« 無理心中:父と3児死亡 部屋に炭燃やした七輪 広島(17日) | トップページ | 東京・練馬区のマンションで32歳母親と1歳長女が死亡しているのが見つかる 無理心中か(17日) »

2009年6月17日 (水)

4月に発足した警察の子どもや女性を守る専従対策班、これまでに203人逮捕(17日)

全国の警察が2009年4月に発足させた、性犯罪などから子どもや女性を守る専従対策班が、これまでに強制わいせつなどの疑いで逮捕した人数がおよそ200人にのぼることがわかった。警察庁によると2009年4月、全国の警察に新設された「子ども・女性安全対策班」が発足から2カ月の間で、強制わいせつや公然わいせつなどの疑いで逮捕した人数は203人(201件)だった。また、「声かけ」や「つきまとい」などの行為で「指導・警告」を出したのは、168人(175件)だった。16日、警察庁で開かれた全国担当責任者会議で巽生活安全局長は、重大事件に発展する前に犯罪の前兆をしっかり把握し、国民の期待に応えるよう指示した。http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00157312.html Logo1

性犯罪抑止へ 情報収集を指示 警察庁

6月17日 4時56分

News_pic1 性犯罪防止を目的に、全国の警察に設置された対策チームの幹部を集めた初めての会議が開かれ、警察庁は声かけやつきまといなどの情報収集を徹底するよう指示しました。子どもや女性が性犯罪に巻き込まれるケースがあとを絶たないことから、警察庁は、ことし4月、警察官を700人余り増やして性犯罪の前兆となる声かけや、つきまといが起きた段階で集中的に捜査を進める専従の対策チームを全国の警察に設置しました。16日は全国の担当幹部を集めた初めての会議が開かれました。警察庁の巽高英生活安全局長は「性犯罪は被害者の心身に深い傷を残す犯罪で、先制・予防的な活動が求められている」と述べて、声かけやつきまといなどの情報収集を徹底し、性犯罪を未然に防ぐよう指示しました。警察庁によりますと、対策チームの設置から2か月間でわいせつな言動が確認された不審な人物を監視するなどして203人を検挙したほか、168人に対してつきまといなどの行為をやめるよう警告や指導を行ったということです。対策チームは、性犯罪の抑止のため不審者の取り締まりをさらに強化することにしています。http://www3.nhk.or.jp/news/k10013676761000.html

 

« 無理心中:父と3児死亡 部屋に炭燃やした七輪 広島(17日) | トップページ | 東京・練馬区のマンションで32歳母親と1歳長女が死亡しているのが見つかる 無理心中か(17日) »

生活関連事件(生安部の事件 風営法等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/45365481

この記事へのトラックバック一覧です: 4月に発足した警察の子どもや女性を守る専従対策班、これまでに203人逮捕(17日):

« 無理心中:父と3児死亡 部屋に炭燃やした七輪 広島(17日) | トップページ | 東京・練馬区のマンションで32歳母親と1歳長女が死亡しているのが見つかる 無理心中か(17日) »