« 2009年6月13日 | トップページ | 2009年6月15日 »

2009年6月14日

2009年6月14日 (日)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京の体感治安(14、15日
  (単位・レベル)

2 「遅すぎますよ」

【治安解説】 警察官の街頭活動の中に「職務質問」という重要な事項がある。不審人物を発見し、必要な事項をお尋ねしている最中の相手の仕草や目の動きで「不審」を察するのだという。14日明け方、東京都大田区のコンビニストアに男が押し入り、32歳の女子店員に果物ナイフを突きつけて脅し、レジから4万円を奪って逃走する事件があった。110番通報を受けてパトロール中の警察官が15分後に、路上を歩いている男を発見し、職務質問した結果、容疑を認めたので逮捕した。お手柄だった。これでは首都の治安は安泰と言っても良いでしょう。よって「レベル2(ブルー)」の現状とする。

 話しは違うが、昨年から今年にかけて関東近県を中心に携帯電話の販売店から携帯が盗まれる事件が相次いだ。その後、盗まれた携帯が転売されて振り込め詐欺などに利用されていた。ネット上で販売されたり、駅の改札口まで配達するという商売まで誕生。裏社会の話題にもなっていた。

 14日のNHKによると、「携帯各社は、盗難にあった携帯が、転売されて不正に使われるのを防ぐため、盗まれた端末の利用を自動的に検知、強制的に使用できないようにする」という。
 ???よくニュースを見ると「ソフトバンクモバイルは、NTTドコモと同じ措置を既に実施し、盗難されたものだけでなく、料金を支払わないまま転売されたものも検知して利用停止にしている。auの「KDDI」では、中古の電話機は販売店に持ち込んで登録しないと利用できないようにしており、各社とも不正利用の防止の取り組みを強化しているという。では何故、今回のニュースになったのか? 「NTTは、それを10月から実施する」と発表したため、「携帯各社が…」となった訳のようだ。

 小欄から言わせれば、とんでもない話しであり、当初からなんで足並みをそろえなかったのか甚だ疑問である。携帯を購入する場合は、約款というのが存在する。その約款には不正利用禁止が書かれている。NTTを除く各社は、「犯罪に利用されている」とい警察の情報に基づいてこの約款を楯に、既に実施していたのである。遅すぎた背景には〝半官半民〟のぬるま湯体質がNTTには残っているのだろう。けしかんら話しであるが、かく言う小生も何故かドコモなのである。

 「列島振り込め詐欺」は、新手口などを掲載。http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html
 

r

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉で高齢者の万引き急増、昨年摘発は過去最多1145人(14日)

埼玉県で高齢者の万引きが急増している。同県内で警察に摘発された65歳以上は昨年、1145人と過去最多で、全体の4人に1人が高齢者だった。この5年でほぼ倍増、犯行も悪質化している。道徳心の低下が一因とみられ、学識経験者からは、社会参加の必要性を指摘する声も上がっている。さいたま市内のスーパーで5月下旬、買い物をしていた女(70)は、缶詰3個を素早くバッグに押し込んだ。巡回中の女性保安員(67)が、店を出たところで声をかけると、女は保安員を突き飛ばした。保安員は手に擦り傷を負い、女は周りの人に取り押さえられ、警察に引き渡された。

 保安員を派遣していた日警保安埼玉事業部(さいたま市)の土方秀明部長は、「万引きがばれた高齢者が開き直るのは、最近では珍しくない」と指摘する。土方部長によると、こうした悪質なケースが顕著に増えている。「いつも買っているのだから、たまにはいいでしょ」「太陽の光の下で、色を確かめようと思っただけ」など、あきれる言い訳も目立つという。県警によると、2004年に摘発された65歳以上の高齢者は646人で、万引き犯全体(4479人)の14・4%だった。06年に1000人を超えると、08年は過去最多の1145人を記録。全体(4850人)の23・6%にまで増え、少年(14~19歳)の1426人に迫る勢いだ。

