« 2009年5月11日 | トップページ | 2009年5月14日 »

2009年5月12日

2009年5月12日 (火)

西松事件は「違法献金システム化、悪質性高い」…検察側(12日)

小沢代表の資金管理団体「陸山会」の会計責任者で、公設第1秘書の大久保隆規被告が東京地検特捜部に逮捕されたのは3月3日。西松建設からダミー団体名義で献金を受け取り、政治資金収支報告書に虚偽の記入をしたという政治資金規正法違反容疑だった。

 ダミー団体を通じた献金やパーティー券の購入は、与野党の国会議員ら多数の政治団体に及んでいたが、特捜部は、小沢代表側の献金受領額が10年あまりで約3億円と突出していたうえ、「違法献金をシステム化しており、悪質性が高い」(検察幹部)として立件に踏み切った。

 捜査では、大久保被告が小沢代表の複数の政治団体に献金を分散するよう同社に指示していたことや、同社が東北地方の公共工事の受注増に期待して違法献金を続けていたことが判明。当初、容疑を否認していた大久保被告はその後、大筋で認めたとされるが、同被告の弁護人はこれを全面否定し、保釈請求もしていない。

 辞任表明について、検察幹部の一人は「いずれ辞任するだろうと思っていたので驚きはない。こちらは秘書の公判の準備を進めるだけ」と冷静に受け止め、ある法務省幹部は「政治資金に関して一点の曇りもないというなら、どうして辞めるのか」と語った。

 大久保被告の公判で検察側は、小沢事務所が東北地方の公共工事に対する影響力を背景に、ゼネコンから多額の献金を集めていたと主張するとみられる。

 一方、自民党側では2006年までの3年間に、二階派が計838万円分のパーティー券をダミー団体に購入してもらっていたほか、尾身幸次・元財務相や藤井孝男・元運輸相らの関連政治団体も、それぞれ計400万円の献金を受けていた。しかし、検察当局では「献金のからくりについてはっきり認識していた可能性は薄い」として、立件に消極的な見方が強い。

 その例外と言えるのが、二階俊博・経済産業相の関連政治団体を巡る問題だ。同社は、二階経産相の実弟が実質的に運営する政治団体に事務所を提供する一方、ダミー団体の解散後も、二階経産相の政党支部に個人献金を偽装する形で、家賃分に相当する年間300万円の献金を継続していたことが判明。4月30日に、大学教授らが政党支部の会計責任者らを同法違反容疑で刑事告発している。

 検察当局には、「金額は小沢代表のケースほど大きくないが、手法は悪質」との見方があり、同社の担当者や二階経産相の実弟らから事情聴取するなど、捜査が続けられている。(2009年5月12日07時08分  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090512-OYT1T00010.htmYomiuri_koudoku1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

廊下にみそ汁の椀…犯人飲む? 愛知・蟹江の3人殺傷(12日)

愛知県蟹江町の山田喜保子さん(57)方で一家3人が殺傷された強盗殺人事件で、自宅トイレ前の廊下に椀(わん)に入ったみそ汁が残されていたことが11日、県警特別捜査本部への取材でわかった。口を付けたような跡があり、犯人が飲んだ可能性がある。特捜本部は10時間を超える居座りと並んで、犯行の異質さを示すものとみて、犯人像の特定を進めている。

 捜査関係者によると、そばに箸(はし)などはなく、何者かが直接、椀に口を付けてみそ汁を半分ほど飲んだような状態で残されていたという。特捜本部は唾液(だえき)などの付着物を調べる。喜保子さんが飼っていた猫の餌やり用の食器は台所に別にあった。

 椀があった廊下は、血を水ですすいだような跡があった包丁や毛布、タオルが見つかった洗面所や風呂場と、台所の間にあり、特捜本部は犯人が証拠隠滅のために室内を行き来する間に椀に口を付けた可能性があるとみている。

 事件発覚前日の1日夜、喜保子さんは家族用に食卓にコロッケとオレンジ、台所の鍋に煮魚やみそ汁を用意。殺害された次男雅樹さん(26)は胃の内容物などから、1日夜の帰宅直後、食事の前に襲われたとみられる。2日未明の帰宅時に玄関付近で襲われた三男勲さん(25)も外食だったことがわかっている。http://www.asahi.com/national/update/0512/NGY200905110018.html

