« 2009年6月20日 | トップページ | 2009年6月22日 »

2009年6月21日

2009年6月21日 (日)

容疑者車内で争いか、助手席ガラスにひび 米原女性殺害(21日)

交際相手の会社員小川典子さん(28)を殺害したとして、滋賀県米原市の会社員森田繁成容疑者(40)が逮捕された事件で、県警が森田容疑者の乗用車を押収し、車内で人が激しく争ったような跡を確認していたことが捜査関係者への取材でわかった。10日の退社後に行方不明になった小川さんを乗せていた可能性があると県警はみている。

 森田容疑者宅の近所の人によると、同容疑者はふだん、この車で自宅から約15キロ北西の同県高月町にある大手特殊ガラスメーカー(本社・大津市)の工場に通勤していた。同じ工場で働く小川さんも、ふだんは車通勤だったが、10日は出勤途中に車が故障。同夜の退社時には、勤務先の防犯カメラに誰かを待っているような小川さんの姿が確認されている。

 小川さんの遺体が発見された翌日の13日、森田容疑者は同県長浜市内の自動車販売会社にこの車の修理を依頼。しかし、同社から修理に時間がかかると言われ、車を持ち帰っていた。 捜査関係者によると、県警はその後に車を押収。フロントガラスの助手席側にあったソフトボール大のひび割れのほか、根元から折れていた車内のバックミラーなどを調べた。販売会社の従業員に対し、森田容疑者はひび割れを「飛び石があった」、ミラーの破損を「触っていたら外れた」と説明していたが、実際の破損状況と矛盾があり、県警は事情を聴いている。Logo3_3  http://www.asahi.com/national/update/0621/OSK200906200190.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

熱射病?車内で幼児2人死亡 新潟県三条市(21日)

21日午後0時半ごろ、新潟県三条市で「乗用車内で幼児2人がぐったりしている」と2人の母親(28)から119番があった。近くの病院に搬送されたが、約1時間後に死亡が確認された。熱射病とみられる。三条署の調べによると、2人は三条市諏訪の会社員、高槻仁さん(33)の長男、奏(かなで)ちゃん(1)と次男、颯(はやた)ちゃん(生後11カ月)。高槻さんらは20日に関東方面に旅行に出かけ、21日午前5時半ごろ帰宅。乳児2人が寝ていたためそのまま車内に寝かせておいたという。午後0時半ごろ、母親が様子を見に行って異常に気づいた。同署によると、駐車場は屋根がないため直射日光が車内に差し込み、温度が上昇したとみられる。同署は保護責任者遺棄致死の疑いもあるとみて調べている。

 新潟地方気象台によると、21日の三条市は南から暖かく湿った空気が流れ込み、昼過ぎに29度を超える7月下旬並みの気温だった。観測予報課は「暖気の影響に加え、6月は日照も強いため、車内の温度はかなり高くなっていたと考えられる」と話した。Banner_logo_051_5 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/268809/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

全身に殴られたような跡 死亡(21日)

20日夜、茨城県土浦市の病院に、全身に殴られたような跡がある男性が運び込まれ、病院で死亡が確認されました。警察は、この男性がトラブルに巻き込まれた可能性があるとみて捜査しています。20日午後8時45分ごろ、茨城県土浦市にある土浦協同病院から、全身に殴られたような跡がある男性が運び込まれ、すでに死亡していたと警察に通報がありました。警察で調べたところ、死亡した男性は、土浦市出身の舟串武美さん(35)で、頭や足など全身に殴られたような跡があり、運ばれた時は下着しか身につけていませんでした。
舟串さんを車で運んできた男性は、病院の職員に「電話をしてくる」と伝え、そのまま病院を立ち去り、その後、行方がわからなくなっているということです。
このため警察は、舟串さんを運んできた男性が何らかの事情を知っているとみて行方を探すとともに、舟串さんがトラブルに巻き込まれた可能性があるとみて、捜査しています。News_pic1_3 http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/02.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ナイフに目出し帽姿…埼玉で2人組コンビニ強盗4件 (21日)

