« 2009年5月20日 | トップページ | 2009年5月22日 »

2009年5月21日

2009年5月21日 (木)

中央大理工学部キャンパス教授殺害事件 卒業生で教え子の20歳代の男を殺人容疑で逮捕(21日)

2009年1月、東京・文京区の中央大学理工学部の教授が殺害された事件で、警視庁は21日夜、卒業生で教授の教え子の20歳代の男を殺人の疑いで逮捕した。
この事件は2009年1月14日、東京・文京区の中央大学理工学部のキャンパス内のトイレで、高窪 統(はじめ)教授(45)が腹や背中など数十カ所を刺され、殺害されたもの。
警視庁は21日夜、卒業生で高窪教授の教え子だった20歳代の男を、殺人の疑いで逮捕した。警視庁は21日夜にも、会見を行うことにしている。Logo1_2
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00155663.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

裁判員裁判の対象、初日は殺人未遂など起訴4件(21日)

裁判員制度がスタートした21日、全国では殺人未遂や強盗致傷など4件の裁判員裁判対象事件が起訴され、国民の司法参加に向けて第一歩を踏み出した。 4件については今後、争点や証拠を整理する公判前整理手続きで公判日程が決められた後、それぞれの地域に住む50~100人の裁判員候補者に、地裁から呼び出し状が送付されることになる。

 初日に起訴された事件を地裁別にみると、千葉が殺人未遂と強盗致傷、青森が強盗致傷、秋田が現住建造物等放火未遂だった。公判前整理手続きは、裁判官と検察官、弁護人などで行われ、その後の裁判員候補者の選任手続きは、主に地裁が行う。呼び出し状は初公判の6週間前までに送付されるため、裁判は最速でも7月下旬以降になる見通し。

 一方、この日は裁判所、検察庁、弁護士会の法曹3者の代表が東京都港区で共同記者会見に臨んだ。山崎敏充・最高裁事務総長は「安心して参加いただきたい」と呼びかけ、樋渡利秋・検事総長は「今日から刑事裁判は変わる」と宣言。宮崎誠・日本弁護士連合会会長は「被告の権利が保障された刑事手続きの実現に力を尽くす」と決意を述べた。(2009年5月21日22時33分  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090521-OYT1T00967.htmYomiuri_koudoku1_3

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

職質中の女 農薬飲む? 身柄確保も重体 秋田2人殺傷事件(21日)

21日午後、秋田市の製材会社「高谷林業」事務所に何者かが侵入、女性事務員2人が包丁のようなもので刺され1人が死亡した事件で、秋田中央署は同日、事件に関係すると思われる重要参考人の女の身柄を確保したと発表した。同署によると、女は同日午後3時半ごろ、岩手県内で同県警捜査員の職務質問を受け、自分の車の中にあった農薬のような液体を飲んだという。女はその後病院に運ばれたが、意識不明の重体。同署によると、被害にあった2人の同社事務員のうち、同市寺内児桜、井沢千代美さん(46)は背中などを刺されてまもなく死亡、由利本荘市一番堰、宮沢史子さん(40)も下腹部や右足などを刺され重傷。犯人は、作業服姿で無言のまま2人を刺した後、逃走していた。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/256611/Banner_logo_051_6

女性2人刺され1人死亡 逃げた女、身柄確保 秋田市

2009年5月21日20時48分

Logo3_5 21日午後0時20分ごろ、秋田市新屋比内町の製材会社「高谷林業」事務所に、文化包丁を持った作業服姿の女が押し入り、同社事務員井沢千代美さん(46)=同市寺内児桜3丁目=の背中を刺し、さらに同宮沢史子さん(40)=秋田県由利本荘市一番堰=の腹部を刺し、逃走した。井沢さんは搬送先の病院でまもなく失血死した。宮沢さんは重傷だが、意識はあるという。同じ会社に勤める従業員の女(31)が事件に関与している可能性が高いとみて、警察が殺人容疑で行方を追っていたところ、同日午後3時半ごろ、岩手県西和賀町の国道で車を運転していた女を、検問中の岩手県警の警察官が発見した。職務質問をしている途中、女は車内で殺虫剤のような薬物を突然飲み、意識不明の重体となった。 これまでの秋田県警の調べによると、女は同じ会社の別営業所に勤めていたものの、井沢さん、宮沢さんとはトラブルはなかったという。県警は女の回復を待って、事情を聴く方針。女は1人で車を運転していたという。 http://www.asahi.com/national/update/0521/TKY200905210176.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

