カテゴリー

« 印鑑販売「新世」を書類送検 (20日) | トップページ | ひったくり防止で都県境検問 警視庁と埼玉県警(20日) »

2009年6月20日 (土)

日本列島振り込め詐欺(20日)7件

詐欺未遂容疑で2人逮捕 だまされたふり奏功

関連記事

記事本文の続き 2人の逮捕容疑は19日午前11時半ごろ、山口市内の喫茶店で女性から現金626万円をだまし取ろうとしたとしている。同署によると、女性は未公開株の購入をめぐり多額の損失があったが、16日に「損失を取り戻すため裁判費用が必要」などと電話を受け、警察に相談した。同署がだまされたふりをするよう助言し、引き渡し場所に指定された喫茶店に現れた2人に捜査員が任意同行を求めた。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/268550/

「金融庁です、未公開株の調査です」ウソです、注意を

Logo3_3 「未公開株の調査をしています」。証券取引等監視委員会や金融庁の職員を装い、そんな言葉で保有銘柄を聞き出す不審な電話が全国で相次いでいる。トラブルを解決すると告げて手数料を要求するケースもあるという。具体的な被害は確認されていないが、監視委などは、不審電話を受けた場合は最寄りの警察署に相談するよう注意を呼びかけている。 監視委には、不審電話に関する問い合わせが今年2月から毎月2~4件寄せられ、5月は15件、6月は19日までに38件と急増。「証券監視委員会」「証券取引監視協会」など監視委を連想させる名称や、「金融庁から委託を受けた者」などを名乗り、「株式発行会社に買い取らせる」と告げて手数料や報酬を求めたり、逆に買い増しを勧めたりするという。監視委などは「職員がこうした行為を行うことは一切ない」としている。 問い合わせや情報提供は、監視委の情報受付窓口(03・3581・9909)、または金融庁金融サービス利用者相談室(0570・016811)へ。 http://www.asahi.com/national/update/0620/TKY200906200096.html

振り込め詐欺:アルバイト登録料名目のメールで 気仙沼の女性から880万円 /宮城

Logo_mainichi1_2 気仙沼署は19日、気仙沼市のパート従業員女性(35)が、アルバイト登録料などの名目で約880万円をだまし取られる振り込め詐欺事件が発生したと発表した。 同署によると、2月5日、女性の携帯電話に「アンケートに答えると懸賞の申し込みができる」とメールが届き、電話番号を記入して返信した。すると「GMマーケティング」の社員と名乗る男から「パチンコを打つだけで1時間4000円稼げるアルバイトがある。登録料として1万円必要」と電話があり、1万円を指定された口座に振り込んだ。その後も「1時間で2万7000円稼げる。パチンコ台の情報料として162万円かかる」などと何度も現金を要求され、6月11日まで22回、計約880万円を振り込んだ。同署は、GMマーケティングは架空会社であり、同様のメールが届いた場合は返信しないよう注意を呼びかけている。【鈴木一也】http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20090620ddlk04040073000c.html

振り込め詐欺対策メール設置

News_pic1_2 岩手県警察本部は被害が相次ぐ振り込め詐欺に関する情報を電子メールで受け付ける取り組みを今月から始め、警察ではささいな情報でも積極的に提供してほしいと呼びかけています。県内では、ことしに入ってから先月末までに振り込め詐欺の被害が27件出ており、被害額はおよそ4680万円に達しています。県警察本部は相次ぐ被害の防止につなげようと電子メールで身に覚えのない請求などが来た場合、そのまま転送してもらうなど、振り込め詐欺に関する様々な情報を受け付ける取り組みを今月から始めました。警察によりますと情報提供のメールはすでに数件届いており、振り込め詐欺に関することなら、ささいな情報でも積極的に提供してほしいと呼びかけています。メールアドレスは、「hurikome.jyouhou110@pref.iwate.jp」です。http://www.nhk.or.jp/morioka/lnews/04.html

 

「振り込め詐欺撲滅決議」 宮城県

News_pic1_2涌谷町議会は、19日、「振り込め詐欺撲滅決議」を全会一致で可決しました。
市町村議会で振り込め詐欺撲滅の決議が行なわれたのは、全国で2番目、東北地方では初めてです。この「振り込め詐欺被害撲滅に関する決議」は涌谷町議会の6人の議員が提出し、19日開かれた6月定例議会の本会議で全会一致で可決されました。決議では「安全で安心して暮らせる地域社会を実現するのは、町民の負託を受けた議会の重大な責務である。警察や関係機関と連携を図って、全ての町民が被害に遭わないように積極的に取り組んでいく」としています。
涌谷町議会の大橋信夫議長は「議員は町民と接する機会が大変多いので、これを機会に町民に直接アピールしながら被害撲滅に努力していきたい」と話していました。宮城県警察本部によりますと、市町村議会で振り込め詐欺撲滅の決議が行なわれたのは涌谷町議会が全国で2番目、東北では初めてだということです。http://www.nhk.or.jp/sendai/lnews/04.html

振り込め詐欺防止 呼びかけ 岐阜県警

News_pic1_2振り込め詐欺の被害があとを絶たないことから岐阜県大垣市の大型ショッピングセンターで19日、警察が買い物客にチラシを配って注意をよびかけました。大垣市三塚町のショッピングセンターでは、大垣警察署の警察官や消費者保護に取り組んでいるボランティアなどが、店内で買い物中の主婦やお年寄りに「怪しい電話がかかってきたらすぐに振り込まないで下さい」などと声をかけながらチラシを配っていました。
大垣警察署の田内壽生活安全課長は「最近は郵便小包での送金を求めるケースや、警察官を装って犯人が家を訪問する手口が増えている。少しでも怪しいと感じたら、すぐに警察に相談してほしい」と話していました。http://www.nhk.or.jp/gifu/lnews/04.html

オレオレ詐欺に注意呼びかけ 宮崎県警

News_pic1_2宮崎市では今月6人の女性の自宅に、息子を名のる男から金を振り込むよう求める不審な電話が相次いでかかり、このうち1人が200万円の被害を受けました。いずれの家庭にも同じ県立高校の卒業生がいるということで、警察は、卒業名簿などを悪用した「オレオレ詐欺」とみて注意を呼びかけています。警察によりますと、今月15日から18日にかけて宮崎市に住む50代から60代の女性、あわせて6人の自宅に、「インターネット株で損をして会社の金に手をつけたので金がいる」などという電話がありました。
このうちの1人は男の指定する口座に200万円を振り込んで被害にあいました。
ほかの5人は、不審を感じるなどして応じなかったということです。電話を受けた6人の家庭には県立宮崎西高校の卒業生がいるということで、警察では卒業名簿などを悪用したオレオレ詐欺とみて捜査するとともに、こうした不審な電話に注意するよう呼びかけています。http://www.nhk.or.jp/miyazaki/lnews/07.html

 

« 印鑑販売「新世」を書類送検 (20日) | トップページ | ひったくり防止で都県境検問 警視庁と埼玉県警(20日) »

振り込め詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本列島振り込め詐欺(20日)7件:

« 印鑑販売「新世」を書類送検 (20日) | トップページ | ひったくり防止で都県境検問 警視庁と埼玉県警(20日) »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