埼玉県のコンビニエンスストアに男2人が押し入り、約10万円を奪って逃げました。埼玉県では、同じような手口の強盗事件が4件相次いでいます。21日午前1時ごろ、日高市のコンビニエンスストアに男2人が押し入り、「金をよこせ」と店長(47)を脅して現金約10万円を奪って逃げました。警察によると、男らは上下黒色のジャージに濃い緑色の目出し帽姿で、1人がナイフを、もう1人がゴルフクラブを持っていたということです。また、その2時間前には、狭山市のパチンコ店の景品交換所でも同様の姿の2人組が売上金を奪おうとする事件がありました。埼玉県では、8日と11日にも同じ手口の強盗事件が起きていて、警察で関連を調べています。Annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news2.html?now=20090621135936

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

首都高で不正改造車取り締まり~警視庁など(21日)

 警視庁などは21日未明、東京・中央区の首都高速道路で不正改造車の取り締まりを行った。 6月は不正改造車の取り締まりの強化月間で、警視庁と関東運輸局が合同で取り締まりを行った。取り締まりに当たる警察官らは、改造の可能性がある車をいったん停止させ、ヘッドライトが正しく点灯するかや、マフラーから出る音が基準に収まっているかなどを点検した。違反が確認され、「整備命令」が出された場合は、改造部分を15日以内に元に戻すことが求められる。Noimage_120x901 http://www.news24.jp/138075.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

車60台のドアガラス割られる 連続車上狙いか 函館(21日)

北海道警函館西署と函館中央署は21日、函館市内の複数の駐車場などで車両約60台のドアガラスが割られたと発表した。車内が物色された形跡もあることから、両署は車上狙いの同一犯による連続器物損壊事件の可能性もあるとみて調べている。

 両署によると、現場は同市白鳥町や大川町、五稜郭町などの駐車場や路上で、半径約1キロの範囲内。発見時間は20日午後7時ごろから21日午前3時ごろにかけて。いずれも運転席や助手席のガラスが割られていたという。 http://www.asahi.com/national/update/0621/TKY200906210064.htmlLogo3_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

無理心中? 母子2人切られ死亡、夫は飛び降りか(21日)

21日午前5時45分ごろ、岐阜県海津市海津町の菱田和人さん(43)方で、和人さんの妻、薫さん(26)と長女、優美ちゃん(3)が刃物のようなもので切られ死亡しているのが見つかった。同4時半ごろ、海津市に隣接する愛知県愛西市のマンションから菱田さんとみられる男性が飛び降り自殺しているのが見つかっており、岐阜、愛知の両県警は菱田さんが無理心中を図ったとみて調べている。両県警によると、薫さんらは2階寝室で首を切られて倒れていた。男性は14階建てマンション横の駐車場で倒れており、14階付近の階段踊り場に男性のものとみられるサンダルがあった。所持していた免許証から海津市の自宅が判明。マンション近くには男性が乗ってきたとみられる乗用車が止まっていた。Banner_logo_051_4 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/268767/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

診療費詐取容疑で奈良の病院捜索(21日)

奈良県警捜査2課は21日、生活保護受給者の診療報酬を不正に受給した疑いが強まったとして、詐欺容疑で、同県大和郡山市にある「山本病院」の関係先を家宅捜索した。捜査関係者によると、この病院では生活保護受給者に、心臓カテーテルの手術などをしたように装って診療報酬を不正請求し、受給していた疑いがある。不正に受け取っていた診療報酬は数百万円に上るという。生活保護受給者の医療費は、公費で全額が賄われている。病院のホームページによると、開院は平成11年で、心臓血管外科や内科などの診療科があり、病床数は80床。Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/268768/

