« ★小説警視庁特命捜査官(50) | トップページ | 顧客情報流出、80社に拡大 三菱UFJ証券、補償検討(18日) »

2009年4月17日 (金)

★警視庁管内 体感治安レベル2

首都東京の体感治安(18日)
  (単位・レベル)

2  不況下のひったくり事件

【治安解説】都内のひったくり事件が増えている。警視庁による1-3月に起きた事件は722件で、昨年同期の494件に比べて228件、約5割増加しているという。被害者は20代女性が141人で、女性全体のうち約21%となり、最も多い。

 同庁生活安全総務課は「若い女性が仕事から帰る午後6時以降、被害に遭うケースが増加している」として、注意を呼びかけている(イザより)。

 今、世の中は不況の真っただなか。犯罪統計と各種社会統計との相関分析によると、完全失業者数は空き巣、自動車盗、車上狙い、そしてひったくり事件との相関関係が強いことが判明している(警察学論集第61巻)。その失業者数が依然として増加している。

 さらに不況と言えば自殺者の増加だ。警察庁の月別まとめによると今年1、2月の全国の自殺者数は5125人で、前年同期と比べ175人も増えている。不況が長引けば自殺やひったくりに止まらず空き巣や自動車盗も増え、数字治安の悪化が懸念される。今のところ都内の体感治安は「レベル2(あお)」とする。「日本列島 本日の振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-8788.htmlは5件。

  ★【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦ました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪 ポイント100~80
レベル4 治安の悪化    ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向 ポイント 59~40
レベル2 治安の悪化の兆し ポイント 39~20
レベル1 平穏                ポイント 19以下
   【ポイント概数】
テロ・無差別殺人事件等         80~50 
路上殺人や連続殺人・連続強盗・強姦70~60
広域重要事件               50~40
肉親殺人事件(家族の皆殺し事件)    40~50
放火殺人                  50~30
強盗殺人                  50~20
連続放火              40~30
各項目に少年が絡む場合   +20~10
犯人逮捕記事は上記のポイント総数から -50から-10とする

その他、外的検討要件として外国や他県発生事件を判断基準に加えた。これら事件の新聞・テレビの扱いの程度(新聞では1面か社会面か。扱い段数等)とネットではブログニュースのアクセス人気度なども加えて総合的に判断した。マスコミ報道がなく平穏に感じるが、110番も多いこともあり全くの「平穏」(レベル1)をはずしています。カラーの数字がレベルを表示しています。

« ★小説警視庁特命捜査官(50) | トップページ | 顧客情報流出、80社に拡大 三菱UFJ証券、補償検討(18日) »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★警視庁管内 体感治安レベル2:

« ★小説警視庁特命捜査官(50) | トップページ | 顧客情報流出、80社に拡大 三菱UFJ証券、補償検討(18日) »