★警視庁管内 体感治安レベル2

首都東京の体感治安(22日
  (単位・レベル)

2 教授刺殺事件の犯人逮捕

【治安解説】大手ゼネコン、大成建設(東京都新宿区)と鹿島(港区)の各支店や、新宿区で両社がそれぞれ施工する大規模建設工事の現場事務所の計4カ所に、ライフル銃の銃弾のような金属が入った封筒が郵送されていたことが警視庁の調べで分かった=毎日新聞

 毎日新聞によると、封筒が送られたのは今月中旬で、大成建設東京支店(新宿区西新宿)と現場事務所(同)、鹿島の東京建築支店(港区元赤坂)と現場事務所(新宿区北新宿)の計4カ所。警視庁は火薬類取締法違反容疑で捜査しているというから実弾に間違いないだろう。

 銃弾の送付と言えば、今年2月にNHK放送センター(東京)や長野県、北海道など全国4カ所の放送局に送られている。3月18日までの報道によると銃弾は、旧日本軍のものとみられ、郵送に使われた封筒はいずれも「エクスパック500」で、静岡県内で販売され、東京・神田郵便局の2月23日の消印があったというが未解決になっている。

 こうした実弾を送り付ける事件は、これまでも度々発生しているが、右翼など思想関係者が関与、犯行声明が出される場合が多く、公安部扱いの事件となっている。
 NHKに送り付けられた事件では一部に「赤報隊」と印刷された紙が入っていたが、当時は朝日新聞阪神支局銃撃事件で、新潮社による誤報事件が話題になっていたことから、マニアによる犯行との見方も出ていた。
 今回の事件は、大手ゼネコンに照準が合わせられているように見られる。「4カ所」は偶然の一致だろうが、なんとなく不気味な事件ではある。

 今年1月、東京都文京区の中央大学後楽園キャンパス校舎内で、理工学部教が刺殺された事件で、警視庁は21日夜、同学部卒業生でアルバイト店員の山本竜太容疑者(28)=神奈川県平塚市=を殺人容疑で逮捕した。体感治安は「レベル2(ブルー)の現状維持とする。

「日本列島 本日の振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.htmlは新手口を含めて2件。

 

続きを読む "★警視庁管内 体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性2人刺される 重要参考人の身柄確保(21日)

21日昼過ぎに秋田市の「高谷林業」で女性2人が刺された事件で、警察は重要参考人の女性の身柄を確保し、任意で事情を聴いている。 刺された女性は1人が死亡、1人が重傷。

Noimage_120x901  http://www.news24.jp/135871.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

実弾?:大成、鹿島に 現場事務所など、4カ所へ郵送(21日)

大手ゼネコン、大成建設(東京都新宿区)と鹿島(港区)の各支店や、新宿区で両社がそれぞれ施工する大規模建設工事の現場事務所の計4カ所に、ライフル銃の銃弾のような金属が入った封筒が郵送されていたことが警視庁の調べで分かった。同庁は、火薬類取締法違反容疑などで差出人の特定を急ぐとともに、金属の鑑定を進めている。また、工事を巡り嫌がらせなどのトラブルがなかったか両社関係者から事情を聴いている。捜査関係者によると、銃弾のような物が入った封筒は今月中旬、大成建設東京支店(新宿区西新宿6)と現場事務所(同区西新宿8)、鹿島の東京建築支店(港区元赤坂1)と現場事務所(新宿区北新宿2)の計4カ所に届いた。いずれも都内の同じ郵便局の消印が押されていた。差出人の名前は書かれていなかったが、封筒の形状が似ていることなどから、警視庁は同一犯の可能性が高いとみている。東京都などによると、両社が施工しているのは、新宿副都心の再開発に伴い複合ビルやマンションなどを建設する各1000億円規模の大型プロジェクト。既に着工しており、11年度中の完成を目指している。 大成建設広報部は「当局が捜査中であり、コメントは差し控えたい」、鹿島広報室は「当局の指導もあり、コメントは控える」としている。【佐々木洋、神澤龍二】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090521ddm041040131000c.htmlLogo_mainichi1_4

