« 2009年5月7日 | トップページ | 2009年5月9日 »

2009年5月8日

2009年5月 8日 (金)

★警視庁管内 体感治安レベル2

首都東京の体感治安(9
  (単位・レベル)

2 悪ガキを撃墜する新仕掛けとは

【治安解説】「高周波」の音を使って〝悪ガキ〟を撃墜する-こんなアイディアがひとつの自治体から飛び出した。その自治体とは「東京都足立区」。区長の名は近藤やよい氏。青山学院大経済学部博士過程を卒業して警視庁の女性警察官になったのが昭和58年。平成元年に退職し、税理士を経て9年に都議会議員に。そして平成19年の選挙で区長に就任した。

 さすが、元警察官だけあって区民の生命と財産を守る防犯面に対する意欲は定評があり、今回は、年齢を識別して「蚊取り線香」並に悪い奴を撃墜するという前代未聞の防犯作戦に乗り出すという。

 フジテレビによると、導入する機材は、イギリス製で、大人には聞こえにくい高周波を発生させる機材。「モスキート音」と呼ばれる高周波の音で、個人差はあるものの良く聞こえるのは20代前半までだという。設置するのは同区の北鹿浜公園だ。

 同公園では、窓ガラスが割られたり、シャッターが破壊されるなどの被害が相次いでおり、侵入防止に有刺鉄線が張りめぐらせているが被害を押さえることはできない。いずれも若者らによる犯行で、昨年はおよそ300万円もの被害が出ている。この対策として若者撃退マシンの導入を決定した。「変な音を聞いていられない」として、公園内に侵入する若者がいないくなる効果が期待される。

 近年は、振り込め詐欺を含めて、「当局対犯人」の頭脳合戦が続いているのが現状。防犯対策はアイディア勝負の時代なのかもしれない。

7日午後8時5分ごろ、東京都新宿区の路上で、自転車で帰宅途中の女性(60)が後ろからきた男に顔などを殴られ、現金約8000円が入った手提げバッグを奪われたが、通行中の男性に取り押さえられ、警視庁戸塚署に強盗傷害の現行犯で逮捕された。5月2日には江東区の路上で、帰宅途中の大学講師の女性が、後ろからきた男にバッグを奪われる事件があったが、警戒中の警察官が犯人を逮捕している。こうした街頭犯罪の発生は、ボディブローのように体感治安を悪化させるが、発生即検挙は犯罪抑止の特効薬となる。よって警視庁の体感治安は「レベル2(あお)」を維持する。

「日本列島 本日の振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.htmlは、「大阪府警摘発の警察官を騙る詐欺の指揮者は中国人だった」など6件。

 

続きを読む "★警視庁管内 体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

小説警視庁薬物特命捜査官(53)