 今年も5月末までに447人の高齢者が摘発され、昨年同期の468人をやや下回る程度で推移している。ある県警幹部は、「生活苦が理由の万引き犯もいるが、ほとんどはお金を持っている。『万引きは犯罪』という規範意識や道徳心が薄れてきているのが、増加の一因ではないか」と分析する。筑波大の土井隆義教授(逸脱行動論)は「高齢者だけの世帯が増え、孤立化が進んでいる。地域社会の行事などへ参加を促し、役割を果たしてもらうことも犯罪抑止に効果がある」と話している。(2009年6月14日19時16分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_3 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090614-OYT1T00047.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

厚労省女性局長を逮捕 組織ぐるみ犯行解明へ 大阪地検(14日)

192376_c1851 障害者団体向け郵便制度悪用事件で、障害者団体の証明書を偽造、発行したとして、大阪地検特捜部は14日、虚偽公文書作成・同行使の疑いで、当時の担当課長だった厚生労働省雇用均等・児童家庭局長村木厚子容疑者(53)=埼玉県和光市=を逮捕。同省係長上村勉容疑者(39)=同容疑で逮捕=ら3人を再逮捕した。事件は、障害者福祉の根幹を担う厚労省の組織的な関与を問う局面に発展。凛の会の証明書は省内で「政治案件」として扱われていたとの供述もあり、特捜部は政界からの口利きも含め全容解明を進める。

 再逮捕されたほかの2人は、「凛(りん)の会」(現・白山会)を設立した倉沢邦夫容疑者(73)=郵便法違反容疑で逮捕=と、同会元会員河野克史容疑者(68)=虚偽公文書作成・同行使容疑で逮捕。捜査関係者によると、村木容疑者は容疑を否認している。逮捕容疑では、4人は共謀し、平成16年6月上旬ごろ、障害者団体としての実体がない凛の会が郵便料金を不正に免れるために証明書を偽造。同月10日ごろ、旧日本郵政公社に提出したとしている。凛の会はこの証明書で低料第3種郵便物制度利用の承認を受け、ダイレクトメールの不正発送を始めた。証明書は16年5月28日付で課長公印が押され、障害者団体を名乗る凛の会に厚労省から発行されたことになっていたが、省内には発行に関する資料は残っていなかった。当時、村木容疑者は障害保健福祉部企画課長で、上村容疑者の直属の上司だった。Banner_logo_051_4 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/266198/

逮捕の女性局長 障害者福祉のスペシャリスト 

現役局長逮捕 「重大なことだと認識している」と厚労省

 村木容疑者は、厚労省では珍しい高知大学の出身。在学中に高知県庁と国家公務員のキャリア職に合格し、昭和53年に旧労働省に入省。常々「女性を大切にし、やりがいがあると考えて、国家公務員(旧労働省)を選んだ」と話していた。ある幹部は「女性の社会進出や、労働環境整備を主な畑にしてきた。『バリバリの官僚』というよりも、『優秀な事務官』といった感じの人。政治家とのパイプを誇示するようなこともなかった」と話す。また別の幹部は「自分の感覚からすると、村木さんが犯罪にかかわるなんてあり得ないと思う」と話していた。最近は少子化対策に取り組み、12日の衆院厚生労働委員会では自分が力を入れていた「育児・介護休業法改正案」が可決されたばかりだった。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/266220/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「子供とゲームをしたい」23歳、小3男児18時間連れ回す(14日)

 茨城県警土浦署は14日、同県阿見町うずら野、無職福田淳容疑者(23)を未成年者誘拐の疑いで現行犯逮捕した。発表によると、福田容疑者は13日午前10時頃から約18時間にわたり、同県土浦市の小学3年の男児(8)を連れ回した疑い。男児にけがはなかった。 福田容疑者は、同市のJR土浦駅東口付近で男児に「ゲームをやりに行こう」と声をかけた。14日未明に母親から、「子供が帰ってこない」と同署に届け出があり、同署員が同市内の路上で2人が一緒にいるのを発見した。福田容疑者は、「子供とゲームをしたかった」と話しているという。(2009年6月14日13時29分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_2 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090614-OYT1T00400.htm?from=top

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

工場に男性従業員の遺体 殺人事件とみて捜査 広島・呉(14日)

