« 2009年5月16日 | トップページ | 2009年5月18日 »

2009年5月17日

2009年5月17日 (日)

★警視庁管内 体感治安レベル2

首都東京の体感治安(18日
  (単位・レベル)

2 裁判員裁判対象事件 警察集計

【治安解説】実際は融資をしないのにもかかわらず「保証金」名目で振り込ませる「融資保証金詐欺」の被害は、平成21年1月~4月の認知件数が805件で被害総額は5億1100万円にのぼることが警察庁の調べで分かった。うち、検挙件数は962件、検挙人員が68人。前年に比べ認知件数では1633件から805件に、被害額でも12億2199万円から5億1100万円と半減した。逆に検挙件数は20年の約3倍、検挙人員も2.5倍増えている。

 一方、出資法と利息制限法の二つの法律間における金利の高い部分であるグレーゾーン金利について、消費者金融の大手4社は今年3月までの1年間で、利用者に払い戻した金額は3500億円にのぼることが明らかになった。前年同月比で17%増えており、利用者の間では、さらに、過払い分の返還を求める動きが続いているという。
 返還金額を見ると「武富士」は1450億円、「アコム」が862億円、「プロミス」が662億円、「アイフル」が550億円。各社は、ここ数年の増加傾向が今後も1年程度続くとみており、消費者金融業界では、来年6月までに1人の借り手に融資できる総額の規制を始めるなど「経営環境がさらに厳しくなる」として、従業員や店舗の合理化を進める動きも出ているという=NHK。

 この分では金融業界の「貸し渋り」が懸念され、影響を受けるのは多重債務者だ。借り入れ5件以上の多重債務者は全国に約230万人と言われ、平均借入総額は約230万円。これらの人達のなかで平成17年には約18万4000人が自己破産。平成7年と比べると、実に約4倍に増えている。平成17年に経済生活問題での自殺者は約7800人で、10年前は約2800人だから驚異的な伸びを示している。

 警察庁のまとめによると昨年1年間に全国で自殺した人は3万2249人。動機別では、「生活苦」「失業」「就職失敗」が前年より13~40%増え、秋以降の急激な景気後退を色濃く反映する結果となった=読売新聞。景気の落ち込みが長引けば、増加傾向に拍車がかかることも懸念されるが、昨年の特徴は多重債務など「負債」を動機とする自殺は前年より10・9%減ったことだ。警察の徹底取締でヤミ金業界の動きが鈍ったことも要因の一つと考えられる。
 しかし、大手消費者金融業界の今後の成り行きによっては、230万人の多重債務者の自殺が再び増加傾向に転じることも懸念される。「日本列島 本日の振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.htmlは2件。首都は大きな事件の発生がなく体感治安は「レベル2(ブルー)の現状維持とする。

裁判員裁判対象事件、89件逮捕 全国警察集計

47newslogo1 1-15日に全国の警察が容疑者を逮捕・再逮捕した裁判員裁判対象事件(未遂含む)は、少なくとも89件に上ることが17日、共同通信の集計で分かった。殺人が30件と最も多く、都道府県警別では、13件の大阪府警がトップだった。89件の多くは裁判員制度が施行される21日以降に起訴され、裁判員裁判となる。警察や検察は分かりやすい公判立証を意識し、取り調べの一部録音・録画や供述調書の簡略化などを進めているとみられる。集計によると、殺人に次いで強盗致傷(28件)、現住建造物等放火(11件)が多く、覚せい剤の密輸や偽造通貨行使もある。都道府県警の内訳は(1)大阪(2)警視庁9件(3)神奈川、千葉各6件(4)福岡5件-の順で、14道府県警は1件もなかった。 逮捕された容疑者は警察が48時間以内、送致先の検察が24時間以内、裁判所が拘置を許可すれば、さらに最長20日間にわたって身柄を拘束され、取り調べを受ける。検察は拘置期限までに起訴するかどうかを決め、21日以降に起訴すれば、原則として裁判員裁判となる。 注目されるのは、千葉県成田市で2003年に両親を殺傷したとして、6日に次男が逮捕された事件や、8日に客の男が逮捕された神奈川県秦野市の模型店主殺害事件、高3男子が9日逮捕された香川県観音寺市の中3女子殺人未遂事件など。http://www.47news.jp/CN/200905/CN2009051701000430.html

 

続きを読む "★警視庁管内 体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

同級生のズボン脱がせ撮影、集団いじめの9人停学・謹慎(17日)

