« “若者撃退音”設置の公園に少年たむろ、トイレ壊される(24日) | トップページ | 高崎で女性の変死体 顔などに殴られた跡(25日) »

2009年6月24日 (水)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京の体感治安(24、25日
  (単位・レベル)

2過剰反応?

【治安解説】 激増するひったくりへの警戒を高めてもらおうと、警視庁は24日、ひったくりによる強盗傷害事件の一部始終が映った防犯カメラの映像を公開した。民間業者の了解を得て、注意喚起のため公開したもので、警視庁がこうした映像を公開するのは初めてという=産経新聞ネット「イザ」より

 公開された映像は、今月13日、東京都日野市の路上で80歳の女性がひったくり被害に遭い、転倒して重体となった事件。

 駐車場に止まっている白い乗用車の画面左から女性を追いかけてきた人物(少年)が、車の後部付近でカバンをひったくり、女性は転倒、逃走する全容が映っている。この事件で、いずれも同市に住む中学3年の14歳の少年と16歳の無職の少年が強盗傷害の疑いで再逮捕されている。

 2人は「ひったくりができそうなおばあちゃんを探しながら歩いていた」と供述しているが、転倒した女性は脳挫傷や顔や腕の骨折で現在も治療中という。罪悪感の無い少年に腹が立つばかりである。

 ところで、本欄でも紹介したが、足立区北鹿浜公園に低年齢者だけに感じる高周波音を流す装置が取り付けられていたが、このほど、その高周波の不快音(モスキート音)を流している公園の女子トイレが壊されていたことが分かった=読売新聞。

 今月21日朝、シルバー人材センターの職員が、女子トイレの便器に穴が開いているのを発見。バットでたたきつけたような跡があるほか、近くに使用済みのロケット花火も落ちていたという。
公園内を撮影する防犯カメラの映像を調べたところ、21日午前3時頃、中学生か高校生とみられる男子6~7人が、10分ほど遊んでいる様子が映っていた。この少年たちが壊したとは断定できないものの、区では警視庁に被害届を提出する方針という。

 未成年であろうと顔に配慮すればよいのだから、警視庁は、このような映像をドンドン公開して「悪いことをすれば必ず捕まる」という注意喚起をしてほしい。
 動く映像は、顔、人相が分からなくても着衣や動きなどから「見る人が見れば」分かるものです。特に、その人物と日常接していると手の動きや走り方、手や顔の振り方などが分かるので、情報としては十分利用できるはずです。そう言うと〝人権派〟がまた騒ぎ出すが、人権だけじゃ、世の中から犯罪は消えんよ。

 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」の現状とする。 

 「日本列島振り込め詐欺」は、振り込め詐欺に警察署の電話番号がなりすましに使われてしまった。使われた電話番号は静岡県沼津署の番号だったという。過去には静岡中央署の番号が使われており、どうも静岡に土地鑑があるようですね。と、書きましたが、実はこれ、発表した北海道警・札幌中央署の間違いで、被害申告の男性の長男が本当に万引容疑で逮捕されていました。http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 

  ★【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦ました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪 ポイント100~80
レベル4 治安の悪化    ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向 ポイント 59~40
レベル2 治安の悪化の兆し ポイント 39~20
レベル1 平穏                ポイント 19以下
   【ポイント概数】
テロ・無差別殺人事件等         80~50 
路上殺人や連続殺人・連続強盗・強姦70~60
広域重要事件               50~40
肉親殺人事件(家族の皆殺し事件)    40~50
放火殺人                  50~30
強盗殺人                  50~20
連続放火              40~30
各項目に少年が絡む場合   +20~10
犯人逮捕記事は上記のポイント総数から -50から-10とする

その他、外的検討要件として外国や他県発生事件を判断基準に加えた。これら事件の新聞・テレビの扱いの程度(新聞では1面か社会面か。扱い段数等)とネットではブログニュースのアクセス人気度なども加えて総合的に判断した。マスコミ報道がなく平穏に感じるが、110番も多いこともあり全くの「平穏」(レベル1)をはずしています。カラーの数字がレベルを表示しています。

 

« “若者撃退音”設置の公園に少年たむろ、トイレ壊される(24日) | トップページ | 高崎で女性の変死体 顔などに殴られた跡(25日) »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« “若者撃退音”設置の公園に少年たむろ、トイレ壊される(24日) | トップページ | 高崎で女性の変死体 顔などに殴られた跡(25日) »