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

現場の体液とDNAが一致 8才女児強姦未遂で無職男を逮捕(21日)

東京都杉並区内の民家に侵入し、小学生の女児=当時(8)=を乱暴しようとしたとして、警視庁杉並署は住居侵入と強姦未遂の疑いで同区梅里、無職、及川勝利被告(40)=別の強姦事件で逮捕、起訴=を再逮捕した。同署によると、及川容疑者は「覚えていない」と容疑を否認している。同署の調べによると、及川容疑者は平成19年7月下旬、杉並区内の民家に侵入し、この家に1人でいた小学生の女児を乱暴しようと、体を触るなどした疑いが持たれている。及川容疑者は今年3月、同区内のアパートに侵入し、30代の女性を乱暴したとして強姦容疑で現行犯逮捕、起訴されていた。同署によると、女児の家に残されていた体液と、及川容疑者のDNA型が一致したという。Banner_logo_051_5 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/256481/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性2人刺され1人死亡、女が逃走 秋田市女?(朝日) 製材事務所で女性2人切りつけられる 1人は意識不明=イザ(21日)

21日午後0時25分ごろ、秋田市新屋比内町のコンビニエンスストア店員から「人が刺されたようだ」と110番通報があった。秋田県警によると、コンビニエンスストアと道路を挟んで向かいにある製材会社「高谷林業」事務所内に、文化包丁を持った女性が突然押し入り、秋田市寺内児桜3丁目の同社事務員井沢千代美さん(46)の背中を刺し、由利本荘市一番堰の同宮沢史子さん(40)の腹部を刺し、そのまま逃走したという。井沢さんは搬送先の病院でまもなく出血死した。宮沢さんは重傷だが、意識はあるという。秋田県警は殺人容疑で逃げた女性の行方を追っている。 逃走中の容疑者は年齢が20~30代、身長は160センチ程度という。紺色の作業服上下と帽子、白いマスクを身につけていたという。http://www.asahi.com/national/update/0521/TKY200905210176.htmlLogo3_4

 21日午後0時20分ごろ、秋田市新屋比内町の製材会社「高谷林業」の事務所に何者かが侵入し、包丁のような刃物で事務所内にいた40代の女性職員2人の腹や背中などを切りつけ逃走した。2人のうち1人は意識不明の重体。犯人は作業服姿で女のようだったという。県警秋田中央署は傷害事件として緊急配備を敷き犯人の行方を追っている。同署によると、犯人は20~30歳代の女と見られ、身長約160センチで中肉。紺色の帽子に紺色の上下作業服、白っぽいマスク姿だった。事件当時、事務所内には女性職員2人と男性職員の計3人がいたといい、事件後、けがをした女性職員2人が近くのコンビニに「女に刺された」と助けを求め、店員が110番したという。現場はJR新屋駅の西約500メートルにある県道沿いの住宅街。現場近くに住む和田吟次郎さん(81)は被害にあった会社社長の男性と知人という。「長年ここに住んでいるがこんなことは初めて。社長はいい人で恨みを買う人ではない。トラブルなどの話は聞いたことがない。犯人の行方が分からず不安だが、逃げ切れるはずがない」と不安げな表情で話した。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/256504/

Banner_logo_051_4

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

コシ・トラスト社長ら逮捕 三井住友銀、100億円が回収不能(21日)

三井住友銀行から融資金約1億円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は21日、詐欺容疑で不動産会社「コシ・トラスト」(東京都渋谷区)社長、中林明久容疑者(40)ら6人を逮捕した。同行ではコシ社を通じた融資のうち約100億円が回収不能となっており、融資の一部が暴力団関係者に渡っていたとみられる。捜査2課は資金の流れなどの実態解明を進める。捜査2課の調べによると、中林容疑者らは平成18年ごろ、返済が不可能であることを知りながら、融資に必要な決算書を偽造して同行に提出するなどして、同行から約1億円の融資を引き出し、詐取した疑いが持たれている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/256561/Banner_logo_051_3

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

融資を詐取か 社長ら逮捕へ(21日)