      突然の報告会

080713_164028_m
「早いんですね。ありがとう…。もう起きます。きょうこれから…。そうだ送致だっけ」
 鬼頭は、髪の毛を気にしながら留置室に走った。その仕草に白鳥は、吹き出した。
 歯磨きを済ましたころ、携帯が鳴った。妻の絵美からだった。
 「貴方、着替えをどうなさいますか?。お持ちしますか?」
 絵美のこの声が、今朝は何故か特に優しく聞こえた。
 「そうだな、今日は調べがないから…。帰れると思うから…いいや」
 鬼頭は、母親と絵美の年齢をだぶらせた。絵美は私より五つ年下だから今、五十四歳。母は五十二歳で亡くなっていた。「母と妻の年齢を比べてどうするのか?」と自分で思った。そうしたら鬼頭は「母ちゃん。どうすれば良いんだ」と、思いっきり絵美にすがって泣きたくなってきた。
 鬼頭が新橋の特命捜査官室に着いたのは午前九時を少し過ぎていた。署長報告を済ませてからの出発となったためだった。
 部屋に着いたのは丁度、警視庁ニュースが流れている途中だった。警視庁では毎朝九時に庁内ニュースを全館放送する。当然、管内の百一署にも一斉放送されるのだ。
 「警察庁の重森課長が君の話しを聞きたいと言っていた。午前中、二人で行くか?」
 理事官からの言葉だった。鬼頭は、コーヒーをすすりながら、理事官に聞いた。
 「よろしいのですが…理事官のご都合は?」
 「ご都合?どうしたの今日は。いやによそよそしいですね。もうよその人になってしまいましたかな?」
 礼によって理事官のジョークが飛んだ。
 「会議があるのではないでしたか?昨日は理事官がそう言っていたような気がしたので…」
 「会議と言っても、午後の都合の良い時に君との打ち合わせと二課とのすりあわせでもしようと思っただけだよ。それに…」
 理事官が口籠もった。
 「それに…は何ですかね?」
 「いや、地下口座の件。二課が調べている名義人の木川田鈴子だが…。名義人だけでなく穴守を調べたいと二課が言ってきた場合、十日で渡した方が良いのか、どっちか片方だけとは行かないような気がしたのでね…」
 鬼頭もどうするかと気になっていた部分だった。覚せい剤を完全に絵を描くまでには、まだまだ一日だけの感触では読み切れない部分もあった。
 「どうでしょう。一応、昨日は北朝鮮との仕事関係は素直に認めました。勿論、覚せい剤五百㌘を二百五十万円で後藤田に売ったこと。二百五十万円は木川田の口座に振り込ませたという事実は認めています。時間的に北朝鮮と覚せい剤の関係にまで行けなかったがある程度の時期が来たら、二課と同時に調べるという方法はいいのではないのかと…」
 風間が鬼頭に聞いた。
 「個々の話しだからだが…これからは組織の部分に入るとなると、金の流れと絡めて調べたほうが強いような気がするのだが…鬼頭君はどう思うかね」
 鬼頭も是非、そうしたいと思っていた。そうすれば私情を挟む余裕はないと思ったからだ。
 「勿論、中心は北朝鮮から流入する覚せい剤の国内密売組織の解明にある訳で…鬼頭君の調べが中心で良いのだから…。鬼頭君ね。重森課長とあらかじめ打ち合わせしておいてから、二課との話し合いに臨んだほうが良いと思うんだよ。それで…」
 鬼頭もこの風間理事官の意見に賛成だった。
 重森に電話で時間の打ち合わせをすると重森は午後一時からではどうかという。風間は捜査二課長の石本に電話、その内容を伝え「警察庁が終わり次第に打ち合わせを開始する」ことで一致した。
 警察庁の十八階の重森薬対課長の部屋には、刑事局の捜査一課理事官などが集まっていた。生安からは霧島企画課長、警備局からは小嶋外事課長も来ていた。会議でもないのに感心の高さが分かった。
 「ご苦労さんです。ちょっと聞かせて貰ってもよいでしょうか?」
 小嶋課長が風間理事官に聞いてきた。風間は、面食らったように驚いた。
 「そんな、もう解決ではありませんからね。私のほうは重森課長に報告と打ち合わせに来ただけですから…」
 重森が言った。
 「もう、どうしようもないのですよ。警視庁から鬼頭さんと風間さんが来られると言っただけで、こうなんですから…」
 

 

続きを読む "小説警視庁薬物特命捜査官(53)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

★日本列島 本日の振り込め詐欺(8日)5件

振り込め詐欺:撲滅へアドレス 県警が設置 /奈良

Logo_mainichi1_3 振り込め詐欺撲滅に向けて、県警生活安全企画課は、情報提供専用のメールアドレス(stop_furikome@police.pref.nara.jp)を設けた。携帯電話に架空請求メールが送られてきた際に、そのまま転送してもらうなどして情報を集める。寄せられた情報は県警の広報紙などに掲載し、被害防止に役立てる。同課によると、今年1~3月の振り込め詐欺事件は14件で、被害額は計約3900万円。前年同期に比べ、60件、約7300万円減少した。予防や取り締まりを強化したためとしている。同課は「家族で合言葉を作り、オレオレ詐欺を防ぐなどしてほしい」と、引き続き注意を呼び掛ける。【上野宏人】http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20090508ddlk29040543000c.html

警察官装いカード詐取 「過去に他県でも」田中容疑者が供述 /山形

Logo_mainichi1_3 警察官を装いキャッシュカードをだまし取ろうとする振り込め詐欺事件で、4日に詐欺容疑で再逮捕された東京都新宿区西早稲田、無職、田中利郁容疑者(38)が「過去に他の複数県でも何件か振り込め詐欺をやってきた」と供述していることが7日、捜査関係者への取材で分かった。県警捜査2課などは、広域で振り込め詐欺に関与したとみて、裏付けとともに、指示役の割り出しを急いでいる。捜査関係者によると、田中容疑者は「知らない人物からの指示で山形に来た」「自分の役割はキャッシュカードを受け取りに行くだけ。カードは他の人にやった」などと供述しているという。【浅妻博之】http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20090508ddlk06040014000c.html