14日午前7時50分ごろ、広島県呉市吉浦新町2丁目の研削研磨機械製造会社「クレトイシ」の工場倉庫内で、同社従業員角野慎治さん(26)=同市和庄1丁目=が頭から血を流して倒れているのを別の男性従業員(38)が見つけ119番通報した。消防からの連絡で呉署員が駆けつけたところ、角野さんはすでに死亡していた。現場には転落したり、何かにぶつかったりした痕跡がないことから、同署は何者かに殺害されたとみて捜査している。  同署によると、角野さんは13日午後8時から当直勤務で、14日午前8時までの予定で工場の空調管理や警備をしていた。別の男性従業員が当直を交代するため出勤したところ、角野さんは1階で倒れていたという。 Logo3_2 http://www.asahi.com/national/update/0614/OSK200906140008.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・蒲田でコンビニ強盗 男を逮捕(14日)

東京都大田区のコンビニエンスストアで現金4万円を奪ったとして、警視庁蒲田署は14日、強盗の疑いで住居不定、無職、川西茂樹容疑者(59)を逮捕した。同署によると、川西容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているという。同署の調べによると、川西容疑者は同日午前5時ごろ、大田区蒲田の「セブンイレブン蒲田駅前店」で、商品棚の整理をしていたアルバイトの女性店員(32)に果物ナイフを突きつけ、レジにあった現金4万円を奪った疑いが持たれている。店からの110番通報を受けて警戒中だった警察官が、約15分後に路上にいる川西容疑者を発見。職務質問したところ、容疑を認めたため緊急逮捕した。 当時、店内には女性店員のほかにアルバイトの男性店員もいたが、いずれもけがはなかった。Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/266097/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

静岡空港周辺で「ドリフト族」検挙(14日)

 静岡県警交通指導課と牧之原署は12日夜から13日未明にかけ、静岡空港周辺の県道で、急アクセルや急ブレーキで車体を旋回させ暴走行為を繰り返す「ドリフト族」の一斉取り締まりを行い、騒音運転や信号無視の交通違反で計11件を検挙した。県警によると、空港開港に伴う一斉取り締まりは初めてで、今後も取り締まりを継続する方針。現場は空港西側に整備された片側2車線の見通しの良い交差点で、夜間になると、ドリフト走行による交通違反が頻発していた。Banner_logo_051_2 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/266131/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

列島振り込め詐欺事件(14日)

振り込め詐欺 引き出し役逮捕

News_pic1_3 11日、加賀市の女性がキャッシュカードを渡して現金350万円をだまし取られた振り込め詐欺事件で、警察は現金を引き出したとして中国人の男を逮捕しました。
逮捕されたのは埼玉県富士見市の無職で中国人のゲイ・コウコウ容疑者(23)です。この事件は、11日、県警察本部の警察官をなのる男から電話を受けた加賀市の78歳の女性が自宅を訪ねてきた男にキャッシュカードを渡し、その後、加賀市内のATM=現金自動預け払い機から現金348万円を引き出されだまし取られたものです。警察はATMの防犯カメラに映っていたゲイ容疑者を12日、金沢市内のホテルで見つけ、所持品を確かめたところ被害者の女性のキャッシュカードを持っていたことから逮捕しました。警察の調べに対して、ゲイ容疑者は「何も言いたくない」と供述を拒んでいるということです。警察は女性の自宅を訪ねた男が▽中年で▽小太りとゲイ容疑者と違うことからほかにも事件に関わった人物がいるとみてさらに捜査を進めています。http://www.nhk.or.jp/kanazawa/lnews/03.html

