤容疑者は弟と2人暮らしだったが、数カ月前からこの男性も同居し始め、警視庁の調べに対して「男性が金を要求してきた。殴られて、かっとなった」と供述しているという。
Logo1_3 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00158472.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

19歳少年、爆弾原料を所持…警視庁が捜索・聴取(5日)

爆弾の原料に転用可能な化学薬品を不正に所持したとして、警視庁公安部は5日、毒劇物取締法違反容疑で神奈川県相模原市在住の専門学校生の少年(19)宅を捜索、少年の事情聴取を始めた。 容疑が固まりしだい、逮捕する方針。同庁は、少年が薬品を購入した東京都中央区の薬品販売会社も同日、捜索した。

 同庁幹部によると、少年は2月、薬品販売会社で塩素酸カリウムと塩素酸ナトリウムを購入した疑い。少年はほかの薬品も購入しており、同庁は少年が爆発物を製造しようとしたとみて調べている。同法は、爆発性のある劇物を正当な理由なく所持することを禁じており、同庁は薬品会社からも販売した経緯を聞く。

 都内では昨年9月、皇居に向けて手製の消火器爆弾が発射される事件が発生。警視庁は化学薬品を扱う薬局やホームセンターなど約9500店を捜査員に訪問させて、不審な購入者の情報を収集してきた。最終更新:7月5日15時11分

読売新聞http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090705-00000509-yom-soci

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニ強盗相次ぐ 千葉県警(5日)

千葉県市原市と袖ケ浦市で2人組によるコンビニエンスストアを狙った強盗事件が2件相次ぎ、警察は2人組の行方を捜査するとともに関連についても調べています。

4日午後9時半すぎ、千葉県市原市の「セブンイレブン市原潤井戸店」に客を装って入った2人組がいきなり包丁のようなものを21歳のアルバイトの店員の男性につきつけてレジを開けさせ、現金あわせて10万円を奪って逃げました。
この男性ら当時、店にいた店員2人にけがはありませんでした。
警察の調べによりますと2人のうち1人は男で年齢が25歳から30歳くらい、灰色の目出し帽をかぶり、またもう1人は性別ははっきりしませんが同じように白色の目出し帽をかぶっていたということです。
また、5日午前1時前には袖ケ浦市蔵波の「デイリーヤマザキ袖ケ浦いちょう通り店」で36歳の店長に対して2人組がそれぞれバールや包丁のようなものをちらつかせて「金を出せ」と脅し、バールでレジをこじ開けて現金5万円を奪って逃げました。
警察によりますと逃げた2人組はいずれも男とみられ、2人ともニット帽をかぶっていたということで警察は2つの事件の関連についても調べています。News_pic1 http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/03.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

会社社長、2300万円入りバッグ奪われる 鹿児島(5日)

 5日午前2時半ごろ、鹿児島市加治屋町の農業用肥料卸売会社社長、南寛さん(63)の妻から「夫がカバンを奪われた」と110番通報があった。鹿児島中央署によると、南さんが帰宅した際、現金約2300万円入りのバッグを何者かに奪われ、もみ合いになった際に足首を骨折する重傷を負ったという。同署が強盗致傷容疑で捜査している。

 調べでは、南さんは帰宅して自宅の2階玄関から室内に入ろうとした際、背後から男に襲われた。現金約2300万円が入ったセカンドバッグを奪われ、男ともみあった際に右足首の骨を折るなどのけがを負った。男はセカンドバッグを持ってその場から逃げたという。 男は身長160~165センチ。年齢は20~30代で、上下とも黒っぽい服を着ていたという。Logo3_6  http://www.asahi.com/national/update/0705/TKY200907050064.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

暴力団同士のトラブルか、神奈川で2人死亡(5日)

5日午前4時15分ごろ、神奈川県平塚市紅谷町の雑居ビル3階にある指定暴力団稲川会系組事務所で「撃たれてけが人が出ている」と男性の声で119番通報があった。県警平塚署員らが駆け付けると、渡辺修広さん(34)=同市東真土4丁目=が、事務所内で首を銃で撃たれた状態で倒れていた。同署によると、渡辺さんは同組の組員とみられ、搬送先の病院で死亡が確認された。撃った犯人は逃走しているという。

