« 朝日阪神支局襲撃から22年(3日) | トップページ | 女性2人、腹部を刺され重体 鹿児島・霧島(3日) »

2009年5月 3日 (日)

車が建物に突っ込む 3人死亡 ひたちなか市(3日)

3日未明、茨城県ひたちなか市で、18歳の少年3人の乗った乗用車が道路沿いの建物に突っ込み、3人はいずれも車の外に投げ出されて死亡しました。3日午前3時ごろ、ひたちなか市阿字ヶ浦の市道で、乗用車が道路左側沿いにある建物に突っ込みました。この事故で、乗用車に乗っていた、いずれも那珂市に住む、会社員、竹林拓也さん(18)と会社員、北野一喜さん(18)、それに工場従業員、五位直貴さん(18)のあわせて3人が車の外に投げ出され、頭などを強く打って死亡しました。現場は、ほぼ直線の見通しのよい道路で、道路沿いには民宿や旅館などが立ち並び、車が突っ込んだ建物は夏の海水浴のシーズンだけ営業している宿泊施設で、中に人はいませんでした。事故現場の近くに住んでいる男性は「寝ていたらドーンというすごい音がして驚いて目が覚めた。現場に駆けつけてみたら、車が突っ込んで車も建物も壊れていた」と話していました。警察によりますと、死亡した少年3人は中学時代の同級生だということで、3日は仲間の少年たちが乗った別の車とともに現場付近の道路を走っていたということです。警察は、仲間の少年たちから話を聞いて、死亡した3人のうち誰が運転していたのかなど、事故当時の状況を詳しく調べています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/t10015768321000.html

 

« 朝日阪神支局襲撃から22年(3日) | トップページ | 女性2人、腹部を刺され重体 鹿児島・霧島(3日) »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 車が建物に突っ込む 3人死亡 ひたちなか市(3日):

« 朝日阪神支局襲撃から22年(3日) | トップページ | 女性2人、腹部を刺され重体 鹿児島・霧島(3日) »