振り込め詐欺:情報をメールで受け付け 県警が専用アドレス /福島

Logo_mainichi1_3 県警は振り込め詐欺情報を電子メールで受け付ける専用窓口を開設した。手口に関する情報提供や犯行グループから送信されたメールの転送を呼び掛け、詐欺撲滅を狙う。6日までに84件の情報提供があった。県警は▽詐欺に使われたメールアドレス▽犯人が伝えた電話番号▽振込先口座番号▽送金先住所▽犯人の名前▽詐欺グループが使った会社名--などの情報を記録して捜査に役立てる。県内外の関係機関と情報を共有する。同様のメールの受け付けは全国で7番目。 県警捜査2課によると、1月1日から4月30日の被害件数は、昨年より7件少ない30件。被害額も2230万円少ない2860万円に減少したが、振り込め詐欺の撲滅のため新たな対策を打ち出した。同課は「今後も予防と検挙の両輪を強化して被害を食い止める」と話している。 専用メールアドレスはfurikome@police.pref.fukushima.jp【金寿英】http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20090508ddlk07040142000c.html

 

続きを読む "★日本列島 本日の振り込め詐欺(8日)5件"

| コメント (0) | トラックバック (0)

「名前もじったナンバー」が命取り、忍び込み窃盗犯逮捕(8日)

福岡県警東署などは8日、未明の住宅に忍び込み、現金を盗んだとして福岡市東区三苫5、自称派遣社員清吾勇容疑者(39)を窃盗容疑で逮捕した。

)

 周辺や別の窃盗現場で「勇」の名をもじったとみられる「136(イサム)」ナンバーの乗用車について複数の目撃情報が寄せられ、関与が浮上した。容疑を認めているという。発表などによると、清吾容疑者は4月21日未明、東区内の自営業男性(40)宅の近くに車で乗り付け、無施錠だった窓から侵入して18万4000円を盗んだ疑い。同区や宗像市などでは2007年9月頃から、深夜から未明に無施錠の玄関や窓から侵入し、現金を盗む手口の被害が約110件発生。複数の現場周辺で、ナンバーの一部が「136」の不審な乗用車について目撃情報があった。県警は張り込み捜査などから清吾容疑者がこの車に乗っていたことを突き止めた。捜査関係者は「名前をもじったナンバーが命取りになるなんて」とあきれ顔で話している。(2009年5月8日16時10分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_3 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090508-OYT1T00656.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性狙い路上強盗 新宿で現行犯逮捕()8日

7日午後8時5分ごろ、東京都新宿区中落合の路上で、自転車で帰宅途中の女性会社員(60)が後ろから近づいてきた男に顔などを殴られ、現金約8000円が入った手提げバッグを奪われた。男は走って逃げたが、女性の悲鳴を聞いた通行中の男性会社員(31)に取り押さえられ、警視庁戸塚署に強盗傷害の現行犯で逮捕された。女性は右目に軽傷。同署の調べによると、男は自称住所不定、無職、大越充宏(みちひろ)容疑者(48)。同署によると、大越容疑者は「仕事もなくお金もなかった。女性からならお金を取れるかと思った」と容疑を認めているという。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/251312/

Banner_logo_051_10

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニ強盗の男逮捕、他店の強盗にも関与? 警視庁(8日)

東京都杉並区のコンビニエンスストアに刃物を持って押し入り現金を奪ったとして、警視庁高井戸署などは強盗の疑いで、住所不定、無職、吉村浩容疑者(43)を逮捕した。同署によると、吉村容疑者は「生活費のためにやった」と容疑を認めている。高井戸署の調べによると、吉村容疑者は4月14日午前3時ごろ、杉並区松庵のコンビニ店「SHOP99杉並松庵店」の店内で、アルバイトの男性店員(31)に刃物を突きつけ、カウンターの上に置いたバッグに「金を入れろ」と言って、現金約16万円を奪った疑いがもたれている。同署によると、吉村容疑者は同月28日、杉並区梅里の路上で杉並署員に職務質問された際、バッグに包丁を持っていたとして、銃刀法違反の現行犯で逮捕された。杉並区のコンビニの防犯カメラに映っていた犯人が吉村容疑者に似ていたため追及したところ、犯行を認めたという。同署などは、同月19日と23日に杉並区と立川市で起きたコンビニ強盗事件でも、防犯カメラの映像などから吉村容疑者がかかわっていたとみて関連を調べている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/251333/

Banner_logo_051_9

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

模型店主殺害、神奈川県秦野市の男を逮捕(8日)

神奈川県秦野市本町の模型店「ますだ模型」店主、増田守男さん(79)=同市尾尻=が殺害された事件で、秦野署特別捜査本部は8日、強盗殺人容疑で、市内の現場近くに住む無職、朝倉健太郎容疑者(34)を逮捕した。捜査本部は同日午前、朝倉容疑者に任意同行を求め、取り調べを行っていた。これまでの調べによると、増田さんは4月9日午後、ますだ模型店内で、刃物で首や背中、脇腹など30カ所以上を刺され、殺害された。現場から約500メートル離れたスーパー付近のごみ置き場から血が付いた上着やジーンズ、リュックサックなどが見つかり、血痕は増田さん本人のものと一致。また、上着などについた指紋と朝倉容疑者の指紋が一致したという。朝倉容疑者は以前に客として模型店を訪れたことがあるという。事件当時、店内は争った跡があり、レジは開けられ少額の硬貨しか残されていなかった。Banner_logo_051_8 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/251334/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「なに使っているんだ」警察官の携帯折った男を逮捕 (8日)

