« 強姦:容疑の明星大生逮捕、防犯カメラが決め手に 警視庁(18日) | トップページ | 児童ポルノ画像を分析 警察庁、被害者支援へ(18日) »

2009年6月18日 (木)

急増する若い女性を狙うひったくり 警視庁、悪質な犯行を再現(18日)

急増する若い女性を狙ったひったくり。時には死者も出る悪質な犯行を警視庁が再現した。
2009年3月、ひったくり被害に遭い、鼻の骨を折るなどの重傷を負った女性。
痛々しい傷あとの残るこの女性は、「ここですよね。縫いはしなかったけれども、ペロッてめくれて」、「後ろから、スニーカーのような身の軽いタタタタという音がした。何だろうと振り返る間もなく、激しくタンと突き飛ばされた。ブリッジの4本の歯がぐちゃぐちゃになって」と語った。
ひったくり被害は2009年に入り、全国的に増加していて、東京都では2009年の同じ時期に比べて5割も増えている。
ひったくりでは、被害者が死亡するケースもある。
警視庁は17日午後、ひったくり防止セミナーを開き、その恐ろしさを再現した。
2008年に最も被害が多かったのは60歳代の女性だが、2009年は20歳代の女性が最も多くなっている。警視庁麹町署の清水善信生活安全課長は「(被害者で)今多いのが、携帯電話でメールを打っている方や、音楽プレーヤーとかを聴いている方。後ろからバイクのエンジン音が聞こえたら振り向いてください。2つ目は、バッグを建物側に持ってください」と語った。
警視庁によると、最近逮捕された容疑者の3分の2が成人で、そのうち9割が所持金1,000円以下。ひったくり急増の背景には、景気の悪化があるとみられている。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00157360.htmlLogo1

 

« 強姦:容疑の明星大生逮捕、防犯カメラが決め手に 警視庁(18日) | トップページ | 児童ポルノ画像を分析 警察庁、被害者支援へ(18日) »

街頭犯罪(ひったくり、恐喝、暴行等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/45375210

この記事へのトラックバック一覧です: 急増する若い女性を狙うひったくり 警視庁、悪質な犯行を再現(18日):

« 強姦:容疑の明星大生逮捕、防犯カメラが決め手に 警視庁(18日) | トップページ | 児童ポルノ画像を分析 警察庁、被害者支援へ(18日) »