カテゴリー

« 「偽メール」で民主党提訴 堀江元社長、3000万円請求(18日) | トップページ | 「スパイダーマン」逮捕 白昼に窃盗未遂容疑 福岡(18日) »

2009年6月18日 (木)

「心からおわび」栃木県警本部長、菅家さんに謝罪(18日)

栃木県足利市で平成2年に4歳の女児が殺害された足利事件の再審請求審で、冤罪(えんざい)の可能性が高まったとして無期懲役刑の執行停止により釈放された菅家利和さん(62)が17日午前、釈放後初めて栃木県を訪れ、県警本部で石川正一郎本部長と面会した。石川本部長は「長い間つらい思いをさせたことを心からおわび申し上げます」と深々と頭を下げた。捜査幹部が菅家さんに直接謝罪するのは初めて。菅家さんが同県に入るのは逮捕から17年半ぶり。石川本部長との面会後、故郷の足利市に向かい、女児の遺体遺棄現場や大豆生田(おおまみうだ)実市長を訪れる。菅家さんは同日午前10時25分ごろ、新幹線でJR宇都宮駅に到着。報道陣の「故郷はどうですか」との問いかけに、「やっぱりいいですね」と感慨深げに話した。菅家さんに対しては、最高検の伊藤鉄男次長検事や警察庁の吉村博人長官が相次いで謝罪や遺憾の意を表明している。石川本部長は11日、菅家さんの長期間の服役について「真犯人と思われない方が長期間服役されることになり、誠に遺憾で申し訳ない」との談話を発表していた。東京高裁は23日、再審開始の可否を決めるが、検察側は再審請求を認容する意見書を出しており、高裁は再審を認める見通し。Banner_logo_051_3http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/267210/

菅家さん、17年半ぶり故郷に 足利の現場で冥福祈る

2009年6月18日3時8分

90年に栃木県足利市で当時4歳の女児が殺害された「足利事件」で無期懲役が確定し、服役中に釈放された菅家(すがや)利和さん(62)が17日、17年半ぶりに生まれ育った同市に戻り、女児の遺体発見現場に手を合わせ、冥福を祈った。菅家さんは同日午後3時ごろ、車で女児の遺体が発見された河川敷近くに着いた。背丈ほどに生い茂るアシをかき分け、同行してきた弁護団の佐藤博史弁護士に腕を支えられながら、約200メートル先の川べりへ進み、現場近くでしゃがみこみ、目を閉じたまま手を合わせた。「苦しかったろう、苦しかったろう」と、心の中で繰り返したという。

 現場を訪れるのは、逮捕後に犯行を再現させられた91年12月以来。「『必ず真犯人を明らかにする』という気持ちを伝えたかったから」と現場を訪れた理由を話し、「犯人には今すぐに自首しろと言いたい」と語気を強めた。 市は市営住宅のあっせんや小学校の送迎バス運転手の仕事の提供などの生活支援を申し出た。しかし、菅家さんはすぐには地元に戻らず、佐藤弁護士のいる横浜市に住んで再審を闘う方針という。Logo3_3  http://www.asahi.com/national/update/0617/TKY200906170328.html

« 「偽メール」で民主党提訴 堀江元社長、3000万円請求(18日) | トップページ | 「スパイダーマン」逮捕 白昼に窃盗未遂容疑 福岡(18日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「心からおわび」栃木県警本部長、菅家さんに謝罪(18日):

« 「偽メール」で民主党提訴 堀江元社長、3000万円請求(18日) | トップページ | 「スパイダーマン」逮捕 白昼に窃盗未遂容疑 福岡(18日) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

留置所

無料ブログはココログ