 

| コメント (2) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(21日)2件

未公開株買い増し勧誘に注意

News_pic1_2  企業の未公開株を持つ人に、金融庁の関係者などを名のり「その銘柄は上場が決まっている」などとうそを言って、未公開株を買い増しする代金をだましとろうとする不審な電話が全国で相次いでおり、金融庁などでは注意を呼びかけています。金融庁によりますと、ことしに入って企業の未公開株を持つ人に対し「未公開株の被害調査を行っている」などという不審な電話が全国で相次いでいます。これらの電話は「金融庁から委託された」とか、「証券取引等監視委員会の職員だ」などと偽って、未公開株の銘柄を聞き出したうえで「その銘柄は上場が決まっている」とうそを言って株式を買い増す代金をだまし取ろうとするということです。電話は過去に未公開株を買った経験のある人の名簿などをもとにかけているとみられています。今のところ、実際の被害は確認されていないということですが、金融庁と証券取引等監視委員会では、ホームページで注意を呼びかけるとともに、相談の窓口を設けています。相談窓口の電話番号は、金融庁が0570-016811、監視委員会が03-3581-9909で、平日に限って受け付けています。http://www3.nhk.or.jp/news/t10013763251000.html

オレオレ詐欺に注意呼びかけ 宮崎県警

News_pic1_2宮崎市では今月6人の女性の自宅に、息子を名のる男から金を振り込むよう求める不審な電話が相次いでかかり、このうち1人が200万円の被害を受けました。
いずれの家庭にも同じ県立高校の卒業生がいるということで、警察は、卒業名簿などを悪用した「オレオレ詐欺」とみて注意を呼びかけています。
警察によりますと、今月15日から18日にかけて宮崎市に住む50代から60代の女性、あわせて6人の自宅に、「インターネット株で損をして会社の金に手をつけたので金がいる」などという電話がありました。
このうちの1人は男の指定する口座に200万円を振り込んで被害にあいました。
ほかの5人は、不審を感じるなどして応じなかったということです。電話を受けた6人の家庭には県立宮崎西高校の卒業生がいるということで、警察では卒業名簿などを悪用したオレオレ詐欺とみて捜査するとともに、こうした不審な電話に注意するよう呼びかけています。http://www.nhk.or.jp/miyazaki/lnews/07.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

総会集中日 3400人で警戒(21日)

総会屋の活動を封じ込めるため、警察は企業の株主総会が集中する今月26日に、全国で3400人の警察官を出して警戒にあたることにしています。警察庁によりますと、今月26日の集中日に株主総会を開く企業の数は去年より33社少ない1282社です。株主が出席しやすいように分散傾向が強まっているため、集中日に開催する企業は平成9年をピークに12年連続の減少となる見込みです。警察はこのうち警備の要請があった1194社の会場に、およそ3400人の警察官を出して、総会屋などの警戒にあたることにしています。警察が確認している総会屋の数は、去年末の時点でおよそ310人で、10年前の半分に減っていますが、去年は103社の株主総会に172人の総会屋が出席するなど活発な活動を続けています。企業に対する不当な要求もあとを絶たず、去年は広島市の不動産会社から現金を脅し取ろうとしたとして、東京の総会屋の男が逮捕されるなどあわせて9人の総会屋が検挙されています。警察庁は株主総会の集中日に向けて総会屋が活動を活発化させるおそれがあるとみて、取り締まりを強化することにしています。News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/t10013764251000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

滋賀女性殺害:遺体発見現場付近に多量の血痕を確認(21日)

滋賀県米原市の雑排水槽で同県長浜市今川町、会社員、小川典子さん(28)の遺体が見つかった事件で、県警米原署捜査本部の鑑識捜査の結果、遺体発見現場付近で多量の血液反応のあったことが分かった。小川さんは最後に目撃された直後に殺され、10日夜から11日未明にかけて付近で降った強い雨で血液が流された可能性が出てきた。