北海道十勝地方の道立高校で、昨年8月から今年3月にかけ、当時1年生の男子生徒9人が、同級生の男子生徒1人に集団でいじめを繰り返し、停学や謹慎の処分を受けていたことが17日、分かった。 同校によると、9人は6、7回にわたり、昼休みに男子生徒をトイレや空き教室に連れ込み、ズボンを脱がせてカメラ付き携帯電話で撮影したり、熱湯を染みこませたぞうきんを首にかけたりするなどしたという。うち1人は昨年8月頃、自身のブログにズボンを脱がせた写真1枚を公開し、別の1人も、このブログに写真1枚を投稿していた。写真には、いじめられた男子生徒の顔も写っていたという。また、9人は昨年9月下旬から今年2月頃まで、同級生の女子生徒にも言葉のいじめを繰り返し、女子生徒は4月中旬から約2週間、不登校になっていた。

 同校は4月中旬に5人を停学、4人を謹慎処分としたが、反省していることから、今月に入り処分を解除した。いじめに遭った男子生徒はカウンセリングを受けながら登校し、女子生徒も登校を再開している。同校の教頭は「被害に遭われた生徒や保護者には申し訳ない。再発防止に努めたい」と話している。http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090517-OYT1T00491.htmYomiuri_koudoku1_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ゲームでばれた…沖縄の小学生が600万円窃盗(17日)

近所の家から現金約600万円を盗んだとして、沖縄県石垣市の小学校高学年の少年が窃盗容疑で沖縄県警八重山署に補導されていたことが16日、分かった。同署の調べでは、7日午後、市内の男性から「現金約600万円が盗まれた」と届けがあった。同署が盗難事件として捜査していたところ、10日になってこの男性から「犯人と思われる小学生と親が自宅に来ている」と通報があった。そのため少年や親から事情を聴いたところ、少年の犯行と分かった。関係者によると、少年が高額なテレビゲームを持っていたのを父親が不審に思って問いつめると、男性方から現金を盗んだと話したため、男性に謝罪したという。現金の大半は使われていなかったが、少年は数人の友達に現金を配ったと話しており、同署は小学校と連携してさらに捜査をすすめ、児童相談所に非行内容を通告する方針。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/254751/

Banner_logo_051_5

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

チェーンメール・架空請求…子どもの携帯被害(17日)

携帯電話を使う子どもたちの間で、転送を求めるチェーンメールの送信や架空の料金を請求される被害が止まらない。チェーンメールは削除して、架空請求は無視すればいいが、「親に相談したら携帯を取り上げられてしまう」と悩みを抱え込んでしまう事情が背景にありそうだ。 「友達から、これを転送したら願いがかなう、というメールが来たけれど」「クリックしたら登録完了になって、『3日以内に6万円振り込んで』と書かれていた。どうすればいいでしょうか」 各中学校を通じて、総務省東海総合通信局が相談専用のアドレスを生徒に配布したところ、寄せられた相談メールの内容だ。相談窓口は07年6月に開設。08年度は440件のメールが届いた。いたずらなどを除く相談は222件。迷惑電話やチェーンメールに関する相談は124件、料金の架空請求は53件だった。07年度は、具体的な相談が327件あり、架空料金の請求に関する相談が最も多く160件。迷惑メールの相談が109件寄せられた。「オンラインゲームのポイントを盗まれた」といった具体的な被害の訴えもあったという。

 同通信局は、チェーンメールについては「転送しても、良いことも悪いことも起きない」と説明し、連鎖を断ち切るため、削除するか、財団法人日本データ通信協会が転送用に設けたアドレスへの送信を勧める。架空請求は、身に覚えがなければ無視し、親に相談するよう諭す。 だが、子どもから「親には言えない」と返信されてくる事案が多く、1人で悩んでいる子供も多いとみている。担当者は「架空請求や迷惑メールは、通信事業者側の規制もあり減っているようだが、親が知らないトラブルが依然として多い」と話している。(四登敬) http://www.asahi.com/national/update/0514/NGY200905140003.html

Logo3_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

畳から糸を抜き出し受刑者自殺 姫路少年刑務所(17日)

兵庫県姫路市の姫路少年刑務所は17日、20代の男性受刑者が独房内で首をつり自殺したと発表した。独房に遺書があった。同刑務所によると、16日午前11時50分ごろ、受刑者が室内にある畳から抜き出した糸を流し台の蛇口に引っかけ、首をつっているのを巡回中の職員が発見。病院で同日夜死亡した。発見の約10分前に昼食を配った際、異変はなかったという。同刑務所は「受刑者の動静把握に努め、再発防止を図る」とコメントした。 同刑務所は原則として26歳未満の受刑者を収容している。Banner_logo_051_4 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/254719/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

