« トイレに拳銃と手錠を置き忘れる 長野県警巡査長(4日) | トップページ | 重機使ってATMを盗んだ疑い 兵庫、5人逮捕 (4日) »

2009年5月 4日 (月)

週刊新潮の検証コーナーも 朝日新聞阪神支局襲撃事件から22年(4日)

 散弾銃で記者2人が殺傷された朝日新聞阪神支局襲撃事件は3日、発生から丸22年を迎えた。現場となった兵庫県西宮市の同支局1階には拝礼所が設けられ、亡くなった小尻知博記者=当時(29)=の遺影に、多くの市民が手を合わせて冥福(めいふく)を祈った。

 同支局3階ではこの日、小尻記者が発生当時に着用していたジャンパーや、手書きの原稿用紙などを展示。また、週刊新潮が事件の実行犯を名乗る男性の手記を連載し、後に誤報を認めた問題で、新聞各社の社説や検証記事などを紹介する特別コーナーも設けられ、多くの人が見入っていた。小尻記者から取材を受けたことがあり、毎年献花に訪れているという市民団体代表の吉川恵子さん(51)=大阪府茨木市=は「言論の自由を暴力で封じ込めるなんて本当に卑怯(ひきよう)なやり方だと思う。このような事件があったことを、いつまでも忘れない」と犯人への怒りをあらわにした。

 一方、広島県呉市にある小尻記者の実家では故人の法要が営まれ、遺族や同社幹部ら25人が参列。父親の信克さん(81)は、「この22年間はあっという間だった。でたらめのものではなく、本当の犯人や事件の真相を知りたい気持ちに変わりはない」と話した。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/economy/business/090503/biz0905032054005-n1.htm

 

« トイレに拳銃と手錠を置き忘れる 長野県警巡査長(4日) | トップページ | 重機使ってATMを盗んだ疑い 兵庫、5人逮捕 (4日) »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/44890110

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊新潮の検証コーナーも 朝日新聞阪神支局襲撃事件から22年(4日):

« トイレに拳銃と手錠を置き忘れる 長野県警巡査長(4日) | トップページ | 重機使ってATMを盗んだ疑い 兵庫、5人逮捕 (4日) »