« 裁判員裁判第1号、8月3日に初公判 東京地裁(11日) | トップページ | 情報公開請求者に脅迫文…埼玉の男性「差出人は市の関係者」(11日) »

2009年6月11日 (木)

地下銀行経営容疑でネパール人逮捕 計33億円送金か(11日)

ネパールへの送金を請け負う「地下銀行」を無免許で営んだとして、愛知、三重両県警の合同捜査本部は10日、ネパール国籍で三重県鈴鹿市一ノ宮町、居酒屋店員スディス・タパ・マガル容疑者(30)を銀行法違反(無免許営業)の疑いで逮捕したと発表した。 愛知県警国際捜査課と中村署の発表によると、タパ容疑者は銀行業の免許を持たないまま、ネパール国内の知人と共謀し、08年10月~09年4月、同県内に住むネパール人3人から家族への送金依頼を受け、5回にわたって計約96万円を送金した疑いがある。 日本国内で開設した貯金口座に客から金を振り込ませ、ネパール国内のプール金からタパ容疑者の知人が客の家族に金を届ける方法で、貯金口座の金がたまると、香港で貴金属を買ってネパールに持ち込み、換金していた。 タパ容疑者は地下銀行グループの日本側送金役としては3代目とみられ、08年2月~09年4月で14億円を送金し、送金額に4%余を上乗せして利益を得ていたという。同課などは、このグループが03年1月から地下銀行を営み、6年半で全国のネパール人のべ2500人から預かった33億円を送金したとみている。 Logo3_2 http://www.asahi.com/national/update/0610/NGY200906100008.html

 

« 裁判員裁判第1号、8月3日に初公判 東京地裁(11日) | トップページ | 情報公開請求者に脅迫文…埼玉の男性「差出人は市の関係者」(11日) »

来日外国人犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/45303895

この記事へのトラックバック一覧です: 地下銀行経営容疑でネパール人逮捕 計33億円送金か(11日):

« 裁判員裁判第1号、8月3日に初公判 東京地裁(11日) | トップページ | 情報公開請求者に脅迫文…埼玉の男性「差出人は市の関係者」(11日) »