« 小沢代表辞任:検察幹部「証拠は十分」、公判に自信(12日) | トップページ | ひったくり手口紹介、防止策をアピール 警視庁(12日) »

2009年5月12日 (火)

架空社債容疑で家宅捜索へ 12日にも、福岡県警(12日)

 2008年に経営破綻した福岡市の不動産会社「丸美」=民事再生手続き中=が、架空の関連会社名義の社債を発行して資金を集めていた疑いが強まったとして、福岡県警は11日、有価証券偽造などの容疑で12日にも丸美本社などを家宅捜索する方針を固めた。捜査関係者が明らかにした。

 丸美をめぐっては、同社が販売したリゾート会員権の購入者らが「経営悪化を隠したうその説明で預託金をだまし取られた」として、詐欺容疑で熊本県警などに告訴状を提出している。福岡県警は熊本県警などと連携して押収資料を分析し、全容解明を進める。債権者らでつくる「丸美被害者の会」によると、丸美は2006年、関連会社名義の社債発行の窓口となり、2回にわたって少なくとも計約7億9000万円を集めた。

 しかし関連会社は実際には設立されておらず、昨年9月には当時の丸美側代理人の弁護士が同会に対して、関連会社が架空だったことを認めたという。丸美は1984年設立。マンション管理や会員制リゾート施設運営を展開したが、約210億円の負債を抱え、08年8月に民事再生法の適用を申請した。http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009051101001031.htmlHead_logo1

 

« 小沢代表辞任:検察幹部「証拠は十分」、公判に自信(12日) | トップページ | ひったくり手口紹介、防止策をアピール 警視庁(12日) »

生活関連事件(生安部の事件 風営法等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/44986096

この記事へのトラックバック一覧です: 架空社債容疑で家宅捜索へ 12日にも、福岡県警(12日):

« 小沢代表辞任:検察幹部「証拠は十分」、公判に自信(12日) | トップページ | ひったくり手口紹介、防止策をアピール 警視庁(12日) »