振り込め詐欺容疑5人を送検 鹿児島県警

News_pic1_3アダルトサイトの利用料金が必要だなどとうそを言って薩摩川内市の男性などから現金をだまし取った疑いで逮捕された東京の会社役員の男ら5人は複数の携帯電話や私書箱を使い、振り込みや現金書留を求めていたことが、警察への取材でわかりました。警察は5人の身柄を検察庁に送り、組織的な振り込め詐欺とみて調べています。送検されたのは、東京・豊島区の会社役員小西徹志容疑者(38)と、別の詐欺の罪で起訴されている東京・板橋区の会社員石渡博文容疑者(43)らあわせて5人です。警察によりますと、5人は薩摩川内市や宮城県仙台市などの10代から30代の男女3人に、携帯電話で電話をかけ、アダルトサイトの料金が必要だなどとうそを言って、あわせて80万円あまりをだまし取った疑いがもたれています。5人が出入りしていた都内の事務所からは35個もの携帯電話が押収され、一部の被害者からの現金書留は都内の複数の私書箱を経由して小西容疑者らのもとに届くようになっていたことが警察への取材でわかりました。警察は携帯電話の記録や石渡容疑者の供述などから小西容疑者の指示で行われた組織的な振り込め詐欺とみて調べています。警察によりますと調べに対し石渡容疑者ら2人は容疑を認めていますが、小西容疑者は「グループの責任者だが犯行を指示したことはない」などと容疑を否認し、残る2人も「正当な請求だ」と、否認しているということですhttp://www.nhk.or.jp/kagoshima/lnews/03.html

女性紹介偽り500万円詐取

News_pic1_3「女性を紹介する」という雑誌広告を見て、電話をかけてきた水俣市の51歳の男性から現金500万円をだまし取ったとして、警察は埼玉県の暴力団員の男を詐欺の疑いで逮捕しました。逮捕されたのは、埼玉県草加市に住む指定暴力団・稲川会系暴力団員、井上健太容疑者(29)です。警察によりますと、井上容疑者は、2年前の6月に「セレブな女性を紹介します」などとする広告を雑誌に掲載したうえで、電話をかけてきた水俣市の51歳の男性に現金あわせて500万円を口座に振り込ませ、だまし取った疑いが持たれています。男性が電話をした際、対応した相手側は「女性と会うために保証金を振り込んでください。女性と会えば小遣いをもらえる上、保証金も後日返ってきます」などとウソをついていたということです。
男性は実際に女性を紹介され、熊本市内などで数回は会ったものの、1年以上たっても金は返還されなかったことから、去年11月に被害届を提出し、警察が詐欺事件として捜査を進めていました。
井上容疑者は男性が女性と会う際、引き合わせる役割をしていたということです。
警察では電話応対をしていた人物など、複数の共犯が関わっている疑いもあるとみて捜査を進めていて、これまでの調べに対し井上容疑者は「身に覚えがない」などと、容疑を否認しているということです。http://www.nhk.or.jp/kumamoto/lnews/05.html

振り込め詐欺:山口などで新型インフルに便乗した不審電話

Logo_mainichi1  新型インフルエンザに便乗した振り込め詐欺とみられる不審電話が山口県下関市であり、県警下関署は注意を呼びかけている。 同署によると、11日午後6時ごろ、女性(59)が自宅で、長男と名乗る男から「携帯電話を替えた。新型インフルエンザにかかり明日発熱センターに行く」と電話を受けた。12日午前9時ごろ、再び電話があり「発熱センターに来ているが、実は消費者金融に借金がある。借金先に電話してほしい」としつこく迫ったという。女性は夫(66)に相談して、埼玉県の長男に電話をかけた結果、作り話と分かり被害には遭わなかった。下関市では他にも同様の不審電話が1件あったという。 同様の不審電話は5月後半から長野県や栃木県でも起きている。治療費の送金を要求しているという。【尾垣和幸】http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20090614k0000m040033000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

各地で強盗事件相次ぐ(14日)

2人組強盗 30数万円奪う 静岡県警

News_pic1_2 13日午前0時ごろ、三島市本町の住宅に2人組の男が押し入り、一人暮らしの山口寿恵子さん(85歳)にナイフをちらつかせて「殺されたくなかったら金を出せ」と脅しました。
2人組は、女性をベッド脇の支柱に粘着テープで縛りつけ、1時間ほど室内を物色して現金30数万円を奪って逃げました。
女性は自力で粘着テープをほどいて警察に通報しました。
女性にケガはありませんでした。警察の調べによりますと、2人組のうち1人は、年齢が30歳から35歳くらい、身長が1m75cmくらいのやせ型で、黒の長袖シャツに黒のズボン、サングラスをかけていたということです。もう1人は、年齢は30歳くらい、身長は1m60cmくらいの中肉で、灰色の長袖シャツに黒っぽいベストとズボンを着ていたということです。また、2人とも帽子、手袋、マスクをつけ、ナイフを持っていたということです。
現場は、伊豆箱根鉄道の三島広小路駅近くの住宅街で、警察では強盗事件として2人組の男の行方を捜査しています。http://www.nhk.or.jp/shizuoka/lnews/03.html