Logo3 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

病院敷地に乳児置き去り 静岡・御殿場(12日)

Banner_logo_051_6

 11日午後10時50分ごろ、静岡県御殿場市の有隣厚生会富士病院の敷地内に、毛布にくるまれた乳児が置き去りにされているのを女性看護師(55)が見つけ、御殿場署に届けた。同署は保護者が遺棄したとみて調べている。同署によると、乳児は男の子で、毛布の下に肌着とおむつを身に着け、病院の敷地内にある自動販売機の横に置かれていた。へその緒が付いたままで、生後1~2日とみられるが、健康状態に問題はないという。 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/252644/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

知人女性にストーカー容疑、プロゴルフ選手を逮捕 兵庫県警(12日)

 兵庫県警明石署は12日、知人の自営業女性(30)につきまとったとしてストーカー規制法違反容疑で、プロゴルファー、松本成太容疑者(29)=同県川西市久代=を逮捕した。逮捕容疑は以前交際していた女性が拒んでいるのに3-4月、繰り返し電話をかけたり、メールを送信したりした疑い。メールを1日に40回以上送ったこともあったという。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/252648/

Banner_logo_051_4

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

★警視庁管内 体感治安レベル2

首都東京の体感治安(12日~
  (単位・レベル)

2 コミュニケーション

【治安解説】急増しているひったくり事件に警視庁幹部が動いた。多発地点の江戸川区で実施した模擬訓練に出席したのは山下史雄生活安全部長。「皆さん方としっかり協力をさせていただいて、ひったくりの撲滅を図りたいと思っております」と語り、バイクに乗った犯人が自転車のかごに入ったバッグをひったくる被害が最も多いことから、その様子を実演した=フジテレビ。警視庁管内では今年に入って前年同期の1.5倍にあたる961件が発生。米村敏朗警視総監を中心に諸対策に乗り出しており、その努力から体感治安は「レベル2(あお)」を維持している。

 「地域安全安心ステーション」という推進地区があることをご存知か?。警察庁が平成17年度から始めたもので、全国の自主防犯組織の活動を支援するもの。選定されるとジャンパーやパトロールベストなどのパトロール用品が無償で貸与されるほか、地域安全情報が提供され、警察官と合同でパトロールができる。活動が盛んな自主防災組織や交通安全協会の防犯版だ。

 20年度には169地区がプラスされ、47都道府県で600地区になっていたが、さらに今年度は200地区が加えられて800地区に拡大された。
 近年、警察を取り巻く環境は芳しくない。聞き込み捜査では協力が得られにくくなり、取り調べ室では録画が要求され、大量退職ではベテラン警察官から新人に変えられるなど逆風は台風並だ。それでいて、国民の生命と財産を守るためとして、捜査批判までも甘んじて受けざるを得ない。

 今後の地域の安全には「地域住民と警察のコミュニケーション」が絶対必要とは米村敏朗警視総監の持論でもある。さらに警察政策研究センター教授で博士の四方光氏は、「警察から活動意欲のある地域住民に防犯団体の結成を呼びかける必要がある」と説いている。
 こんななかで、警察庁が実施したアンケート調査によると地域安全安心ステーションの評判はすこぶる良いようだ。近隣同士の人間関係が復活したという意見も寄せられている。ついでに言うなら警察官による巡回連絡も受け入れてもらえるような「地域住民とのコンセンサス」を得るよう警察自身も努力すべきであろう。「日本列島 本日の振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.htmlは、警視庁と静岡県警が「セレブ女性紹介」詐欺商法摘発など4件

【ブロガーからのお知らせ】
 ブロガーは12日から14日まで入院してきます。したがって体感治安は13日の2日分とします。管内に事件がないことを祈ります。14日昼過ぎに再び、お目にかかりましょう。

 

続きを読む "★警視庁管内 体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

箱根の観光客など相手に女性あっせんし売春させていた派遣型風俗店の店長ら2人逮捕(12日)