埼玉県警所沢署は8日、公務執行妨害と器物損壊の現行犯で、入間市東町の自称タイル工、根岸寿容疑者(28)を逮捕した。所沢署の調べでは、根岸容疑者は8日午前1時50分ごろ、所沢市東狭山ケ丘の市道で、男性巡査部長(29)の腕をつかむなどし、巡査部長の携帯電話を折って壊した。所沢署によると、根岸容疑者は乗用車でスーパーの倉庫に突っ込む事故を起こした。根岸容疑者から酒のにおいがしたため、巡査部長が携帯電話で署に連絡したところ、根岸容疑者は「なに携帯使っているんだ」と怒鳴って犯行に及んだという。 根岸容疑者から呼気1リットル当たり0・6ミリグラムのアルコールが検出された。調べに対し、「酒の勢いでやった。酒を飲んで運転した」などと供述しているという。

Banner_logo_051_7 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/251375/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

足利事件 菅家受刑者のDNA型と不一致(8日)

栃木県足利市で平成2年、4歳女児が殺害された「足利事件」で殺人罪などに問われ、無期懲役が確定した元幼稚園バス運転手、菅家利和受刑者(62)の再審請求即時抗告審で、東京高裁(矢村宏裁判長)が嘱託した2人の鑑定医が8日、鑑定結果を同高裁に報告、高裁が弁護・検察側双方に結果を伝えた。弁護側は2件の鑑定結果はともに、菅家受刑者のDNA型と女児の下着に付着した体液が一致せず、同一人物ではないという結果だったと明かした。鑑定は、検察側と弁護側双方の推薦を受けた鑑定医が行い、結果を受け取った東京高裁は同日、鑑定結果を検察・弁護側双方に伝えた。

 弁護側によると、検察官推薦の鑑定人の結果は「DNA型の多くが異なるので同一人に由来しない」、一方、弁護人推薦の鑑定人の結果は「いかなる偶然性を排除しても、不一致の結果は個人が同一である可能性はあり得ないといっても過言ではない」とのものだったという。高裁は今後、鑑定結果をふまえて再審請求の可否を判断することになる。DNA型が一致したする捜査段階での鑑定結果を有力な証拠として判決が確定しているため、今回の鑑定結果が与える影響は大きいとみられる。高裁が鑑定結果を踏まえて、どのような判断を下すのかが注目される。確定判決によると、菅家受刑者は2年5月、足利市内のパチンコ店から女児を誘い出し、首を絞めて殺害したとされる。

 菅家受刑者は翌年逮捕され、容疑を認めたが、1審途中に無罪主張に転じた。だが当時、日本で捜査に導入されたばかりのDNA鑑定では、菅家受刑者のDNA型と犯人が残したとみられる女児の下着に付着した体液が一致したとする結果が出た。弁護側はDNA鑑定の信用性などを争ったが、最高裁は12年、DNA鑑定の証拠能力を初めて認定、上告を棄却した。その後、菅家受刑者側が宇都宮地裁に再審を請求。DNA型が一致しない疑いがあるとする独自の鑑定書を提出したが、昨年2月、宇都宮地裁は再審請求を棄却している。

Banner_logo_051_6 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/251377/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

路上に1万円札749枚 「不審な男」の通報も 神奈川(8日)

 8日午前0時10分ごろ、神奈川県秦野市南が丘2丁目の路上で、秦野署員が約750万円分の紙幣が散らばっていたのを見つけた。同署によると、使い古された1万円札749枚と千円札2枚で、番号はバラバラだという。県内で高額の窃盗などの被害は確認されておらず、同署で持ち主を捜している。 同署によると、7日午後11時50分ごろに「不審な男がいる」との通報があり、署員が駆けつけたところ、現場に紙幣が散らばっており、住民が集まっていたという。

Logo3_4 http://www.asahi.com/national/update/0508/TKY200905080143.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

模型店主刺殺、客の男に強盗殺人容疑の逮捕状 神奈川(8日)

