« 「家出掲示板」で少女転々、わいせつ容疑で男3人逮捕 愛知県警(23日) | トップページ | 殺人:港湾荷役業の男性を刺殺、同業者を容疑で逮捕 静岡(23日) »

2009年6月23日 (火)

足利事件、菅家さんの再審決定…東京高裁(23日)

栃木県足利市で1990年、4歳の女児が殺害された「足利事件」を巡り、殺人罪などで無期懲役刑が確定した菅家利和さん(62)が無罪を訴え、裁判のやり直しを求めていた再審請求・即時抗告審で東京高裁は23日、再審請求を棄却した1審・宇都宮地裁決定を取り消し、再審開始を決定した。

 矢村宏裁判長は、女児のシャツから菅家さんとは別人のDNA型が検出された鑑定結果を「新証拠」と認め、「菅家さんは犯人ではない可能性が高い」と述べた。検察側は特別抗告しない方針で、開始決定は確定する。宇都宮地裁で再審が開かれ、検察側は無罪の論告をするとみられ、年内にも菅家さんに無罪判決が言い渡される見通し。

 戦後発生した事件で死刑か無期懲役刑が確定した後、再審で無罪判決が言い渡されたケースは5件あり、87年に開始決定が確定した「島田事件」以来、6件目となる。即時抗告審では、女児のシャツについた体液と菅家さんのDNAの型が一致するか、検察、弁護側それぞれが推薦した法医学者が再鑑定を行った。

 捜査段階の鑑定で体液を採取した部分を切り取っていたため、その周辺の布地を調べた結果、双方の鑑定でも、菅家さんとは別の男性のDNA型が検出された。決定は、「菅家さんは犯人ではない可能性が高い」とした理由について、検察側が推薦した法医学者による鑑定で、〈1〉体液が付着していた個所に近い3か所から菅家さんと別人のDNA型が検出されている〈2〉3か所から見つかったのは同一の型で、それ以外には検出されていない――ことなどを挙げた。

 これにより菅家さんの有罪を認定する最大の柱となった自白についても、「信用性に疑問を抱かせる」と指摘。検察側推薦の鑑定について「無罪を言い渡すべき明らかな新証拠に当たる」と結論づけた。弁護側推薦の鑑定については判断しなかった。弁護団は、菅家さんが誤って逮捕され有罪判決を受けた原因を検証するためとして、警察庁科学警察研究所の技官(当時)ら計11人の証人尋問を行うよう求めていたが、即時抗告審では行われなかった。菅家さんは23日午前、記者会見で「どうしてやってくれなかったか」などと語っており、弁護側が求める検証を再審でどう扱うか、宇都宮地裁の判断が注目される。Yomiuri_koudoku1_4 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090623-OYT1T00337.htm

 

« 「家出掲示板」で少女転々、わいせつ容疑で男3人逮捕 愛知県警(23日) | トップページ | 殺人:港湾荷役業の男性を刺殺、同業者を容疑で逮捕 静岡(23日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 足利事件、菅家さんの再審決定…東京高裁(23日):

« 「家出掲示板」で少女転々、わいせつ容疑で男3人逮捕 愛知県警(23日) | トップページ | 殺人:港湾荷役業の男性を刺殺、同業者を容疑で逮捕 静岡(23日) »