箱根などで観光客らに女性をあっせんし、売春させていた派遣型風俗店2店の店長ら2人が逮捕された。逮捕されたのは、神奈川・小田原市の「Barbie」の店長・中沢正好容疑者(52)と、「箱根・小田原人妻物語」の店長・小泉智博容疑者(25)で、小田原市内のホテルに滞在中の客に、3万円で女性をあっせんするなどした売春防止法違反の疑いが持たれている。
2店で2億5,000万円以上を荒稼ぎしていたとみられているが、2人は容疑を否認しているという。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00154904.html

Logo1_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ひったくり手口紹介、防止策をアピール 警視庁(12日)

今年に入ってひったくり事件が相次いでいることを受け、警視庁は11日、東京・江戸川区で住民に実際にひったくりの被害を体験してもらい、防止策をアピールした。 東京都内では、今年に入ってひったくりの被害が去年の1.5倍と急増している。警視庁が11日に江戸川区で行ったデモンストレーションでは、警察官が犯人役、地元の住民が被害者役となって、ひったくりの手口が紹介された。 警視庁によると、後ろから被害者に近づき、追い越しざまにひったくる手口が被害の約8割を占めている。デモンストレーションでは、一瞬でバッグを奪われる様子に、見守る住民から驚きの声が上がっていた。

Noimage_120x901  http://www.news24.jp/135097.html

警視庁、ひったくり事件の急増を受けて東京・江戸川区で模擬訓練 注意呼びかけ

Logo1 東京都内でひったくり事件が急増していることを受け、警視庁は11日、東京・江戸川区で模擬訓練を行い、注意を呼びかけた。
警視庁の山下史雄生活安全部長は「皆さん方としっかり協力をさせていただいて、ひったくりの撲滅を図りたいと思っております」と語った。
都内では、2009年に入って、ひったくり事件が2008年の1.5倍にあたる961件発生している。
中でもバイクに乗った犯人が、自転車のかごに入ったバッグをひったくる被害が最も多く、その様子が実演された。警視庁は、予防策として、自転車のかごに設置する「ひったくり防止ネット」を配布し、道路と反対側にバッグを持つよう呼びかけた。 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00154933.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

架空社債容疑で家宅捜索へ 12日にも、福岡県警(12日)

 2008年に経営破綻した福岡市の不動産会社「丸美」=民事再生手続き中=が、架空の関連会社名義の社債を発行して資金を集めていた疑いが強まったとして、福岡県警は11日、有価証券偽造などの容疑で12日にも丸美本社などを家宅捜索する方針を固めた。捜査関係者が明らかにした。

 丸美をめぐっては、同社が販売したリゾート会員権の購入者らが「経営悪化を隠したうその説明で預託金をだまし取られた」として、詐欺容疑で熊本県警などに告訴状を提出している。福岡県警は熊本県警などと連携して押収資料を分析し、全容解明を進める。債権者らでつくる「丸美被害者の会」によると、丸美は2006年、関連会社名義の社債発行の窓口となり、2回にわたって少なくとも計約7億9000万円を集めた。

 しかし関連会社は実際には設立されておらず、昨年9月には当時の丸美側代理人の弁護士が同会に対して、関連会社が架空だったことを認めたという。丸美は1984年設立。マンション管理や会員制リゾート施設運営を展開したが、約210億円の負債を抱え、08年8月に民事再生法の適用を申請した。http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009051101001031.htmlHead_logo1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

小沢代表辞任:検察幹部「証拠は十分」、公判に自信(12日)

東京地検特捜部は民主党・小沢一郎氏の公設第1秘書、大久保隆規被告(47)を起訴した3月24日以降も捜査を継続している。夏にも始まる大久保被告の公判について、通常担当する公判部ではなく、特捜部の専従班が継続して対応する方針で、4月下旬、大手ゼネコンの東北支店幹部の聴取を再開するなど補充捜査を始めた。ゼネコン関係者によると、東北支店幹部は特捜部の調べに「小沢事務所が東北地方の公共工事受注に大きな影響を与えてきた」と供述した。