 一方、同日午前8時半ごろ、横浜市戸塚区の県警戸塚署に、庄司悦久容疑者(26)=同区東俣野町=がワゴン車で出頭してきた。車内に刃物で刺された男が乗せられており、庄司容疑者が「殺した」と話したことから殺人未遂の疑いで緊急逮捕した。遺体は20~25歳ぐらいで、まもなく死亡が確認された。捜査関係者によると、庄司容疑者は渡辺さんと同じ組の組員で、殺された男性は別の暴力団の組員とみられるという。  平塚市内では、2日から今日までの予定で「湘南平塚七夕まつり」が開催されている。捜査関係者によると、渡辺さんの暴力団と、殺害された男性の暴力団が前日、祭りの会場周辺でトラブルを起こしていたという。 Logo3_5 http://www.asahi.com/national/update/0705/TKY200907050035.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

奈良刺殺 容疑の高3「急に相手にしてくれなくなった」(5日)

奈良県桜井市の近鉄桜井駅で、桜井市内の私立高校3年、浜田知哉(ともや)さん(18)=同県橿原市=が刺殺された事件で、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された同高校3年の男子生徒(17)が「(浜田さんと)仲が良かったのに、急に相手にしてくれなくなったので、殺意を抱いた」と供述していることが、捜査関係者への取材でわかった。県警は2人の友人関係の変化が犯行につながったとみて、詳しい経緯を調べている。

 県警の発表や同校の説明によると、2人は県内の同じ市立中学校の出身だった。同じ高校に進み、初めは仲が良かったが、今年3月、浜田さんが「生徒から暴力をふるわれた」と訴え、学校側が生徒に事情を聴いたところ暴行などを認めた。生徒は反省の態度を示し、その後変わった様子はなかったという。

 県警によると、生徒は調べに対し、浜田さんについて「仲が良かったのに、昨年9月ごろから口をきかなくなった。腹が立って6月ごろから殺してやろうと思った」と供述。包丁については、「4、5日前に買って自室の机の中に置いていた。きょうやろうと思い、自宅を出るときに包丁を通学かばんに入れた」と説明しているという。同校はこの日が期末試験の最終日で、生徒は「学校には行くつもりだった」と言い、かばんの中身などからテストの準備もしていたという。 県警によると、生徒は会社員の父親と母親の3人家族。高校ではバレーボール部に所属し、6月に引退していた。

 また県警によると、浜田さんは3カ所に刺し傷があり、死因は失血死とみられる。浜田さんと生徒はこの日朝、近鉄大阪線の同じ駅から乗車し、車内でも同じ車両だった。電車が桜井駅の2階ホームに到着後、生徒は先に降りて改札へ向かう階段付近で、浜田さんが来るのを待ち伏せしていた。浜田さんがいったん通り過ぎた後、背中を刺し、振り返ったところ腹を刺したという。 Logo3_4 http://www.asahi.com/national/update/0705/OSK200907040207.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

水没トラックから男性遺体 電気コードで両手縛られ 群馬(5日)

 5日午前5時50分ごろ、群馬県藤岡市東平井の矢場池で、通行人の男性から「池に車が沈んでいる」と110番通報があった。駆けつけた消防署員が、車両の一部が水面から出た状態で水没している軽トラックの荷台部分から、両手を電気コードで縛られ毛布で全身を覆われた状態で死亡している、成人とみられる男性を発見。群馬県警藤岡署は死体遺棄事件とみて、遺体の身元の確認を急ぐとともに、経緯を詳しく調べている。Banner_logo_051_2 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/274199/

群馬・藤岡市で池に水没した車の中から両手を縛られ毛布にくるまれた男性遺体見つかる

群馬・藤岡市で5日朝、池に水没した軽ワゴン車の中から、両手を縛られ毛布にくるまれた男性の遺体が見つかった。5日午前5時50分ごろ、藤岡市東平井の矢場池で「車が沈んでいる」と、管理人の男性から警察に通報があった。
警察の要請で出動した消防のレスキュー隊が、軽ワゴン車の中から、両手を電気コードで縛られ、毛布に包まれた男性の遺体を発見した。
男性は20~30歳くらいで、下着が半分ほど脱がされ、ほぼ全裸だったという。
池の管理人の男性によると、4日夕方ごろには車はなかったということで、警察は、身元の確認を急ぐとともに、殺人事件とみて捜査している。
Logo1_2 (07/05 11:57)http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00158463.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

売上金脅し取る プロレスラーら4人逮捕 警視庁(5日)