三井住友銀行に融資先を紹介していた東京の不動産会社の社長らが、営業の実態がほとんどない会社の改ざんした決算書を提出して、融資を受けた1億円をだまし取っていた疑いが強まったとして、警視庁は、詐欺の疑いで社長らの取り調べを始めました。容疑が固まりしだい逮捕するとともに、社長らが紹介した融資のうち、およそ100億円が焦げ付いていることから、巨額の融資の実態解明を進める方針です。http://www3.nhk.or.jp/news/t10013118061000.htmlNews_pic1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

母親と内縁の夫に遺棄致死容疑で逮捕状 西淀川女児遺棄(21日)

大阪市西淀川区の市立佃西小4年、松本聖香さん(9)の遺体が奈良市内の山中に遺棄された事件で、西淀川署捜査本部は21日、保護責任者遺棄致死容疑で、母親の松本美奈(34)と内縁の夫、小林康浩(38)の両被告=ともに死体遺棄罪で起訴=の逮捕状を取った。同日午後にも再逮捕する。捜査本部は殺人容疑での立件を目指していたが、聖香さんに対する殺意の立証は困難と判断したとみられる。捜査関係者によると、両被告は4月5日午後、虐待を受けて衰弱していた聖香さんを、病院に連れていくなど保護が必要な状態だったにもかかわらず、十分な処置を取らずに自宅ベランダに放置して死亡させた疑いが持たれている。聖香さんは当時、食事を与えられなかったり、暴行されたりして、自分で立ち上がれないほど衰弱。死亡前日の4月4日夕には小林被告から足げにされるなど激しい暴行を受けていた。しかし、暴行と死亡との因果関係が判明せず、殺意の立証も困難な見通しになったため、殺人や傷害致死容疑での立件を断念した。また、両被告とともに死体遺棄罪で起訴された知人の杉本充弘被告(41)については、関与は薄いとして保護責任者遺棄致死容疑での立件を見送る。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/256438/

Banner_logo_051_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

取り調べ中に脱走した男を詐欺で再逮捕・茨城(21日)

茨城県で取り調べ中に警察署から脱走した罪で起訴された男が、去年、交通事故を偽装して保険金をだまし取ったとして再逮捕されました。詐欺の疑いで逮捕されたのは、無職の柘植直人容疑者(24)です。柘植容疑者は去年5月、水戸市の路上で、仲間の男が運転する車にわざと車をぶつけ、保険会社から修理代など約200万円をだまし取った疑いが持たれています。柘植容疑者は先月、別の窃盗未遂事件で取り調べ中、警察官に睡眠薬が入ったお茶を飲ませて眠らせ、逃走した罪などで20日に起訴されました。柘植容疑者は調べに対し、「お金をだましたことに間違いありません」と容疑を認めているということです。http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news.html?now=20090521083351Annlogo1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉市稲毛区で男性がスプレー吹きつけられ約160万円が奪われた事件で男3人を逮捕(21日)

千葉市で1月、会社員の男性がスプレーのようなものを吹きつけられ、現金およそ160万円が奪われた事件で、3人の男が逮捕された。強盗致傷の疑いで逮捕された風俗店店長・秋元拓耶容疑者(20)ら3人は1月13日、千葉市稲毛区の産廃処理会社の駐車場で、会社員の男性(56)にスプレーを吹きつけ、およそ160万円入りの封筒を奪い逃走した疑いが持たれている。男性は社員の給料を運ぶ途中で、顔に軽傷を負った。
警察は、犯行の動機などを追及している。http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00155607.htmlLogo1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

★日本列島 本日の振り込め詐欺(21日)2件

振り込め詐欺:疑いある業者名公開 県警「参考にして相談を」 /富山

Logo_mainichi1_3 県内の振り込め詐欺被害の約半数が「サイトの利用料」などを名目にした架空請求詐欺であることを受け、県警はホームページ(HP)上で、架空請求をしている疑いのある業者リストの公開を始めた。県警は「心当たりのない請求が来たら、リストを参考にして警察に相談してほしい」と呼びかけている。リストは県警HPの「振り込め詐欺に関する情報」の欄から、「最近の架空請求詐欺について」をクリックすると閲覧できる。現在、16業者名と電話番号、請求内容を掲載している。県警は先月、受け取った架空請求メールを転送できるよう、専用アドレスを開設。先月末までに県民から寄せられた約50件のメールを元にリストを作成した。県内では今年1~4月、計22件の振り込め詐欺被害があり、このうちサイト利用料名目の被害が14件、被害総額は約1240万円に上る。被害者は20~30代が多く、富山市の20代の男性会社員は計約200万円をだましとられた。 県警は引き続き、架空請求メール転送用のアドレス(stopfurikome@esp.pref.toyama.lg.jp)で情報を受け付けている。【岩嶋悟】

http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20090520ddlk16040530000c.html