 一方、小川さん殺害容疑で逮捕された米原市坂口の会社員、森田繁成容疑者(40)が10日は早退し午後に休暇をとっていたことも判明した。捜査本部は森田容疑者の早退後の行動を詳細に調べている。

 捜査本部などによると、森田容疑者は大手特殊ガラスメーカーの正社員で、小川さんと同じ工場に勤務。数年前から小川さんと交際していたという。逮捕容疑は、10~12日、小川さんの後頭部を鈍器のようなもので何度も強打して陥没骨折させるなどし、米原市伊吹の排水槽に落とし窒息死させた、とされる。死亡推定時刻は11日午後8時ごろとされている。遺体発見時、周辺に血痕は目視できなかったが、鑑識捜査で多量の血痕が確認されたという。

 捜査本部などによると、小川さんは工場に近い請負会社営業所を10日午後8時10分過ぎに退社する姿が目撃されたのを最後に消息を絶ち、12日早朝に遺体で発見された。彦根地方気象台によると、この間、10日夜から11日未明にかけて現場から約2キロ離れた観測所でまとまった雨を観測したが、その後、遺体発見までに雨の観測はなかった。Logo_mainichi1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090621k0000m040108000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

不正請求:奈良県の総合病院幹部、診療報酬を 強制捜査へ(21日)

奈良県大和郡山市の総合病院幹部が、診療報酬を不正請求した疑いが強まったとして、奈良県警は近く、詐欺容疑で強制捜査に乗り出す方針を固めた。捜査関係者によると、生活保護受給者に対し、実際は検査や治療をしていないのに、診療報酬を不正に請求した疑いが持たれており、不正請求額は数百万円に上るとみられる。

 捜査関係者らによると、同病院は、医療費が国と自治体から全額支給される生活保護制度を悪用。大阪や京都の生活保護受給者を入院させ、心臓カテーテルの検査や治療をしているように装い、高額の医療費を請求していたとみられる。相当以前から恒常的に不正請求を続けていたとみられ、県警はカルテなどを押収したうえで慎重に捜査を進める。

 心臓カテーテル検査は、狭心症や心筋梗塞(こうそく)の患者の血管に細い管を挿入、造影剤を流し込んで画面などに映し、血管の詰まり具合を調べる高度な検査。治療が必要な場合は、管の先端に特殊な金属製器具を取り付け血管を広げる。疑いを持たれている総合病院は99年7月に開院。事務長は、毎日新聞の取材に対し「不正請求は100%していない。患者にはレセプトを出している」と否定している。Logo_mainichi1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090621k0000m040110000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

補助金でまかなえないドクターヘリ運行費…同乗ルポ(21日)

 医師を乗せて事故や災害の現場に急行する「ドクターヘリ」を導入している全国18の病院のうち、12病院で国が想定する出動回数を大幅に上回り、公的な補助金だけでは運航費をまかなえていないことがわかった。2001年4月に国内に初めてドクターヘリが導入されてから8年余り。普及に向けた課題を探るため、救命救急の最前線をルポした。

 「野田、交通外傷。野田、交通外傷」――。6月9日午後0時28分、千葉県印旛村の日本医大千葉北総病院のドクターヘリ運航管理室に、同県野田市の消防本部から出動要請が入った。現場は30キロほど先の同市内。20代の女性がマイクロバスにはねられ、頭に大けがを負った交通事故だった。松本尚医師(47)と星島洋子看護師(29)が病棟から呼び出され、ドクターヘリに走り込む。要請から3分後、ヘリは現場へと出発した。