先月、東京・渋谷区の飲食店に長時間居座り、売上金約30万円を脅し取ったとして、プロレス団体の代表でプロレスラー・橋本友彦容疑者(31)ら4人が警視庁に逮捕されていたことがわかった。調べに対し、橋本容疑者らは容疑を認めているということで、警視庁はほかにも指示役の男がいるとみて調べている。Noimage_120x901 http://www.news24.jp/articles/2009/07/04/07138936.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察庁、改正銃刀法で所持していると処罰される「ダガーナイフ」の回収を呼びかけ(5日)

銃刀法の改正によって、5日から持っていると処罰される「ダガーナイフ」の回収が十分に進んでいないことから、警察庁は早期に届け出るよう呼びかけている。
2008年の東京・秋葉原の通り魔事件で、ダガーナイフが凶器として使われたことを受けて、2009年1月に施行された改正銃刀法では、刃渡り5.5cm以上で、両刃の刃物の所持が禁止された。
全国の警察では、猶予期間として、4日までダガーナイフなどの禁止刃物の回収を行っていて、5日以降は、所持していると処罰の対象になる。
警察庁では、いまだに多くの禁止刃物が処分されていない可能性があるとみて、「ただちに届け出てほしい」と呼びかけている。
Logo1 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00158453.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(5日)4件

振り込め詐欺:詐欺未遂容疑で受け取り役逮捕--狭山 /埼玉

Logo_mainichi1_3 県警振り込め詐欺総合対策本部と狭山署は3日、振り込め詐欺グループの現金受け取り役だったとして、東京都中野区中央4、無職、河原祐司容疑者(32)を詐欺未遂容疑で逮捕したと発表した。容疑は2日、別の男らと共謀し、狭山市の女性(65)方に、警察官や弁護士を名乗り「息子さんが盗撮容疑で逮捕された」「マスコミ発表の前に示談する」と電話し、現金200万円をだまし取ろうとしたとしている。県警によると、不審に思った女性が長男(38)に確認して、狭山署に通報。宅配業者を装って女性宅に現金を取りに来た河原容疑者に、警戒中の署員が任意同行を求めた。「新宿のホストクラブの同僚から誘われた」と容疑を認めているという。【小泉大士】http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20090704ddlk11040283000c.html

兵庫県警長田署で振り込め詐欺パトロール隊発足

~県下最大の被害発生、「危険信号を区民に伝えたい」~

兵庫県警長田署では振り込め詐欺パトロール隊発足

兵庫県警長田署は、県下で最多の振り込め詐欺の被害が発生していることを受け「振り込め詐欺撲滅パトロール隊」を結成し発隊式を実施した。式は、長田区長はじめ長田防犯協会会長、金融機関関係者等約24人の来賓を迎えて行われ、署員約60人が1日パトロール隊長となった長田区連合婦人会会長の服装点検を受けた(写真)。また、藤井賢二署長が「長田が狙われているという危険信号を区民に伝えたい」と訓示した。http://www.police-ch.jp/news/

「春が来た」の替え歌で振り込め詐欺被害を防止

「春が来た」の替え歌で振り込め詐欺被害を防止

香川県警高松南署の女性警察官で組織する「若桜会」では、多発する振り込め詐欺の被害防止を呼び掛けるため、会員が替え歌を自作、高松南交通安全協会の通常総会で初披露した(写真)。今回は、童謡「春が来た」の替え歌を作成したもので、誰もが口ずさめるメロディで防止を呼び掛ける内容となっている。若桜会は、今年の署庁舎移転を契機に、女性警察官によって結成されたもので、地域住民等に対するボランティア活動を実施している。http://www.police-ch.jp/news/

 

続きを読む "日本列島振り込め詐欺(5日)4件"

| コメント (0) | トラックバック (0)

同級生刺殺:「6月ごろから殺してやろうと…」高3供述(5日)

奈良県桜井市の近鉄桜井駅で同県橿原市の私立高校3年、浜田知哉さん(18)が刺殺された事件で、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された同級生の男子生徒(17)が、奈良県警の調べに「6月ごろから殺してやろうと思っていた」と供述していることが県警への取材で分かった。男子生徒は4日朝、登校途中に浜田さんを襲うことを決意、かばんに包丁を忍ばせて自宅を出たという。浜田さんの死因は失血死で、腹部の傷が致命傷だった。

 県警などによると、2人は同じ中学出身。男子生徒は「中学2年のころから友達だったが、去年の9月ごろから仲が悪くなり、話をしなくなった」と供述。詳しい動機については「今は話したくない」と供述している。