土浦のドラッグストアに強盗 茨城県警

茨城県土浦市のドラッグストアに刃物を持った男が押し入り、店員を脅して、現金およそ15万円を奪って逃げました。警察は、強盗事件として捜査しています。
13日午前11時ごろ、茨城県土浦市真鍋のドラッグストア、「ヤックスドラッグ土浦真鍋店」に男が押し入り、レジにいた54歳の女性の店員に包丁を突きつけて、「金を出せ」と脅しました。女性店員がレジを開けると、男は現金およそ15万円を奪って逃げました。
当時、店内には女性店員のほか、数人の客や店員がいましたが、けがはありませんでした。警察の調べによりますと、逃げた男は、年齢が40歳から50歳くらい、身長が1メートル60センチから1メートル75センチくらいで、青い服に黒い野球帽をかぶり、めがねにマスクをつけていたということです。警察は、強盗事件として逃げた男の行方を捜査しています。

http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/01.html

強盗未遂 2人の画像公開 奈良県警

12日の未明、上牧町のコンビニエンスストアに、刃物を持った男らが押し入りましたが、店長が非常警報を鳴らしたところ、男らは何もとらず逃げました。警察は、防犯カメラに映った2人の画像を公開し、強盗未遂事件として捜査しています。12日の午前1時半すぎ、上牧町桜ヶ丘のコンビニエンスストア、「ファミリーマート上牧桜ヶ丘店」に、男2人が押し入り、カウンターに1人でいた、61歳の男性の店長に包丁のような刃物を突きつけ、「金を出せ」と脅しました。店長がカウンターの中のボタンを押して非常警報を鳴らすと、2人は何もとらずに逃げ、店の前に止めてあった、別の男が運転する白の乗用車に乗って、南の方向に走り去ったということです。店長にけがはありませんでした。警察は、強盗未遂事件として捜査していて、3人組のうち、店内の防犯カメラに映った2人の画像を公開し、情報提供を呼びかけています。2人のうち1人は、身長が1メートル70センチくらいで、黒のポロシャツと黒のズボン、もう1人は、身長が1メートル60センチくらいで、緑色のパーカーと、黒のジャージを着ていたということです。2人とも20歳くらいで、刃渡りおよそ30センチの包丁のような刃物を持っていたということです。情報の提供先は西和警察署で、電話番号は「0745−72−0110」です。http://www.nhk.or.jp/nara/lnews/03.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

盗難携帯電話 強制使用停止へ(14日)

盗難にあった携帯電話が、転売されて不正に使われるのを防ごうと、携帯電話各社は、盗まれた端末の利用を自動で検知して、強制的に使用できないようにする措置に乗り出しました。販売店から携帯電話が大量に盗まれる事件が、去年からことしにかけて相次ぎ、インターネット上などで不正に転売されているケースも多く見られます。
とくに、NTTドコモとソフトバンクモバイルの機種は、「SIMカード」という本体のICチップを差し替えるだけで使用可能で、盗難対策が課題になっていました。このため、NTTドコモでは、盗難された携帯電話が使われた際には、強制的に使用できないようにする措置を、ことし10月から実施することを決めました。
これは、製造時点ですべての携帯電話の端末に割りふられている識別番号をもとに、盗まれた携帯電話の使用を、自動的に検知する仕組みです。
「ソフトバンクモバイル」も同じ措置をすでに実施し、さらに盗難されたものだけでなく、料金を支払わないまま転売されたものも検知して利用停止にしています。
このほか、auブランドの「KDDI」では、中古の電話機は販売店に持ち込んで登録しないと利用できないようにしており、各社とも不正利用の防止の取り組みを強化しています。News_pic1 http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/02.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

