« 東京・杉並区で帰宅途中の男性がマンション入り口で男に襲われ現金奪われる(27日) | トップページ | 「舌打ちした」両眼殴り現金奪った男逃走(27日) »

2009年6月27日 (土)

痴漢の同大生を即釈放、1カ月後に逮捕(27日)

京都市内の地下鉄駅構内で今月5日、女子高校生の体を触ったとして京都府迷惑防止条例違反容疑で現行犯逮捕された同志社大学2年の男(20)=同条例違反罪で起訴=が、この約1カ月前にも電車内で女性の体を触ったとして取り押さえられながら、伏見署が任意捜査にとどめてその日のうちに帰宅させ、起訴の1日前になって書類送検していたことが27日、捜査関係者への取材で分かった。男は昨年10月にも電車内で痴漢行為をしたとして大阪府警に逮捕されていたが、伏見署は「逃亡などの意志はなく、捜査に問題はなかった」としている。男は5日朝、同市上京区の市営地下鉄今出川駅で、改札口を出た高校1年の女子生徒(15)の胸をすれ違いざまに触ったとして、駆けつけた上京署員に現行犯逮捕された。

 上京署によると、男は「以前からずっとやっていた。おとなしそうな女性を狙った」として約20件の痴漢行為を自供。さらに「電車内では逃げ場がなくて捕まった。今回は逃げられるように初めて車外でやった」と供述したという。

 一方、男は5月8日朝、京阪電車の出町柳発中之島行き快速急行の車内で、隣に座っていた大阪府枚方市の女性会社員(33)の胸を触ったとして乗客に取り押さえられ、丹波橋駅(同市伏見区)で駅員を通じ伏見署員に引き渡された。

 伏見署によると、このとき男は「間違いなくやりました」と痴漢行為を認め、男が述べた住所に間違いがないことも確認。男は昨年10月にも、枚方市内を走行中の京阪電車内で同様の痴漢行為をしたとして大阪府警に逮捕され、その後罰金30万円の略式命令を受けていたが、同署は逮捕要件に該当する逃亡や証拠隠滅の恐れはないと判断し、逮捕せず帰宅させたという。男は今出川駅の事件をめぐり今月23日に起訴されたが、伏見署は前日の22日になって5月の事件を書類送検。今出川駅の事件と併せて起訴された。一連の経緯について、伏見署の小林晃副署長は「(5月の事件は)逮捕の要件に当たらず、任意捜査で十分と判断した。当時の捜査に問題はなく、その後も捜査を続けていた」としている。

 また、男が通う同志社大は、5月以前の事件について「把握できていなかった」とする一方、「あくまで個人の起こした事件だが、本人と面会して事実確認ができ次第、教授会で処分を検討したい」としている。Banner_logo_051_6 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/271344/

痴漢事件 求められる厳密捜査

 ただ、今回の伏見署のケースでは、男が明確に犯行を認めていながら強制捜査に踏み切られず、その1カ月後に別の事件で現行犯逮捕されており、痴漢事件の常習性の強さを改めてうかがわせる結果となった。「悪質な犯罪」を断ち切るためにも、捜査当局には慎重さとともに、犯罪行為を逃さない徹底した姿勢も求められそうだ。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/271345/

 

« 東京・杉並区で帰宅途中の男性がマンション入り口で男に襲われ現金奪われる(27日) | トップページ | 「舌打ちした」両眼殴り現金奪った男逃走(27日) »

一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/45468225

この記事へのトラックバック一覧です: 痴漢の同大生を即釈放、1カ月後に逮捕(27日):

« 東京・杉並区で帰宅途中の男性がマンション入り口で男に襲われ現金奪われる(27日) | トップページ | 「舌打ちした」両眼殴り現金奪った男逃走(27日) »