強盗致傷:容疑の中1補導 男と共謀 奈良(17日)

 奈良県桜井市の茶店で今年3月に起きた強盗致傷事件で、奈良県警捜査1課などは16日、奈良市三松2、無職、橋本勇容疑者(22)を強盗致傷と住居侵入容疑で逮捕、同市立中1年の男子生徒(13)を同容疑で補導した。生徒は同日、児童相談所に送致された。逮捕と補導の容疑は、2人は共謀し、3月27日午後8時50分ごろ、桜井市三輪の茶店に侵入。経営者の女性(77)の頭部を後ろからビール瓶で殴って、売上金約26万円や財布などを奪った、としている。「遊ぶ金が欲しかった」と容疑を認めているという。 同課によると、女性を殴ったのは生徒で、女性は全治約3週間のけが。【大森治幸】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090517k0000m040116000c.html

Logo_mainichi1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

夫の死体遺棄容疑、妻と長男を逮捕…山梨県警(17日)

山梨県警大月署は17日、神奈川県相模原市淵野辺、清掃作業員本橋和子(64)と、長男の会社員本橋健司(32)の両容疑者を死体遺棄の疑いで逮捕した。 発表によると、両容疑者は2008年12月下旬、同居していた和子容疑者の夫、本橋和夫さん(59)の遺体を車で山梨県道志村の山林に運び、遺棄した疑い。 現場は山梨、神奈川の県境で、国道413号を山梨側へ約600メートル入った斜面。今年4月3日午後、木の伐採作業をしていた男性が、白骨化した遺体を発見し、大月署に届けていた。同署は、和夫さんの死因や両容疑者の動機などを調べている。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090517-00000269-yom-sociYomiuri_koudoku1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

長野男性不明:1千万円引き出される 防犯カメラに別の男(17日)

 1カ月ほど前から行方不明になり、事件に巻き込まれた可能性がある長野県上田市の男性(61)の銀行口座から、現金自動受払機(ATM)を使って現金を引き出す男の姿が防犯カメラに映っていたことが県警捜査1課と上田署への取材で分かった。数十回にわたり引き出された現金は、計約1000万円にのぼるという。同課によると、防犯カメラは長野県内のATMに設置されていたもので、男性とは別人とみられる男が4月以降、現金を引き出す様子が映っていた。男性の自宅には車や自転車が残されており、携帯電話は電源が切れているか、電波が届かない状態になっている。【大平明日香、光田宗義】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090517k0000m040104000c.html

Banner_logo_051_3

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

新型インフル、神戸の高校生8人感染 大阪の9人も疑い(17日)

新型の豚インフルエンザの国内感染者が16日、一気に8人に増えた。厚生労働省と神戸市によると、神戸市内で交流のあった二つの県立高校の男子生徒2人と女子生徒6人の感染が確認された。8人とも渡航歴がなく、国内で人から人への感染を確認したのは初めて。政府は同日、新型インフルの国内対策をこれまでの「第1段階(海外発生期)」から「第2段階(国内発生早期)」に引き上げた。

 また、大阪府によると、府内の私立高校の生徒8人と、その妹の中学生1人も大阪府立公衆衛生研究所による遺伝子検査で新型に陽性反応を示し、感染が疑われている。今後、国立感染症研究所に検体を送り、確認する。 ほかにもこの高校と同じ系列の中学の生徒100人以上がインフルエンザのような症状を示しており、検査しているという。

 厚労省などによると、感染していた神戸市内の8人の高校生は、健康状態は安定している。 朝日新聞の取材では、高校生が通っているのは兵庫県立神戸高校と県立兵庫高校。まず、神戸高校の男女3人の感染が国立感染症研究所で確認された。その後、兵庫高校の女子5人について、神戸市環境保健研究所が詳しく検査し、感染を確認した。

神戸高校と兵庫高校は8日にバレーボールやサッカーなど運動部の交流戦をしていた。人から人への感染が広範囲に広がっている可能性があるが、感染経路は不明だ。

 国内の感染者に高校生が集中している点について、16日に都内で記者会見した国立感染症研究所の岡部信彦・感染症情報センター長は「体質というより、社会的な行動の方に重きがあるのではないか」と話し、生徒らが比較的狭い校内で、長い時間、集団生活している点に原因があるとの見方を示した。 一方、厚労省は16日、国内感染が確認されたことを受け、新型インフルの国内への侵入を防ぐため強化している検疫態勢を今後、縮小する考えを明らかにした。 同省担当者は「直ちにやめるわけではないが、国内感染の拡大の状況に応じて順次縮小を進め、国内対策に重点を置いていく」と話した。 http://www.asahi.com/national/update/0516/TKY200905160241_01.html