息子名乗る男「新型インフルで声変わった」<5/21 15:24>

Noimage_120x901_2 国内で新型インフルエンザの感染が広がる中、長野県で新型インフルエンザをかたった振り込め詐欺未遂事件が発生した。 19日午後9時半ごろ、長野・下高井郡の50歳代の男性宅に息子を名乗る男から電話があった。男は「借金の保証人になり、困っている」と言って、男性の携帯電話の番号を聞き出し、現金を要求しようとしたが、男性が息子と声が違うことを問いただすと、男は「新型インフルエンザにかかって声が変わっている」と答えたという。 その後、男性は息子に電話をかけて確認し、被害には遭っていない。 http://www.news24.jp/135861.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性不明:警視庁、山梨で再び山林捜索へ(21日)

 昨年4月から東京都江戸川区の無職、石田佳奈子さん(当時19歳)が行方不明になっている事件で、警視庁捜査1課は21日、石田さんのブーツなどが発見された山梨市周辺の山林を捜索する。昨年も捜索したが安否はつかめず、今回は捜索区域を広げ数十人態勢で遺留品などの発見に全力を挙げる。この事件では、出会い系サイトで知り合った石田さんをワンボックスカーで監禁し山梨県内まで連れ回すなどしたとして、東京都青梅市の男性(27)が監禁と覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された。監禁容疑は処分保留となったが、覚せい剤取締法違反(使用、所持)罪などで執行猶予付きの有罪判決を受けている。【神澤龍二】http://mainichi.jp/select/today/news/20090521k0000m040153000c.htmlLogo_mainichi1_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

行方不明:千葉の58歳社長、5月初めに…携帯つながらず(21日)

千葉市内にあるパチンコ景品卸売会社社長の男性(58)が、5月初めに自宅を出たまま行方不明になっていることが20日、千葉県警への取材で分かった。男性には自ら失踪(しっそう)する理由がないことなどから、県警捜査1課は事件に巻き込まれた可能性が高いとみて捜査を始めた。捜査関係者によると、男性の行方が分からなくなったのは5月1日ごろ。同市若葉区の自宅を出る姿を付近住民が目撃しており、前後して「用事を済ませたので今からそちらへ向かう」と知人宅に電話をしたことが確認されている。だが、知人宅には現れず消息を絶った。親族や友人らに連絡した形跡もなく、家族が4日、県警千葉東署に捜索願を出した。男性の所有する乗用車2台は自宅近くに止められたままで、携帯電話はつながらない状態という。付近住民によると、男性が金銭や仕事上のトラブルを抱えているという話は聞いていないという。

 民間信用調査機関などによると、この景品卸売会社は75年に設立された。パチンコ店に景品を卸すほか、家庭用雑貨販売や古物売買業などを手がけている。男性は82年に入社し92年に社長に就任。県内を中心に首都圏のパチンコ店と取引するまでに業績を拡大し、08年4月期の決算では年間200億円の売上高があった。http://mainichi.jp/select/today/news/20090521k0000m040152000c.htmlLogo_mainichi1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

生後1か月の女児、父親虐待で2回も骨折…1歳兄にも骨折跡(21日)

 生後1か月の長女を踏みつけ、大けがをさせたとして、京都府警は20日、父親で同府城陽市の無職男(30)を傷害容疑で逮捕した。長男(1)にも肋骨骨折の跡があり、男が「長女と同じようなことをした」と供述していることから、府警は長男への虐待についても追及する。