 検察側は大久保被告の初公判でこうした経緯を詳述するとみられ、小沢氏が代表を辞任しなければ総選挙の時期によっては、その影響が危惧(きぐ)される状況だった。検察幹部は辞任について「特にコメントしない」と硬い表情。ただ、以前からの捜査批判については「証拠は十分。法廷の立証で国民に理解されるはず」と自信を見せ、着手時期についても「今もいつ選挙があるか分からない状況。配慮はするが、解散が決まらない以上、事件を見過ごすことはできなかった」と繰り返した。

 西松建設の二つのダミー団体は04~06年、小沢氏を含む14人の国会議員、自民党の5派閥、自治体首長5人に計6360万円を献金した。ただ献金の受領者側がダミーと認識していたかどうかについて明確な証拠はなく、小沢氏側以外の捜査は困難な情勢だ。さらに西松建設が06~07年、個人献金を装って計600万円を二階俊博経済産業相が支部長を務める「自民党和歌山県第3選挙区支部」に送金した疑惑についても捜査は難航し、長期化の様相だ。金がその後、二階氏の後援会を介して、関連政治団体「関西新風会」(大阪市)に流れるなど資金の流れが複雑なうえ、各団体の経理担当者が年々交代するなどして全体像の把握が難しいためとみられる。【小林直、伊藤直孝】Logo_mainichi1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090512k0000m040124000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

近所の54歳男を殺人容疑で逮捕 和歌山市の女性殺害(12日)

和歌山市六十谷(むそた)の無職、恩知靖子(ひろこ)さん(68)が自宅で首を絞められ殺害された事件で、和歌山東署捜査本部は11日、殺人容疑で近くの無職、赤松宗弘容疑者(54)を逮捕した。捜査本部によると、赤松容疑者は「盗み目的で侵入し、見つかったので殺害した」と容疑を認めているという。逮捕容疑は、7日午後4時半ごろから6時ごろまでの間、恩知さんの首をひも状のもので絞めて殺害したとしている。捜査本部によると、赤松容疑者の自宅は恩知さんの北隣で顔見知りとみられ、捜査で浮上。逮捕状を取って行方を捜していたが、11日午後3時15分ごろ、富山県黒部市のJR黒部駅にいるところを黒部署員が発見したという。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/252596/

Banner_logo_051_3

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

産業廃棄物の中から紙封筒入り100万円 静岡(12日)

静岡県警御殿場署は11日、御殿場市深沢の産業廃棄物処理会社の男性作業員が分別作業中の収集物の中から、現金100万円が入った紙封筒を見つけたと発表した。 封筒の中身はホログラムの付いていない旧1万円札が100枚。作業員が9日午前8時半ごろに見つけ、11日に同署に届け出た。同署は拾得物として持ち主を捜しており、3カ月以内に持ち主が現れない場合、現金は産廃会社のものとなるという。同署によると、同社は県内の約200の会社からごみを収集している。Banner_logo_051_2 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/252611/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

高校生刺されバッグ奪われる 千葉(12日)

11日午後9時50分ごろ、千葉県船橋市緑台の路上で、帰宅途中の県立高校1年の男子生徒(15)が背後から首の辺りを刺され、現金5000円入りのバッグを奪われた。刺した人物は逃走した。男子生徒は命に別条はないという。千葉県警は強盗傷害事件として捜査。 県警によると、男子生徒は背後から近づいてきた人物から突然布のような物で口にふさがれた後、首を刺されたとみられる。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/252613/

Banner_logo_051

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

世界遺産・平城宮跡に穴 奈良県警が文化財保護法違反で捜査(12日)

世界文化遺産に登録され、来年の平城遷都1300年祭の主会場となる奈良市平城宮跡(特別史跡)で無断で掘られた穴が11日見つかり、文化庁が発表した。 奈良署が文化財保護法違反(形状変更)の疑いで捜査している。 同庁などによると。穴は縦約1・5メートル、横約1メートル、深さ約1・4メートル。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090511/crm0905112143028-n1.htm

Msn_s1_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月11日 | トップページ | 2009年5月14日 »