Logo3

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

休耕田に女性の白骨化遺体 殺人、死体遺棄事件で捜査本部 兵庫(17日)

兵庫県加西市島町の休耕田で白骨化した遺体が見つかる事件があり、県警の調べで遺体は女性で、のど付近の骨が折れていたことが16日、分かった。県警は加西署に捜査本部を設置し、殺人と死体遺棄容疑で捜査を始めた。調べでは、女性は30~40歳で、身長157センチ前後。のど付近の骨の一部が折れており、死因は窒息死で死後2、3カ月が経過しているという。着衣は見つかっておらず、裸の状態で遺棄されたとみられるという。近くの住民が14日、草刈り中に休耕田の中央部分にある深さ約20~40センチのくぼ地で遺体を発見。砂がかけられており、捜査本部は、何者かが女性を殺害後、隠そうとしたとみている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/254573/

Banner_logo_051_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

自民・鈴木衆院議員、選挙資金の金庫盗まれる 横浜、事務所荒らし被害(17日)

16日午前9時ごろ、横浜市港北区新羽町の鈴木馨祐衆院議員(自民)の事務所が荒らされているのを出勤してきた職員の男性が見つけた。通報で駆けつけた港北署員が調べたところ、現金約130万円入りの手提げ金庫がなくなっていた。港北署は窃盗事件として調べている。同署の調べによると、事務所裏口がバールのようなものでこじ開けられた跡があった。鈴木議員によると、前日午後9時に職員が施錠後、この日午前9時に出勤するまで無人だったという。鈴木議員は産経新聞の取材に対し「選挙資金を盗まれ痛手だ。これからは少ない資金で、よりカネのかからない選挙をやっていくしかない。街の安全対策などもしっかりと取り組んでいきたい」と話した。鈴木議員は平成17年の衆院選で比例代表南関東ブロックから初当選。次期衆院選でも自民党が神奈川7区からの擁立を決めている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/254631/

Banner_logo_051

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

強盗予備容疑:男を逮捕「頑張っている人から金取れない」(17日)

強盗をするためにカッターナイフを持ってタクシーに乗ったとして、大阪府警浪速署は16日、住所不定、無職、藤居雄二容疑者(34)を強盗予備の疑いで逮捕した。浪速署によると、藤居容疑者は男性運転手(65)との車内の雑談で「早朝まで働いて頑張っている」と聞いて心を動かされ「申し訳ない。強盗のために乗った」と計画を打ち明けたという。 逮捕容疑は15日午後10時過ぎ、大阪・ミナミの路上で、強盗をするためにカッターナイフ(刃渡り6.5センチ)を持ってタクシーに乗った、としている。約2キロ先の大阪市浪速区内で停車させ、強盗の計画を打ち明けた。 藤居容疑者は「不況で頑張っている人からお金を取れないと思った」と供述している。「風俗店を1週間前に解雇されてホームレスになり、ご飯もろくに食べていない」とも話しており、所持金は4円だった。【土本匡孝】http://mainichi.jp/select/today/news/20090517k0000m040041000c.html

Logo_mainichi1_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ケンカの現場、エンジンかけたままのパトカー乗り逃げ(17日)

16日午前0時25分頃、神戸市兵庫区羽坂通の市道で、けんかの通報で駆けつけた兵庫署地域3課の男性巡査部長(37)と男性巡査長(31)がパトカーを同署兵庫駅前交番前に駐車し、現場で関係者から事情を聞いていたところ、何者かに乗り逃げされた。 約20分後、現場から南西約400メートルの路上で、赤色灯を回転させたままのパトカーを別の署員が発見。同署が窃盗容疑で捜査している。発表によると、巡査部長と巡査長は、交番前にエンジンをかけたままパトカーをとめ、約40メートル離れたところで男性6人から事情を聞いており、盗難に気付かなかった。 車内は特に荒らされていなかったという。同署の長谷川敏信・副署長は「緊張感が欠けており、誠に申し訳ない」としている。

Yomiuri_koudoku1_3

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月16日 | トップページ | 2009年5月18日 »