« 2009年4月30日 | トップページ | 2009年5月2日 »

2009年5月1日

2009年5月 1日 (金)

★警視庁管内 体感治安レベル2

首都東京の体感治安(2日
  (単位・レベル)

2 警視庁がひったくりで専門チーム

【治安解説】

1日昼、東京都足立区の路上で女性が刺し殺され、犯人が逃げる事件が発生したが、その犯人が逮捕されました。被害者は66歳の韓国人女性で、犯人は71歳の無職男。原因は近隣トラブルでした。犯人逮捕により、治安レベルは「3」から引き下げて「レベルル2(あお)」とする。

 東京都内でひったくり事件が急増していることから警視庁は、犯人の情報収集などを行う専門チームを作り、対策に乗り出すことになった=テレビ朝日
 都内のひったくり事件は昨年末から急増。1月から4月までの被害は、昨年の同時期に比べ約1.5倍に増えている。犯行時間は夕方が多く、会社帰りの女性が狙われやすいという。このため警視庁は今月と来月をひったくり対策の強化月間と位置づけ、被害の半減を目指す。

 そう言えば、全国の刑法犯認知件数が244万3400件と、戦後の記録を更新し続けていた平成12年は路上強盗とひったくり事件が全国的に急増。なかでも、ひったくりの認知件数は4万6064件と平成元年の4.5倍を記録した。
 最も深刻な大阪府警は、翌13年に自動二輪車に赤色灯とサイレンを装備した「ブルースカイ隊」を配置し、20台のオートバイが犯人検挙に活躍。そして現、警視総監で、当時の米村敏朗府警本部長は、任期中の16年から17年に、ネットの府警ホームページに発生地点の速報コーナーを設けるなど、組織をあげた街頭犯罪抑止策を強力に推進した経験を持つ。

 その経験をもとに、今度は首都東京で「ひったくり撲滅」の秘策として打ち出したのが情報収集専門チーム。どのように抑止に結びつけるか期待したい。

 「日本列島 本日の振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.htmlは4件。

 

続きを読む "★警視庁管内 体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

強盗、強姦容疑で18歳少年を逮捕・送検 愛知県警発表(1日)

帰宅途中の女性を強姦(ごうかん)して現金を奪ったとして、愛知県警は、同県東海市の派遣社員の少年(18)を強姦と強盗容疑で逮捕、名古屋地検に送検したと、1日発表した。 東海署などの合同捜査本部によると、少年の逮捕容疑は4月24日午後8時40分ごろ、東海市内の路上で、歩いて帰宅中の同市内のアルバイト店員の少女(19)に後ろから自転車で近付き、ナイフを突き付けて「騒いだら殺す」と脅し、近くの駐車場に連れ込んで乱暴し、現金1千円を奪った疑い。 捜査本部は、少年が「昨年12月から東海市を含む知多半島で若い女性をねらって、15件ほどやった」と話しているとしている。

Logo3_5  http://www.asahi.com/national/update/0501/NGY200905010007.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

妻かんだクマ、74歳夫が足げり撃退 福井(1日)

1日午前10時ごろ、福井県越前町増谷の山林で、同県越前市広瀬町の女性(76)がクマに襲われ太ももをかまれた。一緒に来ていた夫(74)がクマの頭を地下足袋でけり、撃退した。女性は病院に運ばれたが軽傷。鯖江署などによると、クマは体長約一・二メートルのツキノワグマとみられる。二人は山菜採りを終えて帰る途中、山道の脇で休んでいた時に、後方からクマに襲われた。夫が履いていた地下足袋には金属製のスパイクが付いており、思わぬ反撃にクマが驚いて退散したらしい。越前町は地元の猟友会にクマの捜索や捕獲を依頼するとともに、周辺住民に注意を呼び掛けている。

Banner_logo_051_7 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/249357/

 

| コメント (2) | トラックバック (0)

小説警視庁薬物特命捜査官(52)