茨城・坂東市で2人組が男性会社員を襲い現金およそ5万円奪って逃走 男性軽傷(14日)

茨城・坂東市で13日夜、2人組の男が男性を襲い、現金およそ5万円を奪って逃走した。
13日午後10時すぎ、坂東市内野山の路上で、たばこを買おうとした会社員の男性(24)を、2人組の男が「金を出せ」と脅した。2人組はカッターナイフのような刃物で男性の右腕を切りつけ、現金およそ5万円を奪い逃走した。警察は、強盗致傷事件として調べている。Logo1 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00157135.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

郵便不正:厚労省局長を15日にも聴取 偽証明書に関与か(14日)

障害者団体向け割引制度が悪用された郵便不正事件で、大阪地検特捜部は、厚生労働省が障害者団体「凜(りん)の会」(解散)に発行したとされる偽の証明書に関し、当時の厚労省障害保健福祉部企画課長(53)=現・局長=から15日にも任意で聴取する方針を固めた模様だ。当時の部下で同課係長、上村勉容疑者(39)=虚偽有印公文書作成・同行使容疑で逮捕=が「偽の証明書を作成し、課長に渡した」と供述しているとされ、局長が何らかの事情を知っている可能性があるとみている。

 特捜部はこれまで当時の日本郵政公社幹部や同部職員らから任意で聴取してきた。厚労省関係者によると、局長は、課長だった04年2月ごろ、証明書発行の相談に訪れた凜の会関係者に応対。同年5月、日本郵政公社幹部に電話で「厚労省が証明書を出すので、凜の会に割引制度の適用を認めてほしい」と頼んだとの証言が複数あるという。また、同部の元部長(退職)が国会議員から証明書発行の要望を受け、「議員案件」として当時部下だった局長らに対応を指示。上村容疑者が「凜の会への対応を課長から指示されていた」との供述をしていることも既に判明。特捜部は、発行の経緯を解明するには局長から直接事情を聴くことが不可欠と判断した模様だ。

 証明書は04年5月28日付の発行とされているが、実際は6月に作成されたとみられる。厚労省には発行や申請の記録が残っていないという。凜の会は、この証明書を使って日本郵政公社から割引制度の適用を受け、事業継承した障害者団体「白山会」が違法ダイレクトメールの割引発送を繰り返したとされる。

 局長は毎日新聞の取材に「凜の会も会員の名前も聞いたことがない」としている。【林田七恵、久保聡】Yomiuri_koudoku1 http://mainichi.jp/select/today/news/20090614k0000m040112000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

障害年金詐取、仲介役が高額報酬 「勉強会」で偽装勧誘(14日)

北海道の聴覚障害偽装事件をめぐり、障害年金受給の仲介役だったとされる北海道芦別市の無職近藤順一容疑者(68)=詐欺などの疑いで逮捕=らが受給者に高額な報酬を要求して受け取っていたことが北海道警への取材で分かった。 近藤容疑者は、障害年金や社会保障についての「勉強会」を開くと称して人を集め、偽装を勧誘する場にしていたという。この事件では、不正な診断を繰り返したとされる耳鼻科医前田幸あき(よしあき、あきは日の下に立)容疑者(74)が多額の診療報酬を、年金申請を代行した社会保険労務士の香田清容疑者(67)が多額の手数料を得ていた疑いがあり、容疑者らがそれぞれの立場で不正な利益を得る構図が浮かんできた。

 複数の障害年金受給者によると、近藤容疑者は00年に「障害者交友会」という会をつくり、旧産炭地の芦別市などで「勉強会」を開いていた。実際には偽装行為を勧誘する場という色合いが濃く、もともと炭鉱で働いていた近藤容疑者は、当時の仲間らを呼んでいたという。会員のほかにも、障害の程度が低くても、耳に何らかの症状を持っている人を見つけては勧誘していたという。 近藤容疑者自身も前田容疑者の診断書をもとに身体障害者手帳を取得していた。 近藤容疑者の紹介で受診し、最重度の聴覚障害2級と認定された芦別市の60代の女性は朝日新聞の取材に対し、近藤容疑者について「実際より重い障害になるよう、聴力検査でボタンを押すタイミングを伝えてきた」「報酬を要求され、十数万円を支払った」と証言した。