 「事故の状況は?」。機内では松本医師が無線で現場と連絡を取り合う。13分後、ヘリが現場から数百メートルの小学校の校庭に着陸すると、女性が救急車から機内に運び込まれた。頭部の出血が激しく、意識もほとんどない。松本医師と星島看護師はヘリが飛び立つと、容体を確認しながら点滴を施し始めた。二十数キロ離れた筑波メディカルセンターに降り立ったのは、午後1時9分。出動要請から約40分、事故発生から約50分というスピード搬送だった。同市内には、高度な救命救急にあたる「3次救急病院」がなく、救急車だと筑波メディカルセンターまで40分ほどかかる。女性は当日中に意識を取り戻したが、事故の処理にあたった野田警察署の幹部は「負傷したのは頭部。搬送に手間取っていたら危険だったかもしれない」と指摘する。

 同病院がドクターヘリを導入したのは01年10月。08年4月に全面施行された特別措置法では、1病院あたりの出動回数を年240回と想定し、国と自治体から年間一律に1億7000万円が補助されるようになった。しかし同病院の昨年度の出動は全国最多の663回。240回を超える出動の費用数千万円は運航を請け負う「朝日航洋」が負担する。「公益性と将来性を見込んで始めたが、このままでは続けられない」。同社の担当者はそう訴えた。ドクターヘリが01年4月に全国で初めて導入されてから、昨年度は16道府県の18病院で5635回出動した。うち1181回が交通事故への出動で、交通事故死者減少の一因ともされているが、日本航空医療学会によると、1病院あたりの平均出動回数は313回で、12病院で国の想定する240回を超えた。

 岡山、静岡両県でドクターヘリを運航する「セントラルヘリコプターサービス」は昨年度、約1億4000万円の持ち出し。6病院のドクターヘリを運航する「中日本航空」も、うち1病院から超過分の一部を補填してもらっているが、「それでも赤字」と頭を抱える。運航会社でつくる全日本航空事業連合会ヘリコプター部会では年240回という出動の想定を見直すよう国に求めており、厚生労働省は「来年度以降、見直しも含め検討する」としている。

 ドクターヘリを巡ってはヘリポートや格納庫の整備のほか、医師の育成といったソフト面の課題も山積している。こうした問題点を話し合おうと、NPO法人「救急ヘリ病院ネットワーク」(理事長・国松孝次元警察庁長官)が今月27日、東京都内でシンポジウムを開催する。問い合わせは同ネットワーク(03・3264・1190)へ。(関俊一)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090621-OYT1T00195.htm?from=main5Yomiuri_koudoku1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

頭など激しく殴打か 鹿児島の資産家夫婦殺害(21日)

鹿児島市下福元町で資産家の老夫婦が殺害された事件で、県警は20日、司法解剖の結果、2人の死因は頭や顔を激しく殴られたことによる脳障害だったと明らかにした。現場からはスコップが見つかっており、捜査本部は凶器に使われた可能性があるとみて調べている。

 殺害されたのは蔵ノ下忠さん(91)と妻ハツエさん(87)。捜査本部の発表によると、重い刃物で正面から打ち付けられたような傷跡がともに十数カ所あり、19日朝、頭から血を流して忠さんの寝室に倒れていた。

 20日に司法解剖した結果、2人の死因は同じだったが、忠さんは頭と左ほおを骨折していた。死亡推定時刻は「不明」としたが、現場の血痕の固まり具合や遺体の硬直の様子から、殺害されたのは18日夜だった可能性が高いと、捜査幹部はみている。 ハツエさんの部屋のタンスの引き出し数カ所が開いていたことに加え、捜査本部は20日、2人が倒れていた忠さんの寝室の仏壇の経机が斜めにずれ、ろうそくや線香の箱が畳に散乱していたことも新たに明らかにした。捜査本部は、2人が犯人と争った際に乱れたとみて怨恨(えんこん)と金銭目的の両面から、捜査を進めている。 Logo3 http://www.asahi.com/national/update/0620/SEB200906200047.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

郵便不正 別の2団体には厳格審査 「凛の会」前後に元局長が証明書決裁(21日)