     父の暴力はひどかった
080713_164028_m   父の剛志は、幕田家の次男でもあり、所帯を持つには一軒家を建てる必要があった。だが、にわか結婚だったため、土地の手当てがつかず、村の集落から3㌔も離れた山の斜面に掘っ建て小屋同然の家が造られた。だから、電気も水道もなかった。井戸水は、近くを流れる沢から汲んでくるものだった。
 「よっ、なんで晩げの用意さ、こんだけおそぐなったんだっぺや」
 既に父ちゃんは焼酎を飲んでいた。怒鳴るような大声で母ちゃんに言った。「酒のつまみがない」が理由だった。母ちゃんが答えた。
 「ずっか(実家)のとうちゃんとばぁちゃんと話すこんだんださ」
 「だったら、なんでそんなとこに行ったんだべさ」
 父ちゃんが食卓を蹴飛ばしながら言った。
 「だって、おかずがないんでないの。もらいに行ってきたべさ」
 と母ちゃんが答えた。その言葉が気に入らないらしかった。
 「ばがもの。てめぇー、くつごだえ(口ごたえ)すんでねぇんだよ」
 言葉と同時に、ご飯の茶碗を母ちゃんめがけて投げつけた。

 母ちゃんの胸付近に当たった茶碗が壁にに当たり、大きな割れる音がした。長一郎が父ちゃんに泣きながら、言った。
 「父ちゃんさ、なんで母ちゃんばっかし、いずめんのか…」
 「うるせーんだよ、このガギ」
 言葉と同時に父ちゃんは長一郎の胸ぐらを突いた。長一郎はひとたまりもなく台所の戸棚に後頭部を打ち付けた。同時に父ちゃんは、囲炉裏にかけてあったヤカンを土間に投げつけた。
 「なぬすんですか?」
 母ちゃんが泣きながら長一郎に駆け寄った。父ちゃんのビンタが母ちゃんの頬を何度も打った。髪の毛を掴んで母ちゃんを振り回した。
 「やめでくだせぃ」
 母ちゃんは必死で頼んだ。
 ひと暴れした後で、父ちゃんは、また酒を飲み出した。母ちゃんが実家から貰って来た大根の漬け物を一人で食べてしまった。そしてイビキをかいて寝込んでしまった。
 結局、この夜は食べるおかずがなく、長一郎と母ちゃんは、梅干しとご飯にお湯をかけてすすった。
 こんな騒ぎだから、風呂なんて無かった。水を汲む暇が、母ちゃんには無かったからだ。
 

 

続きを読む "小説警視庁薬物特命捜査官(52)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

救助訓練 おぼれる役の消防隊員が死亡 大分(1日)

日午前10時25分ごろ、大分県豊後大野市三重町小坂の石場ダムで、県の水難救助訓練に参加していた県防災航空隊所属の佐藤一起さん(26)=豊後大野市大野町田代=が行方不明になり、約1時間後に湖底に沈んでいるのが見つかった。病院に運ばれたが死亡が確認された。県警は、訓練の進め方に問題がなかったかを調べている。豊後大野署と県消防保安室によると、県防災ヘリを使ってダムでおぼれた人を助ける訓練中で、佐藤さんは1人でダムの水面で救助を待つ役だったという。訓練には9人が参加。佐藤さんを含む3人が地上、残る6人はヘリに乗っていた。ヘリの乗員が佐藤さんの姿が見えないことに気づいたという。 佐藤さんは由布市消防本部の消防隊員で、今年3月から県の防災航空隊に兼務で派遣されていたという。

Logo3_4  http://www.asahi.com/national/update/0501/SEB200905010003.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

横浜の高校生、新型インフル否定 厚労省(1日)

