« 次男帰宅直後に殺害か…愛知3人殺傷犯、夕食食べた可能性(11日) | トップページ | 北朝鮮:米国人記者拘束は計画的か 秘密警察が国境待機(11日) »

2009年5月11日 (月)

スピード違反の巡査長が検問突破、警官にけが負わす…埼玉(11日)

検問の警察官をはねて逃走したとして、埼玉県警久喜署は10日、川越署地域課巡査長松尾彰容疑者(26)(埼玉県鷲宮町西大輪)を自動車運転過失傷害と道交法違反(救護措置義務)の疑いで現行犯逮捕した。県警の発表によると、松尾容疑者は同日午前7時15分頃、久喜市樋ノ口の県道で、制限速度を37キロ超過してオートバイを運転。取り締まり中の久喜署員2人に停止を求められ、いったん減速した後、急加速して交通課の男性巡査長(28)をはね、足などに打撲を負わせて逃走した疑い。

 松尾容疑者は約1・6キロ走行した後、現場に戻ろうとして署員に現行犯逮捕された。自宅から勤務先の川越署に出勤途中で、調べに対し「速度超過で摘発されると上司に叱責されると思い、怖くなって逃げた。でも、悪いことをしたと思い、現場に向かった」と容疑を認めているという。福島達己・川越署副署長は「組織を挙げて交通事故防止に努めている中、署員がこのような事案を起こし誠に遺憾。再発防止に努めたい」とコメントした。http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090510-OYT1T00472.htmYomiuri_koudoku1_2

 

« 次男帰宅直後に殺害か…愛知3人殺傷犯、夕食食べた可能性(11日) | トップページ | 北朝鮮:米国人記者拘束は計画的か 秘密警察が国境待機(11日) »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スピード違反の巡査長が検問突破、警官にけが負わす…埼玉(11日):

« 次男帰宅直後に殺害か…愛知3人殺傷犯、夕食食べた可能性(11日) | トップページ | 北朝鮮:米国人記者拘束は計画的か 秘密警察が国境待機(11日) »