« 「番号持ち運び」不便解消…新携帯にメール転送、導入へ(5日) | トップページ | “変わったイントネーション”(5日) »

2009年5月 5日 (火)

愛知母子殺傷:母は殴殺か、工具が家に 台所などに血痕(5日)

Logo_mainichi1 愛知県蟹江町の一家3人殺傷事件で、母親の山田喜保子(きほこ)さん(57)の死因は頭部を複数回激しく殴打されたことによる脳障害で、凶器とみられる工具が現場の住宅内で見つかっていたことが4日、分かった。捜査関係者が明らかにした。工具には血をぬぐった跡があったという。屋内に3人のものとみられる財布も残されていたことから、県警蟹江署特別捜査本部は強盗目的のほかに、恨みによる犯行の可能性もあるとみて、一家にトラブルがなかったか調べる。特捜本部によると、次男雅樹さん(26)を刺殺した凶器とみられる包丁も、血を洗い流した状態で屋内から見つかった。捜査関係者によると、台所や洗面所から血痕が確認され、犯人が凶器や返り血を洗い流した可能性があるという。特捜本部は、工具と包丁がもともと家にあったものか、犯人が持ち込んだものか調べている。4日の司法解剖で、喜保子さんの遺体には頭を殴られた跡のほか、背中と顔に打撲痕、首に絞められた跡もあった。刺し傷は確認されなかった。一方、屋内から現金が入ったままの財布3個が見つかり、うち2個は雅樹さんと軽傷の三男勲さん(25)のものと確認された。3人の名義の通帳も残されていた。特捜本部は、残り1個の財布を喜保子さんのものとみて確認を急ぐとともに、なくなったものがないかさらに調べている。雅樹さんは2日正午過ぎ、1階西側の和室で背中を刺されて死亡しているのが見つかり、喜保子さんは3日に和室押し入れから遺体で見つかった。勲さんは2日午前2時ごろ、帰宅した際に玄関で後ろから襲われ気を失った。事件発覚時、玄関と1階の窓はすべて施錠され、家の鍵は玄関先の敷地内に落ちていた。【福島祥、秋山信一、中村かさね】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090505k0000m040085000c.html

母の頭・顔、執拗に殴られる…愛知・蟹江の3人殺傷

Yomiuri_koudoku1_2  愛知県蟹江町の親子3人殺傷事件で、殺害された会社員山田喜保子さん(57)は、頭や顔を鈍器のようなもので執拗に殴られていたことが4日、わかった。次男のケーキ店店員雅樹さん(26)を刺したとみられる柄の外れた包丁も洗面台で見つかり、県警特別捜査本部は指紋やDNAなどの鑑定を進めている。また、玄関で襲われた三男で会社員の勲さん(25)は、犯人が金を要求した時の口調について「外国人のようなイントネーションだった」と話しているという。

特捜本部などによると、司法解剖の結果、喜保子さんの死因は、頭部を鈍器で殴られたことによる外傷性脳障害と判明。

(

頭蓋骨が

割れるほど何度も殴られ、両腕には抵抗した際にできた打撲痕があったほか、首にひものようなもので絞められた跡もあった。刺し傷とみられた背中の傷は、鈍器による擦過傷などだった。室内にスパナなどの鉄製工具があり、特捜本部が傷口と一致するか調べている。洗面台で見つかった包丁は、刃が柄から外れた状態で、刃の部分は水を張った洗面台に浸され、柄は蛇口の近くに置かれていた。水道水は出しっぱなしで、血を洗い流したとみられている。包丁は強い衝撃で刃の根元から外れており、犯人が手などにけがをしている可能性もあるという。一方、勲さんが特捜本部にした説明によると、勲さんは1日午後9時半頃から2日午前2時頃まで名古屋市内で友人と飲酒し、タクシーで帰宅。玄関で後方から男に首を刺され、両手を電気コードで何重にも巻かれたほか、顔も粘着テープで巻かれ、2人の遺体が見つかった1階和室に寝かされたという。勲さんは「男の顔を一瞬見た」と話しているが、もみ合った際に意識を失ったため、男の特徴や服装などははっきり覚えていないという。 室内には3人の名義の通帳と、現金の入った財布三つが残されていたほか、血の付いた複数の衣類も見つかった。http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090505-OYT1T00035.htm

 

« 「番号持ち運び」不便解消…新携帯にメール転送、導入へ(5日) | トップページ | “変わったイントネーション”(5日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛知母子殺傷:母は殴殺か、工具が家に 台所などに血痕(5日):

« 「番号持ち運び」不便解消…新携帯にメール転送、導入へ(5日) | トップページ | “変わったイントネーション”(5日) »