厚生労働省は1日、横浜で新型インフルエンザ感染の可能性が指摘された男子高校生(17)について、新型インフルエンザへの感染は「否定されると考えられる」と発表した。国立感染研究所で行った2次検査で判明した。同市は1日、生徒と接触した同級生や教職員から、新型インフルエンザの症状が出ていないかなど個別の聞き取り調査を実施。病院で採取した生徒の検体を国立感染症研究所に運び精密検査を行った結果、感染したのはAソ連型インフルエンザであることがわかった。病院によると、生徒の熱は36度台まで下がり、回復に向かいつつあるという。文部科学省では同日、児童生徒と学生で海外渡航した修学旅行などの行き先と期間について、水際対策以前にまでさかのぼって調査を行う方針を決定したほか、近畿各地の自治体も修学旅行に行った学校や生徒らの把握、調査に追われた。大阪府内では、寝屋川市内や、守口市内の計4の高校の生徒と引率の教諭計48人がカナダに滞在中。府教委などによると現時点では健康などに問題はないという。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/health/249306/Banner_logo_051_6

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「2009自転車安全利用TOKYOキャンペーン」を実施 警視庁(1日)

~警視庁・東京都・関連団体と共催で5月の1か月間~

警視庁、東京都と東京交通安全協会等の関連団体は共催で、5月1日から31日までの1か月間、「2009自転車安全利用TOKYOキャンペーン」を実施する。昨年6月に施行された改正道路交通法の自転車関係規定の内容始め、基本的な自転車の通行ルールについて周知徹底を図ることが目的。期間中は、リーフレットの配布や自転車交通安全教室の実施など、自転車利用に関するルール遵守やTSマークの普及啓発を図る。

Pchlogom http://www.police-ch.jp/news/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性狙うひったくり急増 被害半減めざしチーム編成(1日)

女性が被害に遭うひったくり事件が急増していることから、警視庁は、犯人の情報収集などを行う専門のチームを作り、対策に乗り出しました。警視庁・樋口建史副総監:「摘発・検挙に組織の総力を挙げて取り組むことは、当然のことである。犯行手段の封殺、抑止対策にも取り組む必要がある」 東京都内では、去年の年末からひったくり事件が急増していて、1月から4月までの被害は、去年の同じ時期に比べて約1.5倍に増えました。警視庁によると、厳しい経済情勢のなかで職についていない成人の犯行が増えています。犯行時間は夕方が多く、会社帰りの女性が狙われやすいということです。警視庁は、今月と来月をひったくり対策の強化月間と位置づけ、被害の半減を目指しています。

http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/index4.html?now=20090501162541Annlogo1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

殺害:路上で男に刺され、60歳代女性死亡 東京・足立(1日)

1日午前11時50分ごろ、東京都足立区関原2付近の住民から、「路上で男が刃物を持って暴れている」と110番があった。警視庁西新井署員が駆けつけると、近くに住む60歳代の女性が胸から血を流して倒れており、約3時間半後に死亡した。現場には血の付いた刃物が残されており、同署は男が女性を刃物で刺し、逃げたとみて殺人容疑で行方を追っている。西新井署によると、男は70歳くらいの丸刈りで、紺色のTシャツ、黒色ズボン姿。近所の住民によると、男は近くに住んでおり、女性と顔見知りという。 現場は東武伊勢崎線西新井駅の南約1.5キロの住宅地。【古関俊樹、神澤龍二】

Logo_mainichi1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090501k0000e040093000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

捜査力アップの新兵器…千葉県警が血液採取の新技術(1日)

千葉県警鑑識課が、事件現場などに残された血液をテープで採取する新技術を開発した。鑑識活動を大幅に省力化できるうえ、現場の血液をほぼそのまま鑑定に回せるのが特長。証拠の確実性の面で大いに期待され、他県警などからも問い合わせが寄せられているという。 これまでは、蒸留水を湿らせた木綿の糸に血液を付着させる方法が主流で、現在、全国の警察のほとんどがこの方法を採用している。しかし、シャーレや綿棒など様々な道具を必要とすることなどから、現場からは、「もっと手軽で確実な方法はないだろうか」といった声が上がっていた。

