« 欧州9カ国で販売の宝くじで167億円当せん(11日) | トップページ | 世界遺産・平城宮跡に穴 奈良県警が文化財保護法違反で捜査(12日) »

2009年5月11日 (月)

★警視庁管内 体感治安レベル2

首都東京の体感治安(12
  (単位・レベル)

2 暴力団の資金源だった

【治安解説】警視庁と静岡県警が「逆援助交際」という売春並の犯罪を摘発した。この詐欺の手口は「セレブな女性と交際して小遣いがもらえる」と甘い言葉で男心を誘うもの。単純に言えば、女性とホテルでエッチすると小遣いがもらえるという触れ込みだ。

 その際「女性は弱い立場にあるので、保証金を積んでほしい。その保証金は後に返します」などと謳い、摘発を逃れる。

 なんの事はない。ホテルでエッチすると確かにお金がもらえるが、自分の保証金を自分で引き出しているというカラクリ。1度くらいは恩恵に授かるが、2度目からは、指定されたホテルに行っても女性は姿を現さない。それがトラブルになり、ついに連絡がとれなくなるという仕組みが主な手口。いずれにせよ、顧客も公序良俗に反する行為をしていることになるので、うしろめたさはのこる。

 今回は、背後に指定暴力団稲川会が絡んでいたこともあり警視庁は組織犯罪対策4課と静岡県警が捜査に乗り出していた。「日本列島 本日の振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.htmlは、警視庁と静岡県警が「セレブ女性紹介」詐欺商法摘発など4件

 そして、こんなニュースが飛び込んできた。「欧州9カ国で販売される宝くじ『ユーロ・ミリオンズ』で1億2600万ユーロ(約167億円)の当せん者がスペインで出たことが分かった」。ちなみに、日本でこのクジを買うと刑法の「富くじ」に該当して法律違反になるので注意することです。現実にひっかかる人が多いのです。
  首都圏の事件発生は少なく体感治安は「レベル2(あお)」を維持する。

 

  ★【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦ました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪 ポイント100~80
レベル4 治安の悪化    ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向 ポイント 59~40
レベル2 治安の悪化の兆し ポイント 39~20
レベル1 平穏                ポイント 19以下
   【ポイント概数】
テロ・無差別殺人事件等         80~50 
路上殺人や連続殺人・連続強盗・強姦70~60
広域重要事件               50~40
肉親殺人事件(家族の皆殺し事件)    40~50
放火殺人                  50~30
強盗殺人                  50~20
連続放火              40~30
各項目に少年が絡む場合   +20~10
犯人逮捕記事は上記のポイント総数から -50から-10とする

その他、外的検討要件として外国や他県発生事件を判断基準に加えた。これら事件の新聞・テレビの扱いの程度(新聞では1面か社会面か。扱い段数等)とネットではブログニュースのアクセス人気度なども加えて総合的に判断した。マスコミ報道がなく平穏に感じるが、110番も多いこともあり全くの「平穏」(レベル1)をはずしています。カラーの数字がレベルを表示しています。

 

« 欧州9カ国で販売の宝くじで167億円当せん(11日) | トップページ | 世界遺産・平城宮跡に穴 奈良県警が文化財保護法違反で捜査(12日) »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★警視庁管内 体感治安レベル2:

« 欧州9カ国で販売の宝くじで167億円当せん(11日) | トップページ | 世界遺産・平城宮跡に穴 奈良県警が文化財保護法違反で捜査(12日) »