« 障害年金詐取、仲介役が高額報酬 「勉強会」で偽装勧誘(14日) | トップページ | 茨城・坂東市で2人組が男性会社員を襲い現金およそ5万円奪って逃走 男性軽傷(14日) »

2009年6月14日 (日)

郵便不正:厚労省局長を15日にも聴取 偽証明書に関与か(14日)

障害者団体向け割引制度が悪用された郵便不正事件で、大阪地検特捜部は、厚生労働省が障害者団体「凜(りん)の会」(解散)に発行したとされる偽の証明書に関し、当時の厚労省障害保健福祉部企画課長(53)=現・局長=から15日にも任意で聴取する方針を固めた模様だ。当時の部下で同課係長、上村勉容疑者(39)=虚偽有印公文書作成・同行使容疑で逮捕=が「偽の証明書を作成し、課長に渡した」と供述しているとされ、局長が何らかの事情を知っている可能性があるとみている。

 特捜部はこれまで当時の日本郵政公社幹部や同部職員らから任意で聴取してきた。厚労省関係者によると、局長は、課長だった04年2月ごろ、証明書発行の相談に訪れた凜の会関係者に応対。同年5月、日本郵政公社幹部に電話で「厚労省が証明書を出すので、凜の会に割引制度の適用を認めてほしい」と頼んだとの証言が複数あるという。また、同部の元部長(退職)が国会議員から証明書発行の要望を受け、「議員案件」として当時部下だった局長らに対応を指示。上村容疑者が「凜の会への対応を課長から指示されていた」との供述をしていることも既に判明。特捜部は、発行の経緯を解明するには局長から直接事情を聴くことが不可欠と判断した模様だ。

 証明書は04年5月28日付の発行とされているが、実際は6月に作成されたとみられる。厚労省には発行や申請の記録が残っていないという。凜の会は、この証明書を使って日本郵政公社から割引制度の適用を受け、事業継承した障害者団体「白山会」が違法ダイレクトメールの割引発送を繰り返したとされる。

 局長は毎日新聞の取材に「凜の会も会員の名前も聞いたことがない」としている。【林田七恵、久保聡】Yomiuri_koudoku1 http://mainichi.jp/select/today/news/20090614k0000m040112000c.html

 

« 障害年金詐取、仲介役が高額報酬 「勉強会」で偽装勧誘(14日) | トップページ | 茨城・坂東市で2人組が男性会社員を襲い現金およそ5万円奪って逃走 男性軽傷(14日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/45333478

この記事へのトラックバック一覧です: 郵便不正:厚労省局長を15日にも聴取 偽証明書に関与か(14日):

« 障害年金詐取、仲介役が高額報酬 「勉強会」で偽装勧誘(14日) | トップページ | 茨城・坂東市で2人組が男性会社員を襲い現金およそ5万円奪って逃走 男性軽傷(14日) »