神奈川県秦野市本町1丁目の模型店「ますだ模型」で今年4月、経営者の増田守男さん(79)=同市尾尻=が刺殺された事件で、同市内に住む34歳の男が殺害した疑いが強まったとして、神奈川県警は8日午前、強盗殺人の疑いで逮捕状を用意し、男の事情聴取を始めた。容疑が固まり次第、逮捕する。男は店の客だったという。 事件翌日の4月10日、現場近くのごみ捨て場で、増田さんの血がついた衣類とリュックサックがポリ袋に入れて捨てられているのを捜査員が発見していた。捜査関係者によると、これらの遺留品や現場の物証から得られた指紋やDNAの鑑定を進めるなどした結果、男が浮上したという。県警特別捜査本部によると、男は4月9日午後4時ごろ、ますだ模型の店内で、増田さんの頭から背中にかけて刃物で30カ所以上刺し、失血死させた疑いがある。

Logo3_3 http://www.asahi.com/national/update/0508/TKY200905080075.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

緊縛強盗160万円奪われる 兵庫(8日)

 8日午前5時ごろ、兵庫県小野市黒川町のガソリンスタンド「ベストプライス小野店」の男性店長(31)から、「店内で縛られていた。金庫の160万円を盗まれた」と110番があった。店長にけがはなかった。社署は強盗事件として捜査している。同署の調べでは、店長が店舗の2階事務室の簡易ベッドで就寝中、侵入してきた男2人に衣類で目隠しをされ、ビニールのひもで手足を縛られた。男らは「鍵を出せ」とベッド横の金庫の鍵を要求。1階の鍵保管場所を教えると、金庫内から運転資金160万円を奪って逃走したという。

Banner_logo_051_5 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/251258/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

署員が不審な若い男を取り逃す 愛知親子3人殺傷(8日)

 愛知県蟹江町の会社員、山田喜保子さん(57)方で親子3人が殺傷された事件で、通報後に山田さん方を訪れた県警蟹江署員が、不審な若い男を目撃していたことが8日、捜査幹部への取材で分かった。捜査幹部は署員が容疑者の可能性がある男を取り逃がしたことを認めた。蟹江署捜査本部は「三男の治療を優先させた。初動捜査にミスはなかった」とコメントした。捜査本部によると、署員が2日午後0時20分ごろ、山田さん方を訪問。首などから血をした三男、勲さん(25)が玄関から出てきて「強盗です。犯人は逃げました」と話した。署員が中をのぞくと、玄関内で男がうずくまっていた。署員は勲さんを保護し、男に「大丈夫ですか」と声を掛けた。このとき無線が鳴ったため署員が男に背を向け、応答しているすきに男はいなくなったという。

Banner_logo_051_4 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/251241

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

街頭防犯カメラ 民間ボランティアに委託(8日)

警察庁は、防犯ボランティア団体などが活動する地域に街頭防犯カメラを設置し、団体に運用を委託するモデル事業に乗り出す。防犯カメラは主に商店会や警察、自治体が設置、運用している。今回は「官」の防犯カメラを「民」が運用する試みだ。警察庁の担当者は「効率的に運用できる方法を蓄積したい」としている。 モデル事業は、パトロールや通学路の立ち番、防犯マップ製作などに取り組む防犯ボランティア団体の活動地域を対象に、一地域あたり二十台から三十台の防犯カメラを設置。公民館などに一室を確保し、ボランティア団体のメンバーがカメラの映像をモニターしたり、録画したりする方法を想定している。

 全国十五カ所程度で実施する予定。警察庁の担当者は「犯罪の発生状況や住宅街、繁華街など地域の特性を考えて、試行する所を決めたい。ボランティア団体だけでなく、地域全体のコンセンサスが得られることも重要な要素」としている。犯罪社会学が専門の小宮信夫・立正大教授は「カメラを運用することで、住民の地域の安全に対する当事者意識が高まる。カメラだけではない防犯に対するさまざまな方策も住民から提案されるようになるのではないか」と期待した。一方で「誰が映像をモニターできるのかなどプライバシーに配慮した運用基準を示し、守ることが大事」と注文した。

Head_logo1 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2009050702000041.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

秦野模型店主殺害:強殺容疑で市内の男逮捕へ 神奈川県警(8日)

神奈川県秦野市本町1の模型店「ますだ模型」で4月9日、店主の増田守男さん(79)=同市尾尻=が殺害されて見つかった事件で、県警秦野署特別捜査本部は同市に住む男を8日にも強盗殺人容疑で逮捕する方針を固めた。 県警は殺人容疑で調べていたが、レジに小銭だけしかなかったことなどから、男が現金を盗んだとみて強盗殺人容疑を適用する。 県警によると、発見当時、店内は荒らされており、増田さんには刃物で刺された傷が頭や背中などに30カ所以上あった。入り口天井近くに設置されていた防犯カメラは、店中央の床に置かれていた。翌10日午前には、店から約500メートル離れたゴミ置き場で増田さんの血がついた上着やジーンズ、リュックサックが見つかっている。

