« 東京・杉並区のコンビニに刃物男 現金およそ15万円を奪って逃走(14日) | トップページ | 東京・千代田区クレーン車横転事故 作業員「筒状の資材を引き抜こうとした際に横転」(14日) »

2009年4月14日 (火)

痴漢裁判 最高裁で逆転無罪(14日)

News_pic1_2 朝の満員電車で女子高校生の体を触ったとして1審と2審で実刑判決を受けた男性に、最高裁判所は、男性の犯行とするには疑いが残るとして、逆転で無罪を言い渡しました。痴漢事件では、より慎重な判断が求められるという姿勢を最高裁が初めて示したもので、今後の捜査や裁判に大きく影響するとみられます。

防衛医科大学校教授の名倉正博被告(63)は、3年前、朝のラッシュで混雑する東京の小田急線の電車で女子高校生の体を触ったとして、強制わいせつの罪に問われました。逮捕から一貫して容疑を否認し、裁判でも無罪を主張しましたが、1審と2審は、手の角度や動きから被告の男性が触っていると思ったという女子生徒の供述は信用できるとして、懲役1年10か月の実刑を言い渡していました。14日の判決で、最高裁判所第3小法廷の田原睦夫裁判長は「女子生徒が被害を避ける積極的な行動を取っていないことや、途中の駅でいったんホームに出たのに男性がいる車両に再び戻っているのは不自然なことなどを考えると、供述の信用性には疑いの余地があり、男性の犯行とするには疑いが残る」として、逆転で無罪を言い渡しました。

判決で、最高裁は「電車の痴漢事件は被害者の供述が唯一の証拠のことも多く、思い込みなどから犯人にされると、有効な反論が容易ではないため、特に慎重な判断が求められる」と指摘しました。一方、5人のうち2人の裁判官は「男性がいる車両に戻ったのは、ほかの乗客に押し込まれたためで不自然ではない」などとする反対意見を述べ、実刑にすべきだと主張しました。この日の判決は、痴漢事件では、より慎重な判断が求められるという姿勢を最高裁が初めて示したもので、今後の捜査や裁判に大きく影響するとみられます。法律の検討が中心の最高裁が、事件の事実関係を調べる2審の判決を取り消して無罪を言い渡すのは異例です。判決について、名倉正博教授は「何を言ってもわかってもらえない司法に不信感を抱いていたので、裁判長に無罪だと言われても急には信じられず、全身の力が抜けるような感じだった。これまでの不信感をぬぐい去る判決で、初めて胸のすくような思いがしたが、同じような思いをして泣いている人がほかにもいると思うと、有頂天になることはできない。警察も裁判所もきちんとした捜査や証拠を基に判断したのか、人の一生をどう思っているのか、怒りを感じる」と話していました。また、名倉教授の弁護士で、痴漢事件に詳しい秋山賢三弁護士は「痴漢事件の根本的な問題に理解を示した判決で、今後の弁護の心強い支えになる。えん罪を訴えて泣いている無数の人のためにも判決は生かされるべきだ」と高く評価していました。一方、最高検察庁の池上政幸公判部長は「被害者の供述の信用性が否定されたのは遺憾であるが、最高裁の判断であるので、しんしに受け止めたい」という談話を出しました。http://www3.nhk.or.jp/news/t10015391071000.html<p>&nbsp:</p>

« 東京・杉並区のコンビニに刃物男 現金およそ15万円を奪って逃走(14日) | トップページ | 東京・千代田区クレーン車横転事故 作業員「筒状の資材を引き抜こうとした際に横転」(14日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 痴漢裁判 最高裁で逆転無罪(14日):

« 東京・杉並区のコンビニに刃物男 現金およそ15万円を奪って逃走(14日) | トップページ | 東京・千代田区クレーン車横転事故 作業員「筒状の資材を引き抜こうとした際に横転」(14日) »