 発表では、男は1月20日昼頃、自宅寝室で、うつぶせに寝かせた長女の背中を足で1~2回踏みつけ、肋骨骨折などで2か月の重傷を負わせた疑い。「泣きやまず、カッとなってやった」と供述している。長女は暴行後、同府宇治市の病院に救急搬送。男は「ベッドから落ちた」と説明したが、診察した医師が2日後、虐待の疑いがあるとして児童相談所と府警に通報した。長女には以前にも肋骨を骨折した跡があり、同相談所が、長男についても病院で検査した結果、同様の跡が見つかったという。男は妻子らと5人暮らし。長女と長男は現在、府内の児童福祉施設に預けられている。http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090520-OYT1T01154.htmYomiuri_koudoku1_2

(2009年5月21日00時04分  読売新聞)

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「一括納税なら死ぬまで無税」と500万詐取…大阪府警捜査(21日)

大阪市は20日、市の税務職員を名乗る男が「税金を一括納付すれば死ぬまで払わなくていい」とウソをつき、淀川区内の男性(82)から現金500万円をだまし取る事件があったと発表した。同日、男性から被害届を受けた大阪府警淀川署が詐欺容疑で捜査を始めた。

 市によると、男は18日、税務職員を装って男性宅を訪問し、架空の納税制度の説明文書を示しながら「今後10年間で1000万円の税金がかかるが、一括で500万円納めれば一生払わなくて済む」「70歳以上の高齢者対象の制度」と偽って現金を用意するよう要求。男性は銀行から500万円を引き出し、19日、再び訪れた男に手渡したという。男性は一人暮らし。不審に思って20日、区役所に確認し、発覚した。 同市内で他に同様の被害報告はないが、市の担当者は「一括納税による軽減措置はない。税務職員であれば、写真入りの徴税吏員証を携帯しているので、提示を求めてほしい」と注意を呼びかけている。(2009年5月21日07時14分  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090521-OYT1T00078.htm?from=topYomiuri_koudoku1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東海・東南海・南海地震15~30分差発生なら津波2倍(21日)

東海、東南海、南海地震が15~30分ほどの時間差で連動して起きると、津波の高さが政府が想定する同時発生の場合の2倍に達する恐れがあることが、東京大総合防災情報研究センターなどの解析で分かった。千葉市で開催中の日本地球惑星科学連合大会で21日、発表する。 解析によると、東南海地震が最初に発生し、その15~30分後にかけて南海地震や東海地震が次々に連鎖すると発生した津波が重なり合って、最大で土佐湾や駿河湾で波の高さが10メートル程度に達する。

 政府の中央防災会議は、東海地震と東南海・南海地震について、駿河湾では2~10メートル、土佐湾で5メートル以上の津波を想定している。今回の解析は一部で政府想定の2倍程度になった。 3地震は、過去に同時や数日後、数年後の連動発生を繰り返してきた。連動型の場合、救援や復興計画に大きく影響するため、文部科学省は08年度から連動性を評価するプロジェクトを始めている。この研究もその一環で、別々に行われてきた津波と地震の研究を統合して精密にシミュレーションした。

 東京大の古村孝志教授は「3地震合わせて全長600キロもの震源域が同時に動くことは考えにくい。今後は時間差発生も視野に研究を深める必要がある」と話している。(鈴木彩子) http://www.asahi.com/science/update/0521/TKY200905210004.htmlLogo3_3

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「睡眠薬、証拠品から抜き取る」水戸の容疑者逃走で検証(21日)

茨城県警水戸署で取り調べ中の警察官が眠ったすきに容疑者が逃げた事件で、県警は20日、原因について「容疑者の所持品だった証拠品のバッグを警察官が不必要に被告に触らせたため、バッグの中にあった睡眠薬を抜き取られた」などとする検証結果を公表した。

 県警によると、同県那珂市、無職柘植直人被告(24)=加重逃走罪で起訴=は4月24日夕、別の窃盗未遂事件の取り調べ中に、犯行現場に残してきたセカンドバッグを確認するよう警察官に求められた。その際、バッグの内ポケットに入れてあった睡眠薬10錠余りを抜き取った。その後、お茶に混入して警察官を眠らせ、鉄格子を外して逃走したが、5日後に水戸市内で逮捕された。県警によると、証拠品はポリ袋に保管し、取り調べ中も必要がなければ容疑者にじかに触れさせることはないという。 http://www.asahi.com/national/update/0520/TKY200905200366.htmlLogo3_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

新型インフル、東京・川崎の女子高生2人感染 NY帰り(21日)

