« 「ハグリッド狩り」と称しホームレス襲撃 少年ら逮捕 警視庁(22日) | トップページ | 「終わらせない」 井の頭公園切断遺体事件、23日時効(22日) »

2009年4月22日 (水)

清水由貴子さん、父の墓前で硫化水素自殺(22日)

オーディション番組「スター誕生!」出身で、「お元気ですか」のヒットで知られる元タレント、清水由貴子さん(本名・同じ)が21日午後1時半ごろ、静岡県小山町の冨士霊園で硫化水素を吸い、自殺していたのが見つかった。49歳だった。霊園の職員が、現場で黒いポリ袋を顔にかぶり、すでに死亡していた清水さんを父親の墓石の前で発見。傍らには車いすに乗った母親(80)がいたが、意識もあり、命に別条はないという。数年前から母の介護をしていた清水さんは、心身ともに疲れていたのか…。静岡県警御殿場署などによると、午後1時すぎ、40代の女性が「清水家之墓」の前で倒れ、死亡しているのを霊園の職員が発見。洗剤、入浴剤などを混ぜた液体入りの洗面器と、洗剤の容器数本を入れた黒いポリ袋を頭の下に置き、横向きに倒れていた。 袋からは硫化水素が検出され、袋と一緒に「迷惑かけてすいません」「消防署に知らせてください」と大きな字で書かれた紙2枚が見つかった。遺書めいたノートもみつかり、「東京では葬儀をあげないでください」と書かれていたという。

 死亡女性は所持品から元タレントの清水由貴子さんと判明。また、近くには清水さんの母親が車いすに乗った状態でぼう然としていたが、意識もあり話せる状態だった。しかし、職員との会話は終始、あいまいだったという。同18分に119番通報を受け、すぐに救急車が駆けつけたが、清水さんは死後硬直も始まっており、調べによると死亡推定時刻は20日午後5時ごろだった。母親は御殿場市内の病院に搬送され、現在入院している。

 清水さんが最期の地に選んだ冨士霊園は、8歳の時に亡くなった父親が眠る場所で、富士山が見渡せる絶景の地だった。幼少時に父を失い、貧しい母子家庭で育ったため、自身と8歳年下の妹を女手ひとつで育てた母への思いは特別で、1994年には東京・吉祥寺に約1億円のマイホームを購入し、念願の3人暮らしを開始。母親は糖尿病と腎臓病を30年前から患い、ほとんど目が見えない状態だったため、2006年には母の介護に専念するため所属事務所を辞めていた。07年秋には唯一のレギュラーとなっていた山梨の情報番組「ともちゃん家の5時」も降板し、芸能界を引退。関係者によると、最近はパートとして衣料会社のオペレーターで生計を立てていた。生涯独身を貫き、一家の大黒柱として生活費を稼ぎ出しながら、介護も両立させる生活を送り、並大抵の苦労ではなかったと思われる。

 いつも明朗快活で笑顔をふりまいていたが、自殺は突発的ではなく、覚悟の上に決行したようだ。自殺の前々日の18日夜に妹と食事をした際、「お母さんとお墓参りに行ってくる」と報告し、翌日午前、タクシーで静岡へ。洗面器は自宅から持参したようで、現場で発見された洗剤などについて、捜査関係者は「最近、発売していない銘柄もあった」と不思議がっていたという。欽ちゃんファミリーとして活躍した清水さんの突然の訃報に、大将萩本欽一(67)はショックで絶句。かわいがっていた妹分の自殺に、コメントを出せる状態ではないという。Banner_logo_051_9 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/245556/

 

« 「ハグリッド狩り」と称しホームレス襲撃 少年ら逮捕 警視庁(22日) | トップページ | 「終わらせない」 井の頭公園切断遺体事件、23日時効(22日) »

一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/44754110

この記事へのトラックバック一覧です: 清水由貴子さん、父の墓前で硫化水素自殺(22日):

« 「ハグリッド狩り」と称しホームレス襲撃 少年ら逮捕 警視庁(22日) | トップページ | 「終わらせない」 井の頭公園切断遺体事件、23日時効(22日) »