« 「子供とゲームをしたい」23歳、小3男児18時間連れ回す(14日) | トップページ | 埼玉で高齢者の万引き急増、昨年摘発は過去最多1145人(14日) »

2009年6月14日 (日)

厚労省女性局長を逮捕 組織ぐるみ犯行解明へ 大阪地検(14日)

192376_c1851 障害者団体向け郵便制度悪用事件で、障害者団体の証明書を偽造、発行したとして、大阪地検特捜部は14日、虚偽公文書作成・同行使の疑いで、当時の担当課長だった厚生労働省雇用均等・児童家庭局長村木厚子容疑者(53)=埼玉県和光市=を逮捕。同省係長上村勉容疑者(39)=同容疑で逮捕=ら3人を再逮捕した。事件は、障害者福祉の根幹を担う厚労省の組織的な関与を問う局面に発展。凛の会の証明書は省内で「政治案件」として扱われていたとの供述もあり、特捜部は政界からの口利きも含め全容解明を進める。

 再逮捕されたほかの2人は、「凛(りん)の会」(現・白山会)を設立した倉沢邦夫容疑者(73)=郵便法違反容疑で逮捕=と、同会元会員河野克史容疑者(68)=虚偽公文書作成・同行使容疑で逮捕。捜査関係者によると、村木容疑者は容疑を否認している。逮捕容疑では、4人は共謀し、平成16年6月上旬ごろ、障害者団体としての実体がない凛の会が郵便料金を不正に免れるために証明書を偽造。同月10日ごろ、旧日本郵政公社に提出したとしている。凛の会はこの証明書で低料第3種郵便物制度利用の承認を受け、ダイレクトメールの不正発送を始めた。証明書は16年5月28日付で課長公印が押され、障害者団体を名乗る凛の会に厚労省から発行されたことになっていたが、省内には発行に関する資料は残っていなかった。当時、村木容疑者は障害保健福祉部企画課長で、上村容疑者の直属の上司だった。Banner_logo_051_4 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/266198/

逮捕の女性局長 障害者福祉のスペシャリスト 

現役局長逮捕 「重大なことだと認識している」と厚労省

 村木容疑者は、厚労省では珍しい高知大学の出身。在学中に高知県庁と国家公務員のキャリア職に合格し、昭和53年に旧労働省に入省。常々「女性を大切にし、やりがいがあると考えて、国家公務員(旧労働省)を選んだ」と話していた。ある幹部は「女性の社会進出や、労働環境整備を主な畑にしてきた。『バリバリの官僚』というよりも、『優秀な事務官』といった感じの人。政治家とのパイプを誇示するようなこともなかった」と話す。また別の幹部は「自分の感覚からすると、村木さんが犯罪にかかわるなんてあり得ないと思う」と話していた。最近は少子化対策に取り組み、12日の衆院厚生労働委員会では自分が力を入れていた「育児・介護休業法改正案」が可決されたばかりだった。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/266220/

 

« 「子供とゲームをしたい」23歳、小3男児18時間連れ回す(14日) | トップページ | 埼玉で高齢者の万引き急増、昨年摘発は過去最多1145人(14日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/45341160

この記事へのトラックバック一覧です: 厚労省女性局長を逮捕 組織ぐるみ犯行解明へ 大阪地検(14日):

« 「子供とゲームをしたい」23歳、小3男児18時間連れ回す(14日) | トップページ | 埼玉で高齢者の万引き急増、昨年摘発は過去最多1145人(14日) »