« 長男遺体遺棄の夫婦 逮捕監禁容疑で一両日中に再逮捕 兵庫県警(25日) | トップページ | 三菱UFJ証券・元部長代理逮捕へ、不正アクセスで顧客情報(25日) »

2009年6月25日 (木)

覚醒剤59袋飲み込み密輸 容疑の男、入院で発覚(25日)

 福岡県警は24日までに、覚醒(かくせい)剤約295グラム(末端価格約1770万円)をゴム製の小袋59袋に分けて飲み込み密輸したとして、覚せい剤取締法違反の疑いで福岡県太宰府市観世音寺6、建設業、畑山典昭容疑者(48)ら4人を逮捕した。逮捕容疑は共謀の上、2月25日に畑山容疑者が覚醒剤を体内に隠し、イランから成田国際空港に密輸した疑い。県警によると、畑山容疑者は3月上旬、体調不良を訴え福岡市内の病院に入院。病院から「薬物を飲んでいる可能性がある」と通報があり、発覚した。畑山容疑者は「下剤を飲んで覚醒剤を取り出そうとした」と供述している。県警は、ほかの3容疑者のうち、畑山容疑者と一緒にイランに行った2人もそれぞれ覚覚醒剤をのみ込んで帰国し、密輸量は計約970グラムに上るとみて調べている。Banner_logo_051_4http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/270259/

 

« 長男遺体遺棄の夫婦 逮捕監禁容疑で一両日中に再逮捕 兵庫県警(25日) | トップページ | 三菱UFJ証券・元部長代理逮捕へ、不正アクセスで顧客情報(25日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/45446014

この記事へのトラックバック一覧です: 覚醒剤59袋飲み込み密輸 容疑の男、入院で発覚(25日):

« 長男遺体遺棄の夫婦 逮捕監禁容疑で一両日中に再逮捕 兵庫県警(25日) | トップページ | 三菱UFJ証券・元部長代理逮捕へ、不正アクセスで顧客情報(25日) »