 開発されたテープは3層構造で、台紙の上に透明なテープが2枚載っている。路面などに付着した血液を、2枚目のテープに張り付けて、台紙との間にはさむだけ。鑑定の際は、1枚目のテープをはがす。これにより、途中で異物が混入したり水分で腐敗したりするのを防げるといい、「NC(ノン・コンタミネーション=汚染防止)テープ」と名付けられた。同課員2人が中心となって2007年1月から開発研究に取り組み、テープにつけるのりの量や質など、試行錯誤を重ね、約1年半がかりで製品化に成功。県公安委員会表彰などを受けた。テープ1枚あたりのコストは30円以下。採取作業に要する時間はこれまでの半分以下という。

 既に各警察署で実際に使用されており、現場からは「作業が楽になった」「確実に採取できる」と好評。裁判員制度の導入を控え、客観証拠がさらに重要視されるなか、県警は「非常にシンプルでありながら、画期的な技術」(同課)と期待している。

Yomiuri_koudoku1 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090501-OYT1T00071.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

制服ブレザーに手袋痕、計画的犯行か 愛知・高1殺害(1日)

愛知県豊田市で昨年5月、愛知教育大付属高1年、清水愛美(まなみ)さん(当時15)が下校途中に殺害された強盗殺人事件で、被害者の女子高生が着ていた制服から犯人のものとみられる手袋痕が検出されていたことが、県警特別捜査本部への取材でわかった。事件は2日、発生から1年を迎える。特捜本部は犯人が指紋を残さないなど、周到な準備を重ねたうえでの計画的な犯行とみて、捜査を進めている。

 捜査関係者によると、犯人のものとみられる手袋痕は、制服のブレザーのほか、着衣から複数見つかった。手袋が布製の場合は付着した油脂やほこり、繊維などから手袋痕が検出されやすいという。 犯人が女子高生の口をふさぐ際に使われたビニール製の粘着テープやタオル、女子高生の自転車、通学用ショルダーバッグからも、犯人のものとみられる指紋や指紋をふき取った跡は出ておらず、特捜本部は犯人が犯行時、布製の手袋を着けていたとみている。このほか、粘着テープの切断面が鋭利な刃物で切ったような跡だったことが、これまでの調べで判明している。犯人は布製手袋のほかにも粘着テープや鋭い刃物も用意していた可能性が高いという。

 事件は昨年5月3日午前5時半ごろ、豊田市生駒町の田んぼで、女子高生が首に粘着テープを巻かれた状態で死亡しているのが見つかり、発覚した。死因は窒息死で、同2日午後7時20分すぎ、自転車で帰宅中に襲われたとみられる。約15キロ離れた同県岡崎市稲熊町の小呂(おろ)川の土手からは、女子高生のショルダーバッグが発見されたが、バッグからはジャージーがなくなっていた。同月には京都府舞鶴市でも高1女子殺害事件があり、全国の警察本部が女性や子どもを犯罪などから守るための対策室などを設置し、つきまとい行為などの前兆事案に対応する警察官を増員する契機になった。警察庁は昨年12月、未解決事件についての情報提供を促すための公費による懸賞金「捜査特別報奨金」の対象としている。 特捜本部によると、投入した捜査員は延べ1万3441人、フリーダイヤル(0120・400・538)などに寄せられた情報は731件(4月27日現在)に上る。

Logo3_3 http://www.asahi.com/national/update/0501/NGY200904300022.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

中学生、偽1万円札使った容疑 「好奇心で」(1日)

 偽の1万円札をつくったなどとして福岡市内の女らが逮捕された事件で、福岡県警は1日、新たに福岡市東区内の女子中学生(14)を偽造通貨行使の疑いで逮捕し、発表した。県警によると、「好奇心でやりました」と容疑を認めているという。 東署などによると、中学生は友人の女子中学生(13)=同行使の非行事実で児童相談所に通告=らと共謀して4月15日午後3時半ごろ、同県新宮町内のコンビニ店で、偽の1万円札を使って、ジュース2本(225円分)を買おうとした疑いがある。 この事件では、夫に借金がばれないよう偽1万円札をつくった通貨及び証券模造取締法違反(通貨模造)容疑で妻の女(42)が逮捕され、その偽札を持ち出して使った偽造通貨行使の疑いで、長女の中学生らが児童相談所に通告されるなどしている。 Logo3_2 http://www.asahi.com/national/update/0501/SEB200905010004.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京区検、公然わいせつの容疑で逮捕された草なぎ 剛さんを不起訴処分に(1日)