Logo_mainichi1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090508k0000m040153000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

蟹江3人殺傷:洗濯機に血の付着したTシャツ(8日)

愛知県蟹江町の一家3人殺傷事件で、現場の脱衣場内の洗濯機に血の付いたTシャツが投げ込まれていたことが分かった。捜査関係者が明らかにした。洗濯はまだされておらず血は洗い流されていないという。被害者の血が付いた犯人のものか、負傷した犯人の血が付いた被害者のものである可能性が高く、県警蟹江署特別捜査本部は犯人につながる有力な物証とみて血などの鑑定を急ぐ。捜査関係者によると、新たに洗濯機に入っていたのが分かったのは、ともに血が付いたTシャツとタオル。これまで浴室と脱衣場からほかにもタオルと毛布、衣類が見つかっていたが、大半は洗い流された状態だった。けがをした三男勲さん(25)は特捜本部に対し、2日未明に男に襲われた際にもみ合いとなり「男が持っていた包丁を奪ったら、相手の足に当たった」などと話しているという。このため特捜本部は犯人が返り血を浴びた衣類を脱いだり、負傷した自分の血が付いた被害者の衣類を脱がし浴室や脱衣場の洗濯機に入れた可能性があるとみている。【福島祥、山口知、中村かさね】

Logo_mainichi1 http://mainichi.jp/select/today/news/20090508k0000m040145000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本国籍取得に「胎児認知」偽装か、アルゼンチン人ら逮捕へ(8日)

外国人の女性が妊娠した子供を日本人の父親が認知すれば日本国籍が得られる「胎児認知」を悪用し、子供の日本国籍を不正に取得したとして、神奈川県警が、同県厚木市関口、溶接工正木弘容疑者(33)を電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで逮捕していたことが分かった。 県警は8日にも、子供の母親の同県座間市、アルゼンチン国籍の無職女(30)と、父親の厚木市、ペルー国籍の無職男(30)の2人を同容疑で逮捕する。胎児認知で日本国籍を取得した子供の母親が、養育名目で特別在留資格を得られたケースがあり、県警は3人が女の在留資格を得ようとしたとみている。

 捜査関係者によると、3人は昨年9月26日と今年1月19日、内縁関係にある男女の間にできた男児の父親を知人の正木容疑者と偽った「胎児認知届」と「出生届」をそれぞれ厚木市役所に提出し、子供の日本国籍を取得した疑い。女は不法滞在したとして入管難民法違反罪で起訴され、男も同罪などで有罪が確定し、入管施設に収容中。女は「子供が日本人と認められれば、自分も在留資格が得られると思った」と供述している。正木容疑者は「女にだまされた」と話している。県警が4月、女の自宅を入管難民法違反容疑で捜索。男児がおり、戸籍確認で偽装認知の疑いが発覚した。男児は昨年12月に生まれ、DNA鑑定で男女の子供と確認された。男児は児童相談所で保護されている。

Yomiuri_koudoku1_2 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090508-OYT1T00027.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本製「性暴力ゲーム」欧米で販売中止、人権団体が抗議活動(8日)

少女を含む女性3人をレイプして妊娠や中絶をさせるという内容の日本製のパソコンゲームソフトに海外で批判が高まっている。 日本での販売中止を求める抗議活動を国際人権団体が始めた。このゲームは2月に英国の国会で問題になり、ビデオ・書籍のネット販売大手「アマゾン」が扱いを中止した。しかし、児童ポルノなどの規制が緩い日本では今でも流通している。このゲームは、未成年と見られる女子2人とその母親を電車内で痴漢した後にレイプし妊娠や中絶をさせるまでを、コンピューターグラフィックスを使った画像で疑似体験するという内容。横浜市のゲームソフトメーカーが2006年に売り出した。

 今年に入り海外の人権団体で問題視されるようになり、英国ではこのゲームをアマゾンで入手できることに驚いた国会議員らが同国内での流通に反対する動議を提出した。こうした動きが英国などのメディアで報じられ、英国アマゾンは2月にこのゲームの取り扱いを中止。米国のアマゾン本社も取り扱いの中止を公表した。しかし、日本では児童ポルノなどの法規制が緩く、日本の「アマゾン・ジャパン」は最近、このゲームの販売を中止したが、ほかの通信販売では今も入手できる。抗議活動を始めた国際人権団体「イクオリティ・ナウ」(本部・ニューヨーク)は「女性や少女への暴力をテーマにした産業が日本で高収益を上げ、『ロリコン』と呼ばれる少女の児童ポルノ市場も巨大化している」との声明を発表。「日本政府はなぜレイプを奨励するかのようなゲームの流通を止めないのか」と政府の対応にも批判を向ける。同団体は6日、このゲームを含むレイプ、監禁などの性暴力ゲームの制作会社や販売会社、麻生首相ら日本政府の要人らに抗議文を出すように、160か国の会員3万人に呼びかけ始めた。国内の人権団体の関係者なども、こうした活動を機に、販売会社などへ働きかけを行っている。このゲームのメーカーは、「この商品は業界で作る自主審査機関を通っており、国内向けに販売しているもの。海外の団体からの抗議は承知しておらず、コメントのしようがない」と話す。販売本数は明らかにしていない。

