« 路上に1万円札749枚 「不審な男」の通報も 神奈川(8日) | トップページ | 「なに使っているんだ」警察官の携帯折った男を逮捕 (8日) »

2009年5月 8日 (金)

足利事件 菅家受刑者のDNA型と不一致(8日)

栃木県足利市で平成2年、4歳女児が殺害された「足利事件」で殺人罪などに問われ、無期懲役が確定した元幼稚園バス運転手、菅家利和受刑者(62)の再審請求即時抗告審で、東京高裁(矢村宏裁判長)が嘱託した2人の鑑定医が8日、鑑定結果を同高裁に報告、高裁が弁護・検察側双方に結果を伝えた。弁護側は2件の鑑定結果はともに、菅家受刑者のDNA型と女児の下着に付着した体液が一致せず、同一人物ではないという結果だったと明かした。鑑定は、検察側と弁護側双方の推薦を受けた鑑定医が行い、結果を受け取った東京高裁は同日、鑑定結果を検察・弁護側双方に伝えた。

 弁護側によると、検察官推薦の鑑定人の結果は「DNA型の多くが異なるので同一人に由来しない」、一方、弁護人推薦の鑑定人の結果は「いかなる偶然性を排除しても、不一致の結果は個人が同一である可能性はあり得ないといっても過言ではない」とのものだったという。高裁は今後、鑑定結果をふまえて再審請求の可否を判断することになる。DNA型が一致したする捜査段階での鑑定結果を有力な証拠として判決が確定しているため、今回の鑑定結果が与える影響は大きいとみられる。高裁が鑑定結果を踏まえて、どのような判断を下すのかが注目される。確定判決によると、菅家受刑者は2年5月、足利市内のパチンコ店から女児を誘い出し、首を絞めて殺害したとされる。

 菅家受刑者は翌年逮捕され、容疑を認めたが、1審途中に無罪主張に転じた。だが当時、日本で捜査に導入されたばかりのDNA鑑定では、菅家受刑者のDNA型と犯人が残したとみられる女児の下着に付着した体液が一致したとする結果が出た。弁護側はDNA鑑定の信用性などを争ったが、最高裁は12年、DNA鑑定の証拠能力を初めて認定、上告を棄却した。その後、菅家受刑者側が宇都宮地裁に再審を請求。DNA型が一致しない疑いがあるとする独自の鑑定書を提出したが、昨年2月、宇都宮地裁は再審請求を棄却している。

Banner_logo_051_6 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/251377/

 

« 路上に1万円札749枚 「不審な男」の通報も 神奈川(8日) | トップページ | 「なに使っているんだ」警察官の携帯折った男を逮捕 (8日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 足利事件 菅家受刑者のDNA型と不一致(8日):

« 路上に1万円札749枚 「不審な男」の通報も 神奈川(8日) | トップページ | 「なに使っているんだ」警察官の携帯折った男を逮捕 (8日) »