4月23日、東京・港区の公園で全裸になっていたとして、公然わいせつの容疑で逮捕されたSMAPのメンバー・草なぎ(なぎは弓へんに剪) 剛さん(34)について、東京区検は1日、不起訴処分にしたと発表した。草なぎさんは4月23日未明、東京・港区の公園で全裸になって騒いでいたところを、駆けつけた警察官に公然わいせつの疑いで逮捕された。
東京区検は、草なぎさん自身が反省していることや社会的制裁を受けていることから、1日、不起訴処分にしたと発表した。草なぎさんは、保釈後の会見で「大人として恥ずかしい行動を起こしてしまいました。本当に申し訳ございませんでした」と謝罪し、当面は活動を自粛するという。
Logo1_4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00154277.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・足立区の路上で60代女性が胸などを刺され意識不明の重体 近所に住む男の行方捜索(1日)

東京・足立区の路上で1日午前、60代の女性が胸などを刺されて倒れているのが見つかり、意識不明の重体となっている。警視庁は、近所に住む男が事件に関与しているとみて、行方を捜している。1日午前11時50分ごろ、足立区関原の路上で、女性が胸と背中などを刺されて血を流して倒れているのが見つかった。女性は、現場の近くに住んでいる60代の女性で、病院に運ばれたが、意識不明の重体となっている。調べによると、この女性宅の近所に住む70歳くらいの男の所在がわからなくなっているという。男は、丸刈りで紺色のTシャツに黒いズボンをはいていたということで、警視庁は行方を追っている。

Logo1_3  http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00154278.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子高生殺害でDNA検出 愛知県警(1日)

去年5月、愛知県豊田市で下校途中の高校1年生の女子生徒が殺害された事件からまもなく1年になります。この事件で現場から犯人のものとみられるDNAの一部が検出されていたことが、警察への取材で新たにわかりました。この事件は、去年5月3日、愛知県豊田市の高校1年生、清水愛美さん(当時15)が自宅近くの田んぼで、殺害されているのが見つかったものです。警察は、前日の夜、部活動を終えたあと自転車で下校する途中に事件に巻き込まれたとみて捜査を進めています。この事件で、現場から犯人のものとみられる遺留物が複数見つかり、DNAの一部が検出されていたことが、警察への取材で新たにわかりました。DNAは、時間の経過や異物の混入などで、一部が壊れるケースがありますが、警察によりますと、検出されたDNAには、個人を特定する塩基配列の並びの一部が残されていたということです。警察のこれまでの調べによりますと、現場からはほかに犯人に結びつく有力な物証は見つかっておらず、警察は、検出されたDNAだけでは犯人の特定は難しいものの、決め手の一つとして引き続き捜査を進めることにしています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/t10015731351000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

医師を装い投資顧問会社社長から4,000万円を詐取した疑いで横浜市営バス運転手を逮捕(1日)

医師を装い投資顧問会社の社長から開業資金名目で4,000万円をだまし取った疑いで、横浜市営バスの運転手が警視庁に逮捕された。詐欺の疑いで逮捕された横浜市営バス運転手・村上康信容疑者(44)は2007年、ハワイのゴルフ場で知り合った投資顧問会社の社長に対して、「自分は医師だが、個人開業するので、資金として2,000万円、薬局の開設費として2,000万円を貸してもらえないか」などとうそを言って、あわせて4,000万円をだまし取った疑いが持たれている。警視庁の調べによると、村上容疑者は妻に対しても、自分の職業を「医師だ」と話していたということで、「詐欺はしていない」と、容疑を否認しているという。