 北海道赤平市の60代の女性も、重度の聴覚障害が認定された後、近藤容疑者に求められて口座番号を教え、印鑑を預けたといい、それから約1年後に近藤容疑者の妻から「障害年金が口座に振り込まれたはずだから1回目の年金はこちらに渡して」と要求されたという。「手続き料みたいなものと思った」といい、20万円以上支払ったという。また、社労士の香田容疑者も「障害者交友会」の会報に寄稿し、制度の仕組みや障害の認定基準などを解説していたという。香田容疑者は逮捕前の取材に対し、障害年金の申立書に実際の症状とかけ離れた虚偽の内容を書いたことを認めるとともに、その一部は近藤容疑者に渡された下書きを写し、預かった印鑑を押したと述べた。香田容疑者は受給者から年金の1カ月分を受け取っていたという。

 近藤容疑者は逮捕前の取材に「受給者を社労士や医師に仲介したことはなく、金も受け取っていない」と否定。道警の調べにも容疑を否認しているという。

Logo3 http://www.asahi.com/national/update/0614/TKY200906130278_01.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

プロレスラー三沢光晴さん、試合中の技で頭を打ち死亡(14日)

13日午後8時半すぎ、広島市中区広島県立総合体育館で、プロレスラー三沢光晴さん(46)が試合中に相手の技をかけられて頭を強打。病院に運ばれたが、間もなく死亡が確認された。広島県警は試合関係者らから事情を聴き、当時の状況を調べている。県警や主催したプロレス団体「ノア」によると、三沢さんは同8時10分ごろ、メーンイベントのタッグマッチに出場。約25分後、背後から抱え上げ、後ろに倒れ込むバックドロップをかけられ、リングに倒れた。試合はレフェリーストップで相手方が勝った。目の前で観戦していた市内の会社員の男性(32)によると、倒れてから救急車で運ばれるまで10分以上、仲間のレスラーや救急隊員が心臓マッサージ自動体外式除細動器(AED)を使い蘇生(そせい)措置を施したが、三沢さんは全く動かなかった。この間、リングサイドのファンから「ミサワ、ミサワ」とコールが上がり、搬送後も約2300人の観客で埋まった会場は騒然とした状態が続いたという。 男性は「僕らにとって中学時代からの永遠のスター。間違いなく日本ナンバーワンレスラーで、超ショックです」とうなだれた。 三沢さんは埼玉県越谷市出身。1981年にデビューし、2代目タイガーマスクとして活躍。90年代に全日本プロレスの中心選手となり、その後、ノアを立ち上げた。Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/sports/martialarts/090613/mrt0906132305000-n1.htm

 

続きを読む "プロレスラー三沢光晴さん、試合中の技で頭を打ち死亡(14日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

米原タンク殺人 だれかと待ち合わせか(14日)

滋賀県米原市伊吹の汚水タンク内で、同県長浜市今川町の会社員、小川典子さん(28)が窒息死して見つかった殺人事件で、小川さんが10日午後8時に派遣元の貨物運送会社を退社した後、人を待つようなそぶりで会社前に立っている姿が目撃されていたことが13日、捜査関係者の話で分かった。小川さんはマイカーで通勤していたが、この日は母親に車で送ってもらっていた。米原署捜査本部は、小川さんがだれかと待ち合わせた後、トラブルに巻き込まれた可能性があるとみている。また、小川さんは知人ら用と家族連絡用に2台の携帯電話を所有。家族用は自宅にあったが、知人用の携帯がなくなっていることが判明。捜査本部は交友関係を中心に調べている。一方、小川さんの遺体は左後頭部が陥没骨折していたほか、顔や頭を鈍器のようなもので執拗(しつよう)に殴られていたことから、犯人が強い殺意をもって暴行を加え、瀕死(ひんし)の状態の小川さんを汚水タンクに落とし、汚泥で窒息死させたとみられる。Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/265950/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月13日 | トップページ | 2009年6月15日 »