« 明星大の学生を強姦容疑で逮捕 殴って駐車場に連れ込む(18日) | トップページ | 警官が手帳紛失→拾い主?からの電話に詰問→連絡取れず(18日) »

2009年6月18日 (木)

統一教会幹部、会議で売上拡大指示 「新世」印鑑商法(18日)

東京都渋谷区の印鑑販売会社「新世」が不安をあおって印鑑を売りつけていたとされる事件で、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の幹部が新世をはじめ都内で印鑑や水晶などを販売する会社の責任者らが集まる全体会議に出席して売り上げ拡大を指示していたことがわかった。捜査関係者が明らかにした。警視庁公安部は、この幹部が違法な販売方法に関与していたかどうか調べている。

 この事件では、新世社長の田中尚樹容疑者(51)らが07年10月~09年2月、路上で勧誘した女性5人に姓名鑑定を受けさせ、「先祖の因縁が家族に出ている」などと言って印鑑計13本(被害総額416万円)を売りつけたとして、特定商取引法違反(威迫・困惑)の疑いで逮捕されている。捜査関係者によると、全体会議に出席していたのは事件当時、渋谷区などの布教を担当する南東京教区で教区長(50)を務めていた幹部。会議には田中容疑者も出席しており、幹部も今年2月に新世の事務所が家宅捜索される直前まで出席していたという。

 この幹部は、田中容疑者と一日に何度もメールをやりとりし、印鑑の販売拡大や販売員の賞与額などを指示していたことも判明している。 幹部は、新世の販売員が渋谷区内の事務所から販売活動に毎朝出かける際に行われる「出発式」にも出ることがあり、売り上げを伸ばすよう指示していたという。

 公安部は、この幹部の名前で新世での役職が記された名刺があったことも確認。新世と幹部との間に表向き雇用関係はなかったものの、幹部が新世の印鑑販売を実質的に主導していたとの見方を強めている。 幹部は、公安部が2月に新世の事務所などを家宅捜索した直後に教区長を辞任したとみられる。南東京教区の本部事務所も5月ごろに突然移転し、所在不明になっていた。公安部は、統一教会側が証拠隠滅を図った疑いがあるとみている。 Logo3_6 http://www.asahi.com/national/update/0618/TKY200906180123.html

 

« 明星大の学生を強姦容疑で逮捕 殴って駐車場に連れ込む(18日) | トップページ | 警官が手帳紛失→拾い主?からの電話に詰問→連絡取れず(18日) »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/45378551

この記事へのトラックバック一覧です: 統一教会幹部、会議で売上拡大指示 「新世」印鑑商法(18日):

« 明星大の学生を強姦容疑で逮捕 殴って駐車場に連れ込む(18日) | トップページ | 警官が手帳紛失→拾い主?からの電話に詰問→連絡取れず(18日) »