Logo1_2  http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00154233.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・三鷹市のそば製造会社がJASマークを不正表示してそばを販売 警視庁が家宅捜査(1日)

東京・三鷹市のそば製造会社が、食品の品質を保証するJAS(日本農林規格)マークを不正に表示してそばを販売したとして、警視庁の家宅捜索を受けた。
JAS法違反の疑いで家宅捜索を受けたのは、三鷹市のそば製造会社「島田製粉」と、調布市のそば店などおよそ5カ所。島田製粉は、2007年12月から2009年2月にかけて、認定を受けていないのにもかかわらず、食品の品質が一定の基準を満たすことを保証するJASマークをそばの袋に不正に張って、販売した疑いが持たれている。
島田製粉は、調布市の深大寺周辺のそば店にそばを卸していたが、2009年2月、農林水産省と東京都の立ち入りの受け、指導を受けていた。警視庁は、関係者から事情を聴き、捜査を進める方針。
Logo1 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00154241.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性炎上:自殺? 身元不明 愛知・春日井の公園(1日)

30日午後8時半ごろ愛知県春日井市美濃町の美濃町公園で、女性が燃えているのをパトロール中の男性巡査が発見した。巡査が火を消し止めたが、女性は既に死亡していた。県警春日井署は女性の身元確認を急ぐとともに、自殺と事件の両面で調べている。春日井署によると、女性は全身が焦げた状態でうつぶせに倒れていた。所持品はなく、近くに灯油タンクとライターが落ちていた。巡査は現場付近をパトロール中で、通行人の男性から「公園で草が燃えている」と連絡を受けて駆けつけた。【中村かさね】

Logo_mainichi1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090501k0000m040188000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

国会質問前「牧議員に依頼」 郵便不正、逮捕の会長供述(1日)

障害者団体向けの郵便料金割引制度が悪用され、企業のダイレクトメール(DM)広告が大量に発送された事件で、大阪地検特捜部に郵便法違反容疑で逮捕された自称・障害者団体「白山会」(東京都文京区)の会長、守田義国容疑者(69)がライバル団体の活動を抑えるため、民主党の牧義夫・衆院議員(51)=愛知4区=に対応を依頼したと供述していることが、関係者の話でわかった。牧議員がライバル団体を国会質問で批判したことはすでに判明しており、特捜部は質問に至った経緯を慎重に調べているとみられる。

 関係者によると、守田会長は、白山会と提携してDM広告を発送していた広告会社「新生企業」(現・伸正、大阪市西区)の元取締役、阿部徹容疑者(55)=郵便法違反容疑で逮捕=とともに昨年春に牧議員を訪問したと特捜部の調べに供述。制度を悪用してアダルト広告を送り付ける障害者団体が三つあることを伝え、なんとかしてほしいと依頼した、と述べているという。 さらに、守田会長は、議員側がライバル団体に関する資料の提供を求めてきたため、阿部元取締役が情報を集めたと供述。国会で取り上げることは議員側が提案してきたとも述べているという。その後、牧議員は昨年5月、衆院経済産業委員会で、兵庫県尼崎市などの三つの障害者団体が発行した定期刊行物を掲げ、精力剤やアダルトグッズの広告が載っていることなどを指摘。「悪徳商法の温床」と批判した。

 当時、この3団体は尼崎市の広告会社と提携し、新生企業や白山会側と激しい価格競争を展開していたとされる。守田会長は特捜部の調べに対し、牧議員に依頼した際にはすでに自身が制度を悪用していることを認識していたと説明したうえで、「競合相手の動きを抑えたかった」と述べているという。