 ◆児童ポルノ 18歳未満の児童を性的に描いた画像で、児童買春・児童ポルノ禁止法では製造や販売などが禁止されている。しかし、個人がパソコンなどを通じて入手する単純所持は禁じられていない。また、アニメや、コンピューターグラフィックスを使ったゲームなどのバーチャル(仮想的)なポルノは製造販売も禁止されていない。日本の規制の強化を求める声が上がっている。(2009年5月8日03時02分  読売新聞)

Yomiuri_koudoku1 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090507-OYT1T01111.htm?from=top

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

逃げた妻と勘違い、いやがらせ容疑 鹿児島で60歳逮捕(8日)

鹿児島県警霧島署は、6日午前4時過ぎ、霧島市国分府中町、建設作業員野元正行容疑者(60)を住居侵入の疑いで現行犯逮捕した、と発表した。調べでは、同市内のマンションに入り込み、3階の女性(32)方玄関ドアのすき間から持参の油差しを使ってガソリンのような液体を流し込んでいた疑い。 同署によると、野元容疑者は、同容疑者の暴力に耐えかねて家から逃げ出した妻がこの部屋にいると思いこみ、被害女性にいやがらせ行為を続けていた。女性が4月21日に同署に相談し、署員が張り込んでいた。

Logo3_2  http://www.asahi.com/national/update/0507/SEB200905070007.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

愛知県立高7校、GWに学校荒らし 成績情報や現金盗む(8日)

愛知県教育委員会は7日、連休中の2~6日にかけて、三河地域を中心とする県立高校7校が学校荒らしに遭い、うち1校で生徒1076人分の保健体育の成績など個人情報の入った情報記憶装置「USBメモリー」が盗まれたと発表した。県教委によると、6日朝、1校の校舎と別棟の体育教官室のガラスが割られ、鍵のかかった机の引き出しに保管していたメモリー4個が盗まれているのを教諭が確認した。メモリーには、07、08年度に在籍した全生徒の氏名、保健体育の成績などが保存されていたが、接続のパスワードは設定していなかった。鍵は机の上の熊のぬいぐるみの帽子の中に保管していた。別の6校では、校舎のガラスが割られ、部費や教職員の懇親会費など計29万円が盗まれたという。

Logo3  http://www.asahi.com/national/update/0507/NGY200905070008.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

鳥が電柱の変圧器にミカン置き1190戸が停電 三重(8日)

7日午後1時半ごろ、三重県四日市市菰野町の計約1190世帯が最大約4時間半にわたって停電した。中部電力が調べた結果、電柱の変圧器に置かれていたミカンが腐食して電線に触れ、ショートしたのが原因とみられることが分かった。 同社は「ミカンは鳥が運んできて置いたのではないか」としている。同社三重支店によると、四日市市桜町にある電柱の高さ約10メートルの所に設置された変圧器に、炭化した状態のミカンがあるのを点検していた職員が見つけた。ミカンは変圧器と電線の接続部分を覆うカバーの上に載り、一部は腐食してカバーの下に入り込んでいた。接続部分のカバーは、鳥が以前に巣をかけて停電したことから付けていた。同支店は「果物が原因の停電は珍しい」と話している。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/life/environment/090508/env0905080100000-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

自転車でひき逃げ 買い物帰りの女性が頭の骨折る(8日)

7日午後4時25分ごろ、大阪府柏原市今町の路上で、買い物から歩いて帰宅中だった近くに住む無職女性(73)が後ろから来た自転車にぶつかられ転倒した。女性は病院に運ばれたが、頭の骨を折るなどして重傷。柏原署がひき逃げ事件として、自転車の男の行方を追っている。同署によると、男は30歳ぐらいで、紺色の上着と黒いズボン姿だった。財布などは奪われていない。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/251067/

Banner_logo_051_3

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

質店店主に消火器噴射 川崎・中原区で強盗未遂(8日)

