« 玄関から侵入・逃走か 橿原の主婦殺人 奈良(10日) | トップページ | 3人殺傷 靴を履き替え逃走か(11日) »

2009年5月10日 (日)

愛知・蟹江町一家3人殺傷事件 殺害された母親が家族に用意した夕食を犯人が食べた可能性(10日)

愛知・蟹江町で起きた一家3人殺傷事件で、殺害された母親が家族に用意した夕食を、犯人が食べた可能性があることがわかった。この事件では、愛知・蟹江町の山田 喜保子さん(57)と次男の雅樹さん(26)が殺害され、三男の勲さん(25)が首や背中を刺され、けがをした。
1階の台所には、喜保子さんが雅樹さんらのために用意したタケノコや煮魚などの夕食があったが、その後の調べで、家族以外の者がつまんだような形跡があることがわかった。
勲さんの証言などから、犯人は室内に少なくとも10時間以上いたとみられ、警察は、犯人が家族の夕食を食べた可能性もあるとみて、だ液の鑑定なども進めている。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00154828.html

Logo1

 

« 玄関から侵入・逃走か 橿原の主婦殺人 奈良(10日) | トップページ | 3人殺傷 靴を履き替え逃走か(11日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛知・蟹江町一家3人殺傷事件 殺害された母親が家族に用意した夕食を犯人が食べた可能性(10日):

« 玄関から侵入・逃走か 橿原の主婦殺人 奈良(10日) | トップページ | 3人殺傷 靴を履き替え逃走か(11日) »