障害者団体向け割引郵便制度の悪用をめぐる虚偽有印公文書作成事件で、厚生労働省が、障害者団体「凛の会」に偽の証明書を発行した前後の平成15年11月と17年9月、別の2団体について、厳格に審査した上で証明書を発行していたことが20日、厚労省関係者の話で分かった。いずれも当時、厚労省障害保健福祉部企画課長だった元雇用均等・児童家庭局長、村木厚子容疑者(53)が審査書類を確認した上で決裁していたという。村木容疑者は16年6月、凛の会の証明書について、同部係長、上村勉容疑者(39)に「活動実態はないかもしれないが出してあげて」と指示したことが判明している。大阪地検特捜部は、正規の手続きを理解している村木容疑者が、凛の会に偽の証明書の発行を認めていたことを示す“状況証拠”とみている。

 関係者によると、村木容疑者が企画課長に着任した15年8月、臓器移植患者を支援する「東京女子医大移植者の会」が証明書を申請し、全国約220人の会員名簿や定期刊行物、会規約などを提出。しかし、担当係長から「部数が制度利用に必要な500部より少ない」「刊行物に定価が書かれていない」などの不備を指摘されたという。書類審査を経た上で、村木容疑者の決裁で発行が認められたのは同年11月だった。同会の小柳啓一副会長(47)は「何度かやりとりをしたが、対応はすべて係長で、課長や部長には一度も会ったことがない」と話す。

 また、村木容疑者が異動する直前の17年9月、寝たきり患者の家族を支援する「全国遷延性意識障害者家族の会」に証明書が発行されていた。同会の申請は同年6月ごろといい、桑山雄次代表(53)は「担当の係長から会の活動内容や名簿について細かく質問された。名簿に載っている人物が実在しているかどうか、本当に障害者なのかという点まで確認した末に、ようやく発行してもらった」と証言している。この2団体のケースではいずれも、上村容疑者とは別の係長が対応し、村木容疑者らの決裁印が押された審査書類や証明書の控えなどが課内で保管されていたという。

 これに対し、凛の会は、主要メンバーの倉沢邦夫容疑者(73)が16年2月に厚労省を訪問した際、村木容疑者から「会員に障害者が少ない」と指摘されたにもかかわらず、その後、審査書類も提出しないまま証明書が発行された。証明書の控えなども保管されていなかったという。Banner_logo_051_2 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/268726/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

米原の汚水タンク女性殺人 容疑者が事件当日午後に会社を早退(21日)

滋賀県米原市伊吹の汚水タンクで、同県長浜市今川町の会社員、小川典子さん(28)が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された会社員、森田繁成容疑者(40)が、小川さんが行方不明になる10日の午後、勤め先の会社を途中退社していたことが20日、関係者への取材で分かった。米原署捜査本部は20日午後、森田容疑者を大津地検に送検し、引き続き10日の昼以降の詳しい行動を調べている。森田容疑者が勤務する日本電気硝子(大津市)によると、同容疑者は10日午前8時半に出勤したが、午後から半日の年休を取り、昼ごろ退社したという。11、12日は通常通り勤務。13、14日の土日は公休。15日は午後に途中退社し、16日から逮捕される19日までの4日間、年休を取って出勤していなかった。

 同社によると、休暇は年間24日取ることができ、上司に届ければ理由などを説明する必要もないという。捜査関係者によると、小川さんは10日午後8時すぎ、会社の前に立っている姿を目撃された後、行方不明になったが、その前に森田容疑者と携帯電話で通信していたという。一方、森田容疑者は取り調べに対し、容疑を否認し、小川さんに会ったかどうかについても話していないという。捜査本部は、森田容疑者が10日の夜以降、小川さんの頭や顔を鈍器のようなもので殴った上、汚水タンクに投げ込み、汚泥を飲み込ませて窒息させ、殺害したとみて調べている。Banner_logo_051http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/268733/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月20日 | トップページ | 2009年6月22日 »