東京都と川崎市は20日、それぞれ1人ずつ新型の豚インフルエンザの感染者が確認された、と発表した。関係者によると、2人はいずれも川崎市内にある洗足学園高校の2年の女子生徒で、ニューヨークでの行事に参加し、19日に帰国した。八王子市の生徒(16)は同市内の東京医大八王子医療センターに、川崎市の生徒(16)は市立川崎病院に入院した。都と市は2人と接触した人たちの健康調査を行う。

 都や川崎市などによると、2人はニューヨークで開かれた高校生らの国際イベント「模擬国連全米大会」(14~16日)に出席するために11日に渡米。現地のホテルでは同じ部屋に泊まっていた。19日午後2時ごろ、コンチネンタル航空09便で成田空港に到着。2人とも機内で発熱したため、検疫でインフルエンザの簡易検査を受けたが、陰性だったことから、帰宅した。2人は成田空港からそれぞれ別のバスで移動し、電車を乗り継ぎ、タクシーなどで帰宅。生徒は帰宅途中、成田空港の検疫官の指示でマスクをしていたという。2人とも20日に高熱が出たため、地元の感染症指定医療機関や発熱外来を受診。簡易検査でインフルエンザA型が陽性だったため、ウイルスの遺伝子検査を受けていた。

 八王子市の生徒は20日午前時点で約39度の熱があり、せき、のどの痛みなどの症状があり、川崎市の生徒も同日夜、約38度の熱があり、のどの痛みなどを訴えているが、いずれも症状は安定しているという。2人の家族には症状はないという。模擬国連には、2人のほかに洗足学園から4人と引率者1人が参加。都内3校、神奈川県内1校、千葉県内1校からも生徒2人ずつが参加した。洗足学園は渡航者の帰国後、全員を自宅に待機させており、ほかの生徒らと接触しないようにしているという。

 都と川崎市は感染症法に基づき、患者と接触した人たちを確認し、症状の有無などの調査に着手。政府のガイドラインに基づき、接触度合いが高い人には、症状の有無にかかわらず予防的に抗インフルエンザ薬を使用させる。厚労省の21日未明までの調べでは、感染者らと同じ機内で近くに座っていた濃厚接触者は25人で、このうち入国したのは17人。日本人が6人、米国人10人、スペイン人1人。 朝日新聞社の集計では、国内の感染者は20日現在、東京、神奈川、大阪、兵庫、滋賀で計267人。http://www.asahi.com/national/update/0520/TKY200905200297.htmlLogo3 

休校や集会自粛は求めず 新型インフルで東京都・川崎市

東京都と川崎市は20日夜、新型インフルエンザに感染した女子生徒の行動範囲が極めて限定的だったことなどを理由に、現段階では学校・保育園の休校・休園や、集会などの自粛要請は不要と判断した。八王子市もこうした都の方針に同調するとしている。http://www.asahi.com/politics/update/0521/TKY200905200396.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

放火?交番のポスター燃える 神戸市(21日)

 20日午後9時20分ごろ、神戸市兵庫区中之島のビル2階の運送会社社員から「1階の交番のポスターが燃えていたので消した」と110番があった。兵庫署員が駆けつけたところ、ビルの1階に入居する中之島交番の壁の一部が焦げているのを見つけた。近くに火の気がないことから、同署は器物損壊の疑いで捜査している。同署によると、同交番は1人勤務で、出火当時はパトロールのため不在だったという。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/256259/Banner_logo_051

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

林真須美被告、死刑が確定 最高裁が訂正申し立て棄却(21日)

 98年7月に和歌山市で夏祭りのカレーにヒ素が混入され4人が殺害された事件で、最高裁第三小法廷(那須弘平裁判長)は、殺人罪などに問われた林真須美被告(47)が出した、同小法廷判決への訂正申し立てを棄却する決定をした。18日付。これにより、林被告の死刑が確定した。 林被告は「自分はカレー事件の犯人でない」として、一、二審の死刑判決を支持して被告の上告を棄却した先月の同小法廷判決を変更するよう求めていた。しかし、同小法廷は「判決の内容に誤りのあることを発見しない」と退けた。 http://www.asahi.com/national/update/0520/TKY200905200241.htmlLogo3_6

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月20日 | トップページ | 2009年5月22日 »