« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 強盗殺人:金銭トラブルで元同僚殺害 容疑で男逮捕 広島(15日) »

2009年6月15日 (月)

村木厚労省局長を逮捕 政界捜査も視野(15日)

 事件の逮捕者は官僚のトップ級にまで拡大した。実体がない障害者団体の証明書を偽造、発行し、障害者団体向けの低料郵便物制度を悪用したとして、大阪地検特捜部は14日、虚偽有印公文書作成・行使の疑いで、当時の担当課長だった厚生労働省雇用均等・児童家庭局長、村木厚子容疑者(53)を逮捕。厚労省係長、上村勉容疑者(39)ら3人を再逮捕した。厚労省の現職局長が逮捕されたのは初めて。不正ダイレクトメールの大量横行を招いた事件は、障害者福祉の根幹を担う厚労省の組織的な関与を問う局面に発展した。障害者団体としての実体がない「凛(りん)の会」の証明書は省内で「政治案件」として扱われていたとの供述もあり、特捜部は政界からの口利きも含め全容解明を進める。捜査関係者によると、村木容疑者は容疑を否認している。

 逮捕容疑では、村木容疑者ら4人は共謀し、2004年6月上旬ごろ、凛の会が障害者割引郵便制度の適用条件を満たしていないのに郵便料金を不正に免れるために証明書を偽造。6月10日ごろ、旧日本郵政公社に提出したとしている。証明書は04年5月28日付で課長公印が押され、厚労省から発行されたことになっていたが、省内には資料は残っていなかった。当時、村木容疑者は障害保健福祉部企画課長で、上村容疑者の直属の上司だった。上村容疑者はこれまでの調べに「偽造した証明書を局長に渡した」と供述。発行に村木容疑者が関与していたことを示唆していた。村木容疑者は逮捕前、「(凛の会に)証明書を出した記憶はない。団体の固有名詞自体、記憶に残っていない」と発言。偽の証明書が凛の会に渡った疑いについても「あり得ない。正規に発行された証明書を使って、偽造したのではないか」と関与を否定していた。村木容疑者は高知県出身で高知大卒。1978年に旧労働省に入省。障害者雇用対策課長や女性政策課長などを歴任し、主に女性や障害者政策の畑を歩んできた。育児休業制度などが整っていないころから子育てと仕事を両立させてきた「ワーキングマザー」としても有名だったという。仕事ぶり、人柄とも評価が高く、地元では選挙への出馬を取りざたされることもあったという。

 一方、東京都内の障害者団体の男性理事は「仕事熱心だが、手段を選ばないところもあった」と明かす。この団体は障害者自立支援法案に一貫して反対していたが、村木容疑者が課長を務めていた障害保健福祉部企画課が与党への説明用に作ったチラシでは「賛成団体」にされたという。舛添要一厚生労働相(60)は14日、「省としては今後も捜査に協力するとともに、捜査結果などを踏まえ、適正に対処する」とコメントした。Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/266275/

 

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 強盗殺人:金銭トラブルで元同僚殺害 容疑で男逮捕 広島(15日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/45345122

この記事へのトラックバック一覧です: 村木厚労省局長を逮捕 政界捜査も視野(15日):

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 強盗殺人:金銭トラブルで元同僚殺害 容疑で男逮捕 広島(15日) »