国会質問の後、3団体は郵便事業会社(JP日本郵便)の調査を受け、定期刊行物は自主廃刊や休刊となった。一方で、守田会長側は不正DMの発送を続け、DMの「顧客」を増やしたとされる。 守田会長は牧議員の長年の支援者で、白山会のDM発送担当者、宍戸正明容疑者(58)=同容疑で逮捕=は牧議員の秘書を務めた時期もあったという。守田会長は自ら社長を務める興信所名で07、08年、牧議員が代表に就く「民主党愛知県第4区総支部」に各12万円を寄付している。牧議員は、今回の国会質問について「信念に従い、社会正義実現のために行った」とし、白山会からの依頼を否定する談話を出している。

Logo3 http://www.asahi.com/national/update/0430/OSK200904300067_01.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

中国人窃盗団を逮捕 被害総額は約4億2200万円(1日)

大阪府警四條畷署などの合同捜査本部は30日、窃盗などの疑いで、大阪市東成区の無職、潘广被告(31)=同容疑で起訴済み=ら中国籍の計7人を逮捕、送検し、捜査を終えたと発表した。捜査本部は潘容疑者らが平成15年10月ごろから、同府や奈良県、和歌山県など2府7県で274件の盗みを繰り返していたことを確認。捜査本部によると、被害総額は計約4億2200万円にのぼるという。

関連記事

Banner_logo_051_5 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/248923/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

新型インフルの疑いは横浜市の17歳高校生 カナダへ修学旅行(1日)

 舛添要一厚生労働相は1日未明、同省で記者会見し、横浜市の17歳の男子高校生が新型インフルエンザに感染した疑いがあると発表した。この高校生は4月10日から25日まで、カナダのブリティッシュコロンビア州に修学旅行に行っていたという。記者会見した舛添厚労相によると、この高校生は簡易検査でインフルエンザA型の陽性反応が出た。発熱、せき、たんの症状が出ており、感染症専門の施設で治療を受けている。新型インフルエンザか季節性インフルエンザかは今後の詳細な検査で明らかになるが、結果判明には1日程度かかるという。今後、同行者、利用した航空便などの調査を行うという。「新型インフルエンザということであれば、対応が遅れてはならない。早期に発見し、治療すればタミフル、リレンザの投与で治る。大事を取りたいと思っている。正確な情報をお知らせするので、落ち着いて行動していただきたい。(新型インフルが)判明したわけではない」と落ち着いた行動を呼びかけた上で、マスクの着用、不要不急な外出を控えることなどの対応を求めた。

Banner_logo_051_4 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/248962/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

【郵便法違反事件】郵便事業新東京支店の幹部ら強制捜査へ(1日)

障害者団体向けの割引郵便制度を悪用した郵便法違反事件で、大阪地検特捜部は30日、郵便事業会社側が割引制度の適用要件を満たしていないのを知りながら違法ダイレクトメール(DM)の発送を了承した疑いが強まったとして、同社新東京支店(東京都江東区)などの幹部を含む社員数人を対象に、同法違反容疑での立件に向け、大型連休明けに強制捜査に乗り出す方針を固めたもようだ。この事件では、広告代理店「新生企業」(大阪市西区、現・伸正)などが平成19年2月、都内の障害者団体「白山会」など2団体を発行元とする定期刊行物に大手家電量販会社「ベスト電器」(福岡市)の広告パンフレットを同封したDM約215万通を新東京、銀座両支店からベスト電器の顧客に発送、正規料金との差額計約2億4000万円を不正に免れたとして、白山会会長の守田義國容疑者(69)ら10人が同法違反容疑で逮捕されている。関係者によると、守田容疑者が同年1月下旬、違法DMを埼玉県内の2支店に持ち込んだ際、相手に届かなかった場合の返送先がベスト電器になっていたことから発送を拒否された。その後、同じ体裁のまま新東京、銀座両支店からの発送が了承されたという。発送拒否後、郵便事業会社側が白山会名義DMの取り扱いに注意を喚起する文書を各支店に配布していたことがすでに判明している。また特捜部は勾留(こうりゅう)期限の6日、守田容疑者ら10人を同法違反罪で起訴する見通し。

Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/248967/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