7日午後5時40分ごろ、川崎市中原区新城3丁目の「井出質店」に消火器を持った2人組の男が押し入り、店主の井出勝さん(61)に消火器を噴射したが、大声で助けを求めたため2人は何も奪わずに逃げた。井出さんにけがはなく、中原署は強盗未遂容疑で2人の行方を追っている。同署によると、2人は店の出入り口から侵入。消火器を噴射した後、ショーケースを割ったが、井出さんに騒がれて逃走した。2人はいずれも20歳前後で、身長約170センチ。1人は目出し帽をかぶっていた。

Banner_logo_051_2 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/251069/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女児3人がわいせつ被害 自転車の男、同一犯か(8日)

水戸市内で3日から6日にかけて、自転車に乗った男が小学生の女児の服をめくり上げてカメラで撮影したり、体に触る事件が3件相次いでいたことが7日、水戸署への取材で分かった。同署は同一犯による強制わいせつ事件とみて捜査を進めている。同署によると、男は20代ぐらいで、身長170~175センチのやせ形。小学生の女児3人は路上やアパートの敷地で被害に遭っており、現場は半径約3キロ以内という。

Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/251077/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

盗難PCのデータ、遠隔削除 富士通とウィルコムが開発(9日)

 パソコン(PC)内の情報が盗まれる前に、遠隔操作で消去――。そんなスパイ小説のような新しいシステムを、富士通とPHS大手のウィルコムが開発した。世界で初めて、PCの電源が入っていなくてもデータを消すことができるという。 新システムに対応したPCが盗まれた際、ウィルコムのPHSネットワークを使い、遠隔からPCを操作できなくしたり、データを消したりできる仕組み。電源のオンオフにかかわらず、遠隔操作できるようPC内の通信システムなどを改良した。 富士通は今秋以降、グループ社員が使うノート型PC10万台を対応機種に順次入れ替えるほか、PCの盗難で、社員が保有する取引先の個人情報などが漏れるのを懸念する法人向けに売り出す。

Logo3_5  http://www.asahi.com/business/update/0508/TKY200905080356.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

親子3人死亡 娘は巻き添えか(8日)

7日朝、石川県白山市の住宅で、38歳の父親と小学生の娘2人が倒れているのが見つかり、3人とも死亡が確認されました。警察は、父親が発電機から出る排気ガスで自殺を図り、娘2人は巻き込まれた疑いがあるとみて調べています。7日午前7時ごろ、石川県白山市の住宅で、自営業、森川渉さん(38)と小学2年生の長女(7)、それに小学1年生の次女(6)の、あわせて3人が倒れているのを、帰宅した森川さんの妻が見つけ、まもなく3人とも死亡が確認されました。警察によりますと、3人とも一酸化炭素中毒とみられ、父親は2階の寝室で、また娘2人は2階の子ども部屋で倒れていたということです。父親の寝室にはガソリンで動かす小型発電機が置かれていて、2階には排気ガスのにおいが立ちこめていたということです。警察は、父親が発電機から出る排気ガスで自殺を図り、娘2人は巻き込まれた疑いがあるとみて調べています。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/k10015827741000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・足立区、公園を荒らす若者を撃退するため「モスキート音」発生装置を設置し実験へ(8日)

東京・足立区は、公園を荒らす若者を撃退するため、大人には聞こえにくい音を発生させる装置を設置し、5月中旬から実験を始めるという。
足立区の北鹿浜公園では、窓ガラスが割られ、シャッターが破壊されるなどの被害が相次いでおり、侵入防止に有刺鉄線が張りめぐらされている場所もある。
足立区では、若者らによる公園での破壊行為が相次いでおり、2008年、およそ300万円もの被害が出ている。
公園の管理人は「シャッターをけられて、中のガラスまで割られる。せっかく遊びに来ても、こういうことをされると困りますね」と話した。
対策に頭を痛める足立区は、若者撃退マシンの導入を決定した。
若者を立ち去らせるという機械は、イギリスのメーカー製で、大人には聞こえにくい高周波を発生させるという。
これは、「モスキート音」と呼ばれる高周波の音で、個人差はあるものの、高周波は年齢とともに聞こえづらくなり、よく聞こえるのは、20代前半までだという。
装置の販売会社「メルク」の松木洋介代表取締役は「コンビニさんで使っていただいて、すぐ結果が出ています。モスキートを作動させたときに(若者が)すぐにいなくなったと」と語った。
足立区では、この装置を公園に設置し、5月中旬から破壊行為をする若者を撃退する実験を始める予定。
公園の近所の人からは「それは、やった方がいいですよね。周りに迷惑をかけなきゃいいと思うけど」と、懸念の声も出ている。
足立区役所公園管理課の増田治行課長は「午後11時以降に作動させて、翌朝5時ぐらいまでの範囲で作動させると。距離的にも遠くまで届かない。周辺の民家までは音は届かない」と話した。
Logo1_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00154657.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月7日 | トップページ | 2009年5月9日 »