« ☆大阪・ミナミの会社社長殺人容疑で社員の27歳男を逮捕(3日) | トップページ | ☆4日の早い時間帯に打ち上げ~北朝鮮消息筋(4日) »

2009年4月 4日 (土)

☆水が浸食、芝生残したまま空洞に? ゴルフ場の穴転落死(4日)

Logo3_4 北海道安平(あびら)町のゴルフ場「ル・ペタウゴルフ」で2日、札幌市の主婦合掌(がっしょう)貴恵(たかえ)さん(38)がコース上にできた深さ約5メートルの穴に転落して死亡した事故で、この穴は、地面の下で何らかの水の流れが土壌を浸食し、地表部分の芝生のみを残した「落とし穴」のようになっていた可能性が高まった。合掌さんはその芝生を踏み抜いたとみられている。道警は3日、穴ができた原因やゴルフ場の管理責任を調べるため、業務上過失致死容疑で現場検証を行った。 このゴルフ場は93年にオープン。緩やかな起伏を繰り返す丘陵地にあり、事故のあったコースは、「国内最大級」とうたう池や水路がフェアウエーを取り巻く。 道警によると、地表に開いた穴はほぼ楕円(だえん)で長径約1・5メートル、空洞の深さは4~5メートル。底の直径は約7メートルで、浅く水がたまり、ゆるやかな流れがあったという。司法解剖の結果、合掌さんの死因は窒息死が疑われるという。日本ゴルフコース設計者協会の佐藤毅理事長によると、フェアウエーは通常、数メートルの盛り土を硬い岩盤の上にのせてつくる。北海道立地質研究所の石丸聡・防災地質科長によると、この地域では、その盛り土に、水を通しやすい火山灰や軽石の堆積(たいせき)物が使われているとみられるという。 石丸科長は「水を通しやすい火山灰層の一部が集中的に浸食され、穴が広がったのでは。これだけの穴は、1、2年でできるものではない」と分析。浸食を促した水は、雪解け水のような自然現象のほか、盛り土に埋められた配水管からの漏水なども考える必要があるという。 ゴルフ場によると、陥没した穴の近くにも、地中にスプリンクラーのパイプなどの暗渠(あんきょ)が張り巡らされている。しかし、事故当日の見回りでは異常はなく、事故前にもプレー客がいたという。ゴルフ場のオーナーである「市川造園土木グループ」(東京都練馬区)の市川金次郎社長(83)は「大変申し訳なく思う」と述べたうえで、管理責任について「万全を尽くしていた。こういうことが起きるとは思わなかった」と話している。 http://www.asahi.com/national/update/0403/TKY200904030308_01.html

« ☆大阪・ミナミの会社社長殺人容疑で社員の27歳男を逮捕(3日) | トップページ | ☆4日の早い時間帯に打ち上げ~北朝鮮消息筋(4日) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/44556799

この記事へのトラックバック一覧です: ☆水が浸食、芝生残したまま空洞に? ゴルフ場の穴転落死(4日):

« ☆大阪・ミナミの会社社長殺人容疑で社員の27歳男を逮捕(3日) | トップページ | ☆4日の早い時間帯に打ち上げ~北朝鮮消息筋(4日) »