 包丁は4、5日前に橿原市の自宅近くのホームセンターで購入、自宅の学習机の中に隠し持っていた。以前は浜田さんと同じ近鉄耳成駅から乗っていたが、仲たがいしてからJR香久山駅を利用。4日朝は耳成駅で浜田さんを待ち伏せ、同じ車両に乗った。桜井駅では先に降りて浜田さんを待ち、通り過ぎた直後に背中や腹部計3カ所を刺したという。

 2人が通う高校の校長は4日夕に記者会見し、3月に浜田さんが男子生徒から暴力を振るわれ、担任に相談していたことを明らかにした。学校側は男子生徒を指導したという。

 県警によると、男子生徒は取り乱すこともなく、落ち着いた様子で調べに応じているが、反省や後悔の言葉はないという。【高島博之、大森治幸】Logo_mainichi1_2 http://mainichi.jp/select/today/news/20090705k0000m040093000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

乳幼児虐待:判別ソフト開発へ…事故との違い分析(5日)

虐待か不慮の事故か見分けにくい乳幼児のけがや死亡例について、救急医療や法医学などの医学と情報処理など工学の専門家による研究チームが、3年後をめどに科学的に判別するソフトの開発を始めた。乳幼児の場合、親が虚偽の説明をすると、虐待を見分けるのは難しい。判別ソフトの開発は、発見の遅れに頭を悩ませてきた医療現場にとって役立ちそうだ。研究チームは、産業技術総合研究所や国立成育医療センター、千葉大、長崎大などで構成している。死亡した子供のCT(コンピューター断層撮影)画像や解剖所見などのデータを収集。虐待によるけがが起きるまでのシミュレーション画像を作り、不慮の事故との違いを分析する。医師らが虐待かどうかを判断する際、けがの内容や現場の状況などを入力することで、虐待の可能性を示すソフトを開発する予定だ。

 代表者の山中龍宏・緑園こどもクリニック院長は「これまでは医師や看護師の経験に頼らざるを得ず、虐待によるけがの発見と対策の遅れにつながっていた。医療現場を支援するシステムを作りたい」と話す。【石塚孝志】Logo_mainichi1 http://mainichi.jp/select/today/news/20090705k0000m040109000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

昨年の山岳遭難、死者数が過去最多 中高年者が増加(5日)

08年中の山岳遭難で、死者・行方不明者が281人(前年比22人増)となり、警察庁が統計をとりはじめた61年以降で過去最多になった。同庁が3日、発表した。事故件数は1631件(同147件増)、遭難者数は1933人(同125人増)と、いずれも過去最多だった。 同庁によると、特に中高年者で増えており、遭難者の8割以上が40代以上だった。事故の9割近くは登山や山菜採り中。発生場所で見ると、長野県(182件)、富山県(133件)、北海道(128件)の順に多かった。 Logo3_3 http://www.asahi.com/national/update/0704/TKY200907040119.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

農水省田辺統計情報センター長、ATMで置き引き容疑(5日)

和歌山県警は4日、農林水産省田辺統計・情報センター長の森秀夫容疑者(59)=同県湯浅町栖原=を窃盗の疑いで逮捕した、と発表した。森容疑者は「やっていない」と否認しているという。 湯浅署によると、森容疑者は6月25日、同町の紀陽銀行湯浅支店で、同町内の女性店員(39)が現金自動出入機(ATM)の上に置き忘れた現金約57万5千円などの入ったポーチを盗んだ疑いがある。店内の防犯ビデオの映像と、女性の後に森容疑者がATMを操作した記録などからわかったという。Logo3  http://www.asahi.com/national/update/0704/OSK200907040110.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

愛知・蟹江町 ひったくり連続2件(5日)

4日午後8時55分ごろ、愛知県蟹江町西之森才勝の路上で、自転車で帰宅途中の女子大学生(19)が、後ろから来た男に前かごの中のカバンを奪われそうになった。学生はカバンを守ろうとした際、バランスを崩して転倒し、あごに軽傷。男はオートバイかバイクに乗っており、何も取らずに逃げた。 5分後には約1キロ離れた同町今川東上の路上で、自転車で帰宅中の女性会社員(22)が、後ろからバイクで来た男に前かごから現金約2万3千円や携帯電話などを入れていたバッグを奪われたという。蟹江署は、時間や場所が近いことや手口が似ていることから、同一犯によるひったくり事件とみている。同署によると、2番目の事件の男は黒っぽい服装で、黒色ヘルメット、黒色のバイクに乗っていたという。Logo3_2   http://www.asahi.com/national/update/0705/NGY200907040022.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月4日 | トップページ | 2009年7月6日 »