« 顔面にスプレー、女性相次ぎ被害 愛知・長久手と岡崎(16日) | トップページ | 急増する都内のひったくり、官民で防止 警視庁が会議(16日) »

2009年6月16日 (火)

国会議員、事務所から厚労省に電話 凛の会メンバーの目前で(16日)

 障害者団体向け割引郵便制度の悪用をめぐる虚偽有印公文書作成事件で、「凛(りん)の会」の障害者団体証明書の発行について、同会主要メンバーの倉沢邦夫容疑者(73)が大阪地検特捜部の調べに対し、「民主党国会議員の事務所から目の前で厚生労働省の幹部に電話をかけてもらった」と供述していることが16日、関係者への取材で分かった。倉沢容疑者はこの議員の元秘書で、議員の“威光”を利用して証明書を得ようとしたとみられる。

 特捜部は16日、任意の聴取でこの議員から電話を受け、当時、障害保健福祉部企画課長だった雇用均等・児童家庭局長、村木厚子容疑者(53)=同日、大臣官房付に異動=に対応を指示したと証言している元同部長(退職)の東京都江戸川区の自宅を捜索した。一連の容疑を裏付けるのが目的とみられる。産経新聞の取材にこの議員の事務所は「そのような事実はなく、倉沢容疑者が陳情のために事務所に来たこともない」と全面的に否定している。関係者によると、倉沢容疑者らは平成15年10月に凛の会を立ち上げ、16年2月に厚労省から障害者団体証明書を得るため、この国会議員に厚労省への口利きを依頼したという。当日は、倉沢容疑者と元メンバーの2人が議員会館の事務所を訪問。議員と向かい合ってソファに座り、「凛の会という障害者団体を立ち上げたので厚労省の認可がほしい」と持ちかけた。議員は面識があった元部長にその場で電話し、「凛の会という団体が証明書の申請に行くのでよろしく頼む。担当者の名前を教えてくれ」と依頼したという。

 その後、倉沢容疑者は議員を通じて村木容疑者が担当と知り、厚労省を訪問。その後も複数回にわたって面会し、証明書の発行を催促していたとみられる。Banner_logo_051_8 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/266924/

 

« 顔面にスプレー、女性相次ぎ被害 愛知・長久手と岡崎(16日) | トップページ | 急増する都内のひったくり、官民で防止 警視庁が会議(16日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/45358098

この記事へのトラックバック一覧です: 国会議員、事務所から厚労省に電話 凛の会メンバーの目前で(16日):

« 顔面にスプレー、女性相次ぎ被害 愛知・長久手と岡崎(16日) | トップページ | 急増する都内のひったくり、官民で防止 警視庁が会議(16日) »