★日本列島 本日の振り込め詐欺(1日)4件

電子マネー35万円被害 大分で振り込め詐欺

大分東署は30日、大手電気通信会社の名前をかたった電子メールを送り付け、電子マネーをだまし取る手口の振り込め詐欺事件があったことを明らかにした。同署によると、被害に遭ったのは大分市の女性会社員(25)。4月中旬ごろ、電気通信会社の名前で「パソコンの操作の仕方が悪いのでサーバーが壊れた」として、修理代金を電子マネーで支払うよう求めるメールが届いた。女性は数回に分け、指定された住所に電子マネーのID番号を郵送、計約35万円分をだまし取られた。その後も同様のメールが再三届いたため、不審に思った女性が大分東署に相談した。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/248918/

Banner_logo_051_2

“出し子”の中国人を再逮捕 福島県警

今月はじめ郡山市のお年寄りがだまし取られたキャッシュカードを持っていたとして逮捕された中国人の男2人について警察は30日、カードを使って現金を引き出した窃盗の疑いで再逮捕しました。再逮捕されたのは、いずれも中国人の林勇容疑者(31)と林万民容疑者(43)です。2人は今月9日、会津若松市のJR会津若松駅前で前日に郡山市の77歳の女性が銀行員を装う男にだまし取られたキャッシュカード2枚を持っていたことから犯罪が発端となった収益を取り締まる法律に違反したとして逮捕されました。このカードは郡山市内の金融機関やコンビニエンスストアのATMで使われ現金あわせて150万円が引き出されていました。警察の調べによりますと、このうちコンビニエンスストアには万民容疑者が現金を引き出す映像が残っていたほか、2人とも現金を引き出したことを認めているということです。
このため警察では女性の被害のうち、50万円について2人を窃盗の疑いで逮捕しました。
警察は残りの被害についても裏付けを進めるとともに犯行を指示した人物について捜査することにしています。

News_pic1_2 http://www.nhk.or.jp/fukushima/lnews/06.html

定額給付金で不審電話 富山県警

手数料を支払えば定額給付金の支給が早まるといううその電話が30日昼頃富山市の住宅にかかっていたことがわかり、富山市は不審な電話に注意するよう呼びかけています。
富山市によりますと30日昼頃、富山市内の住宅に男の声で「5000円を支払えば早く定額給付金を振り込みます」という電話がかかってきたということです。
電話を受けた男性は不審に思って電話を切り詐欺などの被害はなかったということです。
この電話について富山市は定額給付金の支給のために市が手数料を求めることは絶対にないこと、また、手数料を払うことで支給が早くなることもないと説明しています。
さらに定額給付金について不審な電話がかかったり郵便物が届いたりした場合は個人情報を先方には知らせず、富山市の担当部署まで連絡して欲しいと呼びかけています。富山市定額給付金等給付事業実施本部の電話番号は076(443)2172です。

News_pic1_2http://www.nhk.or.jp/toyama/lnews/05.html

 

続きを読む "★日本列島 本日の振り込め詐欺(1日)4件"

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽札40枚以上使う? 大阪府警、行使容疑で男逮捕(1日)

偽造した千円札を使ったとして、大阪府警捜査2課と此花署は30日、偽造通貨行使容疑で大阪市西淀川区佃、浄水器販売会社社長、野々瀬英夫容疑者(35)を逮捕したと発表した。府警によると、野々瀬容疑者は「昨年暮れから偽造し、ほかの店でも使った」と容疑を認めているという。府警は、野々瀬容疑者の自宅兼事務所を捜索し、一万円と五千円、千円のそれぞれの紙幣で30種類以上の偽札数十枚を押収。今年に入って大阪市内を中心に見つかった偽札40枚以上と記番号が一致した。逮捕容疑は、4月1日夕、此花区の寝具店で、600円のクッションの購入代金として、男性店主(46)に偽千円札1枚を渡したとしている。府警によると、野々瀬容疑者は「事業がうまくいかず1年ぐらい無収入だった。生活費のため偽造した」と供述しているという。Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/248922/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月30日 | トップページ | 2009年5月2日 »